運転手に調教されるバスガイド

PR

香織は、高校卒業後、東京の観光バス会社に就職した。 勉強嫌いだかカラオケが好きだ。そしてSEXも… バスガイド1年生には、過酷な講習がある。何とか講習をこなし、実務経験を始める。 伊豆修善寺、おばさん達のツアーが初仕事だ。緊張しがらの一日が何とか終わり、運転手とバスガイド専用の部屋に着いた。 

「ふぅー やっと終わった キツイ」 客達は宴会場、運転手ガイドは 専用の部屋で夕食だ。別に豪勢な食事ではなく、普通の食事だ。 先輩達に聞いてはいたが、香織はガッカリした。 風呂に入り、そろそろ寝ようかと思った頃、誰かがドアをノックした。 運転手だった。 

「いやあ お疲れ 一杯飲まねぇか?本当はよ 新人の場合 複数台のバスツアーにするんだけどな まあ 会社の都合だ」「あたし 未成年ですよ」「いいんだよ 社会人なんだから 飲めるんだろビールくらい」「はぁ」「ほら 俺とお前だけだからよ飲め」 初仕事で、緊張し疲れていた香織は、ビールを飲んだ。 運転手は、ドンドン飲ませた。ほど良く酔っぱらってきた頃 「そーいやぁ お前 熊田曜子に似てるなぁ」「そーですかぁ?」「いゃあ顔もそうだけど その胸もな」 香織の胸はGカップだ。若いせいか、形も良くツンと上を向いていた。

 「はーい 香織の胸はGカップでーす でも可愛いブラが無いの おばさん臭いのばっかで」 結構、香織は酔っていた。 「感度も いいんだろ?」 運転手は下ネタの展開に喜んでいた。 「うんすっごく感じるよキャハハハ」 運転手は、突然香織を襲った。 「いやん 駄目ですよ ああっ」 運転手は、香織の唇に吸い付いた。舌を入れると、香織も絡ませて来た。運転手は、香織の胸をTシャツの上から鷲掴みした。 (こりゃ デケぇ) 耳に息を吹き付けながら、首筋をナメ始めた。 

「ああっ」 早くも香織は無抵抗になった。 運転手はTシャツをまくり上げ、大きなブラを剥ぎ取った。 巨乳にありがちな、大きな乳輪ではなく、色の薄い小さな乳輪と乳首が現れた。 運転手は急いで吸い付き、音を立てながらしゃぶり上げた。 「ああっ ああっ ああっ 感じるぅ」 香織の体に電流が走る。しばらく香織の胸を運転手は攻め立てた。 運転手は香織のジャージを脱がしにかかった。パンツも急いで脱がした。 香織の足を持ち上げ、濡れまくりのクリを強く吸い上げる。 「ああっ 気持ちいいっ ああっ」 運転手は舌でクリを転がしながら、右手で手マンを始めた。 

「もうたまらん 入れるぞ」「うん」 いきり立った男根を、ずぷっ 「ああっ ああっ ああっ 凄いっ ああっ またっ ああっ」 はっきり言って、香織はヤリマンタイプであった。高校時代、かなりヤリまくっていた。イクことも早くに覚え、SEXが大好きな娘だった。社会人になってから、SEXするチャンスもなく、仕事していた。やりたくてたまらない感情が、一気に爆発した。 (この女 正上位なのに 自分から腰を当て付けてくる ああっ 締まる イキそうだ) 「ああっ もう出そうだ」「待って まだ出さないでぇ ああっ」 運転手は (ヤバイ 本当に出そうだ) 「出すぞ 出すぞ ううっ」「待って 口に出してえ」 運転手は慌てて男根を抜き、香織の口へ持っていった。 どぴゅぅ どちゅぅ ドクドク 「はぁぁ 凄い いっぱい」 大量のザーメンを香織の口に放出した。 

「もう 早すぎぃ まだまだしよう」 そう言うと香織は、男根を掴みフェラを始めた。 「おおっ」 香織は竿の根元までくわえ込み、残ったザーメンを搾り出すように、上へこきあげた。 香織の唾液とザーメンが 混ざり、ぬらぬらと光っていた。 香織のフェラは絶品だ。ツボというツボを的確に攻めた。 運転手の男根が回復したのを見ると、香織が上にまたがった。 ずぷぷぷ 香織は腰の動きも強烈だ。ゆっくりローリングしながら、前後上下に動く。まさに男根を味わうように。 「ああっ たまんない 当たる当たるのぉ いいっ 気持ちいいっ」 運転手は必死に耐えていた。強烈な刺激に。 (ヤベッ また出そうだ) 運転手は香織を持ち上げ、座位、バックへと体位を変え、突きまくった。 

「あ あ あ あ あ あっ」 高速で突かれるたびに、香織は短かく、大きな声を上げた。 「ほらっ お前はチンポが好きなんだろう もっと突いて欲しいか?ん?」「んんん…もっとぉ ああっ もっと無茶苦茶にしてぇ ああっ イグっ イクイクぅ ああーっ」「出る出るおおおっ」 あまりの気持ち良さに、運転手は中出ししてしまった。 「ああっ 中に出したなぁ」「ごめん」「まっいいか…」 この後、運転手と3回戦で、お互いやっと寝た。 この運転手 会社に戻り、香織とのSEXを同僚の運転手達に話した。 

「あいつよぅ すっごくスケベでな 若いし乳首や乳輪なんかピンクなんだけどよぉ SEXテクが抜群でな あえぎ声もデカクてな 参ったよ」 この会社では、社内恋愛禁止なのだが、毎年の新人ガイドで、おいしそうな娘を頂戴していたのだ。 特に、香織の巨乳ぶりは話題になっていた。 「松さん ずるいな」「何言ってんだ チャンスは まだまだあるぞ あの娘は 俺の予感だが ヤリマンだぞ」 香織は、次々と仕事をこなしたが、SEXするチャンスはなかった。「あーあ 最近Hしてないぁ」 ある日 修学旅行の仕事を担当した。都内の名所を回り、最後にディズニーランドに行くのが定番だった。 

生徒達を入り口に送って、バスに戻るのが常だ。戻ったバスの中でカラオケやったり、運転手や他のガイドと話するぐらい。 その日の運転手が、ガイドの中でも噂になっていたイケメンの運転手だった。 (かっこいいなぁ) 香織も気になっていたが、運転手が香織の事を気にしていた。 「なあ 香織ちゃん」二人っきりのバスの中で内藤(運転手)が話かけた。 「はい?」「こないだの松田さん どうだった?」「えっ…」 香織は真っ赤になった。 「心配すんなよ 俺と松田さんしか知らないから」「…本当ですか?」「ああ 本当だよ でさ どうだった 松田さん」 香織は、開き直るしかないと思い「んー早すぎなんですよねぇ」「あーはっはっは そうか早すぎかぁ ははは」「回数だけですね」「ハッキリしてるねぇ じゃあさ 俺を試さない?」 「ええっ?」「だからさぁ 俺とやろうよ フェラも絶品なんだろう」「駄目ですよぅ もし生徒さん帰ってきたらどうするんですか」「大丈夫 すぐには帰って来ないよ」 そう言うと、内藤は香織の手を引き、一番後ろの座席に移動した。 

ゆっくり押し倒した内藤は、香織の制服を脱がし攻め始めた。 「ほう これはデカイおっぱいだ」 内藤は香織のブラウスを脱がし、胸を揉みしだいだ。 「ああっ」「おっ やっぱり感度がいいんだね ほらっ こうするのは?」「ああっ」 内藤は香織の乳首を、ツネ上げた。 「ああっ ああっ ああっ」「へぇー こんなやり方 感じるんだ」 内藤はSっ気がある。 あっと言う間に香織を全裸にした。 「ほらっ くわえな 俺のは 松田さんよりデカイぜ」 香織は絶句した。長さもあるが、太さが半端じゃない。 香織は口いっぱい広げて、内藤のを頬張った。 「あわわわ」「どうだ 太いだろ 丁寧にしゃぶれよ」 香織は通路に膝まずき、懸命にしゃぶった。 「パイズリしろよ その胸なら楽勝だろ」 香織の唾液と、胸の谷間にかいた汗で、滑りはいい感じだ。 

「おおっ 上手いな 気持ちいいぜ」 内藤は同時に、香織の乳首を摘んでいた。 通路の床が香織の愛液で濡れた。 「そろそろ入れてやる ケツ上げな」 内藤はバックから香織の蜜壺に、力強くブチ込んだ。 「ああっ 大きいぃ ああっ いっぱい いっぱいになるぅ」 内藤の男根は、激しく出入りさせた。 「おらっ」 内藤は突きまくり、どんどん窓際に進んだ。香織の上半身がガラス窓に、ぺったり張り付いた。 「ああっ 嫌ぁぁぁ」 内藤は、構わず突きまくる。 「何だと 嫌だぁ? 嫌なのかよ 嫌なら止めるぞほらっ ほらっ 雌豚が」「嫌ぁ 止めないでぇ いいっ 気持ちいいっ もっとしてぇ」 駐車場はバス専用だ。左右には同じ会社のバスが駐車してる。 

内藤は、わざと左側の窓ガラスに香織を押しつけながら、突き立てた。隣のバスの運転手がニヤニヤしている。 そう、計画的なのだ。 その時、乗降口のドアを、誰かがノックした。 「すいませーん」 男子生徒が一人帰って来た。内藤は男根を引き抜き、慌ててズボンを上げ上着で隠した。 「どうしたの?」「デジカメ忘れちゃって 取ってきます」 その生徒のバックがあるのは、後ろの座席だ。 そこには、全裸の香織がいた。 「何してるんですか?どうしたんですが?」「SEXしてたんだよ ほらっ このネエちゃん おっぱいデケーだろ さわってみろよ」 口止めするには、共犯させるしかない。内藤は思った。 高校生ならヤリたい盛りだ。この少年の 頭の中で理性が崩れた。 

「いやぁ やめてぇ」 香織の巨乳に少年はむしゃぶりついた。 内藤は、少年を通路に立たせ、ズボンを脱ぐように指示した。 「おらっ 香織 この少年のチンポをしゃぶれ」 そう言うと、またバックから突いた。 「あうっ」 香織の両手を後ろに引っ張り、立ちバックの体制にし、香織の顔を少年の男根に近づけた。 「ほらっ 少年 何してる この女の頭掴んで 自分のチンポをしゃぶらせろよ」 少年は、香織の口に男根を当てがった。 香織は少年の男根をくわえ込んだ。 「少年 気持ちいいかぁ?香織 気合い入れてしゃぶれ」 少年は、あまりの気持ち良さに「もう出そうです」「早いな少年 出していいぞ 俺も出すぞ たっぷり中にな」「うーうー」香織が唸った。 

「ううっ」「うおっ」 ほぼ同時に射精した。 「ほらっ 少年 まだ小さくならねーだろ オマンコに入れてみろよ 気持ちいいぞ」 少年はコクっと頷き、香織の蜜壺に入れた。「ああっ ああっ ああっ あー 気持ちいい」 香織は、どうでもよくなっていた。ただただ自分の快楽に溺れていた。 「イク イク イクぅ…」「出ます 出る」 少年は2度目だが、大量に中出しした。 香織は微笑を浮かべ、通路にへたりこんだ。 「おっ そろそろ生徒が帰って来るんじゃないか 香織 早く服着ろ」 少年はニヤリと内藤に笑った。

バスガイド香織香織と内藤は、その後も関係は続いた。 仕事中でも、プライベートでも、チャンスがあれば、二人は交わっていた。 香織の意見は尊重されず、いつも内藤の一方的な都合の関係だ。 ある日 役所関係のツアーが入った。土日を利用し、課長職以上の慰安ツアーだ。他の市町村合同であった。 行く先は、長野にある秘湯だ。山の中で、野生動物が今にも出てきそうな場所だ。 温泉に到着し宴会が始まった。2時間ほどして、ある課長が思った。(こんな場所に 風俗どころか スナックさえないな) 

その課長がトイレに行った。内藤とバッタリ会う。 「よう 運ちゃん この辺りには 遊べるとこなんてないかな」「そうですねぇ 山の中ですからねぇ」 その時 内藤は思いついた。 (そうだ 香織を使おう) 「いやぁ 無いことは無いんですけどね」「なんだよ 運ちゃん 教えてくれよ」「タダじゃないんですけど ガイドとね」 大型バス4台のツアーだった。その1台に香織が乗っていた。 「なんだ?ガイドさんがコンパニオンになるのかい?「そうですね 気に入れば その先もありえますよ」「その先ぃ?」 課長はニヤリと笑った。 「どうします?課長さん1人なら 相手できるんですけど」「じゃあ頼むよ」 内藤が香織の部屋をノックした。 

「香織ちゃんいるかな?」「はーい」 ガイドは2人1部屋だった。香織の部屋には先輩ガイドがいた。香織だけを呼び出し 「お前 酒飲んでるのか?」「はーい 結構酔っぱらってまーす」「まあいいか あのな お前のガイドを気に入った客がいてな 挨拶したいらしいんだ お前 ちょっと行って挨拶してこいよ」「うわぁ 本当ですかぁ」 「失礼の無い様にな 酒ぐらい注ぐんだぞ」「はい 香織がんばります」 香織に課長の部屋を教えた。 1人部屋に残っているガイド明美に 「おう 俺も飲んでいいか?」「香織は?」「あいつなら お礼を言いたいって人がいてさ その人の所へ行かしたよ」「あっそうなんですか じゃあ内藤さん 一緒に飲みます?」「おう 飲もう飲もう」 内藤は、前からこのガイドも狙っていた。 (香織は しばらく帰って来ないから こいつをやってしまおう) 

内藤はイヤらしく笑った。 「コンコン」 「はいどうぞ」「失礼しまぁーす」「君が香織ちゃんかぁ ささ入って入って」「失礼しまぁーす」「いやぁ 君みたいな子が来てくれるなんて 何歳だい?」「18歳でーす」 香織は酔っていた。課長は香織の体を、ナメまわすように見た。 (この女 おっぱい デカイなぁ) 課長は1人部屋で飲んでいた。 「あっ お飲みなんですね お注ぎしますよ」香織はニコッと笑った。 「おうおう ありがとう 香織ちゃんもどうだい?」「いただきますぅ」 その焼酎は、飲みやすいタイプの酒で、香織は一気してしまう。 「これ 飲みやすいですねぇ」「そうだろう 熊本の焼酎でな 滅多に飲めない代物だ」 所詮、焼酎は焼酎だった。

一気に酔いが回る香織だった。酔うと淫乱の癖が出る。 課長が香織の腰に手を回し、さすりながら香織の唇を奪った。 「んんんっ」 課長の酒臭いヤニ臭い唾液を、香織の口に注ぐ。 「ああん 私Hになっちゃうぅ」 課長は、構わず香織の胸を揉んだ。 「ああっ ああっ」(なるほど この胸か) 課長は内藤に聞いていた。(香織は 胸が弱点ですから) 課長は香織のTシャツとブラを剥ぎ取り、そのピンク色の乳首を吸った。 こうなると、香織は我慢出来ない。 「ああっ ああっ 気持ちいい もっと もっと吸ってぇ」 課長は香織の乳首を、舌でころがし甘く噛んだ。指の間に挟み強弱をつけて愛撫した。 

「ああっ おかしくなっちゃう ああっ」 課長は香織のパンツの中に手を入れた。 「香織ちゃん ぐちょぐちょだよ」「クリトリス触ってぇ ああっ」 課長は、右手中指を香織のクリに、軽くなぞりグリグリと愛撫する。「ああっ イッちゃうイッちゃう ああっ あーっ」 香織は簡単にイッた。「今度は おじさんのも しゃぶってくれ」 香織は、待ってましたと言わんばかりに、課長の男根にしゃぶりついた。 「おおっ 気持ちいいぞ そうだ もっと奥までくわえてくれ おおっ」 じゅぽ じゅぽ じゅぽ 香織は得意のフェラで攻めた。 課長は 「もういいぞ 入れさせてくれ」「うん いっぱいシテね」 課長は香織の足を持ち上げ、正上位で突き立てた。 

「ああっ ああっ ああっ 気持ちいい もっと もっとしてぇ」「香織ちゃん 締まる締まる おおっ 気持ちいいぞ」「ああっ ああっ 死ぬ 死ぬ 死んじゃうぅ ああっ」 課長の限界が近くなってきた。 「出そうだ ああっ」「あたしも イッ イッ イッくぅ」 課長は香織の胸に射精した。 内藤と明美は 「なあ 前から言おうと思ってたんだけど 俺 明美が好きなんだ」「えっ?」 内藤の台詞は嘘である。明美は以前から内藤が好きであった。 「本当?本当に?」「ああ 何か照れるなぁ」 酔いも回ってか、明美は内藤の胸にもたれかかった。 (なーんだ 簡単だな) 内藤は明美の首筋にキスをした。 「はぁ ああん」 明美も胸も、少し垂れ気味ではあるが、香織の胸よりボリュームがあった。 内藤が明美の胸を揉みしだく。 

「ああん 駄目ぇ 香織が帰って来ちゃう」「大丈夫 しばらく帰って来ないよ 酒の相手してるよ」「迎えに行った方がいいんじゃない? ああん」「後でな」 内藤は巨乳好きであった。明美のパジャマを脱がし、フロントホックブラを外した。明美の胸にしゃぶりつく。 「ああっ ああっ」 明美の乳首は大きく、乳輪もデカイ。焦げ茶色だ。 明美のズボンとパンツ を一気に脱がし、股間を覗きこんだ。 (こりゃあ 使い込まれてるなあ まぁいいか) 内藤はクンニを始める。 「だめぇ だめぇ ああっ ああっ」 ジュルジュル音を立てながら、ナメまくった。 「俺のを触ってみろよ」「…ああっ 大きい」 明美が今までに見たことない大きさだ。 

「入れるよ」「うん」 メリメリメリ 明美の蜜壺が裂けそうな感じだ。内藤は構わずピストンした。 「ああっ 壊れちゃう ああっ」 内藤の男根が、明美のGスポットを刺激した 「ああっ 何か変 変なのぉ ああっ おしっこ出ちゃう 出ちゃうよぉ」 内藤は激しく上を擦るように動かした。 「ああっ あぐぅ ああっ イクぅ イッちゃうぅぅ」 明美は初めて潮を吹きながらイッた。 「凄いな」「ごめんなさい 私 漏らしちゃった」「いやこれは 潮吹きってやつだよ 気持ち良かったかい?」「うん 頭の中が真っ白になっちゃった 恥ずかしいぃ」「ナメてくれよ」「うん」 明美は男根をナメ始めた。 香織は 課長のしつこい攻めを受けていた。 

この課長、遅漏なのである。しかもタフだ。何度も何度も、香織と交わった。香織はフラフラになりながら、部屋に戻ると、そこは… 明美と内藤が真っ最中であった。 明美が、よがりまくっている。その光景を見た香織は、散々課長とヤリまくったのに、興奮していた。嫉妬と欲望の入り交じった感情。 騎乗位で仰向けになっていた内藤の顔に股がった。 「香織ぃ」 二人同時に声が出たが、香織は下半身裸になり、内藤の顔に蜜壺を擦りつけた。 香織は上半身も脱ぎ、貪欲に擦り続けた。

 「ああっ 明美さんばっかりズルイ ああっ あたしにも入れてぇ ああっ」 明美と香織は、四つん這いに横に並び、交互に内藤の男根を受け入れた。 「ああっ 内藤さんのチンポ気持ちいいぃ」「あたしも 気持ちいいぃ ああっ」 この夜は3P三昧の夜。いつまでも獣のように求めあった。 その後、内藤はいろんな客の要望に応じ、金を取りながら運転手を続け、知る人の間では、バスガイドとヤレる会社として人気が出た。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。