お年頃の小娘をエッチに開発

PR

10年位前になるけど、地域のスポーツ教室指導員の手伝いさせられてた頃に3人と付き合った。順番に○2、○4、○2だったけどいろいろとおいしかったな。

○4の子が遊びに来るようになったのは6月でチューは8月、エロい事は10月位からだった。5年生の6月位まで挿入以外のエロい事やりまくったな。では、最初の○2から。

当時25歳。週1で小学校の体育館を借りてとあるスポーツをやってました。学生からの経験者と社会人から始めた人と半々くらいのぬるいチーム。俺は社会人になってから始めたけど、それなりに頑張ってやってた。

当時のリーダーが仕事の関係で続けられず、一番仲良かった俺が引き継いだ。ある日近所の人が練習を覗いてて、何かと尋ねたら日曜日に小学生を教えてるのだが人が足りないので来てくれないか、と頼まれ俺が行くことになった。行ってみたら技術的なことは関係なくぎゃーぎゃー騒ぐ子供の子守がメイン。

俺は普通よりやや太り気味で見た目はさほど良くないけど、当時のお笑い芸人の真似してたりして男女関係なく懐いてた。○2の子と知り合ったのは、そのクラブのOGで○学の部活に入っているその子が時々手伝いに来ていたからだ。合間にお互い普段どんな練習をしているか話していた。

社会人から始めたから部活動でどんな練習をしているのか興味があっていろいろ聞いた。俺は本を参考にしたりDVDみたりしている様な事を話た。本は学校のものを回し読みしているらしいがDVDは持ってないから見てみたいと言われ、貸してあげようとしたが、DVD見るのは弟のプレステ2しかなく独占されてて無理らしい。

じゃあ終ったら見に来れば?って言ってアパートを教えた。当初は純粋に子供だと思っていたし、まったく下心も無かった。練習が終わり、その子は一旦昼食に戻ってから行くね、と言って帰っていった。

俺はアパートに戻り、エロ関係を隠して軽く掃除をしてからコンビニで昼飯と子供が好きそうなお菓子とジュースを買った。しばらくしてチャイムが鳴り玄関に行くと、その子がいた。練習の時しか合わなかったのでジャージ姿しか見た事が無かったが、私服で髪をおろしていたらどこかのお嬢様の様に見えたので、可愛い格好になったね、と言って招きいれようとしたがその子は顔を真っ赤にして硬直してた。

見た目まじめそうな委員長タイプだったので今までそんな事言われたこと無かったようだ。少ししたらいつもと同じように話して、その日はDVDを2つ見て帰っていった。その後、2回くらいDVDを見に来て全部見終わったが、今度は弟のゲームを持ってきて一緒にやろうと来るようになった。

その頃にはその子は仲の良い友達に話すようになったきた。俺の方は相手は子供だから適当にからかったりして楽しませていた。6回目か7回目の時、前日の合コンで可愛い子がいて携帯番号を聞いた話しをした途端、なんだか様子が変だったが気付かず、ちょっといい感じだったと惚気加減で話した。

そうしたらうつむき加減で黙り込み表情を作ろうと頬がぴくぴくしていたのがわかった。さすがに様子がおかしいのがわかり、隣へ座りなおしたらスッと肩が寄って来た。それでも寄り添う感じではなくちょっと距離が近くなった程度だが、真面目なお嬢様には精一杯の頑張りなのだろう。

いじらしい姿と理由を察した時に俺の手が彼女の肩を抱くように伸びていた。恋愛感情とかではなく、この場を何とかしようとその程度だったが、彼女の顔が少しこっちを向いて目が合った時、思わずキスしてしまった。軽いキス2回の後、彼女の手が俺の背中に回ったので今度はちょっと長めにしてみた。

4回目は軽く舌を差し込もうとした時に彼女が体を引いたがソファーの背もたれに阻まれ、それ以上は動けなかった。彼女の体は硬直していたが口は半開きで俺の舌を受け入れていた。かなり長い時間お互い口の周りがべちゃべちゃになるほどキスをしていた。

まあ、主に俺が舐め回していただけだが。単純に息苦しかっただけかもしれないが、はぁはぁしている息使い勘違いしてキスを続けながら服の上から胸に手を伸ばす。再び体が硬直してぷるぷる震えているようだ。

だがもう止まらず、体のあちこちをまさぐる様に触りまくった。ボタンを外し、直接触っても何も言わず、じっとしてキスを受け入れている。一旦やめて体を持ち上げソファーに寝かせる様にしてあげると、半泣きの顔で俺を見ている。

俺は床に膝立ちの体勢でキスをしながら片手で愛撫を続けた。相変わらず体を硬直させていたが、服の袖を外す時は腕を上げたりして受け入れているようだった。さすがに下に手が伸びると拒否するようにガードされたが、多少強引に進めたら、パンツを脱がす時には腰を浮かしていた。

ほぼ全裸にさせたらキスをやめ、小さめの胸を舐め始めた。恥ずかしいのか感じているのか時々「イヤ」とか言ったりしていた。左右をじっくり5往復くらい舐めた後、クンニに移ろうとした。

下の毛も面積は少ないがそこそこ黒く茂っていた。足を開かないので力ずくでこじ開けると、練習後なのもあってか、かなり匂った。手で少し開くと皺の間から白いカスが見える。

指でなぞりながら愛撫する振りをして取ってから、クリトリスを捜したり処女幕の観察をするように弄り回した。彼女は手で顔を隠し、感じているのか、耐えているのか、泣いているのかわからなかった。俺は顔を近づけ、割れ目全体を舐め上げた。

もう「イヤイヤ」の繰り返ししかなかったが、止める訳もなく続けていた。だがクリトリス中心に舐めたり吸ったりしている頃には腰が動き始めた。もともと早漏気味の俺は全戯に時間をかけるほうだった。

手とクンニで1回ずつイかせてから挿入するのが普通だったのでこの時も30分以上舐めていただろう。彼女の愛液と俺の唾がお尻の方まで垂れていった頃にはしっかり喘ぎ声も出ていた。俺もすばやく服を脱ぐと、もう一度軽くクンニしてから今度は覆いかぶさるようにして軽く乳首を吸った。

顔から両手を外して、真っ赤になった顔にキスをした。彼女の吐く息が熱くなっている。口の中から舌を吸い出すようにすると、だんだん舌を絡ませ、時々こっちに押し込むようになっていた。

左腕を彼女の首の下にまわし、右手で狙いを定め、キスをしながら押し込んでいった。「ん”〜」と叫ぶように言いながら足を閉じようとするが、間に小デブの俺がいるので全然閉じられない。

少し強引に押し込むと案外楽に入っていった。8割位の所でしばらくじっと動かないでいたあと、キスしている口を離すと、涙で目の周りがぐちゃぐちゃになっていた。彼女の手が俺の背中にまわり、キスをせがむように引き付けた。

キスをしながらゆっくり腰を動かし始めた。しばらく動かし口を離すと急にしかめっ面になり痛いと言う。キスしていれば多少まぎれるようだ。ゆっくりしたリズムで浅いピストンを繰り返していると幾分慣れてきたのか、肩のこわばりが無くなってきた。

たまに深く沈めたり、速めに出し入れするとまだ痛い様で、我慢するようにきつくしがみつく。刺激が少ない分いつもの俺よりずいぶん長く挿入しているが、だんだん付け根の方からこみ上げて来た。射精が近いと腰の押さえが効かなくなり、だんだんペースは速くなってしまう。

出し入れに合せたように彼女の呼吸も速くなる。たまに深く入ってしまうと痛いようで抱きついて止められてしまう。深さだけには気をつけてペースを上げていく。

彼女の速くなった呼吸が叫び声の様になった頃、良くなってきたのか痛がっているのか気遣う余裕もなく夢中で腰を振って快感を味わう。最後の一振りで腰を打ちつけ、奥で射精した。やはり痛かったのか彼女の腕に力が入ると、俺も体を密着させ搾り出しながら、キスをして頭を撫でた。

しばらく動かないでいると彼女が「終ったの?」と聞いてきた。快感が去り、子供としてしまったのと中出しの罪悪感に変わり始め、小さく「うん」と返した。彼女の体から力が抜けぐったりとし、鼻をすするような音が聞こえたが、顔を見ることが出来なかった。

「嫌だった?」と聞くと「ううん、後悔してない」と帰ってきて少し気持ちが軽くなった。3分位だったか、そのままでいると俺の物が少ししぼんできたので、体を起こし抜き去りティッシュで後処理を始めた。まだ少し泣いている彼女にティッシュを2枚渡し、下の方は俺が拭いてあげようと、お尻のほうから拭き始めたら、「きゃっ」と慌てて股を閉じて起き上がる。

その時「ぷぷぷぷ」と割れ目から俺の精液と彼女の愛液と少し血が混じったかなり薄いピンクの液体が流れ出した。「何?何?何?」と彼女は混乱しながらティッシュをあてがう。俺は自分のを軽く拭き、パンツとTシャツだけ着て彼女の後ろに回り込み、体を包むように抱いた。

粗方拭き終わったようで、大きなティッシュのボールが出来た。まだちょっとづつ染み出してくるようで、何度か拭いたあと俺の顔を見る。ティッシュを5,6枚渡し、「これ敷いてしばらく座ってな」と言うと口を尖らせ従う。

5分くらいキスをしながら過ごすと、だんだんと笑顔が戻ってきた。俺は彼女に下着を渡しながら「シャワー浴びる?」と聞くと軽くうなずくのでタオルを取りに行った。帰って来ると既に立ち上がって服で体を隠していた。

「ソファー汚しちゃった」と言うので「気にする事ないよ」と返す。見てみると血のような跡はほとんどなく、シミの原因はクンニの時の愛液とよだれだろう。俺の仕業だ。彼女を脱衣場まで案内し、Tシャツを脱いだら「えっ?一緒なの?それは無理、絶対」と言われしぶしぶ退場。

いろいろ片付けながら待っているとすぐに出てきた。軽く体を流した程度なのだろう。二人でソファーに座りなおし、無言のキスタイム。おそらく10分くらいしていただろう。落ち着いたところで彼女が「そろそろ帰らなきゃ」と言うので玄関まで見送った。

次の日曜日、どんな顔して会ったら良いか戸惑い、彼女を集団の一人として扱っていた。彼女もいつもなら話しかけてくるタイミングでも妙に距離を取り、何か変だった。やっぱりまずかったかな?と思いながらもその日の練習は終了。

彼女は友達と帰っていった。その次の日曜日、彼女は来なかった。強制ではなく自主参加だったので他の子は月1、2回程度だったが、家に遊びに来るようになってからは毎週欠かさず来ていた。俺に会いに来るってのも有ったのだろう。

こりゃ完全にアウトだな。いきなりセックスはまずかったなと反省するも遅い。さらに次の日曜日、彼女は来たが何か避けられてる感じ。どうせ嫌われたなら一言声かけてみようと、練習後の掃除道具の片づけで独りになった所へ走った。

彼女は俺を見た瞬間戸惑いの表情で、俺の顔とモップの柄を往復している。「もう遊びには来ないの?」と聞くと、「えっ、行っても良いんですか?」と答え、続けて「今日行きます。」と言ってぴゅーっと走って行ってしまった。いつも通り昼食を食べてから来るだろうから、慌ててエロ関係を隠し、かなり評判の良いケーキ屋さんまで車で出かけた。

好みがわからないので6個位買ってしまった。家で待っているとしばらくしてチャイムがなった。玄関で迎えると、彼女はすでに涙目だった。

ソファーに座らせ訳を聴いてみると、あの事があった次の日曜日にちょっとよそよそしくされて、エッチしたからもう用は無いのかと思った様だった。俺もいきなり全部しちゃったから嫌われたのかと思ったと伝えたら、涙目のまま笑顔になった。そんな顔を見たら思わず抱きしめてキスをしてしまった。

彼女もそのつもりでいたらしく、俺の方がソファーに押し倒される形になった。不器用に唇を押し付けてくる彼女が可愛くなって、また体に手を伸ばした。何の抵抗も無く、逆に触りやすい様に体勢を調整しているようだった。

お互い興奮しているので、ちょっと荒っぽくまさぐった。直に指先が乳首に触れると「あっ」と可愛い声が漏れる。両方の乳房と乳首を交互に攻めながら服を脱がす。

彼女が全裸になる頃には上下が逆になり、俺が覆いかぶさる。キスをしながら、愛撫をしながら、俺は服を脱いでいった。お互い全裸になり、抱き合うと無性に挿入したい気持ちになった。

いつもなら全身なめなめとクンニで1時間以上攻めるのはずだ。彼女の割れ目をなぞると少し声を漏らしながら腰がびくびく動く。ほとんど何もしていないのにキスと胸の愛撫だけで割れ目にかなりの量を溜めていた。

俺は亀頭をあてがうと、奥までゆっくり押し込んだ。彼女は少し仰け反り顔をしかめた。「痛い?」と聞くと「痛いけど、好きなようにしていいよ」と言う。

俺はなるべく深くならないように注意したが、それ以外は自制が効かずかなりの勢いで突きまくった。ものの3分ほどで射精感が来る。すばやく抜いてお腹に射精した。首の方まで濃い塊が飛んでいった。

彼女はそれを不思議そうに指でかき混ぜていた。ティッシュですばやく拭くと、まだ治まらない物を再び差し入れた。彼女はびっくりしたようだったが、構わず腰を振り続ける。

今度はちょっと長持ちした。同じようにお腹に射精すると、またすばやく拭き、彼女と並んで寝転んだ。キスしながら「自分だけ勝手にやってごめんね」と言うと、「平気だよ、嬉しいよ」と答えた。

冷静になった俺はまた愛撫をはじめた。中はまだ少し痛いのであまり感じないが、やはりクリトリスは感じるようだ。クリ中心に指やら口やらで30分くらい攻め続けたらぐったり反応が少なくなったので、そろそろ入れることにした。

今度はゆっくり長くピストンした。根元まで押し込んだら、亀頭が見えるくらいまで引き抜く。しばらく繰り返していると感じ始めたのか声が甘く出始めた。それでもまだそれほど盛り上がらないのか、目は比較的冷静だった。

程なくして3回目の精液をおへそ辺りに垂らして終った。ティッシュで軽く拭くと、抱きしめあいながら長いキスをした。順番にシャワーを浴びた後、テレビを見ながらケーキを食べ、キスをしラブラブタイムを過ごした。

これで先○2の初体験編は終わりです。先○2の教育編がある予定ですがそんなに長くは無いです。思い出に残るプレイや感じるツボなどを簡単にまとめるつもりです。

先○2の外見ですが、身長は普通くらいだと思う。正確にはわからないけど155位かな?体重もわからないけど肉付きは普通。

ただ中身が詰まってる感触です。皮付きウインナーみたいにブリブリしてます。抱き心地が良いです。

あと、お尻の感触がゴムマリみたいで最高です。顔は丸顔で性格のキツそうな志田未来みたいな感じ。黒髪でやっと縛れるくらいの長さで、練習時は一つに縛ってたり二つに縛ってたりします。

地味な感じなんでそんなにモテる方じゃないと思う。イメージ沸きますかね?こういうのは始めに書いた方が良かったですね。基本ゴムは付ける派です。

その時は急な事故だったので準備して無かっただけです。俺もあんまりモテる方じゃないのでチャンスは逃したくないです。外でする時や彼女の家で急にもようした時など外に出しています。

童貞卒業は20歳です。2歳下の可愛い子でした。お互い処女童貞だったので2回失敗して3回目で成功(性交?)しました。前戯が足りてないのが失敗の原因だと思うが、その時はそんな余裕なんて無かったな。

因みにこの時も中に出しました。処女相手のときは中に出してますね。言っておきますが、俺は全然ロリコンではありませんよ。ただ守備範囲が広いのとチャンスを逃したくないだけです。攻撃範囲は成人女性がほとんどです。

名前があるほうが書きやすいので先○2を志保(仮名)とします。

中学生の時あこがれていた先輩の名前なのと音が似ているので決めました。付き合いが始まってからも、どこに出かけるでもなく部屋へ来てセックスして帰るだけの付き合い。何度か食事に行っても周りを気にして落ち付かない感じ。

「なんか余所余所しくない?」と聞くと「誰かに見られたら言い訳できないでしょ」と、「これなら親戚とか言い訳できるけど、ベタベタしてたら言い訳も出来ないよ」なんて言われた。それでも部屋で二人の時はわかりやすい態度でかわいい。平日はほとんど会えないので、土日はやりっぱなし。

午後から来て夕方には返すようにしているが、土曜日は1週間空くのでやりたいのかベタベタしてくる。普段はクールな感じだからちょっと虐めたくなって、二日酔いだとか仕事で疲れたとかあまりやりたくないアピールするとちょっと困った顔で見つめてくる。そういう時は従順モードで多少過激なプレイも受け入れてくれるので、調教は土曜日と決めている。

調教といってもフェラチオを教えたり、恥ずかしい格好をさせたりするくらいだが。なんどかセックスしていると余裕が出てきたのか興味があるようで、俺の物を見ようとしたり、手で触ってくるようになった。

「してくれるの?」と聞くと無言でにぎにぎしたりシコシコしたりするようになった。握りが弱かったり、見当違いのやり方なんで全然気持ちよくないが、ちょっと感じる振りをすると、積極的にやってくれるようになった。俺が仰向けになり、彼女を又の間に入れ初めて主導でやらせたときは愛撫そっちのけでじっくり観察された。

特に玉袋の感触がふにゃふにゃで気に入ったようだ。中学生が読む位のティーンズ誌にはオナニーとかフェラの仕方が書いてあるのだとか後から聞いたが、舐めてみようか悩んでいる感じだったので口でする様に促すと、軽くぺろぺろした後パクッと咥えた。だが咥えたのは良いがその後どうすれば良いのかわからない様でこっちを見る。

「上下に動かしてみて」と言うと軽く上下に動かし始めた。「もっと深くできる?」と聞いてみると無言で深く沈めていく。あまり深くしすぎて「おえっ」っとなったので軽く抱きしめて「ありがとう、気持ちよかったよ」と言ったらちょっと満足そうな表情をした。

実際はただ上下しただけでたいして良くなかったので、後で仕込もうと決意した。その後は少しずつフェラもプレイの流れに入れ、志保も熱心にあれこれ試して上達していった。クリトリスでイク事を覚えてからはエロさと従順さが増し、○学生とは思えないエロ女になっていった。

土曜日と日曜日にそれぞれ2〜4回するのが普通だった。俺は元気な方だし、彼女はそれが普通だと思っていただろう。2回だけの時は物足りない様なのでクンニと手マンでイかせてあげる事も多かった。彼女の偉いところは、俺の部屋以外では以前と変わらず、まじめな普通のお嬢様っぽいところだ。

成績も維持しているようだし、髪形、服装も変わらず。化粧もしないし香水もデオドラントスプレー程度。周りから見たらこんな事してるとはとても思われないだろう。友達にも話してないらしい。土曜日の従順モードの時はいろいろ試した。

「疲れてるから全部志保がしてくれる?」というと戸惑った表情を見せたが、俺がソファーに座ると顔を押し付けるようにキスをしながら、俺がするように服を脱がせようとする。慣れていないのと体の大きさが違うので上手くできず、キスが散漫になりがちだった。上半身を脱がしても乳首への愛撫を知らない志保は一瞬戸惑ったが、ズボンに手が回った。

俺が意地悪して腰を浮かせなかったから、強引にズボンを引き剥がすと、ちょっと怒ったように又の間に入ってくる。何をおもったかパンツの前開きから物を取り出すと、俺が教えたように丁寧に舐めはじめる。本当は全然疲れてないのですぐにフル勃起状態。志保は勝ち誇ったようにニヤリと微笑む。

早漏気味なので長く挿入したい時は勃起したらすぐにフェラをやめるように言っている。パンツを脱がせようとするので今度は腰を浮かせてやるが、前開きに引っかかって脱げない。志保が試行錯誤するがフル勃起なためどうにも出来ない。俺もこんなのは初めてだ。

「これ脱げないの?」と聞くから「出さなきゃ小さくならないから無理だよ」と答えた。「汚れちゃうから奥まで入れられないけど、このままする?」と聞くと頷いた。自分ができる事はここまでと思ったのか、つっ立っていたので「服ぬがなきゃだよ」と言う。

普段は俺が脱がしてあげているので自分で脱ぐのは恥ずかしいようだ。後ろ向きになりささっと脱ぐとちょこちょこと歩いてきて俺の隣に座った。「全部志保がしてくれるんじゃないの?」と意地悪く言うと、顔を赤くして涙目になった。

さすがにやりすぎたと思って、愛撫を始めようと向き直る。乳首を軽く吸うと同時に割れ目に手を伸ばすと既に濡れている。更に意地悪く「どこにも触って無いのに凄く濡れてるよ」と言いながら音が出るように強めにくちゃくちゃとこすった。

いつもはあまり声を出さない志保だが、「あぁ〜、やだぁ〜」と言いながら手をどけようとする。「もう濡れてるから触らなくって良いって事?じゃあもう入れるよ」と言ってソファーに寝かせ挿入する。顔を赤くしながらいつもより感じているらしく、声を出し始めるが、約束通り半分くらいまでしか入れない。

ピストンも浅く、時々抜けちゃう振りをしてじらすと、見つめながら訴えるような目で見る。志保は手を背中に回して引きつける様にし、奥に入れるよう求める。この頃はまだ奥にガンガン突くのは少し痛いが、奥まで押し込んでグリグリするのは凄く喜んだ。

焦れてピストンに合せて腰を動かしてくるので「奥にすると汚れちゃうからダメだよ」と言ってやる。ほっぺを少し膨らませながら睨んでくる。「奥まで入れたかったら、奥まで入れてって言わなきゃダメだよ」と言うと、プイッと横を向いてしまった。

そのまま浅いピストンを繰り返していると横を向きながらうめく様に「奥に・・奥に・・」と呟いた。もうちょっと虐めてやろうと思ったが、俺も限界が近くなってきたので一気に押し込み、そのままガンガン突きまくった。志保は「キャー」っと悲鳴の後はっきりとした喘ぎ声を上げ始めた。

俺は初めて事に興奮して突きまくりながら「気持ちいいの?気持ちいいの?」と何度も聞いた。志保も半分言葉にならない感じながらも「気持ちいい、気持ちいい」と答えた。なるべくイクのを我慢したが大した効果も無く、ものの数分で射精した。

二人ともぐったりしながらしばらく動かなかった。俺の物が萎み始めたので抜き去り、コンドームの処理をしてパンツを脱いだ。志保にパンツを見せながら「やっぱり汚れちゃったよ。いつもよりぐちゃぐちゃだったからね。

気持ちよかったの?」と言うと。「嫌、もう嫌」と言ってソファーうつ伏せになり顔を埋めていた。そう言いながらもお尻のほうから指を滑り込ませクリトリスを刺激すると腰が動き始めた。今日は俺からまだしてあげてないのでたっぷり時間をかけて愛撫した。

その後布団へ移り2回ほどしたと思う。志保は言葉攻めに弱いと確信した日だった。今日はここまでです。

志保編はもうちょっと続きます。その後、志保とは1年近くこの関係が続きました。その間に色々と教えて成人女性と変わらないくらい普通に出来る子になりました。

身長はあまり伸びなかったけど胸はAだったのがBがキツイ位まで育ち、乳首も子供みたいに小さかったのにピンと立派になりました。それと陰毛の量と範囲が少し増えました。セックスの方の成長は普段は口内発射を嫌がるが、69の時や調教時は特別気分が乗っているのか積極的に受け入れ、飲む事もあった。

クリトリスでは時間をかければ毎回イケる様にはなったが、中だけの刺激ではイケない様だ。挿入しながらクリを刺激したり、クリで行く直前までもって行き挿入などではイケる様になった上半身をちぢ込ませてひっそりとイクので「イク時はイクって言うんだよ」と教えたが2回に1回くらいしか言わない。本人は否定しているが、アナルの刺激もかなり良いようだ。

長い時間クンニや手マンしているとお尻のほうまで垂れてくるので、指で周りをクルクル刺激した。始めはクリや穴との同時刺激だったのでアナルをいじっている感覚は無かったのだろう。アナルだけを刺激してやると「やだ、やだ、そこはやだ」というので、「本当は感じてるんだろ。

腰が動いちゃってるよ」と返すと「くすぐったいから〜」なんて言ってる。いつか認めさせようとチャンスを伺っていたある日、目を潤ませて甘えてきたので意地悪したくなった。立ったまま上から少し強引なキスをじっくり時間をかけてしてやる。

唾液が粘っこくいやらしい音をたて始めた頃、いきなりスカートの中のパンツに手をいれ、割れ目をなぞる。思った通りに濡れている。「キスしただけなのに濡れちゃったの?」「Hな事ばっかり考えてるの?」「こんなエロ女いないよ」など言ってると顔を真っ赤にして俺の胸にうずめる。

布団の上だとそっぽを向いたり布団被ったりして逃げられるが、立ったままなので逃げられない。大概の女は濃厚なキスをすれば少なからず濡れる物。他と比較できないので本人は俺の言葉を真に受ける。相変わらず言葉攻めが聞く。真面目な自分がエロに負けているのが悔しいのだろう。

涙をこぼしながらうつむいている。あごを両手ですくう様に無理やり上を向かせキスをする。この状態になると何でも言うことを聞くし、エロく積極的になる従順モードに移行した証拠である。いつもなら奉仕させたり調教したりするのだが、この日はやさしく抱きしめ布団に寝かせた。

ゆっくり服を脱がせ、全裸にさせる。泣いた後なので顔の他にも胸の下辺りまで斑に赤くなっている。鑑賞するようにじっくり眺めた後、ゆるーい愛撫を始めた。胸の周りから軽く触ったり舐めたり、乳首に触れるまで10分位かけた。

一気に両乳首を口と指でつまみ上げると、悲鳴に近い声が漏れる。クリトリスも皮の上からの刺激や周辺をなぞるだけの愛撫を続けた後に強い刺激を少しだけ与える。何度も繰り返した後、うつ伏せにし、腰だけ持ち上げた。いわゆるバックの体勢だ。

中指挿入し、軽く出し入れした後すぐ薬指も挿入した。いままで焦らした分、強い刺激を楽しんでいる様だ。激しく出し入れした後は奥の方をムニムニしながら親指でクリを刺激する。ちょうど昔やった影絵の狐の指だ。左手の人差し指でアナル周辺を強めに刺激する。焦らし攻撃のおかげで尾てい骨の方まで愛液が垂れた後がわかる。

右手は親指のクリ中心に動かし続けると限界が近いような声に変わった。アナル周辺は十分ヌルヌルだが念のため左手の人差し指にたぷりと唾液を絡ませゆっくりアナルに沈めた。「イ”ーー」とうめきながら明らかに声は大きくなってる。

第一間接のちょっと奥まで素直に入って行ったので関節部分を出し入れする程度のピストンをした。両手の指を止めて「良いの?気持ち良いの?」と聞くと「嫌なの、もうやめて、もうやめて」を繰り返す。左の人差し指をもう少し奥まで押し込んで、右手を狐のまま強めに前後左右にかき回す。

やがて背中を小さく反らせて果てたようだ。ぐったりした様子を見てアナルの指を残したまま右手を抜くと、正気に戻った様で「嫌だって言ったのに。早く抜いて」とせがむ。軽くピストンさせるときゅーっと締まるのがわかる。指を抜いて軽く拭いた後、横に寝そべって抱きしめながら「本当は気持ちいいんでしょ。声も大きかったし、すぐイっちゃったじゃん」と言うと「あんなの普通じゃないよ。変態だよ」と言うので、「感じちゃった志保が変態なんじゃない?」と返そうと思ったが、えぐえぐ始めて本気で泣きそうだったので「もうしないから、ごめんね」と返し抱きしめた。

実際はこの後も何度も指を入れられながらイク事になるが、イキそうな時意外はマジ拒否された。アナルの刺激はここまでしかしていない。アナルセックスはあまり興味がなかったし、アナルが広がって大変な事になると聞いたことがあったので、チャレンジすらしなかった。志保に好きな体位を聞いたら「だっこしながらするやつ(対面座位)」と答えた。

理由は密着してちゅーしながら出来るからだそうだ。が本当はたぶん対面座位は入れながら腰を前後に動かすとクリをこすり付けるような感じになり、良いのだろう。他の体位はクリを刺激しながらでなければイケないのに対面座位だけはそのままイってしまう。アナルを開発してからは対面座位の時はイキそうになったらアナルに指を入れるのがパターンになっていて、キスをしながら激しく動くからか、よだれを垂らしながらイク事もある。そんな時はすかさず言葉攻めを浴びせる。

指を忘れていると、いつもは言わないのに「イキそう、イキそう」などと暗に指を入れろと言っている様だ。それを指摘するとマジ泣きされるので黙っているが、他の体位で「イク」は言うが「イキそう」なんて言ったことが無い。バックの時の挿入+クリ+アナルが出来るのでイキやすいようだ。でもその時はピストンするとクリが刺激し難いので俺は大して気持ちよくない。

その他は上体を起こした正上位、寝バック、騎乗位等、挿入+クリでイケるようだ。それでも30分以上前戯をしないとダメなので、後の彼氏ではイケずに欲求が溜まるだろう。俺の様に愛撫好きな男でしか満足できないかも。

それでも清楚を装うにはいきなり感じてしまうよりは良いかもしれないが。こんな感じで俺の人生でもっともコンドームの消費が多かった1年を過ごしました。志保編はこれで終わりです。

読んでくれた方ありがとうございます。この後、志保が高2の時に近所でばったり会って後日2回(正確には3回と2回)セックスしました。それは志保番外編て事で時系列的に順番がきたら書いてみます。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。