エッチ体験談が11,000話を突破しました。

地味な事務員の先輩と婚前セックス

PR

事務員の稲垣博子先輩が2年くらい前に結婚する前の話・・・会社の飲み会で遅くなり、お互い電車通勤の僕達は同じ方面で一緒に帰ることに・・・

地味な印象の事務員の博子先輩は特に美人というわけではないですが、どこか惹かれていました。博子先輩がだいぶ酔ってフラフラだったので思い切って「どこかで休憩しませんか?」と提案。「ワタシもうあと2ヶ月で結婚するけどNくんならいいかなー」

一緒にホテルへ。ちょっと唇が残念な稲垣博子先輩の唇にキス・・・。「私、秋に結婚するのに・・・」

「でもいいの・・・いろいろ彼とケンカしたりしてて・・・もう・・・」お風呂にお互いはいり、白のガウンをはだけさす。婚約者のカレとももちろん結婚前にセックスしているはず。

小ぶりな博子先輩のオッパイを揉みほぐす。いい色の博子先輩の乳首を嘗め回し、指でコリコリする。「あっ、Nくん、いい・・・乳首感じるの・・・」

稲垣博子先輩は自らの手を誘導して自分の乳首に僕の手を・・・。背中を攻めガウンを少しずつ下に脱がしていく。背中全部が見えたところで博子先輩は自分でさらに下のお尻の割れ目へ誘導。

思ったより、もっちりした大きめの稲垣博子先輩のお尻に大興奮。両手で揉みしだき、割れ目に舌をはわす。縦長の楕円の稲垣博子先輩の肛門・・・。

指で拡げて舌を奥まで入れるとウンコのキツめのニオイがプーンとしたけれど逆に興奮。「婚約中のカレはココは全然かまってくれないの・・・」と自分の親指と人指し指で肛門を拡げる博子先輩。

僕は指を挿入して「博子先輩のお尻ならガンガン攻められますよ。汚いと感じないし」「Nくんありがとう。気持ちいい・・・」と少しハスキーな声の先輩。稲垣博子先輩のマ○コを舌で攻めながらお尻の穴に指をピストンさせると、ブッブッ・・・とはしたない音を立てる先輩の姿がかわいい。

モワッと博子先輩のおならのニオイがするが僕は逆に興奮しながらクリトリスを攻め続ける。「あっあっ・・・もう・・・Nくんワタシ・・・イッちゃうっ」びくびくっと膣を長い時間痙攣させながらオナラも少し出しながらイッてしまった稲垣博子先輩。博子先輩が感じてイッているスキを突いて、そのままナマで正常位で挿入し腰を振る。

膣の中はすごくあったかくてヌルヌル度がハンパなかった。小ぶりな博子先輩の胸を揉みながら、気持ちいい博子先輩の中で中出しをきめた。博子先輩は「あっ、いやっ、ダメっ、出てる、出てるっ、だめっ」と僕の腰を押してきたが、そのまま押し込み、僕のすべての精液を流し込んだ。

「Nくんダメだよう・・・こんなこと・・・中はダメなのに・・・」結局泊まっていったので朝方もセックスを博子先輩としてバックで中出しをしてたっぷり博子先輩を味わった。お尻の穴に指を突っ込みながらのセックスで博子先輩は悦びながら何回もイッてしまった。

18+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR