オッサンにイ課されまくる従姉(33)のセックスを見せてもらって…

PR

従姉との年齢差は、叔母というには近すぎて姉というには離れすぎの7歳。 小柄で丸顔、髪はベリーショートにしててあまり色気のあるタイプではない。 でもそばかす顔でいつもニコニコしてて気さくな従姉とは最初から仲がよかった。 大学を出るまで従姉の家に下宿していたので、ヒマさえあればお互いの部屋を 行き来して、呑んだりダベったりしていた(下ネタ含む)。 就職した今も、東京出張の折には宿泊地として使わせてもらってる。 

その日も週末出張を終えて従姉の家に投宿、お疲れさまの晩酌を二人でしていた。 久しぶりなので話は尽きず、酒もピッチが上がってたと思う。 話題は次第にシモ系になっていき、お約束の「テル君最近どうなの?使ってる?」 「いやあ、忙しいし週末はこうして出張多いしなかなかね。テル姉こそどうなの?」 (名前の頭が二人とも同じ文字なので) 「んふふ〜、心配しなくても現役バリバリで使ってるわよ。実は今日もよ」 「え?」 「いや、彼氏が夜に来んの」 「え、俺いるのに?大丈夫?」 「黙ってりゃわかんないわよ」 「隣だよ?聞こえちゃうよ」 「そうなのよ、ドキドキしない?私超ドキがムネムネだわ、あはは」 「えー、テル姉が隣でヤってるのを聞くの?変な感じ…」 「頑張るからね。隣で聞き耳立てて応援しててね。あはは」 「うーん…、じゃあいっそのこと覗いちゃダメかな」 「え?」 「ほら、ベランダに出れば窓から見えるじゃん」はじめ従姉は渋ってたものの、レースのカーテンだけを閉めてベランダから 見えるスペースを開けておいてくれると言った。

「絶対バレないようにしてよ。窓に近づきすぎたら気づかれちゃうからね」 と何度も念押しして彼氏を迎えに行ってしまった。 俺は結構酔っ払っており出張疲れもあって、部屋で待つつもりが待てずに ベッドに入って早々に寝付いてしまった。 夜中、物音と気配で目が覚め、一瞬「あれ、俺の部屋なのになんで物音が?」 という混乱があった後、はっと思い出し、「そうだテル姉が隣でセックスして んだった!あの音はそれじゃん。しまった見逃した!」 焦る気持ちを抑えつつ、物音がしないようにそーっと窓を開けベランダに出る。 ベランダには従姉の部屋の明かりが洩れている。従姉が部屋の明りを点けていて くれたのだろう。外から見えるように。 ベランダに洩れてる明りがすでに揺れていて、中で人が動いているのは明らか。 窓から距離をとってそっと中を窺うと、衝撃の光景が目に入ってきた。

目の前に チカチカと火花が散って、鼻の奥がツーンとした。ヤってる!! 従姉はサバけた話はするくせに、服のガードは固く全然肌を露出しない。 基本パンツルックだし、俺は従姉の胸の谷間さえ見たことはなかった。 その従姉が今、胸の谷間どころか真っ裸で四つん這いになっている。 白くて柔らかそうな従姉の身体、幼児体型だと思ってたけど、意外とオッパイ もふくよかで腰もくびれがある。 その従姉の腰を持って後ろから責めているのが、大柄で腹の出た40がらみの オッサンだった。 

オッサンはゆっくりとした大きなスイングで、従姉のお尻に腰を打ちつけている。 打ちつけられる度に従姉は顔を上げ、苦痛に似た表情で天井を見上げる、 オッパイはプルッ、プルッと揺れ、オッサンの腹もリズムに合わせてタプン、 タプンと波打っている。 オッサンのピストンが段々ペースアップしていくと、従姉は突っ張っていた 腕を支えきれなくなり、ベッドに上半身を突っ伏した状態になった。 両手はシーツを掴み、顔はシーツに埋めているので表情が見えなくなった。 ただその状態でも尻だけは高く上げているので、まるで背中がネコのように 反り返っていた。 従姉は顔をマットに伏せたまま「あああああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」 と叫んでいた。こうしないと声が出せないのだろう。くぐもってたけど凄い大声だった。 ひとしきり大声を出すと、従姉は再び上半身を上げ、オッサンの方に振り返って ぼそぼそっと呟いた。

「もうイく…」と聞こえた。 オッサンは頷いてピストンのスピードをまた上げた。「高速ピストンウマいなあ…」 とぼんやりと考えてると、従姉の表情が段々変わってきた。 眉をひそめてくしゃみを我慢しているような表情から、切なそうな表情になり、 更に泣きそうな顔になったあと、「アッ、アッ、もうダメ!イクッ、イクッ!ダメッ!!」 とカン高い声で叫ぶと、歯を食いしばり、背中をきゅううっと丸くしてピクッ、ピクッと 震えたあと、ベッドにぺしょっと倒れこんだ。(多分オッサンはイッてない)俺は真っ裸の従姉を目にしたときからチンコ握り締めてて、もうここで 我慢がきかなくなり、しごいて射精してしまった。ベランダに大量の精子が落ちた。 部屋の中ではオッサンが従姉を仰向けにひっくり返して正上位で入れようとしていた。 『イッちゃった後も容赦なく責められる女』という俺好みのシチュエーションだったが、 賢者モードに入ってるし酔ってるし眠いしで、ふらふらと自室に戻りベッドに入った。 

目が覚めたときにはもうオッサンはおらず、従姉が朝ごはんを作って食べていた。 「おはよう、ご飯食べるでしょ」 いつもと同じような態度でほっとした。そのままメシ食ってお茶を飲んでると、 「夕べどうしたの?ずっと寝てたの?見なかったんじゃないの?」 「いや、見た見た。見たよ、すごかったー」 「え、ウソ。私チラチラ外見てたけどいなかったじゃん」 「途中まで爆睡しててさ。目が覚めてあわててベランダにでたよ」 「いつ?いつから見てた?」 「バックでヤってるとき」 「あー、ほとんど終わりかけのころじゃん。どうだった?」 「いやスゴかったって。他人のセックスを生で見るのって臨場感がハンパないよ」 「あー、あそこ見られてたのかあ。いやーっ!恥ずかしくなってきちゃった!」 「うん…スゴかった…」

俺はただすごかったすごかったを繰り返してて、従姉はもっと感想を 聞きたそうにしていた。 「ねえねえ、興奮した?ねえ見ててムラムラ来た?ねえ」 俺はそれには答えず、席をたって手招きして従姉をベランダに連れて行った。 ベランダにはまだ乾ききっていない精子がべちょーっと広がっていた。 「ほら」 「え、これテル君が出したの?あっららーこれはいっぱい出たねえ」 「いっぱいでしょ。3〜4分見てたらもう我慢できんくてさ」 「てことは相当刺激的だったわけね」 「うん、そもそもテル姉の裸すら初めて見たしね」 「私の裸とか、『お粗末で申し訳ありません』て感じだけどね」 「いや、柔らかそうで真っ白でプニプニしててエロかった」 「それ太ってるってこと?」 「違う違う、おっぱい大きいけど腰ちゃんとくびれてるじゃん。意外だった」 「んふっ、まだまだ捨てたもんじゃないってことね」 「それに『イクぅ!』とか言っちゃってさ」 「あ、やっぱ声出てた?我慢するように頑張ってんだけど」 「部屋じゃなくてホテルでするべきかもね」 

俺は正直起きて従姉を見た瞬間からギンギンにフル勃起してたんだけど、 今ここでヤラせて欲しいと頼んでも、昨日の今日では断られると思って 黙っていた。早くトイレに入って抜いてしまいたかった。 結局その土曜日は従姉が出かけた後、従姉の部屋に入ってベッドの上で 抜いて昼寝した。やっぱりいっぱい出た。 従姉の部屋で出した後、「はー満足満足…」とうつらうつら していたら、用事を済ませた従姉が帰ってきた。 「ぅわっ!ビックリした!なんでここで寝てんの」 「う…あー、お帰り。寝てた」 「見りゃ分かるわよ。自分の部屋で寝なさいよ」 「ごめんごめん、疲れてるからついうとうとしちゃった」 「何、私のベッドで『テル姉ちゃあ〜ん』とか?うっわキモ!」 「キモいうなよ」 「帰るの明日でいいんでしょ。ご飯食べた?晩酌しよう」 従姉は食べ物を用意し、「よし!夕べの反省会」と部屋呑みを始めた。 

俺は従姉の裸を見たのが如何にショッキングだったか、従姉のオッパイ が如何に俺の理想のオッパイだったか、従姉のセックスを見てどれだけ 興奮したかを熱烈に語った。 そして従姉がイクときの顔マネをして「こんな表情だったよ」とか、 従姉の喘ぎ声がどんなだったかを茶化しながらしゃべった。 従姉は「折角テル君が見てるからと思ってお行儀よくシてたのに 見ずにぐーぐー寝てるとか本当信じらんない」とか、「いつもイク わけじゃないけど夕べは聞かれてる、覗かれてると思ったら興奮して 結構激しくイった」などといつにも増してエロトーク炸裂だった。正直自分が熱弁を振るっていたときからチンコはガチガチになってた ので、そわそわ座り方を変えていたら従姉が気づき 「何、むらむらしちゃった?」といたずらっぽく聞いてきた。 「実はそう。ほら」と股間を指差すと「やだー!襲ってこないでよ」 と身体を引かれた。 

俺は直感的にそれがダチョウ倶楽部の「押すなよ!絶対押すなよ!」 ではなくて、やんわりと釘を刺すつもりで言ったのだと分かった。 多分「どうしてもお願い!」と強く押せばセックスできるだろうと 思ったけど、その後微妙な空気になりそうな気がしたので諦め、 「うん、ちょっとトイレで出してきていい?5分くらいで戻る」 とトイレに立った。 トイレのドアを閉め、チンコ握ったそのときにノックされ、 「ちょっとちょっと、テル君ちょっと待って」 「だーいじょうぶだよ、こぼさないから」 「いやいやそうじゃなくて。ちょっと戻ってきて」 部屋に戻ると従姉は正座し、「出すとこ見たい!」と言ってきた。 当然イヤだと断るも、「私のセックスは見たのに自分のは見せられない?」 「じゃあ口でして、ねえお願い」 「バカね。それじゃ出るとこ見られないじゃん」 「じゃあ手で、手ならいいでしょ」 「うーん…テル君が自分でやって。ね、お願い」 完全な酔っ払いなので、とっとと出して終わろうと諦めた。 

ジャージを脱いでチンコをウエットティッシュで拭き、ベッドの縁に腰掛けた。 従姉は足を広げた俺のまん前に正座してチンコを凝視していた。 ちょっと腰を突き出せば口に届くのにと思いながら左手でチンコを掴み、 右手は従姉の肩の上に置いた。 従姉はその手の上に自分の手を重ねてくれて、なおも凝視している。 時々ちらっと俺を見上げてニコッと笑う。かわいい。十分興奮してたので、2分も擦ってるとチンコの先がぞわぞわしだした。 「もうすぐ出そう」といいながらティッシュを手に取りチンコに添えて しごいていると「ちょっと!見えないよ。ティッシュ邪魔邪魔」 「え、だって飛ぶよ。カーペットにもこぼれちゃう」 「うーん、じゃあここに出しなさい。ほら」 従姉は自分のTシャツの裾をびろーんと広げ、ここに出せという。

あまりにも色気がないので意を決して、 「お願いテル姉、オッパイに出させて」と頼んでみた。従姉は渋っていたが 「もう出るよ、早く早く」とせかすとTシャツを脱いでくれた。 従姉が後ろ手でブラのホックを外すと、ブラがはらりと落ちて昨日見たあの 理想のオッパイが現れた。白くすべすべぷにぷにで、薄い乳輪の色、小さな乳首。 うっすらと産毛が生えているようにも見える。 「触っていいよね」返事を聞かずに肩においてた手で従姉のオッパイを 撫でる。従姉は片目をつむりくすぐったがるように「やん…」と言いながら 肩をすくめた。同時に乳首がきゅっと収縮し固くなる。 

その表情でもう我慢ができなくなり、一気にぞわぞわが高まった。両手を 従姉の肩に置き、「出るっ」と言い自然に射精するに任せた。 チンコは上下にビクンビクンと揺れながら、一発目のパルスで従姉の アゴ辺りに精子を飛ばした。 その後も脈動するけど、手を使ってないので勢いは弱くチンコに添って だらーんと精子が垂れた。出し切れていない感じがして気持ちが悪かったので、苦しそうな表情で従姉に 「テル姉ゴメン、握って!」 「え、え?握るの?」 「残ってるみたいで苦しい!お願い早く!」 「こう?(むぎゅ)うわ、べとべとしてる。あっつい!びくびくしてる!!」 「もっときつくお願い!力いっぱい」 「うーん、こう?(ぎゅうううう…)」 「そうそう!それで絞るように縦にしごいて」 「よいしょ、よいしょ、よいしょ、(ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ)」 「ああ…そうそう気持ちいい、気持ちいい、気持ちい」 突然射精した。といっても汁は殆ど飛ばず、尿道が収縮しチンコが びくんびくんと大きく律動しただけだったけど。 

「うわー!何これ?何これぇ?すごい動いてる!生き物みたい!」 「テル姉、もういい。もうやめて。イったから。やめてお願い死ぬ死ぬ」 従姉ははっと手を離し、自分の手とチンコを交互に見ていた。 俺は力なくベッドからずり落ち、従姉の前にへなへなとしゃがみこんだ。 「ゴメン、かかった」 「大丈夫大丈夫」 「見えた?」 「うん見た見た。マンガとかと同じでビックリしちゃった」 「そう、それはよかった」 「しばらく夢に出て来そうよ。あはは」 「夢じゃなくてセックスのたびに思い出してよ」 「ちょっと止めてよ!そのたびにテル君思い出して我に返っちゃうじゃない!」 「昨日は俺を意識して燃えたクセに」 「もう!バカね!私これ流してくるね」 「うん」本音を言えばその晩ベッドに誘われるかなと思ったけど、そんなことはなく 翌朝「じゃあ次の出張のときにね」「ばいばーい」と軽く別れた。 

出来なかったのは残念だったが、裸も見たしオッパイも揉んだし贅沢は言えない。 なにより仲良しのイトコ同士のままでいられるのでよしとしようとオモタ。再びの出張で従姉がベッドにもぐりこんで来た話 次の出張は一月後だった。前回の別れ際が軽かったおかげで 「来週また行くよ」という連絡も躊躇なくできたし、従姉も 「はいはーい。何時ごろ?ご飯いるでしょ?」と普段どおりだった。 従姉の家に着き手料理を平らげると、例によって晩酌が始まった。 「テル君こないだ来たのいつだっけ」 「先月」 「(夜のことを思い出したみたいで)あ、あー…そうだったね」 「うん…(こっちも気まずい)」 「あ!そうだ思い出した。テル君に文句言おうと思ってたんだ」 「何よ」 「あの夜テル君の見せてもらったじゃない?」 「うん」 「そんでテル君が『セックスのたびに思い出せ』とか言ったじゃん」 「言ったっけ(当然覚えてたけど)」 「言ったわよ!それで次のデートで彼氏とエッチしたんだけどさ」 ちょっと胸がズキッとなった。嫉妬してるのか、「また見たかった」 という感情なのかは分からなかったけど。

「彼氏がイくとき思い出しちゃったのよー」 「俺を?」 「そうそう『今彼のからはあんなふうに液が飛び出てんだ…』って」 「ふむふむ」 「そしたらテル君の顔がぱっと浮かんじゃって」 「うん」 「なんかテル君としてるような感覚になっちゃったのよ!もうやだー!」 「知らんがなー!俺のせいにされても」 「まあそうなんだけどさ。もう多分彼とはダメね」 「なんで」 「なんかもう彼とはしたくない。もともと年齢がちょうど良かっただけだし」 きっと従姉は結婚のことを意識して彼氏を選んでたんだと思う。 別れるのもそんな簡単な理由だけじゃないとは思ったが、俺が 責任を感じないように軽い感じで言ってくれてるんだと思う。 

