初体験盛り

PR

中学3年の始めに、初めて彼女が出来た。 僕はあまり目立つタイプの生徒ではなかったけれど 2年生の或る時期を境に、段々と周囲の仲間と楽しく過ごせるようになった。 3年生のゴールデンウィーク前、 僕は同じクラスのY子に生まれて初めて告白をされた。 Y子は可愛くて元気な子だった。 何をしていても楽しそうに振舞う子だった。 音楽のリコーダーも楽しんで吹き、 体育の跳び箱もいつも飛べた飛べなかったとはしゃぎ、 理科の時間で物理や化学で初めて知る事柄を学ぶ度に喜んでいるような 好奇心旺盛な子だった。 

僕はY子を気に入っていたし、Y子が僕のことを好きだと聞いてとても嬉しかった。 付き合ってからもY子は学校と変わらず、デートでもとても楽しそうな振る舞いをしていた。 本当に知識欲求の強い子だった。 初めてSEXをした時、僕はうまくイケなくてY子に手で出してもらった。 その時も、僕の出した精子をじっと見つめ 匂いを嗅ぎ、舌で味見し、指にくっつけて遊んだりしていた。 まるで小さい子供が昆虫を触って遊んでいるような目をしていた。 

夏休みの或る時、Y子の両親が墓参りで親戚の家へ泊まりで出掛けることになった。 Y子は塾の全国模試が近いとの理由でそれを断り、一人家に残ることになった。 Y子は嬉しそうに「家においでよ」と誘ってくれた。 女の子の家に泊まるなんて想像もしていなかった僕は、当然喜んで行くと返事した。 Y子の家に行くと、彼女は僕の誕生日プレゼントを用意してくれていた。 前から欲しいと言っていたモーリスのアコースティックギターだった。 僕の家は周りより少しだけ貧乏で、高校でバイトをするまで諦めていたけど 思わぬプレゼントをもらい、僕はとても喜んだ。

「ありがとう、本当に嬉しい。今日は何でも言うことを聞きます」 と言うと、Y子は笑って 「ほんと!?じゃあ、ちょっとしてみたいことあるから、後で言うね」 と言った。 しばらくの間、僕達はギターの練習をしていた。 全然コードが押さえられなくて、そのブサイクな和音を聞く度に僕達は笑った。 夕飯はY子が麻婆豆腐を作り、僕はチャーハンを作って お互いの味の不思議さを感じつつ、それらを平らげた。 お風呂にも初めて一緒に入った。

明るい所で、しかも全身濡れている女性の体を見たのは初めてで 僕は終始勃起していた。 一緒に浴槽に入ると、狭くて僕達は抱き合いながら何とか体勢を確保した。 なんかすごいことだね、とY子が僕の肩に顎を乗せながら言った。 そのままの体勢で浴槽に浸かっていると、突然「あ、ホクロ発見」とY子が言った。 すると、Y子はいつもの好奇心を発揮し、 「ちょっとホクロが何個あるか数えたい。見せて」 と言って、僕の手を取って浴槽から上がるように促した。 僕が浴槽から出るのに続いてY子も上がり、僕の前に立った。 そして僕の顔に両手を当てると、早速ホクロを数えだした。

耳の裏や中までもY子は覗き込んだ。 「腕にはやっぱり多いんだね」と僕の腕をつかんで言うと、その腕を上げさせ ワキも覗き込んだ。毛に隠された部分も探そうと、ワキの毛を指で避けたりしていた。 そのままY子は僕の体を調べ尽くした。 背中や腿や脛は当然、足の裏や指の間も見た。 僕は僕でずっと勃起をしていた。 Y子は、その僕の股間に目をやると 「こういう所にもあるのかなぁ」と言い、失礼します、と一声かけてから 僕の股間部を調べ始めた。 Y子は僕のモノを上から、横から見つめた。 そして、モノを掴むと上に押し上げ、裏側の方も探した。

「あ、一つあった」とY子は喜んだ。 そして、僕に足を広げるように求めると その開いた股の間に顔を潜り込ませ、僕の袋を見上げた。 袋を動かしたり、伸ばしたりして探した。 そして、そのままお尻の方も探し出した。 僕の尻を両手で開いて探そうとする。 「ちょ、やりすぎだろ」と僕は言ったが、「ちょっとだけ」とY子はやめるのを拒んだ。 「あ、お尻の穴ってこんな形なんだ」「少し可愛い毛が生えてる」とY子は新たな発見を楽しんでいた。 支援 ホクロ探しを終えると、Y子は「お詫びに」と僕の髪と体を洗ってくれた。 股間を洗う時にどうするのだろう、と期待していると Y子は新たにボディソープ液を手に取って泡立て、そのまま手で洗ってくれた。

 「こういうデリケートなのは、タオルでゴシゴシしたらダメだよね」 モノや袋を手で洗われるのはとても気持ち良かった。 ただ、Y子は先程興味を持ったお尻にも手を伸ばした。 「こういう体にある穴って清潔しないとダメだよ」と言い、 穴の周辺や穴の中にも少し指を入れて洗った。 初めての感覚だったが、僕は良いかもしれない、と思ってしまった。 イイヨイイヨー 僕はもうお風呂で十二分に興奮してしまい、その場でY子に挿入したかったが Y子は見透かしたように「お風呂上がったらベッドで待っててね、今日はしたいことがあるから」 と言って、ギンギンに立ち上がった僕のモノにお預けを与えた。 部屋を暗くしてベッドで待っている間も僕のモノを勃起し続けていた。 

許されるなら、その場でオナニーをして一度射精したかった。 そんな葛藤をしているうちに念願のY子が部屋にやってきた。 ベッドに寝転がっている僕を確認すると、Y子は部屋の灯りを点けた。 「暗くしないの?」と聞くと 「今日はこれでいいの」と返してきた。 タオルを数枚手に持っていた。 またお前か・・・ もっふるもっふる 僕は、Y子のしたいことを聞いていなかったことにその時気付いた。 「何をするの?」不安と期待が混じっていた。 するとY子は少し笑い「ちょっと縛らせて」と言い、言った後にまた笑った。 僕もそれにつられて笑った。

「痛いことじゃないよね?」 「あ、そんなのはしないしない」 と言いながらY子は僕に近づいて、僕の両手をにしてタオルできつく縛った。 そして、そのまま僕に万歳をさせ、その縛ったタオルと別のタオルでベッドの引っ掛けで結んだ。 僕の両手は万歳したまま降ろせなくなった。 「なんか、すごいね」と僕は恥ずかしがりながら笑った。 「うん、でも楽しみ」とY子の目はいつもみたいに昆虫を手にした子供の目だった。 仰向けのままの僕の上に、Y子が乗っかった。 お互い全裸で準備万端。このまま始まるのかと思っていたけど、 Y子はもう一枚タオルを取り出して「これで目隠しをするから」と言った。 え、目隠し?と僕が思っている内に、Y子は僕の目にキスをした。

キスというより、ぺろぺろとアイスを舐めるようにしていた。 「目って変な味」と笑い、Y子は僕に目隠しをした。 「さて、約束したしたいことをさせてもらうね。 今から、体中の味を調べてみたいと思います」 とY子が言った。 「どういうこと?」と聞こうとした僕の口は、早くもY子の口で塞がれた。 いつものキスやディープキスでもなく、舌を僕の口の中に這わせ、歯や舌や歯の裏などを舐め出した。 僕はそれだけの行為で何もいえなくなった。そんな僕の唇をなぞるようにY子を舌を這わせた。 大物きたる モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!w Y子の舌は至る所を舐めた。 耳の中を舐められた時は、その音と感触で鳥肌が立った。 顎のラインや喉元、鎖骨まで降りて、乳首では一度立ち止まって舌で円を描き、 乳首が硬くなるのを確認すると、吸い上げたり舌で転がしたりした。

僕は下半身をもぞもぞと動かしていた。 Y子は僕の様子に気を止めてないように、次はワキの方へと滑らかに舌を這わせた。 大きな棒付き飴を舐めるように、ワキの全体部を舐めた。 僕はくすぐったいけど、何故だか声に出せなかった。 そうして二の腕、肘、手の平、指とY子は何も残さないように舐めあげた。 わき腹やみぞおちも舐められた。へその穴には舌を尖らせて入れられ、その内壁も舐められた。 そこまで行くと、僕は次にモノを咥えられることを期待したが Y子は楽しみを最後に取るように、足のつま先へと移動した。 まず足の裏を舐められ、続いて指の腹、指の裏に舌を這わせた。 親指を丸ごと咥えられ、それを口に含んだまま爪の間にも舌を入れてきた。 気付けば、僕の息は乱れ続けていた。でも声は出せなかった。 何故だか、声を出してY子の作業の邪魔をしてはいけない、と思えたからだ。

