エッチ体験談 12,000話 突破!!

風俗で働いているお姉さんが好きです。

おっさんは風俗で働いているお姉さんが好きです。それはもちろん人にもよりますが、風俗のお姉さんというのはプロなので、おっさんが気持ち良くなるためのアレコレを真剣に施してくれる。

それでいて、普通に会話してみるととても良い子だったりすれのに、しかし心のどこかに陰を潜ませているわけです。

お金目当て、お金のため、客なんてただの金蔓、なんていうものは、風俗お姉さんたちが自我を保つための言い訳、いわば大義名分のように思います。果たしてお金などという、そんな陳腐なもののためだけに、人間はその日はじめて会った知らない男性の性器を咥える真似などできるものでありましょうか。

ましてや、その男の快楽の手伝いなど。たかがお金のために。普通の人はできません。つまりそれができる風俗で働くお姉さんたちというのは、本当に本当に心の優しい人たちなのです。だけれども、意地っ張りで照れ屋さんだから、そんな姿を人には見せなたがらない。

強く儚い心の持ち主です。おっさんはそんなふうに思っています。そんなわけで、おっさん、今から水商売のお姉さんの話をします。ウザい前フリはスルーしてくださいです。

おっさんはそういういい加減なおっさんです。それでは語ろうか。おっさんのチラ裏スレへようこそ。どうぞごゆっくりお過ごしください。

あれは…おっさんが20歳くらいだったと思う。その頃のおっさんと言えば黄金町のお姉さんたちなどと毎晩のように遊んでいた。…のだが、まあとにかく今になって強く思うが、あの頃のおっさんはどこまでも若かった。若い時分というのは、常に飢えて、常に渇いている。あの頃のおっさんは、飽くなき女性に対する探究心から、股間にちょろちょろ染み出すカウパー線液を絞るバルブを持っていなかった。

まあ今となっては、ただの尿漏れ今もそうだが、おっさんは当時から酒が好きだ。酒はいい。なにがいいって、酒に酔うとまるで世界はおっさんを中心に廻っているかのようだ。

まあ今となっては、ただの眩暈…とまあ、そんな戯れ言はほどほどにしておいて、おっさんは当時住んでいた近くのカラオケパブかっこ死語に通うのが好きだったまあ普通に言ってスナックだ20歳でスナックとか終わってる〜と思われるだろう。あるいはその勇気を賞賛されるかもしれない。確かに当時のおっさんはまだシャイボーイだった部分も少しはあったし、スナックの敷居は高かったように思うしかしそれを差し引いても、スナックに通いたい理由があったのだそのスナックには当時26歳くらいの推定Fカップのお姉さんがいたのであるおっさんはその推定Fカップお姉さんに恋をしていた、というより憧れていた好きというよりは、なんだか高嶺の花をみているようなそんな感情を抱いていたとても大人びた大人の女性そんなお姉さんは酸いも甘いも噛み分けているような余裕の持ち主にみえたそして、特筆すべきは張り出す推定Fカップ。…まあそれはいいんだけど、しかし願わくばその巨峰でパイズリしてくれたら幸せに思ふそんなことを心の隅に隠した純情ストーリーでありますさて、みんな知っていると思うが、スナックとうのは基本、年齢層の高いリアルおっさんが安い焼酎だけを飲み続けるお店のことである働いているお姉さんやおばさんは当時、肩パットが入っているような逆三角形のラメ入りスーツを来たりしていて、ミニスカートに肌色のストッキングがマストアイテムだった。

髪の毛は大概、茶髪であり、お姉さん3人のうちひとりはレディースに在籍していたのだろうという雰囲気を醸している必ずといっていいほど、カラオケが設置されており、海中のワカメみたいな髪型のリアルおっさんとかが石原裕次郎のブランデーグラスだかなんだかとかを唄っている。そしてそういう頭ワカメおっさんは高確率で前歯がない頭ワカメのおっさんは、レディースお姉さんとカラオケデュエットなんかもする。そして必ずといっていいほど、頭ワカメはレディースの腰を触りつつ、横に揺れながら歌を唄う。そんなゴキゲンな頭ワカメに、突然、ニッカポッカでパーマネントを当てたおっさんが、ゴルァ!とかいって絡んだりする。そんなカオスな場所だった。

今ももちろん地域によってはたくさんあるが、たぶん当時ほどではない。当時はそこらかしこにスナックがたくさんあった。そして、店前には型落ちのセドリックやらクラウンやら軽トラックやらが路駐してあって。飲酒運転がご法度なのは昔から同じだと思うが、当時は暗黙の了解があったと思う。普通に車で来て酒を飲み、そのまま車に乗って帰る。

まあ誇張していると感じるかもしれないが、少なくともおっさんの知ってるスナックや通ったスナックはそんなところだった。あまり馴染みのない人のために、もう少しスナックの説明を付け加えておく。スナックにもキャバクラにもお姉さんたちはいるが、それではなにが違うのかというと、スナックはお酒を飲みにいくところ、キャバクラはお姉さんと話をしに行くところ、というところにある。

もう少し掘り下げると、つまりスナックというところでは、お姉さんを指名して一緒に飲むことはできない。端的に言うと、スナックで働くお姉さんには基本、客を選ぶ権利があると言えばわかりやすいか。あくまでザックリな話だが、スナックのお姉さんは嫌な客がきたらそれを拒否できるキャバクラのお姉さんは指名されたら余程でない限り、拒否できないそれは風営法の違いにある。

キャバクラは接客をするためのところ。つまり、客と同席してお酒を飲むことを許されているところスナックは客と同席してお酒を一緒に飲んではいけない。お酌をすることすら法律上はできない。なぜなら、繰り返し、スナックはお酒を提供するところであって、お姉さんの接客を売るところではないからだもちろん実態としては、そんなこともない。だが一応、法律上はそうである。もちろんこれは各都道府県の条例などによって異なると思うそしてキャバクラは風営法のもと営業をしているので大体深夜2時とかそれくらいまでしか営業ができないスナックはべつにやりたけりゃ朝まででも昼まででも営業してよいそれも各都道府県や地域の規則によると思うおっさんもそのへんはあまり詳しくないが、まあだいたいそんなところだだからつまりなにが言いたいかと言うと、お姉さんを口説きたいならスナックよりはキャバクラの方がやり易いスナックでは、お姉さんに気に入られないと一緒に飲んでもらえないこともあるからだ今はきっと、もっと厳しい。たとえばスナックやガールズバーというところは風営法により、カウンターから外に出て接客をしてはならない。

それをしていると簡単に営業停止などを食らうこともあるまあ、そんな感じだ。かさねがさね、もちろん実態はスナックもキャバクラもどちらも似たようなものだけれど。それから一般的には、もちろんキャバクラの方が美人率は高いスナックはお姉さんの年齢層も高い…かもしれないいや、高い。

絶対に高い。特にママさんが平均年齢を20以上あげている。というわけで本題に入る。

おっさんがはじめてそのスナックに行ったのは、よく覚えていないがベロベロに酔ったときだったどこかで誰かと若気の至り飲みをして、その後、当時住んでた家の近所のスナックに、ららら〜と唄いながら入った明らかに場違いなところにひとりで乗り込んだおっさんだが、酔っていたので関係ないカウンターに座って瓶ビールを注文したそのビールを持ってきておっさんの前にドン!と置いたのが推定Fカップのお姉さんだったFカップお姉さんは誰に似てるかというと、深田恭子をヤンキーにした感じだ少し肉付きがよいというか、肉というより、たぶん骨格がしっかりしている。決してデブではないが、ムチムチ感の強い体つき。よく紫とか緑とかのキラキラスーツを着ていて、ハイヒールにミニスカート、当時よくあった少しテカるストッキングを履いていた。脚もムチっとしていて細くはないが、全体的なバランスはよく、まあ美人の部類だと思う。顔だけで言えば文句なく美人だ。とても色艶のいい唇の持ち主で、とにかく見た目がオトナの女性というフェロモン系だった。

そして最大の得点アップの理由は、胸元から飛び出そうなデカパイ。特に当時20歳の小僧だったおっさんには、グラビアアイドル以上のリアリティがあるエロスを感じるお姉さんだったあ、ちなみに、どうでもいいがおっさんは一応都会の部類であるところに住んでおりましたそんなわけで、えふお姉さんは、おっさんの前にビールをドン!と置いたあとすぐに若ーい!いくつ?と話してきた。おっさんは両手を出して10本指を見せ、はたち!と答えたが、すぐさま、なにその指意味わかんない、と返された。スナックというのは、そんなフランクさがあるというか、礼儀とか社交辞令とかそういうものはあまりない。特にえふお姉さんは、つまらないものにはつまらないと言ってくれる正義の陪審員だった。

その日おっさんはなんの話をしたかは覚えてないが、とにかく酔っぱらっていたので、バカみたいに笑って唄って騒いで帰ったえふお姉さんも一緒に盛り上がってくれたが、やっぱりあんまり覚えてない。ただめちゃくちゃ楽しかったことだけ覚えている。安い焼酎しか置いてないような店なので、毎回二日酔いが酷いが、その後もおっさんはそのスナックに足繁く通った。

週に1〜2回のペースだったように思う。風俗に行った後、黄金町で遊んだ後、友達と盛り上がって帰ってきた後、いろんなときに、あともう少し遊びたいなあと感じたときはそのスナックへ遊びに行ったそのスナックは朝4時〜5時くらいまで空いていたのでちょうどよかった。どれだけ長くいても、どれだけ飲んでもいつもだいたい5000円くらいだった気がするまあひとりで行くことが多かったにしても、少し安くしてくれてたような気もした。

ところで、当時のおっさんはハタチくらいだったので、まだ女を口説くなんていうことはあまり慣れていないまして、自分より5〜6歳年上のお姉さんなんて、本当にお姉さんで、どうやってそんな話に持ち込むかすらもわからなかったしかも相手は高嶺の花として目に映るえふお姉さん。まあ、そんなわけで、おっさんはあんまり積極的に性欲を出してはいなかったただ遊んで大はしゃぎして、ときどき酔っ払いの歯抜けに絡まれたりしてケンカして、そんなくだらなくて楽しい飲み方の繰り返し。ときどきはえふお姉さんの体に触ったり抱きついたりしたが、あくまでノリの範囲であるえふお姉さんもおっさんのことを弟みたいに思っていたかもしれないそしてえふお姉さんには、なんか中途半端な彼氏もいたらしいので、おっさんもそんなに真剣に想える感じではなかったそのスナックにはだいたい5〜6人のお姉さん&おばさんがいたが、主に関係したのは、えふお姉さんと、えふお姉さんの友達みたいなこれまた綺麗なお姉さん、そしてそのスナックのママさんだえふお姉さんの友達みたいなお姉さんは、えふお姉さんと同い年くらいで、正統派の美人だった。誰だろう、誰かはわからないが、上戸彩とか柴崎コウとかそれ系の顔立ち。ママさんは推定40代後半で、小太りの人。ただ顔立ちは綺麗で、きっと若い頃は綺麗な人だったんだろうなあという感じ。ただしこの人も外見とか服装はヤンキーチックな人だったおっさんが通っていた間、主におっさんの相手をしてくれるお姉さんはもちろんえふお姉さんだったが、ときどきはえふお姉さんが休みの日もあった。

そうするとなんとなく正統派美人のお姉さんが気になるのだが、実際はこのお姉さんは、おっさんのことが嫌いというか、ウザがっていたように思う。しばしば露骨に嫌な顔をされたこともあった。たぶんガキがいきがってそんなところに紛れてくるのが気に食わなかったのだろうあとでまた話に出すかもしれないが、その後正統派美人のお姉さんとは5年後くらいに再会する。

ママさんはとにかく小太りにありがちな気だてのいい、服装以外はかわいいおばさんだった。いつもニコニコしていて、明るい。このスナックは二人の美人が在籍する珍しくハイスペックなスナックではあったが、実際のところはやはりこのママさんがやり手で、歯抜けやワカメを掌の上でコロコロさせていたのだと思う。カラオケを入れても、順番が8番目とか、とにかくいつも満員御礼のスナックだった。

おっさんが特に気に入っていた理由は、なんというか、、昭和と平成のちょうど狭間世代のおっさんには、どことなく懐かしい空気を感じる場所だった。だって、今から12〜3年前と言えば平成10年かそこらだが、その店は、いまだにお姉さんたちが咥えタバコでカラオケの合いの手を入れてたりする。ハイハイ!!とか合いの手をいれながら、手をパチンパチンと叩くような昭和の具合だ。

また店内も昭和の香りがたっぷりとしており、店に入るとまず横長のカウンターがあり、奥に4人掛け3席くらいのボックス席がある。文字にすると普通なのだが、とにかくインテリアからなにから昭和の香りがする。キャパシティとしては、満員時はだいたい20人くらい入るだろうか。もうちょっと入るかもしれない。

そんなギュウギュウな場所で煙がモクモクしていて、鮮やかな色彩のスーツをきたお姉さんたちがいて、昭和の名曲がカラオケで唄われている。実際、おっさんにはまだ早いのは間違いないが、そんな空気はどことなく哀愁の趣きがあり、なんだか居心地がよかった。ただし、焼酎は本当に安物だった。焼酎瓶はジンロだとかそんなものだが、絶対に中身は4リットルの大五郎に移しかえてたと思う。

ジンロのキャップがプシッと開く音を聴いたことがない。もしかしたらエタノールだったかもしれない。必ず濃いめのウーロン茶みたいなので割って飲むようになっていて、今思い出してみても本当に臭い酒だった。しかしそれでも楽しいお店だった。本当に不思議なお店。

なんだか懐かしいな。よし!今からスナックに行ってくる!!…と思ったが、金がなかった。。そんなこんなで、おっさんは通い続ける。

えふお姉さんは時折、おっさんの恋愛話とかを聞いてきたので、おっさんはそんなときはえふお姉さんが好きですはぁととか言ってみたりした。でもおっさんはそこでは常に酔っていたので、好きれす!とか発音してたかもしれない。おっさんハンドサムではないし、また、当時のおっさんには筋肉もあまりなかった。だから本当にそのへんにいる若いにーちゃんという感じ。たぶん褒めるところもなかったのだろう。いつも、かわいいね〜と言われて頭をナデナデされてたりした。

まあでもいいんだ。そんな理由じゃなくて、おっさんはえふお姉さんの顔を見ながら飲みたいだけなんだよ。割りと普通に言ったつもりなのだが、ふとえふお姉さんの顔を見ると、ちょっと頬が赤らいでいた。おっさんは変なことを言ってしまったと思って、思わず、ごめん!と言ってしまったのだが、えふお姉さんは「本当に」かわいいよ、キミと本当に、を強調して言っておっさんの頭を撫でたたぶん20回くらいは通った頃だったと思う。それを境に、やっぱりおっさんはえふお姉さんを女として強く意識するようになってしまったかくなれば、今すぐその推定Fカップを揉みしだきたいそんな風に意識してしまってからのおっさんはちょっと積極的になった。とりあえず、えふお姉さんを誘い出したい。

えふお姉さんは彼氏持ちだが、まあそんなことはどうでもよい。おっさんはちょっとふっきれて、えふお姉さんにアターック!!してみることにした。まあそんなわけで、口説きのツールがないおっさんは、えふお姉さん!お願いだからごはん一緒に食べに行ってよ!というヘボい直球を投げた。

まあヘボい打ちごろの球なのだが、実は今もあんまりそのスタイルは変わってないかもしれない。いや、もしかして今はもっとショートカットするかも。えふお姉さんは、じーっとおっさんの顔を見ていたので、おっさんもえふお姉さんの顔をみていた。そこからしばらくして、えっそれだけ?という言葉が帰ってきたので、おっさんは、それだけ!となぜか自信満々に返事をした。

えふお姉さんは、いいよ〜、どこ行く?と返してくれた。おっさんは玉が破裂しそうになった。しかし若い頃というのはどうしてあのような無意味な勃起をするのだろう。カチンカチンなチンコは自尊心を満足させるが、おっさん思うに、今のおっさんの、芯は硬いが、外はぷにぷにみたいなチンコがマンコにはベターな気がする。そのぷにぷにのところが小刻みに伸縮した方がたぶわ気持ちよいはず。

30代以上のおっさんたちよ、あなたのチンコはきっと粗チンじゃないっ!そんなわけで、ついに念願のえふお姉さんとデートなるものをすることになったおっさん。季節はよく覚えてないが、秋だった気がする。確か、えふお姉さんはデニムのジャケットにインナーはTシャツだった。下もパンツルックだった気がする。そこで覚えているのは、はちきれそうな巨乳の谷間がTシャツからはみ出していたことくらいだ。

キャバクラのお姉さんと違って、スナックのお姉さんというのは気取りがない。だから外で会うと本当に普段着という感じだった。夕方頃に待ち合わせをして、なんだかイタリアンレストランみたいなところへ行った。ふだんは酔っ払いと言えど、なんとなく店の客の視線が気になるが、今日は二人きりだ。

ここはチャンスとばかりに、おっさんはえふお姉さんと出会ってからのおっさんの気持ちを全部伝えた。どつやって口説いたらいいのかわからないので、とりあえず全部話した。えふお姉さんはニコニコして聞いていた。その後、エフお姉さんとドライブをして、なんだかよくわからないが横浜の山下公園に行った。

氷川丸の前あたり、海が見えるベンチに座って、いろいろ話した。どこかから、かすかな光がえふお姉さんの顔に当たって、その前をおっさんがすこし動くと、ふっ、と影ができて、そこで思わず、影に隠れたえふお姉さんの唇に近づいていったおそるおそる、ゆっくりゆっくり近づいていくと、もうすぐ到達するというすこし前で、えふお姉さんが前倒しにおっさんの唇を奪った。さすが年上のお姉さん、と感動した。

おっさんの股間は傍目にもわかるチンコテントを張っていて、おっさんが慌ててポジションを直すと、それを見てえふお姉さんが笑っていた。しばらく茫然と流れる時間を過ごした後、えふお姉さんがじゃあ帰ろうかと言ってきた。ので、おっさんは、イヤダ!と答えた。そしてそのまま車を走らせておっさんの家に連れて行った。

時刻も時刻で、すぐにベッドに向かったおっさんたち。しかし、えふお姉さんはディープキスまでは許してくれるものの、それ以上を許してくれなかった今日、あの日なんだ…なんという切ない断り文句。おっさんは返り血を浴びることなんてぜんぜん気にしないが、えふお姉さんが今日はガマンできる?と言ってきたので、おっさんは結局ガマンした。そして少しして、えふお姉さんを家に送った。

それ以降、ハッキリとえふお姉さんを好きになってしまったおっさん。今まで週1〜2で通うペースが、週3くらいになった。つまり一日置き。

正統派美人のお姉さんは露骨に嫌な態度を募らせてきたが、おっさんはそれどころじゃなく、えふお姉さんに夢中だった。もちろんメールやら電話やらでえふお姉さんに会いたい旨を伝えてはいたが、やはり夜の仕事、しかも朝方まで続く仕事をしている中で、時間が合わなかった。いや、きっと合わせてもらうことはできたのだろうが、おっさんはえふお姉さんにあんまり無理をさせるのが嫌だったので、店に通った。

のだが、正直なところ、えふお姉さんもそれ以来、あまりおっさんとの距離を縮めてくれるようなことをしてくれなかったこともあった。逆になんとなく、距離が離れてしまったような感じもして、おっさんが会いに行っても前ほど相手にしてくれなかったような気がした。しかしそれでもおっさんが帰るときにはときどきドアの外に出てきてくれて、おっさんの口にちゅっとキスをしてくれた。

おっさんが我慢できたのは、今でこそそんなこともないが、若い時分には、誰かのことを好きになると、好きな気持ちが勝ってしまって逆に性欲がなくなる、みたいなこともあったからとも思う。たぶん男ならこんなこと経験あるのではないだろうか好きなんだけど、今すぐヤりたいとは思わない感じ。いや、ヤりたいにはヤりたいんだけど。

もちろんおっさんの今現在は、ソッコーでヤる。というより、ヤってから好きになる、みたいな。そういうふうに、順序が逆のほうが簡単な場合もあるかもしれない。

しかし、そうは言っても、やはりヤりたい。そして心ごと振り向いてもほしい。そしてFカップの胸に舐めつきたい。おっさんはその頃、やぶれかぶれにカラオケでラブソングを唄って、店の空気を窒息レベルにしたこともある。まあ若気の至り。そしてちょうどその頃、えふお姉さんの誕生日などもあって、おっさんはえふお姉さんの豊乳サイズに見合う、おそろしくデカイ花束を持って登場したこともある。

当然、店内は失笑か大爆笑かが起こったが、おっさんはそのへんは無駄にタフなので気にしなかった。ママさんも笑顔で、よくやった!とフォローしてくれた。えふお姉さんはそれ以降も、基本、おっさんに対して嫌な顔はしないものの、やはりどこか違う様子だった。

それから数十回通って、、、いい加減におっさんも自分が迷惑なことをしている気分になり…、酔って荒れたこともあった。ただでさえなんだか知らないやるせなさを感じているのに、わけのわからんニッカポッカの酒臭いおっさんがおっさんに絡んでくる。イライラして暴言を吐くと、ニッカポッカのおっさんが、表出ろ〜ウラーッとか言っているので、外に出ていってボコスカ殴った後、ヘッドロックして失神させて捨ててきたこともあった。まあそんなことが日常茶飯事なのもスナック。俺はどこどこ組の誰を知ってるだとか、俺は昔ヤクザだったとか、世界平和的に超どうでもいいことで揉める。

普段はスルーするおっさんだが、ちょっと八つ当たりしてかわいそうなこともした。それはおっさんがケンカ強いというより、酒臭いおっさんが弱すぎるというレベル。それも若気の至り。そして別段、警察沙汰などになることもない。それがスナックという酒場。

そんなある日、おっさんは突然に、えふお姉さんに別れを告げた。もうこないね。えふお姉さんは即座にさみしそうな顔をしたが、おっさんはそれを発してしまった手前、後に引けずそのまま店を去った。

家に帰って風呂に入り、頭をむしるようにジャバジャバと洗って、そのまま濡れたままの髪の毛でベッドに横たわっていた。えふお姉さんを追いかけていた時期の後半は外国人のお姉さんとの遊びも控えていた。その分、酷く溜まっていたにも関わらず、なんだかなにもかもが虚しく感じた。あ、そういえば失恋ってこんな感じかなあと思った。とてもやるさなかった。

そんなとき、おっさんのボロアパートの玄関で、大きな音がした。なんだなんだ?と思ってドアを開けると、ドアの外、すぐ横に色彩豊かなスーツの人がうずくまっていた。えふお姉さんだった。

そして、顔をあげて、おっさんと目を合わせると、えふお姉さんが二カッといたずら小僧のように笑った。おっさんも二カッと笑い返した。手を引いて、部屋に招きいれ、なにも発さず抱き寄せた。

タバコと香水の混ざった匂いがして、髪の毛は少し汗臭かった。だけど、それを嗅いでなんだかホッとした。えふお姉さんの大きな胸があたるせいもあって、おっさんの股間はギンギンになっている。

玄関でディープキスをして、えふお姉さんの舌を夢中で吸った。その後、なにを話すわけでもなく、えふお姉さんが、お風呂借りていい?と言ってシャワーを浴びに行った。バスタオルを手渡した後、おっさんは部屋を薄暗くしてからベッドに向かって、パンツ一丁になって待っていた。15分くらいして、えふお姉さんが体にタオルを巻いたまま、風呂から出てきた。そしてそのままおっさんに近づいてきて、キスをして押したおされた。

えふお姉さんが上にいるまま、激しくキスをして、おっさんはタオルの上からえふお姉さんの体をまさぐった。えふお姉さんがおっさんの顔をつかんで夢中でキスをして、キスをしては顔をつかみ、つかんではおっさんの顔を見つめ、見つめてはキス、を繰り返した。おっさんはいよいよえふお姉さんのタオルを剥ぎ取る。

もう何ヶ月も、夢にまで見たえふお姉さんの巨乳が眼前に現れた。本当に巨乳だった。当然少し釣鐘型というかそんな形で、しかし美しいラインだった。乳首は大きく、少し色素があったが、いやらしいオッパイ。それを言葉どおりに鷲掴みして、思いきり舐めた。

えふお姉さんはとても感じやすい体質で、小刻みに震えながら耐えていた。おっさんはそんなえふお姉さんの姿をみて、興奮が絶頂に達し、上に乗ったままのえふお姉さんに潜り込み、夢中でマンコを舐めた。テクニックとかなんとかはもう一切頭になく、本当に食べてしまうのではないかというくらいに吸い付いて舐めた。

舌で中を掻き回し、下品な音を立てて、クリトリスもビラビラも尿道も、全部まとめて口の中に詰め込んで舐め倒した。えふお姉さんは、すごい近所迷惑な大きな声を出して、マンコに吸い付いているおっさんの頭ごと、やらしい肉感のある太ももでギュッと挟んで喘いでいたおっさんは今まで抑えていた気持ちが大きくなりすぎていて、穴という穴に舌を突っ込んでいた。アナルにも舌を突っ込むと、さすがにえふお姉さんは体をくねらせて逃げようとしたが、尻や腰を掴んで離さなかった。

本当に腹が空いて飢餓状態の動物が久しぶりの肉にありついたように、ひたすらえふお姉さんの秘部に食らいついた。もう我慢できないと、ベッドの横をガサガサしてゴムを取り出し、そのままゴムをつけたとき、えふお姉さんがおっさんのチンコからゴムを取り去って、そのままおっさんのものを口に含んだ。えふお姉さんとのセックスは今でもいろいろなことを覚えているが、特にフェラチオは丹念に吸い付き、ゆっくりゆっくりと動かすとてもねっとりとしたものだったフェラの最中、えふお姉さんの巨乳を掴んで、乳首をコリコリしながら弄った。

少し弾力が衰えていたが、とても柔らかく気持ちのいいオッパイだった。たまらなくなって、えふお姉さんを仰向けにして、そのまま突き刺した。ものすごい濡れていて、カチンカチンで光沢が出るほど大きくなっていたおっさんのものを挿れても、まだもっと受け入れられるほど濡れて、大きく開いていた。

思い続けたえふお姉さんの感じている顔を前に、興奮を抑えきれず、なにも考えることなく、そしてなにも遠慮することなく、ひたすら激しく突いたえふお姉さんの唇の色艶がとてもセクシーで、それに何度も吸い付いた後、ガンガンガンガン突き上げて、そしてイった時間にしてわずか2分くらいだったと思う。2分間絶えず、近所迷惑な声を張り続けたえふお姉さんも、おっさんの脈打ちと合わせて体全体を震わせ、イっていたようだった。えふお姉さんの腹の上に出し、それを拭き取って、腕枕をしたあとで、好きだ好きだと言いながらキスを続けたえふお姉さんはまだほのかに感じていて、少しだけ、物足りないような態度をとっていたそんなおっさんも当然、物足りていない素晴らしい若さの回復力で、15分ほど経ってまたすぐに挿れた。

挿れる前に、えふお姉さんの口に手をいれて、唾でびちょびちょにさせてからそれをえふお姉さんのマンコに塗りつけた。そして再び挿入してピストンを再開する。またもなにも考えず、ひたすら打ち付けた。両足を持って、上からえふお姉さんの体を眺めた。少し肉付きがいい体だが、それがとても柔らかくてとても気持ちよかった。

えふお姉さんの両足を閉じさせ高くあげて、思い切り奥に入る格好でガツンガツンと打ち下ろした今考えると本当にヘタクソなセックスだが、ひたすらな情熱をこめて打ち付けたせいで、それがえふお姉さんにも伝わってくれたようではあった何度か大きく震えて絶頂しているえふお姉さんを見ながら、最後はベッドが壊れるくらい激しく動き、ふたりで大きな声で叫びあいながら果てた今も記憶に残る、とても印象の強いセックスだった。そんなわけで、深い関係になったおっさんとえふお姉さんはなんとなく付き合うことになった。なんとなく、というのは、えふお姉さんは以前、なんとなくの彼氏がいるみたいな話をしていたことが関係する。

おっさんは昔からあんまり独占欲がないので、そういうのはどうでもいいのだが、その類の話をすると逆にえふお姉さんがつらそうな表情を浮かべてしまう。それが嫌だったので詮索しなかった。もしかしたら女の人はそのへんを強引にこじ開けて欲しいと願うのかもしれない。だが、若いおっさんはそれをするとなんだかこの関係が壊れてしまいそうで、その方が怖かった。

というか、セックスをして愛しあって、そのほか仲良くする時間があればそれで充分だったという方が正しい。とまあ、とりあえずそのへんのところは置いといて、それからしばらくえふお姉さんと会うようになった。会っては求め、若さをぶつけた。今考えてみてもおっさんのセックスはヘタクソだったが、大好きなえふお姉さんにはおっさんの情熱の部分は伝わってくれたと思う。

ただそんな中でも釈然としなかったのは、えふお姉さんの働いていたスナックは日曜日は休みだったが、日曜日はなかなか会えなかったということだった。いつもなにか用事があると言っていた。たとえば正統派美人お姉さんと遊ぶだとか、その他誰それと用事があるとか。ところでその頃、正統派美人のお姉さんとはスナック以外で会うこともあった。少しくらいはおっさんに対する態度が軟化していて、みんなで一緒にカラオケに行ったことなどもあった。

おっさんは圧倒的年下だったのでパシリ的な扱いのような気がして、ときどきイラっとしたがえふお姉さんのために我慢していた。まあとはいえ、正統派美人のお姉さんもプライベートで酔っぱらいになるとおもしろい。えふお姉さんの前でわざとおっさんと腕を組むとか、そんなくだらないちょっかいを出したりして遊んでくれた。微笑ましい雰囲気だった。

また、腕を組まれる際に、正統派美人のお姉さんのおっぱいもヒジでつつけたので若いおっさんには嬉しい遊びだった。えふお姉さんは、日曜日とあともう1〜2日休むことがあり、だいたいその日曜以外の休み、つまり平日の夜に会うことが多かった。おっさんは昼間仕事だったので、デートはいつも夜で、どこかにドライブに行ったり酒を飲んだりしてからおっさんの家に来るのがパターンだった。

えふお姉さんとのセックスは楽しかった。なにが楽しかったかって、プレイの内容もそうだが、普段、6歳くらい年上で大人なえふお姉さんがセックスのときにはかわいい女に変身することがなにより楽しかった。普段はまるで先輩のように振る舞い、なにか気に入らないことがあるとおっさんの若さをけなしたりして、大体えふお姉さんが主導権を持つのだが、セックスとなるとそれが逆転するいつもの気の強いヤンキーチックな空気がガラッと変わり、ときには少女のようになり、ときには猫のようになり、ときにはおっさんの奴隷女のようになり、セックスの最中、おっさんに対して敬語を使うこともあった。そんな姿に変身するお姉さんをハメ倒すのが、おっさんのオスとしての征服欲をとても満たした。

そしてもちろん、ときには妖艶な大人の女性になっておっさんを惑わす。とても経験豊富そうなえふお姉さんのセックスは、男を悦ばすツボを心得ていたように思うまた少し肉付きがよいえふお姉さんの体は実に抱き心地がよかった。おっさんは、痩せている人も好きだし太っている人も嫌いではないが、なんというか、柔らかい肉がある女性というのは肌を合わせたときに、実に気持ちがいい。

ただ単に、気持ちがいい。心地良く、安心感があって、そして腕や腹や、少し肉付きがある箇所を触ったりつまんだりすると、女の体を探索している満足が強く、とても興奮した。そして正常位でイクときは、いつも、その肉付きのいいお尻をしっかりと掴んでイった柔らかい尻の肉をおっさんの両手の掌でマッサージするように揉み込みながら、その中心ではおっさんの硬い肉棒がしっかりと挿さっているこんな感触がとてもエロく感じて、そして事実、気持ちよかった。また騎乗位でも確かな密着度を感じる。痩せている女はそれはそれで恥骨や股関節自体がググっと締まってくるようで気持ちいいしかし、肉付きのよいえふお姉さんなどは、しなやかな肉が体重に乗ってうまいことおっさんの肉棒を包み込んでくれるマンコの奥深くから、お尻の割れ目のところの肉まで、肉棒が長い時間えふお姉さんの中をこすれているようで、その深く長いフィット感がエロくてたまらなかった。

えふお姉さんはとても喘ぎ声が大きく、短い喘ぎや長い叫びのような喘ぎを織り交ぜて、おっさんの性感を刺激した。えふお姉さんはセックスに夢中になるタイプだが、ときどき上に乗るときなどは、挑発的におっさんの目を睨みつけて、喘ぎを耐えながらその気持ちいいマンコをおっさんに味わせた。おっさんが耐えきれず騎乗されたままイってしまうと、どくんと鼓動を打つ瞬間から急に声を挙げて、髪の毛をかきあげたり、上を向いて喉を鳴らすような絶頂の声をあげた。

またときに自分の大きな胸におっさんの手をいざなって、その上からえふお姉さん自身の手をかぶせ、自分の柔らかい胸を揉ませるようにしてイったりもしていた。特に印象的なのは、えふお姉さんはイクとき、ぎゅ〜っと内腿を内側に絞りつける癖があったことだ太ももでおっさんの骨盤を締め付けるようなその癖は、まさにおっさんから絞り出すような動作で、動物的な快楽の求め方だったえふお姉さんとのセックスは本当に満足するものばかりだったところで、えふお姉さんと付き合っているときに、どうしてもやってみたいことがあった。パイズリ。

それ自体がたいして気持ちよくないことは黄金町で経験して知っていたが、愛する彼女が相手となると少し勝手も変わる仰向けにさせたえふお姉さんの顔へチンコを持っていって、そのまま口に突っ込み、軽くゆるく腰を振り落とすこういった行為は普段なら叱られる侮辱行為だが、セックスの最中のえふお姉さんは言いなりになったねっとりとゆっくりとフェラをするえふお姉さんのペースに合わせながら、チンコの先から根元まで、ゆっくりゆっくりえふお姉さんの口に差し込んだ何度かそれをしていると、じょじょにえふお姉さんの口から唾液がこぼれてきて、それをしっかり集めておっさんの手のひらに置くそしてそこからまたおっさんの唾を手のひらに垂らして、まとめた唾液をえふお姉さんの口に注いだ飲んじゃだめだよ、と言って、えふお姉さんを反転させると、それを下から受けるおっさんの口に垂らしてもらうより多くなった唾液をまた膨らませてえふお姉さんの口に戻すねっとりとして、粘度の強い液体がおっさんとえふお姉さんの口を何往復もした人によっては汚いと感じるかもしれない。でも好きな人と愛しあっているときに是非やってもらいたい高い位置からゆっくりこぼされて、それを自分の口で受けるとそれはもう興奮するそのときにお互いの乳首や下半身を優しく優しくさすりながらしてほしい暗い部屋でそんなことをしていると、それだけでなにもかも溢れるそして、おっさんはその溜まった唾液をえふお姉さんの胸に垂らす。そこからえふお姉さんの豊乳を絞って、おっさんの肉棒を挟み込んだ唾液にまみれた胸の谷間に肉棒をすべらすと、途中からなんだか卑猥な音が立つ。そしてときどきえふお姉さんの口まで持っていって、また咥えさせるぬるぬるの唾液を使いながら、両方の乳首を親指でくるくると廻して愛撫することも忘れないその状態は、女を支配している気持ちが漲る。そして女はきっと、それをして興奮している男をみて、支配されていて身動きできない下卑た感情に陥るだろうきっとそこからまた一段階、快楽は深くなってゆく若かったおっさんは、えふお姉さんに精飲させたことも何度かある。ていうか、今現在もときどきやるがフェラからの流れではなく、肉棒とマンコがぐちゃぐちゃに格闘したあとのフィニッシュで、お姉さんの口に持っていくきっとえふお姉さんは自分の愛液を強く味覚に感じるが、それをするときにはおっさんは思いきりお姉さんの顔を両脇から掴んで、お姉さんに有無をいわせない無理矢理押し込んで、無理矢理出すのだ喉の少し手前で止めて、喉に的当てするように発射する。声にならない音を発し抵抗しようとするお姉さんをいたわらず、おっさんの大きな唸り声ですべてを掻き消して発射する。無理矢理に。

発射したあとで、その精子をティッシュに出していいなんていう甘ったれたことは言わない。口を塞いで、飲み込むまで離さない。えふお姉さんは、おっさんの太ももを掴んでバタバタと抵抗することもあったが、何度か無理矢理するうちに、抵抗していた手が、おっさんの太ももや尻ごと抱え込むような手に変わったえふお姉さんの中で、私の口で受けるもの、とインプットさせたのだただしそういうときのセックスは頑張らなくてはならない。えふお姉さんはとてもイキやすい体質で、一度のセックスで複数回イクが、そんなフィニッシュのときは頭を朦朧とさせるほど突き続ける必要があったとても勝気なえふお姉さんを征服するには、恰好のプレイだったように思う。

もう一度言うが、えふお姉さんはそれを数回するようになった後、自分から吸い出し飲み込むように変わったそれがやらしく愛おしかった少し調子に乗っていたおっさんは、ある日はえふお姉さんに対し、もし今日もセックスしたいなら、おっさんが帰るまでにおっさんの布団で裸で待っていろ。そしてすぐにぶち込めるように濡らして待っていろと命じたこともあった。当然、日常の二人の関係ではあまりできることではないが、ときどきえふお姉さんがしょーもないことで腹を立て、それに対しておっさんが冷酷になったとき、そしてそのことで、えふお姉さんがおっさんに謝罪の気持ちを持っているときなとには命じたりした。そうしておっさんが仕事から帰ると、えふお姉さんは屈辱にまみれながらも部屋の明かりを暗くして、布団にくるまってベッドで待っている。

