生まれたときからクリトリスを教育!そんな娘も16歳になり、セックスを楽しんでいます♪

ぴゅあらば

私は、森山と申します。真依は、現在高校1年生の真依と言います。

真依とは、生後数ヶ月の頃から悪戯やセックスをしています。何せ16年間の事ですから順序が入れ替わるかも知れませんが出来るだけ昔の事から順に書いて行きます。真依の真依が生まれた頃は、横浜に住んでいました。

真依が、生後数ヶ月の頃からお風呂で毎晩悪戯をしたました。生後数ヶ月くらいから、性感って認識できるようになっているらしくクリトリスや肛門に悪戯していまた。真依も、気持ち良いらしく触ってやると股を開いてましたね毎回、イクとおしっこを漏らして肛門をヒクヒクさせてました。

真依が、1歳の頃までは毎晩お風呂で悪戯をしてました。お風呂では、真依にチンポを咥えさせたり、クリトリスを弄って肛門に小指を入れたりしていました。やはり、肛門を弄られると便意をもようするらしく肛門が盛上ってヒクヒクしてましたね。

一度は、とうもろこしかと思うぐらいのウンコをお風呂の中でしました。 長さは20センチはあったし太さは5センチくらいありました。真依の肛門から出るウンコは、チンポと変わらない太さでした。初めての真依との性交渉は、下の子供が生まれる頃でした。

何時もは、20時くらいに寝るのを無理やり、遅くまで起こしておいて極限まで睡眠欲を高めさせておいて実行しました。当然ただ起こしておくだけじゃなくて何時もよりも激しく遊ばせておきました。布団に入ったらすぐに熟睡したので、パジャマのボタンをはずしてパンツを脱がした。

まず30分ほどかけて、オマンコを舐めたり、乳首を吸ったりしてやりました。真依は、クリトリス付近に触ると非常にくすぐったがるので肛門メインで触りました。肛門に、指の腹を押し付けてマッサージするように、何度も指を唾液で濡らしながら少しずつ指を入れて行き、指1本を根元まで入れるのに20分くらいかけました。

この時点で、真依はすでに息が荒くなってかなり汗ばんでいました。その状態から、指を付け根部分だけ動かして中を刺激してやりながら、大陰唇から膣前庭を指で強弱を付けながら押して刺激してやりました。15分くらい続けてやると呼吸が荒いままリズミカルになってたまに腰がピクッと痙攣して、肛門もたまに締め付けてきました。

真依のクリトリスは、触れなくてもだんだん膨れてくるので、こうなると「くすぐったい」よりも「しびれる」感覚の方が強くなってクリトリスを摘んでもあまり感じた様子ではなかった。オマンコ全体を口で覆って、息を吹きかけながら膣前庭辺りを舌で嘗め回してやると5分もしないうちに、愛液が出てきて腰がビクビク動きっぱなしになった。肛門に指が入っているので押さえ込まれた状態になってはいるが、腸が必死に指を押し出そうとしているのが感じ取れた。

後は、一気に肛門の指を出し入れして、舌でクリトリスを責めまくってイカせた。最後の方は「んっ」とか声を出して、イッた時は「んんんんんんっはぁぁぁぁ」と声を上げ愛液がどろどろと出てきて、おしっこも少し漏らした。眠りから失神に近い状態になったので、そのまま真依の肛門にチンポを入れてやると案外すんなりと入っていった。

入れた後も、5分くらいは肛門を締め付けて凄く気持ちよかった。全体で2時間半くらいかけて楽しんだ。真依との性交渉は、お尻の穴から始めました。

面白半分に真依にちょっかいをだしたら意外にも嫌がらずにいたので、その後も一緒に風呂に入るたびに指でイカせてやったら、そのうちにチンポをしごいて咥えてくれるようになった。なんか凄く波紋を呼んでるなぁ・・・・真依も、書き込みをしたがっていますので幼稚園の時のことを書かせます。

はじめまして。真依です。真依がまだ幼稚園に行き始めた頃です。生まれた時から、パパとお風呂に入るのが日課になっていました。

弟が生まれて、先に弟をお風呂に入れて、その後に真依が入っていました。弟が生まれてからは、「お父さんの方が大きいね・・?」と興味を持ち始めました。パパが触っても良いよと言うと、小さな指でチョンチョンと突いていました。

パパのオチンチンが大きく固くなると「パパ凄い、生きているみたい!」と喜んでいました。そのうちに、摘むようになり、握るようになりました。大きく固くなるのを見て、握って「凄い!凄い!」と興奮したのを憶えています。

しばらくすると、両手で握って手を動かしてあげるとパパが喜ぶのでしてあげていました。お口で咥えるようになったのは、年中さんの頃だったと思います。パパのオチンチンは、ショッパイ味がしました。

初めてパパの精液を飲んだのも同じ頃でした。パパのオチンチンから、白い物が出て来たのを憶えています。臭くて口に入れたけど直ぐに吐き出して今いました。でも、今は精液が大好きですよ!でも、毎日パパのオチンチンを舐めていました。

真依は、お口の中イッパイにほおばってチュパチュパ吸っていた様な覚えがあります。お口の中に精液を出してもらうと変な臭いだったけど全部飲んでいました。真依です。

パパと風呂に入った時「女の子の身体は隅々まで綺麗に洗わないと将来美人に成れないんだ」と言われて、お尻の穴に指を入れられていました。初めは、痛かったけど直ぐに力加減を覚えて、弄られる不思議な感覚にハマッテいました。お風呂以外の場でも、指先に唾をつけ少し馴染ませるだけで楽に挿入出来ていました。

年長さんの頃には、自分から膝を跨ぎ抱き着いては「ホジホジして」と甘えてました。毎晩、真依が寝てる間に、お尻に穴にパパがオチンチンを入れていたから、指2本が挿入出来るくらいになっていました。小学校に入る前に、パパとお風呂で初めてアナルセックスをしました。

真依のお尻の穴に、指が3本も入るようになったからアナルセックスをしたんだと思います。お尻が裂ける様な感じで凄く痛かった覚えがあります。でも、お腹の中をかき混ぜる様な感じとお尻の穴が熱く感じて気持ちよかった方が印象に残ってます。

パパが、オチンチンを激しく動かすと苦しかったけど「気持ちよかったよ」とパパが言ったので凄く嬉しかったのは憶えています。以来、部屋でも外でも関係なくパパのオチンチンを見ると舐めて唾液を付けてから、真依が自分でお尻の穴に入れてもらっていました。真依です昔、パパと一緒にお風呂に入ってカラダ洗ってもらってたら、パパのオチンチンが大きくなってた。

その時、真依は4歳だったと思うけど、訳がわからなかったけど、パパ欲情してたのかな?その後、パパのオチンチンを石鹸で洗ってあげたと思うんだけど…?よく憶えてないから、パパが書いてくれると思います。そう言えばありました。その時は、真依の肛門が開いていて、ヒクヒク痙攣していたからだと思います。

毎晩、真依のアナルに挿入していたから開き気味になって痙攣していました。お風呂に入ると肛門が温められて痙攣してたんだと思います。真依は、お風呂でソープごっこをしていましたよ。

その頃は、ソープの知識もなかったら、今思い出せば真依は何処で憶えてのやら…?真依と湯船の中で体育座りで向き合って座ると、私の両足と真依の両足が交差して触れ合います。この時、私の右のつま先が真依の左太ももにあたって、もちのように柔らかいがとても張りがありました。そこに触れていると心地よかったのを思い出します。

そのまま、本能的に蛇が獲物を狙うようにゆっくり真依のオマンコ目がけて、つま先を伸ばして行って、オマンコにタッチすると、夢中でつま先を押し当てて、割れ目に足の親指を入れ小刻みに動かしていました。真依も、何故か抵抗せず、両腕で膝を抱えて、両太ももと股で私の右足を挿み込んでいましたね。太ももと股のむっちりした感覚が私の右足を包み込んで気持ちよかった。

真依も、右手を伸ばしてきて、小鳥が木の実をついばむように、私のチンポを揉んでいました。チンポが勃起して、激しく反り返ると、今度は猫がボールにじゃれるような感じで真依は指で私の金玉を転がしてくれていました。あまりにも、気持ちよくって、右つま先指をさらに強く真依の割れ目に押し込んだりしていました。

真依は、私の右足を両足でまたぎ座り込んで、オマンコを押し付けていましたよ。真依の太ももはマショマロのように柔らかく、オマンコはグミのように少し弾力がありました。真依は、私の右太ももの上で馬に乗るような感じで静かに体を上下左右に揺らしながら、オマンコはさらに強く押し付けて、私の右太ももの上を滑って遊んでいました。

後は、水鉄砲でお尻の穴に水を発射してやると喜んでいました。真依の桃のようなお尻の真ん中に走る割れ目の中に標的を探すと肛門のすぐ上にオマンコが見えていました。お尻の穴を間近で見ると、へそのような形をしているけど此処からウンコが出ると思うと不思議な気持ちでした。

水鉄砲の銃口をお尻の穴に押し付けて勢いよく発射してやると、真依は「気持ちいい!」「くすぐったい!」と言って逃げてました。初めてのセックスは、小1の時でした。

妻が残業で毎週金曜日と土曜の夜7時〜10時までが真依と私のセックスタイムでした。金曜日の夜は、真依と私はいつもの様に一緒に風呂に入ってから、真依の布団の上で四つん這いになった真依を後ろから夢中になって攻め立てていました。真依のオマンコも、お尻の穴を攻めてやると濡れるのは気付いていましたが、小学校になってからは濡れ方も凄くなっていました。

5月の連休頃だったと思いますが、何時ものように真依を布団の上で四つん這いにさせてマンコを舐めてやり、舌先を膣に少し入れてやりました。その後、胸を触りながら、チンポでオマンコに触れてやり、クリトリスを刺激してました。真依のマンコは、ヌルヌルだったので、膣の位置を確かめて真依の腰に手を回して、一気に腰を引き寄せ挿入してやりました。

真依は「あーあー」と言いながら、腰を振って逃げようとしましたが、しっかり真依のオマンコに挿入していました。真依のオマンコの中は、すごく熱くてヌルヌルして気持ち良かったので、すぐにピストンをしていました。処女膜も破れ少量の出血しましたが、最後までやって真依の膣内に射精しました。

真依は、「お腹の中でピクピクしてる」と喜んでいました。その後、真依と抱き合ってキスをしてたら、またセックスしたくなって再び中に出しました。結局、その日は3回もセックスしてしまいました。

真依がオナニーを覚えてのもこの頃です。私が夜遅く帰った時に、自分の部屋でオマンコにマジックを入れてオナニーしている真依の姿を見ました。その晩から、私の布団で毎晩の様にセックスして寝るようになりました。

真依は、バックから攻め立てられるのが好きなようで、切ない喘ぎ声を上げて私の動きに応えてくれます。金曜日の夜は、毎週2回か3回はセックスをしていました。親子だけの特別な相性の良さでしょうか、真依のキツイオマンコにくわえ込まれたまま、私のチンポは2.3回射精しないと小さくなった事がありませんでしたね。

真依です。その後は、毎晩パパと一緒に布団に入り、寝る前にエッチなことをしていました。初めの1ヶ月くらいは、痛くてオマンコよりもお尻の方が良かったけど、しばらくするとゆっくりオチンチンが入ってくる時、「う〜ん、なんか入ってる感じがする・・」のが好きで、奥までズッポリ入れたと思ったんだけど特に痛いって感じが無くて気持ちよくなって、しばらくすると喘ぎ声を出していたと思います。

それからは、真依は自分から腰を振る始末で、かなりの締め付けにヒクヒク感が加わって絶好の状態でした。私には、こらえきれないのでまだ生理がないのをよいことにずっと中だしをしていました。あいている手の指で、乳首をクリクリしてやると体をビクンって震わせ始めて、あともう少しでイクっていう時になると刺激をやめてやると怒ってましたね。

真依もイク寸前で「パパ〜。あ〜気持ちいい!いきそう。イク。イク〜!」っていうその瞬間にチンポを抜いて、急に乳首への刺激を止めるので、後5〜6秒後には「イク〜」って状態から超最低状態ですから、真依も「パパ、いかせてよ〜!むかつく〜!いじわる〜!お願いだからイカせて〜!」ってお願いっていうか文句を言ってましたね。真依は、イキたくてイキたくて欲求不満ストレス状態で体がムズムズしてイカせて欲しくてたまらない状態ですから、直ぐにセックスの快楽を覚えたし、自分からセックスをせがむ様になりました。真依です。 それ覚えてる。

私は、イク寸前で「あ〜気持ちいい!いきそう。」っていうその瞬間にオチンチン抜くんですよ。本当に、後5〜6秒後には「イク〜」って状態だったんだよ。 またオチンチンが入ってくると気持ちよくなって、私はすぐにイク感じがしたので絶頂を迎える感じで「イク〜」っていう心と体の準備をしているとまたパパがオチンチンを抜いたんです。私がもう少しでイキそうになって体をビクンって震わせ始めて、あともう少しでイっちゃうっていう時になるとオチンチンを抜くんですよ。

鬼ですよね! どうして皆から変態扱いされないと行けないの・・・・真依は、パパが好きだからセックスしているだけで皆には関係ないでしょ!真依です。私は、高1ですけどいつもパパと一緒にお風呂に入っています。

身体を洗ってもらったり、いっしょに湯船に浸かったりしていますよ!パパに、オマンコを触ってもらっています。中指でコチョコチョってしてもらうのが好きで、我慢できなくてオチンチンをいれてもらってます。それで、誰かに迷惑をかけていますか?変態・馬鹿扱いはしないでください。

真依の初潮は、小学五年生の夏ごろでした。真依も生理が始まると胸も膨らみ始め、だんだん女性らしくなってきました。でも、お風呂は毎晩一緒に入っていました。

陰毛が生えてきたのは、小学六年生の二学期頃からで、ちょっと意識し出したようでした。そんな小学六年のころ、家内が1週間泊まりで出かける事になり、私は真依と一週間毎晩セックスをしてました。テレビを見ていたら、真依が「パパ、足が痛いからマッサージして。」といいました。

私は「いいよ。」といい真依の足をもみ始め、足の裏からだんだん上に行き、付け根のところまで来たときに、私は心臓が飛び出てしまうほどドキドキして、恐る恐るマッサージのふりをしてオマンコをなで始めました。すると真依は顔をクッションで隠しました。「いいのだろうか・・・」と思いながら私の手はどんどんと動きが速くなっていきました。

真依の口からは息が漏れ始め、私はその手をパジャマの中に・・・。パンツのオマンコが当たる部分がびしょびしょに濡れていました。私はもう止まらず、一気にパジャマと下着を脱がし真依を生まれたままの姿にしてしまいました。

私は真依の細い足の間に顔を入れ、濡れたオマンコを丁寧に舐めてあげました。真依の身体は小刻みに震え始め、私の手が小さく膨らんだ胸をさすった頃、真依の気持ちも最高点に達したようで私の腕を強く握ってきました。私はトランクスを脱ぎ、小さい真依の身体を自分に近づけ、両足を広げ、ペニスを真依のオマンコに入れようとしました。

真依の手を持ち、その手でペニスを握ってもらってオマンコに挿入してやりました。その日のセックスは、最高に燃えました。真依が気分が悪いというので11月の中頃に近くの医者に連れて行ったが風邪と言われ薬を出してもらいました。

でも、ちっとも良くならないので、12月の初めに総合病院にいったら妊娠しているといわれ、絶句してしまった。冬休みの間におろす事にして、それから毎晩やりまくっていました。二週間ぐらい毎晩やっていたら、真依が「オマンコから変な物が出て来た!」

と言ってトイレから私を呼びました。行ってみるとトイレの中にピンク色の物体と精液を大量に流したように白どろっとした物がありました。真依のオマンコに指を入れてかき出してやると白どろっとした物が大量に出てきました。

そのままお風呂場に連れて行ってオマンコを洗ってやるとけっこう大量に出てきました。3.4日したら、生理が始まって、流産した事にはじめて気付いてほっとしました。その後、総合病院に連れて行って再検査までしたけど大丈夫でした。

なんか波紋を呼んでるなぁ・・・・悪いのは承知です。っていうか、初潮が来たらちゃんと避妊しようねって真依とも話し合ってたんですよ。

いちおう、真依を愛してますから・・・真依は中学校を卒業したら、パパと引っ越して子供を産みたいと言ってました。今でも、同じ様なことを言ってますよ。

中学1年の時にも妊娠しました。正月の姫初めで妊娠したようでした。その時も、春休みに流産して助かりました。

妊娠中の1回目にあまり奥に入れると痛がるのだが、それを本でも「これ以上はダメ」って指を差しながら注意してありました。なんか恥ずかしさを知らないって言うか・・・妊娠中に、急に胸が大きくなったのでその揺れるさまをビデオに録り、私に「大きくなったでしょ〜」って自慢するのがまた可愛かった。

年末と比較してもすごく差があり、乳輪もでかくなっていた。(笑)兎に角、淫乱です。そうした原因を作ったのは私だが、何度でもイクから不思議です。イクときのピクピクだけは、チンポで感じたい。

真依のピクピクを感じながら中だしするのが凄く気持ち良いですよ。真依です。中1の時は、パパの仕事が忙しいくって、夜もあまりしてくれませんでした。

お腹が少しでも大きくなるとエッチがしづらくなります。本当は、パパともっと毎日でもしたいのに、、あとでお腹が痛くなることがあったのですこし我慢していました。パパもインターネットで楽にできる方法を調べてくれました。

真依が横向けになって寝て背中からパパのオチンチンを私の足の間にはさんで気持ちよくしてあげていました。ときどき調子がいいときだけ口で気持ちよくしてあげてから、少し入れてもらって中に出してもらっていました。そんな日は、体がポカポカしてすごくきもち良かったです。

パパは、前みたいに毎日じゃないから沢山だしてくれて、お腹の中があつくなる感じがあると、あまり動かさなくてもすぐにイッちゃいました。でも、あまり感じると次の日は少し調子が悪くなっちゃいました。 先日、妻が旅行に行ってる間にやっちゃいました。

真依が疲れて寝ている間に脱がせてオマンコを舐めそのまま挿入しました。まだ濡れていなかったのと、締め付けは変わらず良いので苦労しました。途中で目がさめた真依は、痛がっていましたが、、、。

そのまま待ってピストンを始めると愛液で滑りもよくなってしばらくすると真依も喘ぎ声を出してしました。最後は、絶頂を迎えて体を痙攣させていました。家で、真依と二人っきりになった。

夕飯を食べた後にこたつで真依の横に座り片手で抱き寄せ耳元で「しようーか?」と言うと「・・・・うん。」やった!顔を近づけると眼をつむりキスの体制で待っている。はじめは軽くチュッと、そしてディープになり、さらに胸を揉んでいるとみるみるうちにほっぺが赤くなり、なかなか初々しい状態でした。ぐったりしてきたので、お姫様だっこでベッドに運んで、服を1枚づつ脱がせるとかわいい下着をつけていました。

じっくりと胸とアソコを愛撫してやると濡れてきたので正上位で挿入しゆっくりと味わいました。すぐに真依があえぎだして騎乗位にしてやると、以前は奥が浅くて体が密着するほど挿入はできなかったのが、最近は奥が深くなったようで完全挿入して座り込むことが出来るようになり、激しくピストンをしても平気になった。そのうちに真依が感じて倒れこんできたので、正常位にしていくためにピストン全開。

すぐに真依が「あっ!あ〜〜〜〜っ!」と激しくなんども締めつけるのでそのまま膣内に発射。。。ひさしぶりに計4発もしました。最後に真依は朦朧としていたが、「また、いっしょに寝ような。」と言うと「うん。」と答えてくれた。妻の目を盗んでセックスするのにも疲れました。

なんか非難されてるんでこれで終わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. 匿名 より:

    あほでないか?

  2. バコバコ より:

    妄想でめ良いからもう少し文章力を発揮してもらいたいなー。リアリティー無さすぎ。

  3. ポチ君 より:

    1行目の「真依は現在高校1年性の真依です」って言うのは「真依は現在高校1年生です」って書くべきですよね。

    確かに文章力無さすぎ 国語の判定はC-かDですね(笑)

  4. 匿名 より:

    文章はどうでもいいけど小6で妊娠してよく逮捕されなかったな……同級生とヤったことにしたのかな

  5. 匿名 より:

    推敲くらいしてほしいです

  6. 匿名 より:

    これは駄目なおっさん

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 828記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。