俺のをチンコを咥えながら自分で弄ってマンコの準備をする嫁の習慣

30近くになりそろそろ結婚したかった俺に紹介された嫁は職場の同僚の奥さんの後輩(別会社)、当時大学出1年目、携帯の液晶を通してみた容姿は今ひとつだったが、会ってから判断するつもりだった。

同僚夫婦を交えて食事中はホスト役の同僚奥さんがしきり、嫁は曖昧な返事しかせず、二人になってやや緊張が走った時の事だ。
嫁「俺さん本当に結婚相手を探してるんですか?」
俺「そのつもりです」嫁「だったらなんでさっき(4人で食事中)友達からって言ったんです?」

俺「…結婚前提というと引かれるかなって思って、、」
嫁「引きませんよ!私はもう男の人に遊ばれるの嫌なんです!」
嫁「友達としてでなく、配偶者候補として付き合ってくれるんですよね?」
俺「…はい、そうです」
うわっ、適当にあしらってたのが見抜かれてたのかなぁ、思った。

嫁「後、気になってるんですが同僚奥さんとはどんな関係なんです?」
俺「…へ?」
嫁「随分仲が良かったじゃないですか!」
俺「ああ、彼女は大学時代同じサークルで同僚には俺が紹介したんです」

嫁「…それだけですか?本当に」
俺「…はい」
実は美人でスタイルのいい同僚奥は大学時代の俺の元彼女、社会人になった後別の男に乗り換えられた数年後復縁を匂わせて接近してきた際に、同僚に会わせたら意気投合して結婚してしまったのであった。

同僚には同僚奥から説明するはずだったがどうも俺と付き合ってた事をまだ知らない様子だった。なんとなく同僚に対して罪悪感があったので鋭すぎる嫁の口を封じる為に結婚する事にした。

嫁とは結婚を前提で付き合うようになったんだが会ってもあまり話が盛り上がらずおまけに嫁の態度は可愛げがないのでどう別れようか考えていた。

Hはもちろんの事キスさえゆるさないのでひょっとしたら処女かと疑ったほどだ。正直嫌われているのかと思って暗に別れを促すと怒り出すし毎週嫁から予定を入れてくる。嫁は何かと言えば「一生の事だから慎重に」といい、俺の情報を仔細にわたり知りたがった。

半年くらい付き合っていると嫁がやたら自分の家に俺を誘ってくる。嫁は当時自宅住まいで両親と同居。さすがにまだ挨拶する気がないと思って避けていたら、、、、デート中デパートで[偶然]両親出会ってしまいw婚約者として紹介される!!

一人娘で我侭&世間知らずに育ててしまった、それでも心根の優しい良い子だと自慢している。末永く大切にして裏切らないでやって下さいと義父に頭下げられてしまった。

嫁もうっすら涙を浮かべている、、、その場の空気を読んでしまい、、その後嫁の態度は急変する、俺と二人になるとデレデレ女になり、とにかく尽くす尽くすww日常生活では常に俺の気持ちを優先するし、実家に財力があり甘やかされてたため小遣い=嫁の給料なのでデート代にしろプレゼントにしろ常に自分のお金を使おうとする。

解禁になったHでもサービス満点であった、そのあまりの仕込まれぶりに疑問に思い嫁に過去を聞くと、19から22まで地方から来たイケメン男と付き合っていた、当然その男と結婚するつもりだった。が、男にとってはセフレで地方に本命がいた、それが発覚した後も男に嫁の愛情が本命より上なら乗り換えるといわれしばらく付き合ってしまった。

まぁ散々弄ばれて捨てられた嫁は「結婚を前提にした付き合い」をしてくれる男とのみ交際し、じっくり相手を審査して問題がないか判定すべきという人生観を得たというわけだ。あと男は尽くし方が足りないと去っていくと、、あれー、俺は中古掴まされたのかぁ、と気付いた時はもう情が移っていたので結婚したww 

嫁は尽くすタイプだが、結婚当初家事スキルは0で専業主婦なのに、週に2回ほど義母が俺のいない昼間にやってきてはサポートしてた。義母のいた日は夕食が手作りなのに旨いので簡単に分かった。

でも嫁は全部自分でしているように演出していた(=嘘を付いていた)。で、俺は義母が来てた日に「昼間に誰か連れ込んでたろう、新婚早々間男か?」と責めた。もちろん出入りがあった証拠を突きつけてねwww最初はシラを切っていた嫁は、途中で「何で信じてくれないの?」と泣き出し義母召還。

こっちが恐縮してしまうほど義母から謝罪を受けた。それからは嫁は真面目に掃除洗濯を自分でするようになり、料理教室にも通っているのでまぁまぁ食べられる料理を自分で作れるようになった。俺が褒めると「愛しているからよ」と言って満更でもないようだ。

ちゃんと主婦が出来るようなったご褒美にこの秋子作りを解禁した。嫁が言うには「ひょっとしたら当たっているかもしれない」状態だ。本当なら「30までに二人産む」目標は達成できるだろうwww 調子にのって試してみた。

昨夜寝る前、話があると嫁をベッドに座らせて、俺「<嫁の名>はどう思っているか知らないが、俺は結婚して良かったと思ってるから」嫁「…へ?」俺「俺は自分にとって、かけがえのない大切な人と結婚できたと思っているから」

嫁「…何?何の事?」俺「…以上です」どうも嫁の反応が薄いので、言わずに布団に入って寝る事にした。

しかし、布団の中でしばらく考え事をして何かを勘違いした嫁は嫁「ねぇねぇ、<俺の名>は何か疑ってるの?」俺「…」話が変な方向にいったので寝たふりしました。嫁「前にも話したように、ちゃんと結婚してくれる人なら誰でも良いと思って<俺の名>と付き合い始めたけど」

嫁「別に<俺の名>の事をどうでも良いと思った事一度もないよ」嫁「起きてるんでしょ?ちゃんと聞いて!」俺「なんですか?」

嫁の顔を見ると涙目、嫁「<俺の名>の事、大好きだから、愛してるから、<俺の名>以外誰もいないから」俺「俺もだよ、夫婦だもの、当然<嫁の名>を愛してるよ、」嫁「違うの、分かってくれない、こんなに愛してるのにぃ、」号泣、泣き出した嫁の話をまとめると、俺が以前、嫁にとって俺は所詮2番目の男だし、と友達に言ってたのがずっと気になってたそうだ。

愛情を信じてもらえないってずっと辛かったそうな、、2番目を俺は順番のつもりでいったのに、嫁は順位で受け取ったようだ。嫁「<俺の名>だけだから、本当に愛してるから、信じて」だそうだ。その後流れでそのまま、はじめたんだが、、俺のを咥えながら自分で弄って下の準備をする習慣は誰に習ったんだ?とか思い立ったが聞かない事にしたww

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1072記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。