帰宅したおっさんが布団を剥ぎ取ると本当に全裸で寝て待っているのだすぐにズボンに手をかけ、ベルトをガチャガチャすると、えふお姉さんは少し股を開いておっさんを待っていたちゃんと濡れてる?と聞くと、えふお姉さんは再び布団を顔に掛け、かぶりながら、首を縦に振ったそのまま肉棒をあてがって、クリトリスにぶつけながらグリグリした5秒後、勢いよく奥まで突き刺した顔に布団をかぶせながら、全身をよじらせて、自分の淫乱ぶりと、おっさんからの辱めを感じていたにちがいないと思うそのまま乱暴に突き続けて、そういうときはまた最後は口の中に発射したそういうときのえふお姉さん特に奉仕的におっさんの精子をすすり飲んだそんなえふお姉さんとの関係が5ヶ月くらい続いた頃だろうかえふお姉さんが改まった面持ちで、おっさんに話がある、と伝えてきた即座にえふお姉さんの例の彼氏のことと悟ったのだが、実際は違ったえふお姉さんとは何十回かセックスをしている。そんなおっさんだが、実はあまりえふお姉さんのことを知らなかった。交遊関係は正統派美人のお姉さんやその他スナック関係の人、そして話に聞く人は何人かいたが、それ以外のことを知らない。住んでる家は知っていたが、ちょっと、おっさんと似たようなボロアパートの2階に母親と同居していると言っていた家まで送ることはあったが、大概家の近くまでで、中に入ったことはないえふお姉さんの給料がどのくらいで、どのように生活していたかもあまり知らない。

まあとにかく、よく知らなかった。そんなえふお姉さんから発せられた言葉。実は、私、子どもがいるのえっ?瞬時に、若いおっさんは混乱に陥った今なら、あっそう。で終わるかもしれないそういえば、なんとなくはそういう体だったかもしれない。でも妊娠線が目立つだとかそんな風に感じたことはなかったし、なにより若いおっさんにはあまり知識もなかったえふお姉さんは、だから今度子どもと会わない?てか、会ってくれないかな?と言った。

突然のことでどう反応していいのかわからなかったが、そのときはべつに断る理由も見当たらなかったので、いいよ、と返事したえふお姉さんは当時25か26歳かそれくらいだったが、子どもはたしか9歳だと言っていたつまり16〜17歳くらいで出産した計算だべつにそのへんに偏見はないが、今さらと思いながらも聞いてみたいことを聞いた旦那は?えふお姉さんは首を横に振って、いない、と答えたそうか。と思って、それではと、次の日曜日に会うことになった日曜日がきて、えふお姉さんが子どもを連れておっさんとの待ち合わせ場所に現れたなんだかえふお姉さんのDNAを受け継がなかった顔をした子どもだったが、純粋にかわいらしい女の子だった。少し懐っこい性格の女の子で、おっさんが運転する車の後部座席でいろいろおっさんに尋ねてきたおっさんはママのおともだち?おっさんは、そうだよ、と言って子どもといろいろ会話した。えふお姉さんは助手席で照れながらもニコニコしていた。

その日は3人でファミレスで食事をして、そのままえふお姉さんを送って帰ったえふお姉さんはえふお姉さんのお母さんとの約束で、日曜日だけは子どもといることになっていると言っていたそんな約束はどうでもいいから、一緒にいてあげなよと普通に思った家に帰ってきて、おっさんはいろいろ考え込んだ。元の旦那ってどんな人だろう?えふお姉さんと結婚したら、いきなり9歳の子のパパか、えっとどこに住むんだろうおっさんは間違いなくえふお姉さんのことが好きだった今もしも別れたら、ちょっとやりきれない。そんな風に思っていた。べつに困ったという感情はなかった。裏切られたともまったく思わなかった。そもそもおっさんから近づいたのだし。ただ不思議なことに、どうしても、何度考えても、えふお姉さんとの結婚というものが現実に捉えられなかった。

深く考えて、ということではない。感覚的に、なぜかこの人ではないのだろうという気持ちだった。単純に若かったせいもあるかもしれない。

あまりおっさんの生い立ちについてはここで語りたくない。てなわけで、ちょっと腑に落ちない端折りをするが、おっさんはあの子のお父さんにはなる自信がなかった。こういうのは時間をかけるとか、いろんな角度でものをみるとか方法はある。しかし、うまくいくかどうかわからないことに、子どもを巻き込むのは嫌だった。

次にえふお姉さんに会ったとき、おっさんはえふお姉さんに自分の気持ちを話した。そして別れる以外に方法はないことも告げた。それを聞いて、えふお姉さんは酷く顔を歪めて泣いていた。しょうがないことだよね。

と言って泣いていた。少しおっさんの男気の無さを責める言葉も発していたが、結局のところ、自分の境遇に納得したという答えを出したおっさんは一切、取り繕う真似はしなかった。心の中で、それでもえふお姉さんが好きな気持ちを隠していたが、それは一切表現しなかったそしておっさんとえふお姉さんは別れた別れてから3週間くらい経って、その間連絡は一切とらなかったが、変な時間に、というか真夜中におっさんのボロアパートの玄関でドン!という音がした。えふお姉さんだとわかった。正直なところ、その3週間の間に何回か自分を慰めに黄金町で遊んでいたが、実際には慰めになっていなかった。相手はたぶんロシアのお姉さんで、顔はまったく西洋だが、とても巨乳で釣鐘型のオッパイを持っているすこし肉付きの良いお姉さんだった慰めにふさわしいお姉さんに違いなかったしかしそれでも満たされず、結局はえふお姉さんを思っていた。

音がして、そろりそろりと玄関に行き、覗き穴から外を見ると、水色系の鮮やかな色のスーツを着て、少し酔っているように見えるえふお姉さんが立っていた。おっさんなそのまま音を立てず、なにもせず、覗いていた。そして数分して、えふお姉さんが階段を降りて行ったハイヒールの音がカツカツと鳴り響いていた。

おっさんの鼻の奥がツーンとした痛みを発した。その後、えふお姉さんとは一度も会っていないそんなえふお姉さんとスナックの思い出糸…と言いたいが、スナックの思い出はもう少し続く…かもしれない。いや、それは今は蛇足。

コメントを残す