元気なチンコで入院する俺がナースの嫁をゲットした話

ぴゅあらば

2人の記憶のすり合わせなので細かい部分は、俺と嫁で脚色してます。嫁も俺も国語の成績は3です。あしからず。
嫁と初めて出会った時、俺は22歳の会社員、嫁は25歳の看護師でした。俺が事故の後遺症?で入院している病棟に嫁が配置換えされて、5日目に初めて言葉を交わした。

入院して三週間もすると同じ病室の患者さん達とも打ち解けて、お互いの普段の生活の話や平気でHな話が出来るようになった頃、一人だけ若くてイジラレ役の俺に病室の主が、ナースが点滴や注射に来た時に「俺のお注射したい」って言ってみろと言っていたので、その日、深夜勤で朝に検温に来た看護師(嫁)が 

「おはようございます、熱が下がって無ければ注射します」 と言ったので、俺は病室全員に聞こえる声で 「おはよう、熱が下がってたら○○さんに俺のお注射したいです」 と言うと、嫁は 「下がっていれば、いいですね」と笑いも無くクールに返事したので病室中が凍りついた。

少し気まずかったが、この時俺にはご両親にも挨拶していた同じ職場の彼女と交際中なので 嫁の事は他の看護師同様に気にも留めてなかった しかも当時交際中の彼女は1日おきに見舞いに来てくれていたので病室の患者さん達にも、 嫁を含んだ看護師達にも公認になっていて、俺は来年には彼女と結婚するつもりだと言っていた。

そんな中、クールな人だと思っていた嫁が自分と気が合うのを入院生活の中で知り、お互いに 話をするのが楽しくなり、いつのまにか嫁の勤務時間後に病院の人が来ない無い階段で密かに 二人きりで話をするようになっていた。話題の中で嫁は現在の病棟に慣れてきたとか、彼氏がいたが、結婚する時は病院の仕事をやめて欲しいと言われて、仕事は続けたいと言うと彼氏の態度が変わったので、交際はやめて今はフリーだとか、 俺が交際中の彼女と結婚する時に彼女が仕事を続けたいと言ってきたらどうするか? などと、お互いに男女を意識しない(たぶん)で親友のように全てを話していました。

結局俺は4ヶ月ほど入院して退院したが、嫁とは友達として電話番号とメアドを交換して連絡は取り合っていた。2ヶ月後に再び入院したのだが、その頃の嫁は俺の彼女とも打ち解けて女性同士で俺を話のネタにして バカ話をしたり、前回の入院時同様に勤務時間後に階段で俺と二人きりで話をして 「入院ばっかりしてると彼女が逃げちゃうよ」とか言っていた。

その時は会社の繁忙期だったので、体調が不完全のまま取り合えず退院し仕事に復帰したが、 結局1ヶ月持たずに再び入院 さすがに1年で4度目の入院だったので、職場の所長が見舞いに来た時に今回の入院費は 全て自分で負担するので 「一身上の都合により退社します」 と辞表を書いて欲しいと言われ、職場の仲間にも迷惑は掛けられないと思い結局退社しました。

さらに追い討ちを掛ける様に、それを聞いた彼女のお父さん(立派な自衛官)が見舞いに来て 「ウチの娘に自分の部下を見合いさせて結婚させるつもりなんで、縁が無かったと考えてくれ」 「無職になった君には娘はやれない」 「君はまだ若いのだから出会いもまだ有るから娘が見舞いに来ても会わないでくれ」 「娘や俺が傷つかないように君が悪者になってくれ…」 と言われて、職も彼女も失って自分の人生全てが終わった気がした。

それを知らない彼女が見舞いに来た時に 「実は他に好きな人がいるのでもう見舞いに来ないで欲しい、無職の俺はお前を受け止められない」 と言ったら泣きながら俺をブン殴ってきた。俺は人生最大のウソをついて頬の痛さより、心が痛かった、この時の事は今思い出しても涙が出る。人間不信にも成りかけたが、なぜかその話全てを看護師の嫁だけには不思議と全て話せた。

ある日、嫁は俺に外泊届けを出させて、なんと男の俺を自分の一人暮らしの部屋に泊めてくれると言い出した。どん底の状態とはいえ、22歳のチソコは健康な男の発想だ入院生活で溜まりまくりの俺を部屋に泊めてくれると言うことは…嫁を押し倒して…あーして…こー突いて…なんて妄想しか頭に無かった (コンビニで嫁がトイレに行った隙に密かにゴムを購入) 

数時間ドライブして、嫁の部屋に入り俺、嫁の順にシャワーを浴びコーラを飲み(ゴムを箱から出し) 嫁が渡してくれた、かわいい柄のパジャマを着てTVを見ながら嫁を待っていた。嫁が着替え終わっていつになく真剣な顔で、前触れも無くいきなり 「自分も彼にふられた時は一晩中泣いたよ、話を聞いてあなたがガマンしてるのが分かる」 「カッコつけないで……・」 嫁がその後何を言おうとしたのか分からないが、その言葉を聞いたとたん、こらえきれずに思いっきり嫁の胸に顔を押し付けて声を出して泣いた、男なのに女の胸で泣いた。

あんなにHな妄想していたのに、全くそんな事忘れて泣いていた。大人でもこんなに泣けるとは驚いたよ。その時は嫁のことを女として意識をしていなかったので、カッコつけずに遠慮なく泣けたんだと思う。ゴムまで用意して気合入れていたのに、キスすら出来ずに俺はイザとなると勇気が無いと言うか… 泣きながら嫁のいいニオイを嗅いで、嫁の身体にチソコは当たっていたと思うけど何も言われなかった。チソコの先もガマンの涙が出て濡れていた。

その後、退院しても嫁とは友達としてメールや電話で話したり、嫁の休みの日には遊びに行ったりしてました。もちろん仕事を探したが、なかなか就職出来ないし収入無しで家賃払うのも大変なので実家に戻って故郷でやり直すか思っていたら、嫁が部屋の掃除をしてくれたら、俺が就職出来るまで私の部屋の一部を貸してヤルと言うので、男としては情けないけどお世話になりました。

同じ部屋に暮らしていても居候の身分な上に、良く考えたら彼女でも無いので、Hどころかキスすらも出来ないでモンモンとしていたけど…‥・ (女性の部屋で、昼間一人で居る時に何をしていたりしたかは男性の人なら想像は付くハズ) 一緒にいるとすごく落ち着くし、嫁のやさしさに段々と甘えながら、どんどん好きになっていく自分に気が付いた。

嫁の事を女として意識し出すようになると、俺は単純だから嫁の方もそれを感じ取ったようだ。就職が決まった日にやっと俺の気持ちを嫁に伝えたら、嫁もいつしか俺と同じ気持ちになっていたと言われて、 一緒に暮らし始めて4ヶ月位で初めて同じベッドで愛し合いました。ただ同棲していても、元の彼女が幸せに結婚するのを見届けるまでは俺は結婚はしないと嫁に告げると、 そんな事はどうでもいい、あなたと一緒に居られるだけで幸せだからと言われて、 カッコつけすぎだけど「この女を絶対に離さない、幸せにしてやる」と俺は思った。

その後、元の彼女は本当にお父さんの紹介した自衛隊員と結婚し子供が授かったと、 お父さんから直接「ありがとう感謝します」と電話をいただきました そして、かなり回り道したけど2010年2月に結婚しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    U-Tubeからのパクリやな。元ネタは2chやろ(笑)

  2. 匿名 より:

    えろくなーい

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 917記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。