しばらく二人とも無言で呑んでた。音楽が終わったので曲を入れ替え、 戻ってきてペタッと座り込んだ従姉が、 実はあの晩ね」 「俺のを見せた晩のこと?」 「そうそう、その夜ね。本当はテル君が部屋に来るんじゃないかと思ってたの」 「……」 「それで、『もし来られたらどうしよう、拒めないかも…』と思ってたの」 「俺も思ってた」 「何を?私の部屋に来ようかと思ってたの?」 「そうじゃなくてテル姉が『おいでよ』って誘ってくれるんじゃないかって」 「バカね!私から誘うわけないじゃん!!」 「そうね」 「来て欲しかったんじゃないのよ。来たら受け入れようって思ったの!」 「あー、じゃあ行けばよかったのかあ!失敗した…」 「そうよ。テル君はチャンスを逃したのよ。一生後悔するがいいわ。うふふ…」 その後も「しまったー!」「やーいやーい」と幼稚な会話で盛り上がり、 夜中の一時過ぎに各々の部屋に入って眠りについた。

ぐっすり寝入ったころ、何か物音がしたような気がして目が覚めた。 耳を澄ませてじっとしてたが、それ以上何も聞こえなかったので 「気のせい?」と思って目を瞑ったとき 「……テル君。もう寝た?」 と声が聞こえた。物音は従姉がドアをノックする音だった。ベッドから 身体を起こし「テル姉?どうしたの?」と返事をすると、ドアをがちゃっ と開け、従姉がずんずん歩いてきてベッドサイドに来た。

「もう!なっ・んっ・で・部屋に来ないのよ!」 「え、何々?どういう意味?」 「どうもこうもないわよ!あの話の流れだったら部屋に来るでしょ普通!」 「行ってよかったんだ…」 「もうバカ!にぶちん!!」 俺もベッドから出て従姉の前に立ち、肩に手を置いて「ごめんごめん」と 謝った。従姉は俺の胸に耳を付けるような姿勢で寄りかかってきた。 しばらくそうしていた後、キッとこちらを見上げ「もう…」と呟いた。 「キスしていいんだよな…」と思いながら軽く従姉の口にキスをする。 一旦顔を離し、従姉と目と目を合わせると従姉が目を閉じたので 今度は強く深くキスし、お互い舌をチロチロと舐めあった。 

割とキツ目に従姉を抱きしめていると、従姉がふうっ…と息を吐き 「私これ好きなの。ぎゅって抱きしめられるの…」というので、 従姉の腰に手を回し、背中を反るようにさせながらぎゅうううっと強く 抱きしめ、首筋にキスをした。従姉は「はうっ!」というと、カクッとヒザの力を抜き倒れそうになった。 あわてて支え「大丈夫?」と聞くと従姉はうつむいてぶるっと震えたあと 俺を見上げて、 「……イッちゃった」 と舌を出した。ベッドに従姉を寝かせ「これはもうOKってことだよな」 と覆いかぶさってパジャマのボタンを外そうとすると、従姉は泣きそうな顔で 「テル君ごめん、今日はダメなの…」 「え、うそでしょ?この状態でまだお預けなの?」 「ごめんなさいごめんなさい、でもやっぱり最初は気にしないで済む日にしたい…」 「えええぇ…?どうしてもダメ?」 「…お願い」 俺はまさに『ズコーッ』と従姉の上にばったり倒れこんだ。従姉は 半べそかきながら「ごめんねテル君、ごめん、本当にゴメン」と頭を 撫でてきた。 

結局その晩は同じベッドに寝たものの、丸まって眠る従姉を抱きしめて 寝ただけだった。チンコはおさまりついてなかったので、夜中トイレに 起き出して抜いて戻ってきた。従姉はまた「ごめん…」と言っていた。 東京転勤。従姉が「ココに住むでしょ」と打診してきた話 俺の会社は年度が替わると人員のガラガラポンをよくやる。 今年は俺もターゲットになり、生まれ育った東京に一時帰ることになった。 もうちょっと全国行脚したかったけど仕方ない。 赴任先での生活基盤を整えるための出張があったので、当然のこと ながらその際も従姉の家に泊めてもらうことにした。 家に着くと従姉は台所に立っていた。麦茶を出されたので飲みながら 「あのねテル姉、話があるんだ」 「なあにー(トントントン…)」 「俺今度東京に転勤になるんだ」 「(ピタッ…)ふーん…いつ?」 「5月から。多分二年くらいでまたどっか異動になると思うけど」 「……」 「で、今日はアパート探したりライフラインの目処つけたりする出張なんだ」 「会社どこだっけ」 「荻窪」 実は荻窪なら従姉の家から電車で一本で通えるので、もし可能なら 学生の頃のようにここに居候したいのだが、厚かましいかもと思って 言い出せずにいた。

その日はなんだか従姉も口数が少なく、あまり上機嫌 には見えなかったから。 「そんでまあ何処にしようかと思ってね」といいながらグラスを下げに 流しに行き、従姉の後ろを通りがかったとき、従姉は俯いたままクルッと 振り向き、俺のシャツの裾をつまみ「ココニスムンジャナイノ?」と早口で言った。「え、何?」と聞き返すと従姉はキッと俺を見上げ 「な!ん!で!ここに住むって言わないの?荻窪なのに余所に住むつもり?」 「あ、いいんだ?」 「いいに決まってるでしょっ!バカね。もうっ!信じらんない」 「良かったー、どうやって切り出そうかと思ってたんだよ」 「シンジランナイワ…バカジャナイノ?(ぶつぶつぶつ…)」 「家賃入れるからね、ちょっとだけだけど」 「いらないわよ!もう…」 ここは従姉所有の物件になってて、結構稼ぎもいいのでお金は要らないとのこと。 

–後日談– お互い母親同士が姉妹のイトコなので、同居することに難色を示したのは 俺の母親だけだった。どうせ言うことなんか聞かないと分かっているので 強く反対はしなかったけど。 やっとこぎつけた従姉とのセックス。「ピル…飲もうか?」と言われた話 その晩は「引越しはいついつにしよう」とか「生活雑貨はハンズで買おう」 とか、新生活を始めるウキウキの相談をして、俺も従姉も上機嫌だった。 さて寝ようとなり、リビングから従姉が出て行くときに立ち止まり、こっち を見てニコッと微笑んだので確信した。「今日はセックスするんだ」と。

30分ほどして従姉の部屋に行き「テル姉?」とノックすると間髪を入れずに 「…どうぞ」と返事が返ってきた。部屋に入ると従姉はベッドに腰掛けており、 部屋は暗くしてキャンドルが灯してあった。 「やっっっと来たか」と従姉はクスクス笑い。両手をこちらに差し伸べた。 従姉のそばに近づき屈みこんでキスをした。従姉はベッドに腰掛けたまま 俺の首に両手をまわして応じていた。 従姉をベッドに倒し、服を脱がせる前にきつく抱きしめた。 「う…んんっ!うふふ、テル君私がこれ好きって覚えてんのね」 「だってついこないだじゃん」 なおも身体を密着させたまま、俺は従姉の脚のあいだに自分の脚をねじ入れ、 太ももを従姉のマンコにぐいぐいと押し付けた。

従姉は息が荒くなり自分の 腰をくいっ、くいっと動かして俺の太ももの動きに合わせてきた。 しばらくそうして揉み合ったあと、パジャマのボタンの間から指を入れ、 ブラの上から乳首の辺りをカリカリカリと引っ掻いた。従姉は「やん…」 とくすぐったがって身体を捻り、俺から一旦離れた。 「ねえテル姉、ブラ外すとこ見せて」 「えー、変態!」 「いいじゃん、こないだ見て感動したんだよ」 「こんなのが?ヘンな子ねえ。ふふ…」 結局はリクエストどおりブラを後ろ手で外してくれ、前と同じようにブラが はらりと落ちてオッパイが現れた。むぎゅうと強く握りたいのを我慢し、 撫でるように柔らかさを確かめ、舌でちろちろと乳首を舐めた。 

従姉はふんふんと鼻を鳴らすような切なげな吐息を漏らしている。再び従姉をベッドに押し倒し、手をマンコの方に持っていく。下着の上から 溝をなぞり、クリトリスの辺りを爪でカリカリカリと引っ掻く。 従姉は俺の首筋にしがみつき、「うっ、うっ、うっ、んんんっ…」 と声を懸命に抑えている。今度は手のひら全体でマンコを押さえぶるぶるぶる と振るわせる。すでに下着は溝に沿ってしっとりと湿ってきた。 また爪でクリをカリカリと責めると、従姉は腰をぎゅうぎゅうと押し付けてくる。 「やだ…もどかしい。下着汚れちゃうよ。直接触って…」と囁いて真っ赤になっている。 下着を脱がそうと手をかけると、従姉は腰をすっと浮かせてきた。なんか そういうのがやけに嬉しい。 下着を剥ぎ取ると従姉が起き上がり、俺の手から下着をひったくって枕の下に ねじ込み「見たらダメ」といたずらっぽく笑った。 

従姉の脚を広げさせ顔を近づけると、いわゆる女の匂いがむっと漂ってきた。 マンコはもう湿ってぬらぬらと光っている。下から溝に沿ってクリトリスの方へ つつつーっと舌を走らせる。クリに舌が命中した辺りで「ひゃっ!」と小さく 悲鳴をあげ、ぴくんと腹筋が弾んだ。 唇でクリを甘噛みしたり、舌でレロレロレロ…と叩いたりすると、それに合わせて 「あ、ああああ…ぃゃあああ・あ・あっあっ」とリズミカルに喘ぎ、それが段々 切なそうで鋭く、大きな声になっていく。このまま続けてたらイッてくれるかなと 思ったが、できることは全部やろうと指を入れることにした。 最初は中指一本だけ。マンコはぬるぬるになってて、あまりにもするっと入って しまったので、従姉が驚き「はっっ!」と息を飲む声が聞こえた。 

舌でも舐めつつ、中指を従姉のマンコの中でうねうねと動かすと 「くうぅん…くうぅん…ふうぅん…」と腰をもじもじさせている。薬指も入れる。 ボウリングの球に指を入れたような格好になり、二本の指を従姉のマンコの中で ぐにぐにと暴れさせつつ、腕をピストンさせぐちゃぐちゃとマンコを掻き回す。「ちょっと乱暴すぎるかな、痛がってないかな」と従姉の様子をうかがうと、 「き…気持ちいい!テル君気持ちいいよう!いいっ!激しいのいい…テルくぅん!」 と問題なさそうなので、さらに激しく掻き回し、空いてる手の人差し指でiPhoneを タップするような感じでタタタタタタ…とクリトリスを叩いた。 「いやあっ!ダメ、イッちゃう。やめてっ!とめてっ!イッちゃうから、お願い!」 「いいよ、イッてよテル姉」 「イ…イッちゃうよぅ…テル君、イッちゃう!あ…ダメッ、イ・イクッ!ダメッ!!」 お腹がきゅううぅと引っ込んだと思ったら、腰を大きくがくっ・がくっと震わせ、 のけぞった状態で歯を食いしばり、ぶるぶるぶると小刻みに震えていた。 

しばらくそうしていたあと、「ぶはあっ!」と息を吐き、従姉は肩ではあはあと 息をしつつしゃべりだした。 「私一度イッちゃうとダメなの。ドコ触られてもびくっとなっちゃうの」 「いや、セックスしてんだからイッてダメってこたないダロ」 「いやいやダメなの。しばらく私に触るの禁止ね、テル君のを口でしたげるから」 従姉はチンコに手を伸ばしてきたが、正直俺はもうぎんぎんの準備オッケー状態 だったので、口でされたらすぐ出してしまいそうだった。 「いや俺もうこんなだし。今すぐ入れたい。すぐイくと思うからちょっと我慢して」 「本当にすぐ終わる?頑張んなくていいからね」 ゴムを探して装着し、従姉にキスをしてまたベッドに寝かせた。 チンコを穴にあてがい、唾を飲み込み従姉の顔を見ると、従姉は泣きそうな顔で 俺を見上げていた。従姉も俺もついにこの時が来たかと感慨に耽ってたんだと 思う。しばらく間が空いてしまったので従姉が 「何見てんのよ、じらさないで。イジワル!」と手で顔を覆ったのがきっかけになった。

腰を従姉の脚の間深く沈める。従姉のマンコは暖かく湿った肉の壁で俺のチンコを 咥えこんでくれた。従姉はのけ反り、ボクサーのように腕を胸の前で構えている。 「入った…」「うん、入ったね」 チンコの根元で従姉のクリトリスを押しつぶすように密着し、そのまま腰を ぐいんぐいんとグラインドさせる。チンコへの刺激が少ないので、長持ちするように。 従姉も俺の腰を迎え撃つようなリズムで自分の腰を擦りつける。そのうち従姉の 息が乱れ始め、だんだん腰の動きが少なくなってきた。その代わりに眉をひそめ、 下唇をぎゅっと噛んでのけ反っている。 しばらくぐいぐいと腰を押し付け、一旦離してまた深く突き刺してぐいぐい というアクションを繰り返していると 「もうダメ…テル君まだ?私もうそろそろ持たないかも…」 「ちょっ、ちょっと待ってよ」 恐る恐るゆっくりとした深いピストンを始めてみる。よし、もうちょっと持ちそう。 

親指で従姉のクリトリスをぐにぐにと揉みながら、慎重にピストンを続ける。 「やんやん、ダメっ!動かしたらダメ…、イッちゃうから。動かさないでお願い」 「ちょっと待って、もうちょっと。我慢して、まだイかないで」 「だって…気持ち…い、イイんだもん。…あ、ああぁぁ…イキそう…んんっ!」 「ダメだよテル姉、我慢して!まだダメ!」 ピストンを中止し、自然にくいっくいっと動いてイこうとする従姉の腰を 押さえつけて動きを封じた。「いやっ!イジワル!止めないで、イかせてお願い。私もう我慢できない!」 ゆっくりしたピストンを再開し、従姉が絶頂を迎える寸前で止め、同じように 従姉の腰を押さえつけ動かないように固定する。これを3回繰り返すと、従姉の 口の端からよだれが垂れ、涙も流し始めた。目の焦点が合ってない。 「…もう許して、お願いこれ以上…、ダメ…お願いだからイかせて。許して…」 俺ももう我慢できなくなってきたので、従姉の腰を持ち「いくよ!」と 強く激しくピストンを始めた。

「あ、イ・イク…イクよテル君イク、イク…あああっ!イクッ!イクッ!ダメッ!」 「俺もイクよ!…ウッ!ぐっっ!!ぐっ!」 「あああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!いやああああ!!」 従姉は腰を狂ったように掻き動かし、「うっ!」とうめいてのけ反りブリッジの ような体制で伸び上がった。その後ベッドにどさっと倒れこむとびくん・びくんと しばらく痙攣していた。 俺はまだチンコを抜かずに従姉がのたうちまわる姿をしばらく見ていた。 ゴムが外れては大変なので、チンコを抜きゴムを外しティッシュで拭いた。 またえらい沢山精液でたなとまじまじとゴムを見てると、従姉が肩で息をしながら 「ゴム…着けたのね」 「まあそりゃマナーとしてね、当たり前」 「でも着けない方が気持ちいいんでしょ?」 「そりゃそうだけど…」 「私ね、お医者さんからピル処方しましょうかって言われてんの、婦人科の病気で」 「病気って大丈夫なの?」 「別に深刻な病気じゃないわよ。でもピルって怖いから処方断ってたの」 「そうね、副作用あるとか言うしね」 「でもテル君が望むならピル…飲んでもいいよ」 「それは…あっ!俺は別にテル姉とえっちしたいから下宿させてっていってる訳じゃ…」 「あら、じゃあもう私とはえっちしないの?」 「…する」 「ほらね」セックスが終わっても従姉はいつものように朗らかにうふふと笑ってくれた。 

その表情を見てるとああ、自分はこの従姉のことを大好きなんだなと 改めて思い知った。 二人の将来という意味ではまだ何も分からないけど、転勤後の2年間は 従姉とヤッてヤッてヤりまくりたいと思った。まだ口でもしてもらってないし、 バックもしてない。従姉は小さいから上に乗って動いてもらうのもいいかも。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1197記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。