エッチ体験談が11,000話を突破しました。

先生のおっぱいをちゅーちゅー

PR

おれは3月31日生まれだったから、他のやつらより発達おそくて、 小学校低学年の頃は驚異的にグズだった。活動的なクラスメートの後を ついていってるだけのアヒルみたいな存在だった。家でもなかなか 乳離れせずに、寝るときは母親のおっぱい吸いながら寝てた。 

小2の頃、みんなで担任の先生(25くらいのキレイな人だった)の家に 遊びにいった。他の奴らはトランプしてて、俺は何となく図鑑を眺めながら いつのまにかウトウト眠りに落ちてた。そうとう熟睡したらしく目が覚めると 部屋はすっかり薄暗くなってて静かだった。

寝惚けてた俺はてっきり自分の家で 寝てたもんだと勘違いしてて、目の前で横になってた先生を母親だと勘違いし、 「おっぱい・・・」と言ってトレーナーの中に顔つっこんでチューチュー吸ってた。 で、しばらく甘えてたのだが、ある瞬間、唐突に強烈な違和感が襲ってきた。 

「お母さんのおっぱいじゃない!!」。なんか大きくて息が苦しいし、肌が違うのよ。 ほっぺたつけたときにシットリ馴染まずに、ぷりぷり跳ね返してくるのよ。 俺はパニックになりながらトレーナーから顔だしたら、先生が「起きた?」と 顔を覗き込んできて「北尾くんは甘えん坊なんだね・・・」といって髪を撫でてくれた。 

それから先生は俺の親に電話して、俺が先生の家で晩御飯たべてかえりますと許可とって カレーを作ってくれた。先生と一緒にカレーを食べながら、俺は「大きくなったら 先生と結婚するんだ」と宣言した。

先生は「ありがとー」といってニコニコ笑ってた。 やがて3月になり、先生は大学の同級生の医者と結婚して退職した。 だが、俺が中学3年のとき、交通事故でだんなと一緒に亡くなったと風の便りに耳にした。あれから30年たち、俺の横では妻が眠っています。

だけど、俺はまだ先生の夢をみることがあるのです。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR