非行で手の付けられない義娘の体がすっかり女になっていて、たまらず挿入!!

私が義理の娘理恵と初めて会ったのは、娘が4,5歳の頃でした。当時勤めていた会社で部下だった今の妻みどりと不倫関係になり、ほとんど家には帰らず、みどりの所に入り浸っていました。その頃の理恵は当然子供だったので、不倫相手の機嫌を取る道具でしかありませんでした。しかも聞くところによると、理恵は前夫とその不倫相手の間にできた子で、みどりとも血の繋がりは無いとの事でした。小学校低学年までは普通に育っていきましたが、3,4年生頃から盗癖、虚言癖、家出が酷くなり、よくそのことで折檻しました。そして終には手に負えなくなったので施設にいれることになり、高校を卒業するまで夏休みと冬休みしか家に帰る事はありませんでした。

高校一年の夏休みにひさしぶりに帰省してきた理恵を見て、女らしい体つきなってきている事に気づき、『ザワッ!』と血が騒ぐのを感じました。理恵に強い関心を持った私はなんとかしようと、理恵に接する機会を増やそうとしました。しかし、小学校の頃辛くあたるだけだった私はどう接していいか分からず、理恵の方も私に怯えていたので関係は全く進展しませんでした。ある時、二人で車に乗っている時、「せっかくの夏休みだから旅行しないか?そうだ東京がいい!ディズニ-ランドに連れてってやろう。出張ということにするから、お前も「友達の所に泊まる」とか言って二人で行こう!」

と口走ってしまいました。いまから考えるとなんとも不自然な提案で、理恵もおぼろげながらこちらの意図を察したのか、半泣きの顔になりその後押し黙ったままでした。家に着いてから、『妻に何か言うんじゃないか?』と内心ビクビクし、いつも以上に深酒をしてしまいました。それがいけなかったのでしょう、妻が他行した隙に理恵ににじり寄り、「ムネ大きくなったな」と言いざま娘のムネを揉みあげました。「イヤです!」と怯えた声を上げムネを隠すよう背中を向けた理恵に後ろから覆いかぶさり、パンツひとつの腰を擦り付けながら、先ほどより激しくムネを揉みしだきながら、「ひさしぶりに帰ってきた娘の成長を確かめてるだけだろう!」と、怒鳴りつけると『ビクッ』としておとなしくなりました。それでもこちらの手から逃れようする理恵を見て、より強い嗜虐心が沸き起こりましたが、妻が帰ってきたので我に返り開放すると娘はトイレに駆け込みました。翌日朝早く理恵は家出をしました。結局その夏、理恵は友人の所や、妻の実家を転々とし、帰ってはきませんでした。妻にいろいろ問い詰められましたが、「また昔の悪癖がでたんだろう。ほんとにどうしようもないヤツだ!」と逆ギレしてみせて、なんとかうやむやにしました。

その後理恵は高校卒業まで一度も帰省せず、チャンスは全くありませんでした。高校卒業後、消費者金融の会社に就職の決まった理恵は自宅から通勤するために戻ってきました。過去の事のバツの悪さから、私はあまり近づかないようにしていましたが、今度は妻の理恵に対する態度が以前と変わっていました。娘の生活態度から化粧、服装とあらゆることに口をだすようになり、常に叱責していました。理恵の方も日ごとに不満が蓄積されていくのが傍から見ていてもわかるほどでした。おそらく妻は疑念を捨てておらず、その苛立ちをRieにぶつけていたのでしょう。『この状況は使える』私は一人ほくそえんでいました。私はそれとなく理恵の味方をすることにしました。(あまりあからさまだと両方に警戒されるので・・・)理恵が怒られていると、一緒に怒るふりをして早めにきりあげたやったり、妻のいない所で妻の悪口を言い合ったりとか、影でこづかいをやったりと地道な努力を2〜3ヶ月続けました。その甲斐あって、理恵も私に心を許すようになり、二人で話をする機会も多くなりました。そこで私は駄目押しとばかりに過去の事について謝り、理恵も「もう気にしてないよ」と快く許してくれました。

私の家は造りが古い為か、間取りが変わっていて台所と居間が続きでその隣に脱衣所も無しに風呂があります。しかもすりガラスの鍵もない引き戸で、着替えはその引き戸前でします。不文律としてだれかが入浴中は近くに居ない事になっていますが、理恵が入浴すると、出る頃を見計らって理由をつくってはウロウロしました。運良くバッタリ出くわすと、最初の頃は「きゃああ〜!」と白い背中やお尻を見せて風呂場に駆け込んでましたが、新密度が上がってくると、「また〜!、気をつけてよ〜」とか「本当に偶然?一緒に入りたいんじゃナイ?」など冗談まで言うようになりました。(よく理恵の裸体を思い返して自分で慰めたりもしました)『そろそろいいかな?』私は次の行動に出ることにしました。出勤やちょっとした買い物の為に二人で車に乗ることが増え、その車内の会話も最初は会社の事など他愛もないことでしたが、段々と意図的にアダルトな話題に持っていきました。「最近お母さんともトンとご無沙汰でね〜」

「そうなんだ・・・」「まあもうあまり興味無いんだけど」「ヒド〜イ(笑)言いつけるよ!」

「だってもう体なんか崩れちゃってて・・・」「仕方ないよ、もうオバサンなんだから(笑)」「それに比べると、理恵本当キレイになったよな」

「・・・・・・・・」「ゴメン!前に見たときの事が忘れられなくて・・・」「そりゃそうだよ!若いモン!」

「そのキレイな体、残しとかないか?」「最近デジカメ始めたの知ってるだろ?撮りたいんだRieを」「・・・・・・・撮るだけだよね?・・・・・・」

「もちろん」「だったらいいよ」こうして次の段階への手がかりをなんとか手にすることができました。この時不覚にもコウフンしてしまい、半勃起した私の股間を見たRieは車外に目をやりながら「気がハヤ〜イ」と呟きました。

理恵が休みの日、私は会社を午前で切り上げ、理恵を車で拾ってホテルに向かいました。最初はおしゃべりだった娘も緊張してるのか段々言葉少なになり、「ほんっとーに撮るだけだよね?」と何度も問いかけてきました。ホテルに着き、部屋を選んでる時も私の影に隠れて見えないように小さくなってる理恵を見て『もう少しで・・・』と心が踊りました。部屋に入るとお互い無口になり、緊張感が高まっていくのが感じられました。その緊張感を打ち払うかのように、「じゃ、シャワー使って来るね!」と明るく言うと、Rieはバスルームに消えました。すぐにでも追いかけていって押し倒したい気持ちを必死に抑えてると、ほんのり上気した顔のバスローブ姿の理恵が現れました。「なんか飲んでいい!」そう言いながら理恵は冷蔵庫を開け、中を物色しました。

「やっぱ高いね」と言いながらコーラを取り出し飲み始めた理恵を撮りながら「『やっぱ』って、来たことあるの?」と理恵に問いかけると微笑むだけでした。「じゃあ、そろそろ・・・」と私が言うと、理恵は無表情でバスローブを脱ぎ素早くベッドの上に上がり膝を抱えて座りました。初めて間近でじっくり見た理恵の体は、19歳だけあってハリ・ツヤともにすばらしく、ぬけるように白い肌、ひきしまった腿、小ぶりながらも柔らかそうな乳房、その上の淡いピンク色した乳首、どこをとってもすばらしくまさに宝石のようでした。理恵の周りをぐるぐる撮りながら回り、「キレイだ、すっごくキレイだよ」と連呼していると、理恵の緊張感もだんだん解けて笑顔も見せるようになりました。

「じゃあ、つぎは立ちポーズで」と言うと、娘はベッドを下り、私は体のラインが分かるように横から撮りました。「ムネから手をどけてみて」と言うと、娘がクスクス笑うので「どうした?」と聞くと、「だって〜」と私の股間を指差しました。私は恥ずかしさとともに、『見せつけてやれ!』という気持ちが沸き起こり、平静を装って、「またベッドへ」と命令しました。「横になって」と言うと理恵は恥ずかしそうに背中を向けて横たわりました。アングルによっては丸見えになってしまうのを気にしているようでした。

「ちゃんとこっちを向いて!」と少し強い調子で言うと、ようやくこちらを見てくれたので、「大丈夫、すごくキレイに撮れてるから」「キレイなんだから隠すことないよ」と励ましてやりながら、夢中で撮りました。「次、四つん這いになって」と言うと「それはヤ〜!」と言うので「ここまできてなに言ってるんだ!」と怒鳴ると少し怯えた顔になり黙って四つん這いになりました。お尻のほうに回り込むと白磁のような理恵のヒップを何枚も何枚も撮りました。「恥ずかしい・・・」とつぶやく娘に「ごめんね強く言い過ぎたね」と優しく言葉をかけながら次の要求をしました。

「理恵のあそこを撮らせて」「・・・・・こんなに明るくちゃイヤ・・・・・」私はすぐに照明を落とし、間接照明に切り替え「これでいい?」と訊ねると理恵は黙って仰向けになり、そっと足をひろげました。

理恵の足元にひざまずくと、息がかかるほどの至近距離でじっくり見入りました。初めて見る理恵のそこは、おとなしそうな理恵の外見とはうらはらに、思っていたよりも毛深く野性的ですらありました。まるで内に秘めた情熱を表しているかのように・・・。しかし反対にヴァギナ自身はとても慎ましやかな感じで、クリトリスはベールに隠されており、ラビアは左右対称でなんの変形も見られず、色素の沈着も全くありませんでした。「・・・撮るなら早く撮って・・・恥ずかしいよ・・・・・・」と言う娘の声に我に返り夢中でシャッターを切りました。途中何度か不安げに私の様子を伺う理恵と目が合い、そのたびに顔をそむけながらソコを隠そうとするのを制止しながら、娘のナカに何度も何度も射精するかのようにシャッターを切り続けました。「ありがとう、もういいよ」撮り終わった私がそう声をかけると、理恵は手早くバスローブをはおり、ベッドの上に座りなおしました。その顔は緊張と羞恥心、興奮のため頬が紅潮し目が潤み、泣いているかのようでした。

画像をチェックするためベッドの端に座り、カメラを操作していると、「どんな感じ?」と理恵がにじり寄ってきました。私の隣に座り画面を覗きこんできたので、「今だ!」と理恵の肩に手をまわし後ろに引き倒し、素早く馬乗りになると理恵の腕を押さえつけました。とっさの出来事にパニックになったように暴れましたが、さすがに声を上げることはありませんでした。お互い無言のままでしばらく格闘が続きましたが、やはり体格の差はどうしようもなく、やがておとなしくなりました。「まったく予想してなかったわけじゃないんだろ?」腕を開放してやりながらそう言うと、娘は無言で両手で顔を覆ったまま人形のように横たわっていました。『ついに念願がかなう!』興奮のため私の心臓は早鐘のように脈動し、耳の奥の血管がゴウゴウと音をたてていました。

プレゼントの包み紙を開くようにバスローブの前を左右にひろげると、理恵の白い下半身が現われました。お腹からフトモモにかけて手を這わせ、うっすら汗ばんだ肌理の細かい肌のヌットリした感触を楽しんだり、アンダーヘアーの『ジョリジョリ』した感触を満喫しました。固く閉ざされたフトモモを両手でこじ開け、すばやく体を割り入れると、目の前のムスメにむしゃぶりつきました。テクニックもなにもなく、口と言わず顔全体で味わおうとむしゃぶりついていると、娘が踵で背中を蹴り、手のひらで頭を叩いてきました。しかし、しょせんは女の力私は意に介さずむさぼり続けました。やがて落ち着きを取り戻した私は、クリトリスを舌裏で押し潰す様にもんでやったり、ラビアを唇で挟んでしごいてやったり、鼻でクリトリスを刺激してやりながら舌で膣腔にピストンしてやったりと拙いテクニックを存分に試しました。その甲斐あって娘の抵抗があやふやなものになり、私を叩いていた手はいつしか私の頭を掻き抱き、フトモモはよりソコへ押し付けるかのように強く挟みつけてきました。『落ちたな!』私の完全勝利の瞬間でした。

抵抗を止めた理恵のラビアを左手の親指と人差し指で左右に開くと、目にも鮮やかなサーモンピンクの秘穴があらわれました。自身をその穴にあてがうと、ゆっくり腰を進めました。あまり濡れていないソコはかなり抵抗が強く、挿入を拒むかのように肉壁がはりついてきました。それでも奥まで到達し、引き抜こうとすると今度は離すまいとするかのように肉壁が引き戻そうとしました。『ニュチィ、ニュチィ』と卑猥な音を立てて出し入れしながら、「ああ〜やっと念願がかなった。最高だよ、いい穴だ!」と無言で顔を隠してる理恵に囁きかけました。感激を抑えながら、存分に腰を使っているうちに娘のソコも濡れ始め、幾分スムーズに出し入れできるようになりました。そうすると理恵は顔を覆っていた手を、私のわきの下から肩にまわし、額を私の胸に押し当てて抱きついてきました。そして快感を押し殺すかのように「んっ、んっ、んっ、んっ〜」とうめきはじめました。その様子にたかぶった私は、思わずイキそうになり、こらえるために動きを止め、「お父さんのチンポ、イイだろう?うん?」と声をかけました。無言のままの理恵をよそに、蜜壷を楽しむため縦横に突きまくりました。膣腔の辺りで亀頭だけを使ってピストンしてやると、そのあまりの締め付けの気持ち良さはまさに天にも昇るようでした。射出感が近づいてきたので、理恵にキスしながらイコうとしたら、顔をそむけたので少し『ムッ!』とし、肉壷の上壁を擦るように激しく腰をしゃくってやると、ついに「アッ、アッ、アッ、アッ」と声を上げました。

我慢の限界に達した私は、娘の奥にこれ以上ないくらい突きいれ、「理恵のナカにお父さんのザーメンをぶちまけてやるからな。イク〜!娘のなかでイク〜〜!!!」と叫びながら、生涯で最高というくらい大量のザーメンを吐き出しました。4秒、5秒とザーメンを流し込まれてる間、理恵は私の腰をしっかり脚ではさみつけ、力いっぱい抱きついていました。我に返った私は、妊娠の危険が頭をよぎり、引き抜こうとすると、理恵は抱きつく力を強め、「お父さん・・・もう少しこのままで・・・」とささやきました。それが行為の間で娘が唯一発した言葉でした。しばらくは余韻を楽しむため抱き合っていましたが、まだ硬いままのモノを抜き、そっと理恵から離れました。Rieはすぐに股を閉じ、向こう側に寝返りを打つとしばらくじっとしていました。やがて体を起こしバスローブを引きずりながら、シャワールームに歩いていこうとするその足の間から、私のザーメンが垂れだしているのを見て再び欲望が沸きあがりました。ベッドから飛び降り、娘を壁際に押し付けると左足を抱え上げ、立ったまま押し入りました。理恵ももはや何の抵抗もせず、身長差を補うため爪先立ちで私の首にぶら下がってきました。先ほど放ったザーメンが潤滑剤となり『くちゅ、くちゅ』と音を立てるなか腰を振りながら、「ひょっとしたら処女かと期待してたのに、まったくどこの野郎にやったんだ?俺より先にこの穴を楽しみやがって!」

と声をかけると、もはや何も聞こえてないのか首をガクガク上下させながら、「うん、うん」とうなずくばかりでした。「まあ〜いいや。すぐに楽しめたしな!どおだお父さんは?なかなかだろう?うん?」「・・・・・・・・・・・・」

「気持ちいいならそうはっきり言いな?うっ!危なくイクとこだったよ」顔を真っ赤にして快感を押し殺している理恵を見て我慢できなくなり、「ま、またナカに出してやるからな。しっかり受けとめるんだぞ。くっ、うっ、イクッ、イク〜!」と叫びながら娘を抱え上げ、腰を思い切り突き上げて二度目の射精をしました。ぎゅっと目をつぶり、私のザーメンを受け入れた理恵は「かはぁー」と小さく息を吐くとぐったりしなだれかかってきました。その口にすばやくキスをし、舌を踊りこませ、口中をねぶりつくし、抱き合ったままその場に崩れ落ちました。

その後の家での理恵の態度は、全く以前と変わりの無いものでした。さすがに私のことをそれとなく避けてるようでしたが、妻の前では私とも普通に会話していました。小さい頃は気が弱かった娘も、オンナになるとこうも強くなるものかと、ちょっと驚きました。むしろ私の方が理恵の姿を見る度にホテルでの娘の肢体、あえぎ声、ナカの温かさを思い出し、勃起しそうになるのをやり過ごすのに苦労しました。朝、洗面所で並んで歯を磨いてる時、硬くなった股間を理恵のお尻に押し付けてやると、するりとかわされてしまいました。どうやら理恵にとっては、あの時一度きりのことにしたいようでしたが、私は当然手放す気はありませんでした。二週間ほど経って理恵と車で買い物に行くチャンスが訪れました。私は目的の店などに向かわず、真っ直ぐにホテルの駐車場に車を滑り込ませました。

「な、なに?どういうこと?」「落ち着いて話をしよう」「話なら家でもできるじゃない」

「家でできない話もあるだろ?」「・・・・・・」「とりあえず部屋に入らないかい?誰かに見られたらまずいし「ならココでなくても・・・」

「ほかに何処が?」「・・・・・・」こうして渋る理恵を連れて再びホテルの部屋を訪れました。

部屋に入りベッドに腰掛けると、立ったまま当惑している理恵に「そんなに警戒するなよ。二度目なんだし」と努めて明るく声をかけました。「だって、あれは無理やり・・・」「無理やり?おまえもけっこう楽しんでたじゃないか?『もう少しこのままで』って」

「だってあれは・・・」「おまえ、男いるんだろ?けど今のままでは休みも家でこき使われて、ろくに会えないだろう?だから俺がいろいろ協力して会えるようにしてやるよ」「・・・・・・」

「そのかわり、な?分かるだろ?」「そ、そんな・・・」「このあいだの写真よく撮れてたな〜。彼氏もビックリするだろうな」

「!!!」「別におまえたちの邪魔をする気はないんだ。時々お父さんの相手もして欲しいだけなんだ」「だって親子じゃない・・・」

「親子って言っても血は繋がってないし、ほとんど別々暮らしてただろ?おまえだって心から『お父さん』と思ってないだろう?」「・・・・・・・・・」「難しく考えることはないよ。いろいろな男性経験を積む、その一つと思えばいいんだから」

「・・・・・・分かった。けど絶対避妊だけはして!」「分かってる。安全日以外はスキンを着けるよ。今日は?」「・・・・・・着けて・・・」

「じゃあ一緒にシャワーを浴びようか?」すばやく腰を脱ぐと裸の娘の手を引いてバスルームに向かいました。「あまり石鹸を使うなよ、みどりにばれるから」

「お母さんカンがいいもんね」「お父さんが洗ってやるよ」「いいよ・・・恥ずかしいから」

「言うこと聞きなさい!」そう言うと、ボディーソープを手に取り、理恵の背後から密着してムネを洗いはじめました。「アンッ!あんまり強くしないでぇ〜、ンッ、ム、ムネ弱いの・・・」小ぶりながらもハリのある娘のムネは、アワの滑りで手の中で『フニュ、フニュ』と踊って悪くありませんでした。

「もう乳首がカチカチだな。ほんとに好きなんだな」「言わないで・・・」ムネを堪能した後、いきなり陰部に手を滑り込ませると、理恵は反射的に腰を引いたので、覆いかぶさった立ちバックの体勢になり、よりイヤラシイことになりました。

「ここは念入りに洗わないとな。そんなにもじもじ動くと洗いにくいだろ!」そう言うと、自分の剛直を理恵のお尻の割れ目にすりつけながら、手のひら全体で優しく洗ってやりました。理恵はなまめかしく腰をくねらせながら、「ア〜ンッ、ウンッ〜〜!ムズムズする〜」と嬌声を上げました。快感に耐え切れず、へたりこんだ娘に、「つぎはお父さんを洗ってもらおうかな?」と言うと、理恵の手にソープのアワをなすりつけ、バスの縁に腰掛けました。

理恵の指を自身に巻きつかせ、その上から手を添えてしごき洗いさせると、半立ちだったモノが芯を通したように硬く反り返りました。「これって不思議だよね。大きくなる前と後ではぜんぜん違うもん。どうなってるんだろう?」「理恵への愛がいっぱい詰まっているのさ」

「なに言ってるの、バカ(笑)」「それより左手が留守になってるぞ。同時に袋も洗うんだ」「え〜!これも?なんか『ぐにょぐにょ』して気持ち悪いよ」

「男の一番デリケートな部分なんだから優しく洗ってくれよ」「は〜い、けど、なかのタマこんなに動くけど大丈夫なの?」「ウッ、ア〜気持ちいい!上手いぞ!もう少し強く擦ってもいいな」

「気持ちいいんだ?」「最高だよ。彼氏にも言われないかい?」「お父さんのってちょっとカワイイよね。彼のって大きくて痛いんだ」

「ま、まあ大きさが全てじゃないからな。よしもう流していいぞ」娘にシャワーでアワを流してもらい、幸せを噛みしめつつ次の指示をしました。「じゃあ次は口でキレイにしてもらおうかな?」

「エエッ!!」「口でって・・・」「フェラチオだよ、分かってるだろ?」

「無理!絶対無理!!やったこと無いし・・・」「彼氏にもしたこと無いのか?ホントか?」「だって汚いジャン・・・」

「自分の汚いところは舐めさせられて、相手のは舐められないってか?」「うっ、・・・・・・」「そのためにキレイに洗ったんだろ?」

「・・・・・・・・・」「大丈夫だって」、そう言って半ば無理やり理恵の後頭部を押さえつけ、自身に導きました。まだ抵抗を見せ、口を閉じたままの理恵の唇に押し付け、「先を舐めるだけでいいから」と言うと不承不承といった感じで、尿道口をチロチロ舐め始めました。正直それだけでもかなり興奮して、思わず漏らしそうになりましたが、何とかやり過ごし、隙を見て半ばまで差し入れました。

「!!?、ンンッ、ウッ!」ほとんどイラマチオ気味に、理恵を引き寄せながら腰を使うと、理恵はその状況から逃れようと必死に私を押しやろうとしました。しかし程なく私は、したたかに理恵の口腔にザーメンを吐き出しました。「!!!!!!」

軽く腰を使いながら、2波、3波と出してやると、口の端から白濁したものがあふれ、アゴをつたって滴り落ちました。全て出し終えて引き抜くと、理恵は軽くえづきながらザーメンを吐き出しました。肩で息してる娘にうがいをするようシャワーを向けながら、「ごめん、お父さんちょっと興奮し過ぎたな。けど、すっごく気持ちよかったよ、ありがとう」と声をかけると、恨めしそうな目で私を見上げ、「ひどいよ・・・」とつぶやきました。「けど、フェラチオは口で受け止めるのが普通なんだ。相手のことが好きなら飲み込むもんなんだぞ」「ええ・・・、ほんとに〜?」

「彼氏にしてやったら、きっとすごく喜ぶぞ」「けどあんまり乱暴なのはイヤだ・・・」「ごめんな、気をつけるよ。つぎは理恵を気持ち良くさせてやるからな。お父さんの上を跨いでみろ」そう言うと風呂の縁に腰掛けている私の足を跨らせました。

「これって・・・、今日は着けてって言ったじゃない」「大丈夫入れるだけ、出さないから。今出したばかりだから、そんなにすぐ出ないよ、心配するな。それよりもっとよく見えるように足を開いて、そうそう、ガニマタ気味で」「恥ずかしいよ、この格好」

「恥ずかしいから気持ちいいんだ。カワイイぞ」そう言うと自分の筒先を娘の秘腔に『ピトッ』と押し当てました。「よし、自分で腰を下ろしてごらん」私の肩に手を置き、股をこれ以上ないぐらい開いたまま理恵は腰を沈めました。意外なことに初めての時より、かなり濡れていた為、スムーズに私のモノは理恵のナカに呑み込まれていきました。最深部まで腰を落とすと、こらえる様にしばらく静止していましたが、「じっとしていても始まらないぞ」と、催促すると、無言のうちに腰を上下させ始めました。最初は単に規則的に腰を律動させていたのが、段々と能動的により快感を貪ろうとするように不規則に動き始めました。私は娘のムネから腰を撫でさすりながら、「いいぞ、調子が出てきたじゃないか」と、声をかけましたが返事はなく、ただ息を浅く「ハッ、ハッ、ハッ」と弾ませているだけでした。

さらに興に乗ってきたのか、時折理恵のナカが『キュウ〜、キュウ〜』と吸い付くようにワタシを締め上げ、射出感が急激に高まってきました。「ハッ、ハッ、理、理恵、もうお父さん、イ、イキそうだ・・・。な、イッてもいいのか?いいよな?」、そう声をかけても理恵は一心不乱に腰を振り続けているだけで返事はありませんでした。「イクぞ!ナカに出してやるからな!!ウッ、イク〜!!イク〜!!!」と叫んでいる途中に、いきなり腰の動きが止まり、おあずけを食ってしまいました。あと、2コスリでイケたものを・・・、寸前のところで理恵は我を取り戻してナカダシを回避してしまいました。欲求不満のままの私は、膝の上で息を荒げている理恵を抱えるようにしてベッドに運びました。

私はスキンをつけたふりをし、見えないところですばやくはずすと、理恵に「早く!」と、性交を急かしました。もたもたと私を跨ぎ、自分の秘貝に慎重に私のモノを当てている理恵を見て我慢できず、腰を跳ね上げました。「アンッッ!!」と声を上げ崩れ落ちた理恵を力いっぱい抱きしめ、早腰を使いながら、耳朶を舐める様に耳元で、「気持ちいいンだろ?お父さんもすごく気持ちいいぞ!」と、囁きかけました。返事をする代わりに理恵は四つん這いの格好になり、自ら腰を振りはじめました。『パチュ、パチュ、パチュ、パチュ』と淫らな音を響かせながら、キスするかのようにお互いの恥骨をぶつけあっているうちに、理恵がうっすら涙を流しているのに気づきました。「どうした?何で泣いてるんだ?」

「ハァー、ハァー、・・・なんで・・・、なんで・・こんなにキモチイイの?・・・・・・好きでもないのに・・・ンアッ・・・・彼より・・・イイ〜ッ!・・・なんで?・・・・・・アフゥ!・・・・・・・・」「親子だから体が合うんだろう。もっと気持ち良くなりたいか?」「ナリたい!アンッ!!」

「『お父さん、理恵のナカにお父さんの熱いザーメンを注いで!』って、言ってみろ?」「アッ、ハァ〜、・・・・お、お父さん、理恵の・・・理恵のナカ、・・ナカに〜〜!!、ハァー、ハァー、お父さんの、熱い、・・・熱いザーメンを下さい〜〜〜!!!」「自分で何を言ってるか分かってるのか?そんなことしたら父親が娘を妊娠させることになるんだぞ?」

「に、妊娠・・・ウッ、クハァ〜、ハッ、ハッ、ハッ、・・・・・・・・に、妊娠させて!お父さんので妊娠します〜〜〜!!!」「わ、分かった、ウッ、クハッ、今、妊娠させてやるからな!お父さんの子を身籠るんだ!オオオ〜ッ!」

娘のお尻をわしづかみにし腰を引き付けると、『ジンジン』とした快感を伴って、なにか塊のようなものが私の尿道を駆け上っていき、理恵もその時、必死に恥骨を擦り付けながらフトモモを『プルプル』痙攣させていました。何度も欲望の塊を理恵のナカに吐き出しながら、ゆっくり腰を使いつつ、理恵に囁きました。「なあ、今度はセーラー服でやろうな」

「・・・うん・・・・・・」「会社の制服もいいな」「・・・うん・・・・・・」

聞こえているか聞こえてないのか、生返事をしながら理恵は快感のなかに漂っていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ポチ君 より:

    嫁の連れ子の娘16歳に睡眠薬ビールで飲ませて、生でHしたけど処女じゃなかった。
    さすがに中田氏はまずいと思って外に出したけど、その後睡眠薬なしでもクンニしたらガクガクと逝って母親に声が聞こえないように必死になってるのが可愛い。
    最近は新しい彼氏が出来たのか、寝てる時におっぱい触ったらちょっと怒っておる。

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 770記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。