エッチ体験談が10000話を突破しました。

最高の娘と最高の玩具を同時に手に入れた…

先日、妻であるアユと付き合い始めから数えて10年目に突入した。その記念に思い出を語ることにする。

付き合い始める前、当時私は働き盛りで、金は有るが特定の女性を決めずに毎日自由に遊ぶ、つまる所、少し表現は古いが独身貴族を満喫している気楽な身分だった。だから女友達のアユと遊ぶ時は、アユが欲しいといえば何でも買ってあげていた。今思うとそれが当時のカレとの関係を余計に悪くしていたのかもしれないが、アユのカレもまたパチンコでスっては私に生活費を借りており、その流れでか、文句は特に言われなかったように思う。

「友くん!」その日も玄関のドアをあけると元気に抱きついてくるアユ。「またカレと喧嘩して来たのか?」

私に抱きついて唇にキスしてくるアユ。初めこそ頬だったものがいつの間にか唇にキスする関係になっていた。細いアユの華奢な腰に手を回して抱きとめる。

「・・だって口うるさいんだもん・・それに無理矢理しようとするし、本当最悪」「もう絶対別れる」汚い物を思い出すように言うアユ「それなら私も多少心当たりがあるな」

「友くんは良いのよ、だって友くんだもん」良く解らない理屈で子供っぽさを垣間見せるアユ。「本当に?」

私はそう言うと膝の上に乗せたアユの華奢な太ももの間に手を滑り込ませ、デニムミニの中に手を入れる。「あっ・・」アユは天井を見上げるように首を伸ばすと色っぽい声を上げる。

「またパンツ脱いでから来たの?」「だって・・友くんの事考えてたら濡れちゃうんだもん・・」恥ずかしそうに頬を染めて私の首に手を回して抱きついてくる。

アユはもともと自分で慰める事をしない。それに加え、私と初めて関係を持った時から、私の指と舌の味をじっくりと教えこんだ。最初はほんの戯れのつもりが、今では私もこの身体に夢中になっている。

「本当にビショビショだな、おしっこ漏らしたみたいだ」毛の薄い割れ目が愛液でヌラヌラと熱くなり指先を締め付ける。「あっ・・・ねえ・・友くん早く・・してぇ・・」

息を荒げながら可愛い瞳が熱っぽく私を見つめる。その表情はすっかり男を誘惑する雌そのものだ。ベッドに移動してシャツを脱ごうとするとアユが、もう我慢できない、と私のズボンに手をかけて脱がしてくる。

ボクサーの下のモノを想像しているのか、アユが口元に淫蕩な笑みを浮かべている。「こら、そんなに慌てて掴みださないでくれ。痛いじゃないか」「ごめんなさい」

そう言いながら私のモノを手でしごきながら、カリの部分に小さな舌をチロチロと這わせて先走りを舐め取る。私が教えた通りにしていたのはいつの事やら。今では私の好みとアユ独自の舌の動きが合わさり、私のモノ専用のおしゃぶりテクニックを身につけている。「アユは本当にチンポが好きだな」

夢中でしゃぶりつくアユの表情はまるで中毒患者のようだ。「ん・・友くんのおっきくて熱くて先から出てくるお汁も美味しいもん・・」私が喜ぶような台詞も元々は私が教えた事だが最近ではこれもアユ独自の感性でアドリブを効かせて来る。

最初はカラオケボックスで遊び半分に握らせた私のチンポに今では自分から夢中でしゃぶり付いてくるアユ。細い手足に程よい大きさの胸。男を喜ばせる表情や舌使いは天性のものがある。私が複数の女とハメ撮りした映像を、カレと喧嘩し、憂さ晴らしに遊びに来ていたアユが盗み見たのが最初のきっかけ。

倦怠期で欲求不満だったアユが、先に寝ていた私に寄り添って囁いた。「友くん……他の人とはあんな事してるの?」「あんな事ってなんだい?いったいどうした?」

アユはビデオを見た事を情欲に濡れる瞳で話した。衝撃的だったと。ビデオをコッソリ見ていたのは知っていた。と言うより、私がわざとアユの眼に留まるようにして置いたものだ。

ソレまでも性的な悪戯は何度もしてきたがはっきりとアユと男と女の関係になったのはその日から念入りに快楽を教え込み、一方的なセックスしか知らなかったアユに沢山の女達とのビデオを見せた。女達との様々なプレイをアユが覚えるたび、そのビデオを一本一本処分する約束をした。それから、すっかり私に依存したアユは献身的にその身を私に捧げ同時に私との快楽にのめりこんでいった。

今では身も心も、私の女という名の玩具そのものだ「ねえ友くん・・」欲しいものをねだるような甘い声で見上げるアユ。「良いよおいで」

そう言うとアユは悦びの表情で私のモノに跨り、対面座位の体勢で自分から手を添えてゆっくりと腰を落としてくる。「うっん・・あっ〜」チンポの先が狭い入り口でぎゅっと絞られ、ゆっくりと中に飲み込まれていく。

こうなるまでにも結構な苦労があった。カレの細いモノしか知らなかったアユの膣は、キツいというよりも痛いほどだった。それから少しずつ形を覚えさせていったそこは、今では十分すぎるほどの愛液が潤滑油となって私のチンポを飲み込む。

「ああっ・・」入れただけで軽く気をやるアユ。目の焦点が合わずどこか遠くを見るような目で天井を見上げる。

膣がキュっと締め付けてくる。「うん・・あっ・・ひ」快感で朦朧とヨダレを垂らすアユの口の中に舌を差し入れ肛門にも人差し指を浅く入れながら膣と一緒にアユの穴と言う穴を蹂躙する。

気がついたアユも夢中で私の舌に自分の舌を絡めてくる。「んんっああっ」濃厚なキスを交わしながら実にゆっくりしたペースでチンポを抜き差しする。

ヌーッと抜いてはヌヌヌっと倍の時間をかけてチンポを突き入れる。これがアユのお気に入りだ。「はあ・・はぁ・・友くんのオチンチンがいっぱいだよ・・」

泣くように顔を歪ませて喜ぶアユ「可愛いよ私のアユ、愛してるよ」「私も友くんが大好き・・愛してる・・」「私のためなら何でもするかい?」

抜き差しのスピードを徐々にあげてアユを追い込んでいく「する!なんでもするよぉぁあああ・・だからお願い!!」「もうイくのかい?」「イク!友くんイっちゃう!!」

「ほら!イけ!アユ!!イってみせろ!!」「あああっう!!!」アユの体が激しく跳ねて足先がピーンと伸ばされ、全体がブルブルと痙攣する。

同時の私の腹の上に暖かい液体がかかる。軽く失禁したようだ。「はあ・・はぁ・・はぁ・・」挿入したまま私の胸に顔をうずめて激しく快感の余波を味わうアユ。

「まだまだ私をイかせるのは難しいなアユ」「また・・・先にイっちゃって御免なさい・・」アユの夢は私の子供を産む事。そのためには私を膣でイかせないといけないが、今回もアユが一人でイってしまった。

「ん・・・っ」アユはゆっくりと私のチンポを膣から抜くと、私の脚の間に跪いてチンポを口に含む。「ジュッパジュッパ」

教えた通り唾液を出して口元をどろどろにしながらしゃぶるアユ。私の眼をジッと見つめ、熱っぽく情熱的に口いっぱいに頬張ってくる。「アユ・・」

私が目で合図すると頷いて口をあけて準備する。「アユ!!」私は数回自分でしごくとアユの頭を抑えて口の中に射精する。

ドクドクと白い液体がアユの顔に飛び散り、舌だけではなく鼻先や可愛いおでこにかかる。「んんっ・・」アユはザーメンを美味しそうに飲み干し、顔についた残りも手で綺麗に取って口に含む。

それが終わると私のチンポを綺麗に舌で掃除する。「アユの口は相変わらず最高だよ」「うれしい!」

裸のままベッドで抱き合う。小さなアユは父親に甘えるように強く抱きついてくる。「いつかは私の膣に精子ちょうだいね、友くん」

「そのためにはもっと私好みの女にならないとな」「うん!」話をしているとアユの携帯が鳴る。

「カレだ・・」アユは携帯の着信を確認するとカレと話したくないのか渋面を作りながら電話に出る。「もしもし?」

(・・・!)ベッドに腰掛けてカレと電話をしている裸のアユを引き寄せる。「俺が悪かったよ。戻ってきてくれないか。お前しかいないんだ」カレが嘆願しているのが聞こえてくる。

「うん、うん・・わかった。うん・・」会話しているアユの手を優しくチンポに導く。アユは電話しながらも私の顔を悪戯っ子の笑みを浮かべると。

素直にチンポに手を添えてしごき始める。「でも、今はちょっと距離を置きたいの・・明日には帰るから」彼女らしいことを適当に言いながら私のチンポを扱いているアユ。

飢えた雌の眼で私を見ながら鈴口をこねる。「・・うん。またね」通話を切った携帯をソファーに放るアユの頭を撫で、その流れで頭をチンポに誘導する。

チンポを口に含み、目を細めて喜ぶアユ。「アユは良い子だね・・美味しそうにしゃぶってごらん」そう言うと素直にジュバジュバとチンポをしゃぶるアユ。

「良い子だ・・」そのままもう一度ザーメンを飲ませたあと、互いに裸のまま抱き合って眠った。翌朝、股間の違和感に目覚めるとアユがチンポをしゃぶっていた。

「朝からスケベな娘だ」「お早う友くん!」笑顔で抱きついてくる。

優しく抱きしめて舌を絡める。「朝からこんなに硬くしてくれて。責任取ってくれるんだろうな?」「うん!」

嬉しそうにまた潜って股間にしゃぶり付いてくる。快感があるが射精感よりも小便がしたくなった私はアユを連れて風呂場に行く。「アユ、そこに座って口をあけろ」

「はい」何をするのか解っているアユは素直に風呂場のタイルに腰を下ろすと口をあける。ジョロロロ「んがっ・・ふっ」

むせながらも私の小便を必死で受け止める。「最高のトイレだよアユ」「ふっん・・」

当然全部は飲みきれない口の端から大半が零れ落ちる。「ふう・・」出終わると直ぐにしゃぶり付いて尿道に残った小便も吸い出すアユ。

「はぁ・最高だよアユ。本当に良い子だね」口をしっかり濯がせて歯磨きしたあとは2人でシャワーを浴びる。アユの身体を丹念にスポンジで洗い、髪やアソコは私の指で洗う。

「気持ちいか?」「うん・・」アユが内股をすり合わせる。

「どうした?」「私も・・」「そうか。じゃあ立って」

アユを立たせて今度は私がアユの股の間に口をつける。ブルッとアユが震えると、ジョーっと勢い良く尿が吹き出る。愛し合える男女なら飲めると教え込んだ甲斐があるというものだ。

アユの情事の際の表情は私の一番おきに入りだが特にこの、私に小便を飲ませている時のアユの表情は実に良い。放尿による快楽と私に尿を飲ませているという悦びが入り混じった実に歪んだ表情が堪らないのだアユの時は口を濯がせたが、私の時はそのままキスをさせる。アユも嫌がることなく当たり前の様に舌を受け入れる。

「ありがとう友くん凄く気持ちよかった」「アユのオシッコも美味しかったよ」そう言いながらゆっくりとアユのアソコを指先でなぞる。

「あっ・・」「もう濡らしているね」クチュクチュと中指で膣をかき回す。

「ああっ・・友くん・・」「犯してあげるから後ろを向いて壁に手をつきなさい」「はい友くん」

嬉しそうに期待で顔を歪ませると、アユは素直に浴室の壁に手を突いて形の良いヒップを突き出す。「本当にアユは素直で良い子だ。私は幸せだよ」「あっ・・」

私は数回チンポの先で膣をなぞるとゆっくりと突き入れる。「ほら全部はいったよアユ・・嬉しいかい?」「ああっ嬉しい!」

「友くんもっと強くして!もっとアユを犯して!」私が仕込んだ通りの台詞で私を誘うアユ。「教えた通りで来たね・・」

アユの長い髪を黒髪を痛くないように軽く掴みながら、バックからゆっくりと犯す。「ああっ・・ああっ!」引き抜き引き入れるたびにチンポの動きに合わせて甘声が響く。

「友くん・・友くん・・」アユは涙を流しながら喜びの声をあげる。「私に犯されて嬉しいか?」

髪の毛を乱暴に掴み後ろを向かせる。「う、うれしい!友くん・・のオチンチン気持ち良い!」「可愛いよアユ」

耳の穴に舌を入れながら小柄な体に覆いかぶさり、何度も何度もチンポを突き入れる。「ああっあああああっ」アユの喘ぎ声とパンッパンッと、アユと私の肉体がぶつかる音だけが浴室に響く。

「イク!!友くん!!アユいっちゃう!イっちゃう!!」「イけ!!!」「ああっイクっ!!」

ビクッと尻を弾ませるとそのまま膝を折って浴室のタイルにへたり込むアユ。ズルッとチンポが抜ける。床に寝たままビクビクと余韻で体が跳ねる。

アユを起こすともう一度シャワーを浴び、アユの濡れた体にガウンをかけてお姫様抱っこでベッドに移動する。力が入らないのか、ぐったりしたアユが満足げに私の首に手を回して頬にキスしてくる。「友くん・・ぁ・・」

エッチの時と違う甘えモードの声で抱きついてくるしかし私は少し乱暴にベッドにアユを投げる「キャッ・・」「・・友くん?」「アユ、まだやる事があるだろう?」

わざと怒るように冷たく突き放し、アユの顔の前に硬いままのチンポを突き出す。「はい・・」私が演技で怒っているとも知らず、少し怯えた様にチンポを必死にしゃぶり始める。

痛々しいほどの愛想笑いで私のご機嫌を取ろうとするアユにゾクゾクとした征服感を感じる。「ああっアユいいよ・・お前は良い子だ」少しずつ誉めて優しくすると表情に明るさが戻っていく。

「んん・・!」アユの口にザーメンを放出したあとは先ほど冷たくした分、徹底的に甘えさせてやる。ベッドで抱き合い甘い言葉を耳元で囁き、アユが大好きなキスを何度もしてやる。

「さっきは怒ってすまなかったね」アユが私の優しさにトロトロになった所で謝る。「ううん、アユが悪かったもん友くんは悪くないよ」

「アユ・・」「友くん・・」ともに服を着て、アユを膝の上に乗せて2人っきりで一日を過ごす。

この時のアユは子供の様に甘えてくる「友くん食べさせて・・」食べ物は殆ど私の手から食べたがるし、トイレのときも一緒だ口に指を突っ込むと、まるで幼児退行したように無心にしゃぶるアユが堪らなく可愛い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・惰性で付き合っていたカレとも別れ、その日は私とドライブ。

アユの家の近くでアユを拾い車で郊外の温泉宿に一泊する。「友くん!」「今日も可愛いね、アユ」

白のワンピースを着たアユが嬉しそうに助手席に乗ってシートベルトをする。しばらく走り高速に乗った。「友くん見て・・」

アユの言葉に横を見ると、アユがワンピースをたくし上げてアソコを露出している。いつの間にかパンツを脱いでいて、ワンピースをめくった下には綺麗な筋が見える・・僅かに湿っているのか、少ない陰毛の周囲がテラテラと光って見える。「今は運転してるから危ないよ」

「友くん触って・・」仕事が忙しく2週間ぶりだったためか、アユは既に発情していた。「少しだけだぞ」

私はそう言うと正面を見ながらアソコに指を這わせる「アアッ・・・」「私は運転してるからお前が腰を動かすんだ」「はい・・」

そういうとアユは淫らに腰を動かし、私の指を使って自慰をする「ああっ友くん!友くん・・」しかし障害物の無い高速とはいえ危ない、という事にして、意地悪して絶頂寸前で指を引き抜く「なんで・・」切なそうに言うアユをなだめつつとりあえず途中のパーキングエリアに入った。

駐車場の隅に車を止めて、おあずけしたアユをイかせて落ち着かせる事に「まったく。仕方ない奴だな」後部座席に移動してアユを四つんばいにする。「友くん早く・・」

可愛い尻を私に向かって左右に振りながら催促するアユ。「ほら」指でアユのアソコを刺激してやる。

「ああっ友くん!友くん!!」クチュクチュとアユのアソコから愛液が溢れてくる。益々濡れやすくなったのか太ももにまで愛液が垂れてくる。

そんなアユの膣のひくつきを見ていると私までビンビンに固くなってくる。周りを見回すと幸い人気は少なく、こちらに歩いてくるような人も車も無い。私はズボンを素早く下ろすとアユの熱々ドロドロのマンコにゆっくりとチンポを突き入れる。

「友くん!!友くんの熱い!!」もはや快楽しか眼中に無いアユは大声で喜びの声を上げ自ら腰を振って貪欲に快楽を求め始める。「ここまで淫乱にした覚えは無いぞ」

「ごめんなさい!ごめんなさい友くん!」車内でアユの背中に覆いかぶさり、壊れろとばかりに腰を振る。2人の激しい動きで車が揺れる。

体勢を変えて対面座位で出し入れする。可愛いアユの小さな体が上下に跳ね、ツインテールにした髪がアユの頬に張り付く。「はぁ・・・はぁ・・・・」

車内には2人の息遣いと濃厚な汗と精液の匂いが充満する。アユは眼の焦点を失っていながら、腰だけはしっかりと私の動きに合わせて快楽を貪っていた。そんな事をしていたらスッカリ到着が遅れてしまった。

「仕方ないもう一泊していくか」ガッカリするアユにそう言うと、悲しそうにしていたアユの表情が明るくなる。旅館の部屋で料理を食べる二人。

「友くん〜」いつもの様に甘えたアユが胡坐の上に乗ってきて、食べさせてくれとせがむ。私はアユが望む食べ物を箸でとってアユに食べさせる。

時には口移しで与えると、アユはその後もずっと口移しをせがむ。「ふふ、ヒヨコみたい」どうやら母鳥から餌を貰うヒナを連想したようだ。

それならと、今度はしっかり噛み砕いた食べ物を与えたら、そのまま舌の応酬になり、テーブルにアユを押し付けてバックから犯した。裸になり部屋に備え付けの露天風呂に出ると夜空の下、仁王立ちでアユにチンポをしゃぶらせ、教えた通り泡踊りで体を洗わせる。薄い陰毛と綺麗な形をした私専用の性器で、風俗嬢の様に体を洗わせる贅沢は格別だ。

2人湯船に浸かりながらキスしていると、アユがのぼせそうだったのであがり、裸のまま布団に寝転がる「友くん素敵な所に連れてきてありがとう。友くん大好き・・」布団に裸で寝転がる私の上に裸のアユが乗ってくる。アユと舌を絡ませながらアユの小さめな尻を片手に強めに握る。

「あん・・っ」それだけなのに私の腹の上のアユの性器から、ねっとりとした滑りが溢れてくる。私は準備していたアイマスクをアユに付けさせ革製のバンドで手足の自由を奪う。

更に音を遮断するためのヘッドホンを付けさせ音を流す。「・・・友くん・・友くん・・」自由に動く事も出来ず、何も見えず聞こえないアユは、布団の上で丸裸のまま不安げに私を呼ぶ。

「大丈夫だよ。私を信じなさい」ヘッドホンを方耳だけ外して声を聞かせる。「友くん・・」

私は自由を奪ったアユの口元にチンポを突き出す。アユは突き出されたチンポの感触を感じると素直にしゃぶり付いてくる。満足に動けない状態で、必死に口だけでチンポを愛撫する彼女に興奮する。

アユにチンポをしゃぶらせながら用意した羽でアユの乳首や太ももをサワサワと撫でる。「ああっうあああっ」もどかしい快感に体をくねらせて、アユの体から汗がじんわりと溢れてくる。

そのたびにチンポへの愛撫が中断されるため、強制的に頭を抑えて咥えさせる。そうしている間にもアユのアソコはヌルヌルに濡れまくり、太ももから伝った愛液はシーツの染みを大きくしていく「ああっ友くんお願い・・もう意地悪しないで・・お願い頂戴・・・コレを頂戴・・」私はアユの足の拘束をとって対面座位に持っていくと、後ろ手にアユを縛り、耳と目を塞いだままゆっくりとアユの膣にチンポを入れていく「ああっ友くんのが・・友くんの!」

アユは嬉しそうに腰だけを腐乱に動かしてくる。「はぁ・・はぁ・・お願い友くん・・友くんの顔が見たいの・・」アユは必死に腰を振りながら哀願する。

私はアユを犯しながらゆっくりアユのアイマスクをずらす。「あああっ・・・友くん・・」アユは見えない不安から解放され、自身が繋がっている相手を私と確認すると、涙を流して喜び、一層激しく腰を振りはじめた。

「怖かったろうに良くいう事を聞いたね偉いよアユ」ヘッドホンも外してやると、アユの拘束は後ろで縛った手だけになる。「ああっ友くん!友くんぁあ」

「でも手は外してあげないよ・・今日こそ私をアユの膣でイかせてみなさい」「それまでイッちゃダメだよ。もし先にイってしまったら、私とはさよならだからね」「ああっ・・嫌!嫌!!!」

「ほら頑張ってアユ。もっとアソコを擦り付けて気持ちよくしなさい」「ああっ!友くん!!」アユは私への愛情や不安、悲しみや情欲などが入り混じった表情で泣き喚きながら、必死に腰を振る。

「友くん私を捨てないで!!」「友くん!!」怖いほどに私を見つめながらアユは腰を振る。今までに無いほど締め付けてくる。

膣が激しく蠢き、私のチンポを射精へと誘う。アユの鬼気迫る情熱に激しい快感が私の背中を走る。「うっう、アユ!!」

一気に射精感がこみ上げ、アユの膣にザーメンを流し込む。その瞬間、アユは目を見開いて硬直し、チンポの躍動にあわせるように体をビクビクと痙攣させた。そしてぐったりと私の胸に倒れこんでくる。

アユはあまりの快感と激しい動きで失神してしまったようだ。私はアユの膣内に挿入したまま、手の拘束を解いてアユを抱く。「友くん・・」

「気がついたね・・アユ良く頑張った・・」「嬉しい・・友くんの熱い精子がおなかの中にいっぱいだよ・・」キスしながら抱き合う。

アユの膣がキュッと私の萎えかけたチンポを逃すまいとする。「友くん・・これでアユは友くんとずっと一緒だよね?」「ああ勿論だよ・・アユがイヤだって言ったら、私はアユを何処かへ閉じ込めるかもしれないよ?」

「嬉しい・・アユは友くんが望むなら閉じ込められても良い・・」その日私は、最高の娘と最高の玩具を同時に手に入れた。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!