積極的な妹の友達と付き合うことになったのだが…

俺は今大学二年20歳と妹の友達は高校1年16かな?妹が小学校の時からよく一緒に遊んでいたなおちゃんという子がいるんだが、昔から「可愛いなー」とは思っていたんだ大学一年の夏に実家に帰ったら妹が友達を四、五人連れてきてたんだ。その日は俺の家でお泊り会をするとのことだった妹が連れてきた友達の中にはそのなおちゃんもいたんだ。

最初妹と妹の友達が家に入って来た時になおちゃんから「お久しぶりです!」みたいなこと言われて嬉しかった。その日の夜に俺が部屋で銀魂の単行本を読んでいると妹が友達を連れて俺の部屋に来たんだ。

どうやら妹の部屋でやることがなくなって俺の部屋に漫画を読みに来たらしい。19歳の男が部屋に15、16歳の女子5人も連れ込んでるなんて状況俺には耐えられそうになかったので漫画なら貸すから読み終わったら返しに来い、と伝えて銀魂とかワンピースとか適当に貸してやったで、本を貸したんだが妹らが部屋を出て行く時に「夜暇だったらいつでもおいで!」と妹の友達らに変態じみたセクハラ発言をしたんだ。もちろん冗談のつもりでな。

その日の夜のことだ深夜二時くらいだろうか音楽かけながら部屋でバキを読んでいた時のことだ。そろそろ寝ようかなと思っていると部屋のドアがノックされた。家族は俺の部屋に入ってくるときにノックはしないからおかしいなと思った。

一度部屋でオナニーをしている際に兄が俺の部屋に入ってきたことがあった。それを懸念して兄がノックして確認をしているのかと思った俺は「入ってもいーよ」って言ったんだ。そしたら「失礼します」と入ってきたのはなおちゃんだった。

俺はその瞬間にこれからセックスまで行くのだな。と確信した。しかし現実はそう甘いものではなかった俺はもう何が起こったのかわからなかったので「え?え?」ってなってた。なおちゃんもなにも言わないでドアの前につっ立っててなにも喋らない「あやの(妹)は?」と聞いてみたんだが「一人できました。」と言ってきたので「ああ、漫画?本棚から勝手に持ってっていいよ」と言ったら「みんな寝ちゃって暇になったので遊びに来ました。」と言ってきた。

そもそもそんなになおちゃんとは話したことがないのですごい焦った。「うーん、俺の部屋に来ても漫画しかないから暇だよ?w」と言ったんだが「『暇だったら遊びに来い』って言ったじゃないですか!」と言ってきたので「漫画でも読んで眠くなるまで待てば?」と言ったら「漫画を読むならあやのの部屋でもできるじゃないですか」と言っていたのでこいつは俺の肉棒を求めているのだなと確信した。

俺「俺の部屋でしかできないことなんてないでしょw」
な「お兄さんと話したりできるのはこの部屋だけじゃないですか!」
俺「まぁそうなるね、けど今は携帯電話というものがあってだね」
な「なら連絡先教えてくださいよ!」と言われて俺はなおちゃんと連絡先を交換した。

正直こんなに積極的な子だとは思わなかった。それでもなおちゃんは帰らなかった。まぁ帰って欲しくないと思ったのも事実。
俺「テレビゲームならあるけどそういうの興味ある?」
な「興味ないです」
俺「そっかーじゃあ何もやることないね」
な「お兄さんの顔を見ながらお話できればそれでいいです」

このあとの沈黙は長かった。一体なにを話していいものか、と「学校どう?」とか「部活は?」とかいろいろ話したきがするがどれもこれもすぐに話が終わってしまって会話が続かなかった。こんなに気まずいなら早く帰ってしまえと思ってた。

そしたら奈央ちゃんが部屋の物色をし始めた。特に見られて困るものなどないのでほっておいたら前に彼女と使うために買ったコンドームを持って「これ、何ですか?」と言ってきた何ですか?と聞いている奈央ちゃんの目は完全にそれが何か知っている目だった。俺は「ここだ」と思って「SEXする時に子供ができないようにするものだよ」と言った

な「えー、なんでこんなものあるんですかー?」
俺「前に彼女と使ってたからだよ」
な「へー」
俺「なおちゃんはしたことある?」
な「ないです。」
俺「してみたい?」
な「はい、してみたいとは思ってます」
俺「してみる?」
な「今生理来てるんですよね」
俺「そっかー」
ってなってギンギンになった俺のブツはどうしていいものか困った

その日はなんやかんやで奈央ちゃんが眠くなったらしいので妹の部屋に返した。
数日後なおちゃんからメールがあった。
「こんにちはこの前はすごいドキドキしました!迷惑じゃなかったらしばらくメールに付き合ってください。」と書いてあった。

「こんにちわ。俺もこの前はドキドキしたよ。大丈夫だよ。メールしよう!」と返したなおちゃんは連絡先を交換したことは妹に内密にするように、と言ってきた。なんでだろうと思ったが、妹に話す義理もないので黙っておいた。

しばらくメールしていると「わかってるかもしれませんが私はお兄さんのことが好きです。よかったら私と付き合ってください。」というメールが来た。

そこから俺はなおちゃんと付き合うことになった。その日からというもの夏休みということもあってなおちゃんは部活が休みになるたびに俺の家に泊まりに来た。妹が寝るまでは妹の部屋、妹が寝たら俺の部屋にくるみたいなかんじだった。

もちろんその生活の中でなおちゃんとは何回もやった。ある日妹に付き合っていることを打ち明けようと思ってなおちゃんに話して見たときのことだするとなおちゃんは少し苦い顔をしたが「まぁいいですよ。」みたいなこと言ってくれた。妹に「俺お前の友達のなおちゃんと付き合ってるんだよね」と言ったら妹は「え?マジで?大丈夫?」みたいなことを言ってきた。

俺は何かやばい気がしたので「どういうことだ?」と聞いてみたんだが妹は「ちょっと話していいことなのかわからないから言えないわ」みたいなことを言って話そうとはしなかった。妹は兄が友人と付き合っていることに驚くというより友人が誰かと付き合っていることに驚いているようだった。なおちゃんにその話をしてみたら「実は・・・」とおもむろに話し始めた。

奈央ちゃんが教えてくれたこと、後に妹が教えてくれたことをまとめるとなおちゃんには前に彼氏がいたらしいのだがその彼氏がやばいらしい。精神的にやばい人で、なおちゃんは別れたつもりらしいのだがその彼氏は今でも付き合っているつもりらしいのだ。高校に入って奈央ちゃんが仲良くなった男子に喧嘩を売ってボコボコにしたり、ととにかくぶっ飛んでるやつらしいのだ。

なおちゃんはその彼氏の耳に俺の情報が入るのを恐れて誰にも言わないつもりでいたらしい。次の日妹に付き合っていることを明かしたことを存分に後悔した。奈央ちゃんの話によれば学年中に広まっていたらしい。

妹はびっくりするほど口が軽いのだ。それから数日後。知らないメールアドレスからメールが入った。

「俺のなおに何してんだ?」すべてを察した。俺は「どなたですか?」

と返した。すると「なおの彼氏だよ」と返ってきた。俺「で、なんの用でしょうか?」

準(後にわかったそいつの名前)「出てこいよ。お前んちの前にいるから。」俺は窓のカーテンを少しだけ開けて庭を見た。知らない男が一人でたっていた。

自転車に乗って。また、この庭が戦場になろうとしているのだ。かつてここであったエアガンによる惨劇を思い出させる。

俺は出ていこうと思ったのだが、一通りの会話を先に想像して円滑に会話が進み丸く収まる方向で行けるように十分シミュレートしてからそいつのところに向かった。二階の窓から見たときはあんまりそうは思わなかったがその男のところまで行ってみると思ってたより随分と華奢な男の子だった。準「あなたがなおに手を出したっていう人ですか?」

俺「?(思ったよりなよなよしてるな)うーん、付き合ってるつもりだけど・・・」準「何歳ですか?」俺「19だけど」

準「そうですか」俺「で、なんのよう?」準「今日は帰ります。」

俺「?気をつけてな」いったい何をしに来たのだろうと思っていたら夕飯時に準くんからメールが来た準くんからのメールはこういったものだった「さっきの舐めたような態度は気に食わない」俺は「実際にあって話すのとメールの態度が随分と違うね」と返したすると準くんは「黙れ」とだけ返信してきたので言われたとおりそこで返信をやめたんだ数日後のことだ俺の家の電話が鳴った。

母が出て、しばらく申し訳なさそうに話したあとに「あんたに変われって言ってるよ。あんた何したの?」と言ってきた。電話に出てみると「あなた準ちゃんに何したの!!!?あなたが準ちゃんをいじめたの!!!??」

などと怒涛のようにババアの声が聞こえてきたこの時点で悟った。面倒なことになった、とばばあが「いまからあなたの家に伺いますからね!!!」と言ってきて勝手に電話を切りやがった数分後家の玄関が開いた。すごい勢いで。そこには太ったババアと準くんの姿が「俺くんに話しがあります!!!」と言ってきたので家の中で家族に見られるのも嫌なので家の近くの公民館の駐車場に行ってばばあと準くんと俺の三人で話すことになったバ「うちの準ちゃんに何したの!!?」

俺「俺は何もした覚えはありません。準くんが俺に何かされたと言っているなら準くんに聞いてみればいいんじゃないですかね」バ「準ちゃん!何されたの!?」準「・・・」

バ「なんで黙ってるの!?お母さんと一緒にこの人をやっつけましょ!!」俺「・・・w」バ「あんた何笑ってんのよ!!!1」

俺「すみません、けど用事がないなら帰らせていただきます」バ「ほら、早く言いなさい!準ちゃん!」準「彼女取られた」

バ「なんですって!!!」準「大好きだったのにいいい(泣)」バ「準ちゃんの彼女返しなさいよ」

俺「なおさんは準くんとは別れたと言っていたのd」バ「返しなさいよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」準「うあああああああああああああああん!!!!」

さすがに近所迷惑だと思ったので俺は「あの、すんません、静かにしてください。」と言ったそれでもババアは「息子の彼女が取られてだまってられるもんですかああああああああああああああ」みたいなこと言って静かにならなかったんだ近所のおばさんが家から出てきて俺らのことを見つめていたので通報されたら大変だと思いとりあえず静かにさせるために「分かりました!!彼女と話し合ってみます!!」

と言ったら「絶対別れなさいよ!!!」とババアババアどもは帰ったのですがそこであった話をなおちゃんに話してみると「じゃあ別れよっか」となんかあっさりしててそのまま別れることになった正直凄まじい喪失感だった別れてから数日後のことである。準くんからメールがあった。「ほんとに別れてくれたんですね。

もう絶対なおとコンタクトを取らないでくださいよ。」とのことだった。それ以来ババアも準くんも俺に何もしてきませんが今でもなおちゃんとは付き合っているときのようにメールもしていますし俺が実家に帰ってきた時などは遊びに来てくれます。

別れたような感覚は全くないです。なおちゃんに「あれから準くんとは付き合ってるの?」と聞いてみたら「中学卒業してからは会うこともなくなったよ?」だそうです

同じカテゴリのエッチ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています!貴方が体験したエッチな体験談を投稿しませんか?男性女性どちらも歓迎です!
素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。