エッチ体験談 13,000話 突破!!

純愛空手

俺は小さい時から通っていた空手道場の師範の娘と結婚した。
5歳から通いはじめ、俺と同年代の人がいなかったので同い年の嫁と組んでは稽古していた。

この頃は女子の方が体が大きいので嫁は強く俺はよく負かされては泣いていた。師範からは「負けなさい、強い人は勝った数の何十倍も負けてるんだよ」と言われては励まされていた。徐々に勝てるようになってきたのが10歳頃。この頃から泣くのが俺から嫁になってきた。

俺も嫁もド級の負けず嫌い、ヘッドギアをしているとはいえ毎回傷を作るくらいボッコボコに殴り合った。中学に入ってから、男女差が顕著に出はじめ組んでも練習にならなくなってきたので最後のスパーリングでお互い何かを賭けて勝負した。その賭けがお互い好きな人に告白するという今考えれば馬鹿げた内容だった。が、そんな恥をさらすわけにはいかないと全力での殴り合い。

結果は嫁お得意のハイキックで俺がダウンして立ち上がれず俺の負け。嫁は「じゃ、誰が好きなのか告白しなさい。後で本人にも言ってよね」と問い詰める。俺はグルグル揺れる頭の中で「お前だよ」と言いたいが恥ずかしくて言えない。嫁の「本当に誰よぉ、好きな人くらいいるんでしょ?」と追い撃ちをかける。意を決して俺は「分かったよ、言えばいいんだろ。お前だよ」と言った一気に固まる嫁、何秒かして一気に顔が真っ赤になって嫁は「はぁぁぁぁ!?あたし!?いや、ちょっ…まっ…、あぅ…///」としおらしくなる。

今度は俺が追い撃ちをかけるように「好きなのはお前だよ、嫁子だよ。いつから好きになったかは分からないけどな」と言い切った。嫁はしおらしくなったまま無言状態、明らかにテンパっていた。俺は「小さい頃から稽古で殴り合ってさ、空手選手の嫁は十分知ってるけど、いつからか女の子としての嫁も知りたくなったんだ」頭のダメージが回復してきたので改めて嫁を好きになった内容を話すと嫁は「…、こんな傷だらけのあたしでいいの?学校には可愛い子いっぱいいるじゃん、○○さんとか」

恥ずかしさを精一杯隠しながら喋る嫁は本当に可愛いかった。ここまでくると気持ちが抑えられなくなって「いいよ、傷なんてすぐ治るし、俺はそんな嫁を好きになっちゃったんだし」もう脳が直接喋ってる状態な俺、次から次へと嫁に対する想いが湧いて出てくる。そんな俺を見て嫁は冷静を装いながら「い…いいわよ、ちゃんと告白したんだし付き合ってあげる。まぁ、あんたの嫌いな所見つけてさっさと別れてやるけどね」負けず嫌いな嫁の精一杯な負け惜しみじみた返事。ガキながら本心じゃないのはすぐ分かった。試合で負けると泣いて負け惜しみを言う嫁泣いてないだけで明らかにその時と同じ状態だった。

この日を境に休みの日はデートに行ったりするようになったのだが嫁は嬉しそうにベタベタとくっついて離れない。中学の時はそれでよかったのだが高校・大学になってもデートでは飽きもせずベタベタとくっついて離れない。ある日、嫁に「俺の嫌いな所見っけて別れるんじゃ無かったっけ?」と意地悪く問い掛けたら嫁は思い出したのか顔を真っ赤にして「嫌いな所はあるけど、それ以上に好きな所があって別れらんないの!私の誤算よ、誤算!」

認めたくないのか素直に好きと言ってくれない嫁だがツンデレが好きな俺にはこれ以上にないくらい可愛かったその後、婚姻届は大学の卒業式を終えた帰りに出しに行った結婚して3年経った今、俺は双子を含む3児の父親になって毎日が大変だ予定としてはあと二人は欲しいと思う

1 COMMENT

コメントを残す