エッチ体験談が11,000話を突破しました。

妹のおっぱい揉みながら手コキしてもらった

PR

当時俺が高校1年、妹は小6正月に親の実家で親戚一同が酒盛りの場で、大阪の伯父が妹にちょっかいを出し始め
爺「ねえ妹ちゃん、おっぱい大きくなったねえ」
妹「え?」
爺「触ってもいい?」

妹「はぁ?嫌です」
爺無言で胸をつつく
妹「いやって!」
という残念なやり取りを目の当たりにしてから、どうも妹を性的な視線で観るようになってしまい後日、部屋で妹と映画のターミネーター見てる時、ラブシーンで興奮してしまい魔が差したというか、ちんこと頭に血が登っていたというか通常では考えられないが妹の背後から胸を触った、

妹は黙ってそのままされるがままで拒否しなかったので「あ、小さいけどおっぱいがある」と思いながらできるだけ優しく揉み続けたここで止めたら、二度とは無いだろうと打算的なことも考えながら服の上から数分間、もしかしたら数十秒だったかもしれないが揉み続け拒否されたら止めようと思いながら、服の中に手を入れ直におっぱいに触れた妹のお腹や胸が思いのほか冷たくて、そしてスベスベで女の肌凄いと驚いた

しばらくは手は動かしながらも二人黙って映画を見続けた後調子づいた俺は、拒否されたら止めようとの思いながら「兄ちゃんの(ちんこ)も触っていいよ」と妹の耳元でヒソヒソ声で話したあと左手は胸をまさぐりつつ、右手でズボンのホックを外してチャックをおろし妹の手をトランクスの中に誘導、あとは妹の意思に任せるかたちをとったのだが妹は手を引き抜かず、奥へ進めてがさごそと動かし玉袋を軽く握ってくれた

少し揉んだり、握る力を緩めたりと軽い感じに触れ続けてくれたがイマイチ快感には至らず、おっぱい揉みに戻っていた右手を再度引き抜きトランクスとズボンを少し下げてちんこの竿だけボロンと出したこうやって握って、こう動かしてと手コキの手ほどきを軽くしたら妹は言ったとおりに手を動かしてくれ始めた、とてつもない衝撃だったひんやりしてスベスベの小さな手で握られ、動かされるのがこんなにも快感なのかと驚いた

何度か「こう」「こう」と気持ちのいい手の動かし方を妹の手ごと握りながら演習完全な手コキには程遠いが「妹の手コキ」には申し分なしの、様になった手コキになっためちゃめちゃに気持ちよくて、妹のおっぱいを揉みながら妹の手の動きに合わせて小刻みに腰を動かした、腰を動かしはじめて10秒も経たず射精したくてたまらなくなり妹に「ぎゅっと握って早く動かして」と囁き、胸を手コキで動かして欲しい早さつまりオナニー時の自分手の早さで妹のおっぱいを揉み続け程なくして射精開始、

射精が始まっても妹は手を止めることがなく精子はあちこちに飛散w気持ちよさがオナニーと違って半端無かったそしてすぐ最悪を通り越したような罪悪感に襲われ、妹にごめんねごめんねと謝り続けたなんとか許しをもらい、親にも内緒にしてもらったがこれをきっかけに妹との関係が始まった

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR