連れ子の妹の裸を見てしまいエロさの虜になってしまった俺は…

ぴゅあらば

妹の体を見て興奮を覚えた。それがはじまりだった・・・

僕と妹に血のつながりはありません。妹は僕が高校生の時に親の再結婚で相手の方の子供で、これから一緒に住むことになるといきなり紹介を受けた。それからいきなり知らない女の子と親しくもない父親との生活の始まり、僕は昔から家にあまりかえらない性格だから新しい生活になっても遊んでばかりで彼女の家に寝泊りしていた。帰ると言えば夜ご飯をたべに帰るか後は気まぐれだ、

ある日僕が家に帰ると家族がそろって夜ご飯を食べていた、調度よいときに帰ってきてしまった。僕はまだ新しい家族に慣れていなかった。そして初めての家族揃っての夜ご飯、その日は遊びにいく予定もなかった。妹の方はもう僕の母親とは親しくなっていたが僕は父親が話しかけてくるくらいで僕から話しかけることはあまりなかった。まあそんな勘jいで夜ご飯の時間が終わった。

そして、その日またきまづい事が起きてしまう。僕がお風呂に入ろうとしたときだった。ガチャ『キャッ』妹だ、今まで間違えて母親程度でしかなかった僕にはあまりにも衝撃的、妹といっても見ず知らずの3つしたの女だ。まだ会話もろくに交わしたこと無い。僕は、『すまんッ』と言って慌てて扉を閉めた。あせった・・・ドキドキしてた、でもそのドキドキにはもう一つ理由があった。かわいい・・・初めて妹の体を生でみた、胸は人並みに大きくクビレのキレイな体だったしかも、僕好み・・・

その日の夜、僕は妹の事を考えてしまうようになってた。しかも最悪な事にその日の夜は妹をおかずにやってしまった。妹になる人だ、これからは兄弟としてそういって僕自身にブレーキをかけているなぜ??僕は妹の事がその日から気になりだしたんだ。僕は家によく帰るようになった、妹とも父親ともよく話すようになった。話している途中で分かった事っだが妹には彼氏がいたんだ。そりゃそうだろ、あんなエロい体、そして以外にかわいい妹、彼氏くらいいるだろう、まだ僕はあの時の妹の体が忘れなれない。もう一度みたい。

その日妹がお風呂に行くのを僕は何気に気にしていた。もう一度あの体をみたい。そのチャンスはやはりお風呂だったんです。妹が準備をしてお風呂場へいく僕は部屋に戻り、お風呂に入る準備をわざとする。そして、もう一度ガチャ『キャ』やばい!!エロい!!前よりもハッキリ見える、しかも体についた水滴がかなりそそる。僕は『すまん』の言葉を前に見とれてしまった。ハッ!!と気づき『すまん』と言って部屋へ慌てて戻る。部屋に戻って気づいたことだが、僕はもうギンギンに起ってた。妹がお風呂、親は寝ている、あの体を忘れてしまう前にと僕はティッシュを握った。

するとドンドンドン階段をあがってくる音慌てて新品のティッシュをゴミ箱へ、テレビを見てるふりをしている時ガチャ。妹だ!!ん??しかも!!バスタブ一枚!!!やばい!!起ちそう!!
妹『ねえ間違え過ぎだよ』
僕『おおごめんな、慌ててたんだ』
妹『いいよ、もう上がったから入る??』
入るさ、でもビンビンなんだ、まだ立ち上がれない。お前を見てるとコレはおさまらないよ
『おう入るよサンキュー』妹は消えた、ドキドキしてる、ビンビンになってる、やばい!!

その時僕の何かがはじけた!!
『さやかッ(妹)』
妹『何??』ガチャッ、ガキッ!!
僕はバスタブのままの妹を部屋に連れ込み鍵をしめてた
妹『何??』
僕『俺も男だ、兄弟って言ってもつい最近しりあった女にしかお前は見えない!!』
妹『だから何よ?ちょっと寒い』
僕『お前を妹としては見れないって言ってるんだ』
妹『え??どうゆう事??』
ガバッ僕が1番したかったことをした、バスタブをはいで、生の妹の体をじっくり見たかった。

見えた、もうとめられなかった男として、僕は、目の前の体を無我夢中で舐めた、最高、ずっとしたかった、こうやって妹の生の体を力任せに抱きたかった。そこから先はもう想像通り僕は果てるまで力まかせに妹を僕のものにしていた。その後妹とどうなったかって??

妹の体を見て興奮を覚えた。それがはじまりだった・・・そう始まりのあの風呂場でも部屋でも外でもホテルでも、僕達はあれ以来兄弟としては認められない関係を内緒で続けてます。

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    Hシーンが無いなあ。。。。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1003記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。