エッチ体験談が10000話を突破しました。

16歳の従妹が処女で悩んでいたので卒業させてあげました!

6年前に従妹の処女を頂きました。懐かしいな…。 毎年、母親の実家に遊びに行ってます。従妹は高校受験に失敗して名古屋に働きに行ってて何年か振りに会いました。若い頃は仲が悪かったけど、その時は家に同年代は俺しかいなくて『兄さん遊ぼうよ』 となついて?来てました。

買い物に出向けば必ずついてきて、従妹から腕を絡めてきたりして次第に今まで以上に仲良くなりました。当時従妹は16でしたが、夜になれば隠れて酒を飲み明かし、眠くなったらその場で雑魚寝したりしてました。

飲んでる時に従妹が彼氏との悩みを相談して来ました。従妹は処女でしたが彼氏は 『処女は面倒臭い』 みたいな事を言ったらしいのです。 どうやら彼氏に自分が処女であることを言い出せないみたいで、かなり気にしている様子。俺は普段は小心者だけど酔いも手伝って
俺『何なら俺としてみる?』
従妹『冗談言って〜。でも兄さんならいいかな?』
俺『本当に俺でいいの?』
従妹『…』(顔を赤らめ頷く)

翌日、ドライブに行く約束をしてその日は寝ました 翌日、約束通りドライブに行きました。車から降りれば従妹から腕を絡めてきて、俺は最初は恥ずかしかったけど、夜中、相談に乗ってたせいか、従妹に感情が入ってたのかもしれません。

昼飯を食べた後に海岸脇に車を止めて雑談してました。
俺『昨日、酔っ払ってあんな事言ったけど本気か?』
従妹『冗談で言う訳ないよ。兄さんの言った事嘘だったの?』
切実な言い方をしてきたので、覚悟を決め車をホテルへ走らせました 先にシャワーを浴びベッドに座り従妹が来るのを待つ。凄い緊張してきた。従妹が俺の横に無言で座る。肩を抱くとやはり緊張してるせいか小刻に震えてる。

俺は処女とするのは初めてで不安だったが従妹はもっと不安だろうと思い 『緊張してるだろうけど大丈夫だよ。』 と言い俺はキスをした。俺が舌を入れると向こうも絡めてくる。キスしたままベッドに寝かせた バスタオルを取ろうとすると恥ずかしいのか手で引っ張る。俺は構わないで何も言わずにタオルを取るとDカップ位のオッパイが。

従妹は顔を両手で覆ってるので、無防備なオッパイを口に含む。ビクッ!とした。構わず続けると 『う、う〜ん。』 と感じてる様子。 『兄さん、くすぐったいよ〜』 と言うので 『そのうち気持ち良くなるよ』 と言い太股を撫でながらクリを目指す。 陰毛はやや多めだったかな?陰毛が心なしか濡れてる。雫かな?って思いながら中心部を触るとネバネバでビショビショ。

クリをいじりながらわざとクチャクチャと音を立ててみると 『兄さん恥ずかしいよ』 って言ってくる。その頃にはうめき声みたいなのではなく 『あっ、あっ、ダメだよ〜』 って体をよじらせる 初めての娘にフェラをさせるのも悪い気がしたので従妹の手をチ○ポに導きしごかせる。かなりいい具合に濡れてきたので俺が我慢出来なくなり(笑)

俺『そろそろ入れてみようか?』
従妹『うん。でも少し怖いよ。』
俺『少し痛いかもしれないけど我慢してね』 って言い従妹に軽くキスをした。

ゴムを被せてマ○コにあてがう。先っぽだけ入れてみたがかなりキツイ。 『入れるよ』 って言って頷く従妹。ゆっくりと根元まで入れた。 『痛っ!』 って苦痛に顔が歪む従妹。俺はそのままゆっくりとピストン運動をした。正直、すぐにいきそうだったが、向こうも痛いのを我慢してるのだからこちらも我慢しながらピストン。根元を見ると少し血が出ていた。

従妹が少しだけ慣れてきた顔をしたので徐々にペースをあげると共に 『あっ、あん、あん』 ってかなり色っぽい声を出してくる。その声に興奮したのと、当たり前だが締まりが良すぎて逝ってしまった。

『痛かったろ。ごめんな』 って言うと 『最初は凄い痛かったけど終わりの方は気持ち良かった。兄さん有難う』 と言ってキスをしてくれた その晩も彼女と雑魚寝。眠りに就くまで二人でキスしながらイチャイチャしてました。

見送ってくれたが別れが惜しかったのを覚えてる。 その後、毎年遊びに行くが休みが合わないせいか従妹とはそれ以来一度も顔を合わせてない。 その2年後位に母親から従妹が入籍した事を聞かされた。

今でも思い出すと切ないですね。でも、会わない方が良かったかな?とも思います。複雑な心境ですね。ただ、帰るまでにもう一度してみたかったですが…(笑)

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!