エッチ体験談が12,000話を突破しました。

チャイナドレス

PR

美和はチャイナドレスで立っていた。 「どう?興奮する?」と足を伸ばす。 「う、うん」と寝転んでる俺。 「こう?」と足で俺のモノを優しく踏んでくる。 「ねぇ、何でこんなに硬くしてるの?」と更に足でいじめてくる。 「だ、だって、、、」 「こういうの期待してヤラシイ目で見てる癖に」 「ご、ごめん、、そういう目で見てた、、」 我慢できなくなり美和を押し倒した。 チャイナドレスの上から胸をまさぐる。

「はっ、、んん、」と美和は息を漏らす。そして首、耳、口に激しいキスをする。 服の上から乳首を舌で探しながらフトモモを触る。 「あん、、、駄目っ」と美和は体を起こし俺の上に乗っかる。そして玉に1本の指で優しく撫でてくる。 「どう?じれったい?」と優しく撫でる。 「ああ、、、もう早くしごいてくれよ、、、」 「んふっ、おもしろいからだーめ」といじめてくる。 「あれ?撫でてるだけなのにヌルヌル出てきたよ、何で?」と激しく玉を掴む 「ああああ、、んっ」と情けない声を出してしまう。 更に激しく玉を揉んでくる美和。

「ねぇ、なんで?何でこんなに濡れてるの?」 「だって、、、激しく揉んでくるし、、それに、、、」 「それに何?」と聞きながら玉だけを撫で耳も舐めてくる。 「それに、、、その格好、、、はぁはぁ、」 「自分で着てくれって頼んでたくせにぃ、それに何で濡れてるかの答えも違うよ」と耳元で囁いてくる。 「え?だ、だって、、、はげしく触るから、、、んんっはぁはぁ」 「違うでしょ、自分がヤラシイからでしょ?」といきなりサオを激しくしごいてくる。 「どう?違うの?ヤラシイからでしょ?」としごきながら美和の人差し指だけは先っぽをまさぐる。

 「あああああ、、駄目だって、、」 「まだ出しちゃ駄目ーっ」と、指がゆっくりになる。 「どうして濡れるの?自分がイヤラシイからでしょ?」 「う、、、うん、、認めるから、、しごいて、、、」 「こう?気持ち良い?」といきなりすごく早く動かす。 「ああああ、う、、うん、そう」 「やめちゃおうかな」とまたゆっくりになる。 「声出して俺はイヤラシイくてスケベな男ですって大きな声で言ったらしごいてあげる」 「んんん、、いじめるなよ、、、」と情けない声を出す俺 「言わないと手はなしちゃうよー」といじめてくる。 「ホラ、、こうしてほしいんでしょ?ヌルヌルだよ」と両手で挟み込んでしごいて来る。

 「ああああ、、はぁはぁ、、う、、んわかった、、言うよ」 「そう、、で、何でこんなに濡れてるの?」 「俺がエロいか、、ら」と小さい声言う。 「駄目!!俺がイヤラシクて、スケベな男だから濡れるんですでしょ?」と玉を触りながらサオを激しくしごいてくる。 「うん、、俺がヤラシクてスケベだから、、、」 「声小さいよ、全然聞こえないよ、やめちゃおうかな?」 「あああ、ごめん、俺がやらしくてすけべな男だからです」とおおきな声で言う。

 「ほんとにやらしいよねー、いつも手汚すしさーぁ」とはげしくしごきまくってくる。 「ああああああああ、もう駄目だよ、、、ねぇねぇ、、、」 限界をかんじた。 美和ははげしくしごいてくる。その手は俺の先走りのせいですべりまくる。 はげしくしごきながら美和は「今日、すごくかわいいよ」と言うセリフを聞きながら射精した。 

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR