ドアのポスト覗きが趣味だったころの収穫…至近距離で!!

PR

ポスト覗きを日課にしてた頃、女子大生の部屋に来ていた彼氏が、帰り際に玄関でいきなりフェラを要求したことがあって、至近距離で眺めたことがある。

彼氏が帰ろうとしたから、慌てドアから離れようとしたら「なぁヨウコちゃん、もっかいしてよ」と。パジャマ姿の水野美紀似の彼女が「えぇ?」彼氏が「お願いお願いお願いっ!」 俺の1メーター前で、彼女がしゃがみ、彼氏のジーパンを膝まで下ろし、上目遣いの照れた笑顔で「なんでもうおっきいのぉ?」とさすりさすり。

「金曜まで一人でしちゃダメだよ」(この日は火曜日)と言うと、彼氏のビキニブリーフを下げ、反り返って上を向いたチンポをパクっとくわえ、根本まで飲み込む。 ちょっと苦しそうな表情、彼女の息遣いまで聞こえるけど、絶対に物音を立てられない状況。 くわえたまま舌を動かしていた彼女が、いったん吐き出すと、反り返った彼氏のチンポは唾液でテラテラに。

そのまま手コキされてる彼氏はまだ時間はたってないのに「なんか、場所が違うから興奮する」というと彼女を立たせ(どうやら)キス。 少し胸をさわり、ズボンに手を入れるとクチュクチュ音を立て手マン。「あぁっ…あたしはいいからっ!やっ!ダァメ」 「もぅ!」と言いながら再びしゃがんだ彼女は、ジュッポジュッポと激しく首を振りフェラ。

すぐに彼氏が「ヨウコちゃん、いくよ……んんんっ!いくよ!あっいく…いくよ……」「んんっ」「あっ!ヨウコちゃん、ヨウコちゃん、愛してる…」 今ここで「愛してる」かよ!、と心の中でツッコンだ。 彼女の髪を撫でながら、彼女が「ちゅぽん」と、少し柔らかくなったのを吐き出すと、彼氏もペタンと座る。 向かい合った二人の顔が目の前。

「見して」と彼氏。無言で口を開ける彼女。彼氏に白濁を見せたあと、んごくっと飲み込み「ゆうくん、二回目なのに濃すぎぃ」と笑顔で彼女。 口もゆすがずキス。お互いの舌に吸い付く濃厚なキス。しばらくキスを交わす…。 ここから手マンなりに進行するのを期待したものの、この日はここまで。 「一人H禁止だよ」「なんで?」

「金曜にしてあげるからっ」「ヨウコちゃん、フェラ好き?」「きらい(笑)でも、ゆうくんのは好き!…ん〜っ!」と、キスの続き。 金曜にも来たものの、結局彼らは帰宅せず。 のちに和歌山へ旅行に行ってたのが判明。 このカップルは、他にも風呂上がりやHしてるのも見ました。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1151記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。