Y子の舌は、くるぶし、脛、ひざ裏へと進んだ。 膝小僧の擦り傷跡も舐められた。 Y子は僕の足を少し開かせ、その間に顔を突っ込んで内腿を舐めた。 内腿から段々と股間に上がってくるに連れて、僕の興奮は高まり 僕のモノは常にお腹の方を指していた。 その反り上がったモノの裏側の付け根から先端へ、Y子は舌を這わせた。 いつも最初は咥える動作から始まっていたから、このやり方には興奮した。 Y子は僕のモノを指先で撫でると、尿道のルートを確認し、それになぞって舌を舐め上げた。 尿道の先の割れ目まで舌を持って行くと、それを指で開き、その間に舌を突っ込んだ。

そしてカリの周りを弧を描くように舌を転がした。 それが何回転かすると、そのまま唇でカリを閉じ込め、そのまま吸い上げた。 ? 吸い上げられて、僕の腰も少し浮いた。 Y子は先程の順の逆を行くように、先端から尿道ルートを下にくだった。 袋の辺りになっても、袋の向こう側にあるモノを舐めた。 それがとても気持ちよく、僕はその時に初めて声を出した。 体外に出ているモノよりも体内にあるモノの方が刺激に弱いことを初めて知った。 Y子はそのまま体内のモノを追うように舌を這わせた。 それはお尻の方へ繋がっていた。 袋とお尻の間を舐められて、僕の腰は完全に浮き上がってしまった。 Y子はそんな僕の腰を両手で掴み、浮き上がらせた状態のまま体内のモノの行方を追った。

で、ヴェスターオリジナルはどの辺で出てくるんだ? Y子の舌は、お尻の穴の手前まで来た。 僕は快感でどうにかしてしまいそうだった。 ただ、Y子の舌はそこで止まった。 どうやら体内のモノの行方を見失ったらしかった。 一度戻って、再び辿ろうとするも、 再度同じ場所で見失った。 Y子は僕の腰を離した。 少し考えている様子だった。 少しの間を置いて、Y子は僕の体を引き上げ、うつ伏せになるように倒した。 ベッドに繋がれたタオルが少し捻じれて痛かった。 ? うつ伏せにした僕のお尻をY子は、両手で持ち上がらせた。 お尻だけが突き上がった恥ずかしい体勢だった。 この時は目隠しで気にしてなかったが、部屋の灯りが点いていたことを今思えばとても恥ずかしい。

Y子は僕に足を開かせて、顔を突っ込んだ。 そしてもう一度、袋の辺りから舌で体内のモノを辿りだした。 Y子の前髪がお尻の穴をつついてくすぐったかった。 Y子の舌が再び、穴の手前に来た。Y子はそこで指を強くあてがい、その行方を捜した。 その指は穴の所で止まった。 Y子は迷う間など無いように、お尻の穴の中に舌を突っ込んできた。 僕は驚いて、うわぁと叫んだ。 Y子は舌を強く押し込んで、中で上へ下へと舌を這わせた。 僕は力が入り穴を締めたが、Y子は構わず更に奥に入れようとしてきた。 Y子の鼻息が暖かく感じるくらい、Y子は顔をお尻に密着させていた。 僕は快感と恥ずかしさで、逃げ腰になっていたが Y子は両手で尻を掴み、更に穴を広げようと思い切り両側へ割れ目を開かされた。

体内のモノが見つからないと判断したのか、Y子の動きが段々変わってきた。 恐らく、お尻で感じている僕を面白く思ったのかもしれない。 舌を穴の中で上下左右に動かし、その内壁を舐めようとしたり、 出し入れさせたり、一度抜いて穴の円周を舐め上げたりして僕の反応を試していた。 Y子はY子のばっかりだな 僕のモノはうつ伏せでも、お腹にピッタリくっついていた。 Y子はもう一度穴に舌を強く突き刺すと、 僕の股の間から手を差し込み、僕のモノを握った。 そしてそのまま前後へ動かした。 すると、僕は10秒程でイッてしまった。 モノは痙攣し、穴もキュウときつく締まった。その時もY子は舌を動かしていた。 やがて射精の痙攣が終わると、Y子は穴から舌を抜いた。

そして僕の目隠しを外してくれた。 僕は横倒れになり、頭がボ〜ッとしている横で Y子はいつものようにシーツの上に出された僕の精子を舐め その味を確かめていた。 その様子を眺めている僕と目が合うと 「今夜はもうキス出来んね」と言って笑った。 

_____

昨日彼の家で、いちゃいちゃしてて、彼にキスしたり抱きついてたら 『もう〜あまえんぼさん』って笑いながら言って そのままいちゃいちゃしてて、もうそれだけでお腹いっぱいだったんだけど、 彼がいきなり、『これで終わるわけないじゃん』って 腕つかんで押し倒してきて、いつもより激しくキスしてきて すごい激しく胸もまれたり、乳首甘噛みされて、 ちょっと声出したら、『声我慢できないの〜?』っていじわるに言われて、 首とか耳にキスされながら、だんだん下の方を触られて にやにやしながら『びしょびしょだね〜』って言われて、 泣きそうになりながら、『やだよ〜』って言ったら、 次は乳首舐められながらずっと左手でクリいじられながらで、 我慢できなくて自分から『中、指入れて』って言ったら 『すけべだなぁ』って言われ、すぐイってしまったorz

『●●の舐めたいよ』って言ったら、 『ありがとう。でも〇〇の気持ちが嬉しいから、無理しないでね』って頭なでながら、させてくれた。 してるときも『気持ちいいよ、』とか『だめだよ、すぐ出ちゃうよ』って言ってくれて、 舐め終わったあとは、いつも彼からディープキスしてくれる。 攻めのときはSで受け身のときは、優しい彼がホントに大好きです(*/_\*) ホントに幸せすぎます。

私の誕生日にサプライズでケーキを用意してくれた。 私の好きなケーキ屋さんはリサーチ済みだったらしいけど、そのお店の何ケーキが好きかまではリサーチしてなかった彼。そしたら全種類のケーキを一つずつ買って持ってきてくれた(笑) ケーキ屋さんまで辿り着いて、さぁ買うぞ!って時に何を買えばいいのか分からなくて焦ったらしい…。 

小さなお店だから、一種類ずつ買っても驚くほどの量ではなかったけど、あんなに一度にたくさんのケーキを平らげたのは初めてだし、凄く嬉しかった!!お互い処女・童貞 初キスからの流れで挿入以外をした 私の中には彼の中指1本が限界 しばらくは下腹部に鈍痛があったけど、1日経てばもう大丈夫 本当に初めてなの?って思う程、彼はリードが上手かった フェラにも挑戦してみたけど、上手く出来なくて 結局は彼が自分でヤッて、フィニッシュ直前に口内出し 思っていたより全然苦くなかった 2回連続で口内出しされたけど、特に苦には感じなかった でも、フェラで気持ちよくさせてあげられなかったのは申し訳ない気持ちになった フェラのやり方もよく分からなかったから、彼に言われる通りにしてみたけど こればかりは経験していかないと難しいですよね? クンニをしてもらったけど、あの舌のザラつきがたまらなく気持ち良かった。

常に 気持ちいい? 大丈夫? どうした方がいい? と気遣ってくれたのが良かったお互い21の童貞処女学生カップルです。 挿入はせず、いつもお互い手と口でイキます。 私は彼にクンニや手マンをしてもらってイクのですが、 彼はいつもフェラでは射精せず、私に手マンをしながら、 隣でうつ伏せになって、特に腰を動かすわけでもなく気づいたら射精しています。 フェラは気持ちいいと言ってくれますが、 舐めてる途中で萎えることもあります。 一方で、私を愛撫してその反応を見ると触れずとも一瞬で勃起します。 これってやっぱりフェラがあまり気持ちよくないということですよね? 彼は満足しているのでしょうか?いつも不安に思ってしまいます。

_____

俺には3年付き合った彼女がいたんだけど、2年前のある日彼女が事故に遭いました。

(俺と会う約束をしてて青信号を急いで渡ってたら右折した車にはねられた。) すぐ病院に運ばれた彼女はなんとか一命をとりとめたんだけど、生きてるのが奇跡ってぐらいの大事故で、下半身不随、顔面マヒ、右足切断はのがれられない状態になってしまった。 だけど俺、馬鹿なことに彼女が事故にあったなんて全く知らなくて、彼女が事故にあった日も普通に家で彼女を待ってていつまで待ってもこないし電話も繋がらないからイライラしてたり心配したりしてた。 彼女の両親に連絡したら「今は家にいて勉強してる」とか言われるし、「俺もう無理なのかな?なにか怒らせたのかな?」とかへこみまくる毎日を過ごしていたある日、彼女からやっと一通のメールが。

『わかれよう』 見た瞬間「あぁ、やっぱり」って思って涙が止まらなかった。電話をしてもでないし、メール送っても返事はなかった。 あれだけ仲よかったのに、こんな終わり方とかどぉなんだよ!と毎日怒りと悲しみで荒れ狂いながら友達と失恋の痛みを癒すために朝まで飲み歩いていた。 半年ほどたったある日彼女の妹と偶然近所のコンビニで会った。(彼女とは地元が一緒) 俺の姿をみてビックリする妹に俺は笑いかけながら「元気?○○(彼女の名前)も元気にしてる?」と聞いたら、妹はうつむいて何も話そうとしませんでした。 「どしたん?」言いながら妹の頭を撫でてやると意を決したように 「お姉ちゃんのことまだスキ?」と聞かれました。「めちゃめちゃ大好きだよ〜」って苦笑いした途端妹の目に涙があふれでてきて、 「お姉ちゃんも●●(俺の名前)のこと大好きなん。●●を会わしたいよ」って泣きながら言われました。

テンパる俺に妹が涙目で見つめながら「●●はどんな姿のお姉ちゃんでも好きですか?」と聞いてきた。 そして俺はやっと勘というものが働いた。 「○○になにかあった?」 ゆっくり頷く妹をみて俺の目の前は真っ白になった。 聞くと半年前、俺と遊ぶ約束したあの日に彼女は事故に遭った。 『わかれよう』ってメールは彼女に頼まれて妹が打って送ったという。 「お姉ちゃんは今右足ないし、ほとんど喋れないし、オシッコも一人でできないし、字もかけないし、ケイタイも触れない。でも●●からのメールや電話がある度に嬉しそうにしたり悲しそうにしたりしてる」と。 俺は本当に自分が馬鹿だと思った。悔しくて悔しくて仕方なかったし、なんで第6感が働いて彼女の危機を知れなかったのか、もっと彼女の状態を知ろうとしなかったのか。

本当に悔しくて悲しくてその場で号泣してしまった。 彼女の妹(あ、言い忘れてたけど彼女の妹は当時小4で、俺と彼女が19歳でした。)と喫茶店で色々話をした。 彼女の今の状態、今でも俺が大好きでよく泣いてること、「こんな状態で生きてても辛いだけ、楽しくない」って何度も自殺未遂を犯したこと。 今の彼女の姿をみて俺は普通を装えるのか?不安になりながらも俺は彼女に会う決心をしました。 病室に入るとそこは無人でした。 「この時間はお姉ちゃんトレーニングの時間だからあと20分ぐらいしたら帰ってくるよ」妹が時計を見ながら言いました。 部屋を見渡すと、ベッドには俺との写真や、二人でUSJに行った時に買ってあげたぬいぐるみが飾られ、 カレンダーには俺たちが付き合った7日の所に赤でいびつな形のハートマークが書かれていた。 動かしにくい手を動かして書いてくれたんだなぁと思いながら、色々な所に目をやる。 

部屋にはかすかに彼女の匂いがするような気さえした。 椅子に座って妹と話をしながら待つことにした。1分1分が物凄く長く感じる。そして妹が言っていた予定時刻になった途端、ノックと同時に病室の扉が開いて車椅子に乗った彼女と付き添いの看護婦さんが現われた。 彼女が俺をみた途端動きが止まる。 俺は彼女に会ったら変わり果てた姿をみて泣いたり、ひいてしまったり、普通に接することができないんじゃないかと不安だったけど 彼女を見た途端俺は嬉しくて嬉しくて嬉しくて気付いたら彼女を抱き締めていました。 抱き締めた彼女は折れそうなくらい細くなっていて、髪の毛からは俺の知ってるシャンプーじゃない匂いがしました。

でもすべてが彼女で懐かしくてたまりませんでした。 「なんで言ってくれんかったん!」更に力を込めてぎゅー!と抱き締めた。 「○○・・・」彼女が一声一声をしぼりだすようにして俺の名前を呼んだ。 彼女の顔を見ると、涙があふれていて、俺もつられて泣いてしまった。・・・カッコ悪くてごめん。 気付いたら看護婦さんも妹も病室にはいなかった。きっと気をきかせてくれたんだろう。 彼女の顔をマジマジとみる。

口が閉まらなくなってしまったようだが、目元や口元にあるホクロは俺のよく知ってる彼女だった。 そして彼女にキスをして、「気付いてやれんくてごめんな、ホンマ大好きやからもう一回付き合ってください」ってまた彼女を抱き締めました。 彼女は泣きながら何か言いましたが聞き取れませんでした。俺が聞き返そうとすると彼女は無言で何度も頷いてくれた。 「どんな姿の○○でも俺には必要な子だからね、ホンマに付き合ってくれてありがとう!」

って言いながら彼女の涙を何度も拭き取りました。 で、俺たちは晴れてまた付き合うことができました。足がない分俺が彼女の足になって支えるし、Hはできないけどキスできるし彼女とまたこうして隣同士でいれて幸せです。 そしてついこの間、彼女がリハビリを受けてる間に机を開けたら一冊のノートがでてきました。 こっそり中をみてみると、どうやら字を書く練習をするためのノートのようで、一冊まるまる使いきっていました。 ガタガタの歪みきった字で『1』とか『2』とかいった数字や、『りんご』『あかあお』といった簡単な単語が並んでいました。

そしてどんどんとページをめくっていくにつれ、俺の名前をたくさん練習した形跡が。 『●●に会いたい』『●●大好き』『●●つらいよ』『●●にあえなくてさみしい』といった文章がたくさんでてきました。 離れ離れの間俺のことをこんなにも必要としてくれて想ってくれてたのかと思うと涙がでてきました。 本当に彼女に出会えてよかったです! で、今自分を振り替えるためにこの話を打ちながら婚姻届を貰ってきました! 今から彼女に渡します! 彼女に婚姻届け渡してきました!彼女は泣きながら喜んでくれました。彼女を抱き上げて一緒に喜びました。 彼女のご両親にも『大学を卒業したら是非』と承諾を貰いました!(俺は今4回生なんで。) 「●●は私なんかでいいの?私こんなんだよ?もっと素敵な人いるよ?」って彼女があんまり不安そぉだったけど、「いやいや、俺が○○じゃないと駄目やの。俺のワガママやの」って返したら更に泣かれました(苦笑) 

ちなみに俺たちは高校時代から付き合いました。お互い両想いなのに気付かず、目が合うだけでドキドキした1年間を過ごし、 やっと勇気をだして告白したらなんと彼女も俺と同じだったんです。笑 付き合ってから毎週月水金は必ず手作りのお弁当を作ってくれました。 俺が受験の時は手作りのお守り作ってくれたり、とにかく常に俺の側にいて俺を暖かい愛情で包んでくれました。 お互い実家も近いため、高校時代は彼女を自転車の後ろに乗せて毎日通学して、まわりも公認のバカップルでした。笑 二人でフランス旅行にいくためにコツコツ貯めたお金も、3年間で30万以上貯まりました。 だから結婚するのは当たり前だと思ってたし、彼女以外ありえないんです。 

だからみなさんが俺のことを「すごい!」っていうけれど、ある意味俺のワガママなんです。(苦笑) 彼女の愛情がないと俺は駄目になっちゃう男なんです・・・笑 彼女と付き合い直して1年半がたちました! 俺が今彼女から感じてる大きな愛情は、毎月の記念日に時間をかけて一生懸命書いた愛情たっぷりの手紙をかかさず貰えることです!

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1279記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。