職場の熟女の黒ブラを見てから熟女セックスの虜に…

PR

50代前半の熟女と二人きりのオフィス。
給湯室でハチ合わせ。白いブラウスの胸元からチラリと除く黒っぽいブラジャー。

「セクシーですね!」の俺の言葉に「そう?ありがとう」
「もう少し見せて頂けませんか?」「良いわよ」(やったー!でも、、、)

戸惑う俺は意を決して熟女のブラウスの胸のボタンに手を伸ばす。

興奮と動揺で指が微かに震える。ブラジャーがチラつくあたりのボタンを外す。

黒いブラジャーに包まれた豊かな胸の谷間が覗く。俺は生唾をゴクリと飲み込む。
「さっ、触って良いですか?」興奮と動揺で俺はどもりながらそう言った。

「良いわよ!」熟女は堂々と答える。俺はブラウスのボタンを一つ又一つと外す。
指先の振るえは興奮と動揺で収まるどころか更に酷くなっていく。

一つ外すごとに熟女の豊満な胸があらわになっていく。
全て外した時には、ダンスの影響で年齢よりも引き締まった腹部が現れた。

心臓の高鳴りは頂点に達し爆発しそうだった。
セクシーなレースの模様が付いた黒いブラジャーに覆われた豊かな胸と、引き締まった腹を上下に嘗め回すように見ていた俺は、視線を熟女の顔に向けた。

そして次の瞬間、熟女の顔を引き寄せ激しいキスをした。
熟女は抵抗せず俺の舌をその口の中で受け入れ、尚且つ自分の舌を絡める。

俺は左手で熟女の頭を引き寄せ自分の舌を熟女の口に突っ込みながら、右手は乳房を激しくまさぐる。切なそうによがり声を上げる熟女。
熟女の口から離れた俺の口は乳房を嘗め回す。右の乳房を舐めながら左の乳首をつまむ。

左の乳首を舐めたり噛んだりしながら、右の乳房を揉む。跪いた俺の頭を両手で掻き毟りながらよがり声のヴォリュームを上げる熟女。俺はスカートを捲くり上げる。黒の小振りのレースのパンツがストッキングの下に見える。

俺はストッキングを脱がそうとする。熟女はその動きをサポートする。こうして俺の熟女との初めてのエッチは幕を開けた。当時俺は22歳。

その時迄熟女には全く興味は無かったが、これをきっかけに熟女の生入れ中出しのとりこになった。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    同じような体験された方が居て嬉しいです。
    俺も20代の時、会社のお局さん(当時56歳)に中出ししてました。
    この人と出会ってから熟女好きになりました。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1545記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。