エッチ体験談が11,000話を突破しました。

思えば兄は昔から小さい女の子を連れ込んで…ついに俺の娘にまで…

PR

俺は、男ばかり4人兄弟の末っ子として生まれた。父は 1人くらい女の子が欲しいと次々つくったが、4人目の俺まで男だったため、あきらめたとか・・・昼間だけは 両親共いないため、4人兄弟の生活は凄まじく、兄弟が争っても止める者がいない。俺は被害を被らないよう、ひっそりと生活していた。

俺が小1になった頃からかな、3人の兄達は昼間 両親のいない事を幸いに、近所の俺くらいの歳の女の子を家に誘い込み、悪戯三昧な事をやり始めた。

初めは穏やかに、遊びながら3人でパンツを脱ぐよう説得するが、拒否されると、3人で飛び掛り、手足を押さえつけて、服をめくり上げる、パンツをずり下げる、3人交替でアソコを触ったり揉んだりと手際がよい。手足を押さえられ、それでも白い胴体を右へ左へと くねらせて抵抗する姿が印象的であった。中には、3人の威圧に負けて 自分から脱ぐ子もいた。

大の字に押さえられ、涙目で不安そうに天井を見つめ、嵐の去るのをじっと耐え忍ぶ子もいた。俺の役割は、部屋の出口に立ち スキを見て逃げ出す子を押し返す役だった。当時 低学年だった俺には、そこまでの欲求も無く、その役で良いと思った。

俺も高学年になり欲求の出てきた時には、兄達は中学・高校生となっていて、昼間は俺一人が多かった。穏健派だった俺は、幼い子に強行手段を取らず、言葉巧みに誘い込み、優しく説得して合意で脱がせる術を覚えた。兄達に邪魔される事無く、抵抗も無く、白い肌に頬をスリスリしたり、口を付けたり、自由自在に弄んだ。そして別れる時はお互い笑顔で別れた。心も体も傷つけず・・・の俺の思想は、この頃に養われたのかもしれない。

やがて何年か過ぎ、兄達は次々と結婚し、次々と子供をつくった。どの兄も女の子を欲しがったが、なぜか出来た子は全て男の子だった。その時俺は、「我が一族は男子家系かもしれない?・・・・このままでは俺の子も男児になる」 と考え、男女産み分け方の本を何冊も読んで、結婚した。悲願的中、兄弟の中で唯一、女の子の父親となった。そして冠婚葬祭等々、親族の集まる場所へは、自慢の娘を連れて出席した。兄達の羨望の眼差しがまぶしかった。

娘が4〜5才に成長して、兄の家に連れて行くと、どの兄も娘を抱き上げ、同じ事を言う。「娘だけ1日置いていかないか?明日、おまえの家に届けるから」 と・・・。しかし、昔の兄達を知っている俺は、すべて断った。先日、九州に転勤している3番目の兄から、「娘を連れて2〜3日遊びに来ないか?」 と誘われた時は、俺も付いてる事だしと思い、新幹線で行った。その兄にも3人の男児がいた。夜は酒にビールにと大歓迎され、娘は3人の男児と寝ると言うので、俺は別室で寝た。

次の日、目が覚めると、兄と4人の子がいない。義姉に聞くと、朝早く裏山へ登りに行ったとか・・・まぁ、自分の3人の子も一緒だし良いだろう・・・・。しばらくすると5人そろって帰って来た。しかし、妙に娘が暗い顔だ。娘に「山登り楽しかったか?」 と聞くと、直に兄が 「さあ朝飯だ!4人共手伝ってくれ!」 と、娘の答を遮った。後で娘に聞いたが答えない。そこで、3人の男児の1人にこっそり聞いてみた。すると、登山口で兄が、「おまえ達3人は右ルートで登れ!父さんとこの子は左ルートで登り、どちらが先に頂上に着くか競走だ!」 と別れて登ったが、3人が頂上に着いても、娘と兄は現れず、相当待ってからやっと登って来たそうである。

それに昨晩は、4人で寝たのではなく、兄も娘の隣に来て5人で寝たとか・・・帰りの新幹線で、娘に「山で何が有ったか」聞いたが、ガンとして答えない。よほど口止めされたのか?恥ずかしくて言えない事だったのか?いずれにしても、何を?どこまで?されたのだろう・・・・!

今後一生、兄と会う毎に お互い気まずい思いをするくらいなら、「俺は察知してるぞ!」 という事すら、兄に気付かれたくない。ただ、何が有ったのか知りたいだけ。知った後は、娘には忘れてもらう。娘にしても、山での事以外は、兄の家での楽しかった事を 明るく良く話す。

それに、大人が考える程も 女のアソコは重要な部分という認識は無い。少しだけ教えてくれた事。「山でココを痛い事されなかったか?」 の質問に、「何でそんな所が痛いの?」 と逆に質問され、返答に困った。言いたくない事を話させるには、2人だけの静かな空間が必要・・・・と考え、ドライブに誘って、景色の良い場所で、静かにエンジンを止めた。娘も黙秘が通用しない雰囲気を感じ、ポツリポツリと断片的に答えた。

《答を総合して考え、判かった事》イヤだったのはパンツを下げられた事・・・断れなかった理由は、今と同じで、2人だけの空間と雰囲気・・・触られた事については、足の裏をくすぐられたり腕やモモをつかまれたのと同程度で、気にはしてない・・・黙秘していたのは、友達に意地悪されたのと同程度で、言いたくなかっただけ。

一人で背負っていた沈黙の重い箱を開け(開けさせ)てからは、娘は今、俺と一緒に、その箱を2人だけの秘密の屑箱に変えて、蹴飛ばして遊んでいる。忘れさせようと、また蓋を閉めて封印する事は、また娘一人が背負うことになるので、蓋は開けたまま、山の話を笑い話のネタにして蹴飛ばしている。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR