エッチ体験談 12,000話 突破!!

リアルな女のオナヌを見ながら最高潮セックス

オレが24才のときの話 元請け会社の忘年会に誘われ、年末で忙しいこともあり同僚と二人で行くことになった。 冬なのに何故かビヤホールみたいな所で、下請け会社の人間ばかり端に集められた。 同じ円テーブルの席に着いたのは、同い年くらいの細身で少し落ち着いた感じの女性と 背が低く犬に似たまるっこい感じの女だった。 

所詮外様なオレ達は、会が面白いはずもなく同僚はブーブー文句を言っている。 その姿を見て細身の女性が少し微笑んでいる。 チャンスとばかりに声をかけた 「ごめんね、うるさくて(ニヤニヤ」 すると彼女は 女「いいですよ、どうせつまんないし」 いい感じ! オレ「そうだよね、オレ達あまり関係ないし4人で抜け出さない?」 女、犬「そうしよっ♪」 同僚は、「オレのおかげだから細いほう頂くよー」なんて言ってるが、女はおとなしそうなので期待は薄かった。 忘年会でメシは食ってたので、カラオケに行く事に・・・ 同僚と、犬がガンガン飲んで騒いでいる様子をぼんやり見ていた。 

すると、細身の女が、「帰り送ってくれる?」 もちろんオッケーと答える。 1時を回って会がお開きに・・・ 女「わたし、K君に送ってもらうから」と、犬に伝えると 犬「ええぇっ〜〜!、私も送ってヨっ」 同僚は、かなり酔っ払っていて、運転に自信が無いので車で寝ると言い出した。 運良く(?)二人を送る事になるが、車の中で女が、「眠くなった、少し休まない?」 キター! 眠いのか、その気なのか分からないが休憩することに。 犬「ホテルー ホテルー♪」 ノッているのはこいつの方だ、さてどうする・・・・ ホテルに入ると、すぐ女はベッドに横になった。 本気で眠いのかよ・・・ 犬は目をランランと輝かせてシャワーを浴びに行った。 

オレ「起きないと襲っちゃうよ」 女「今、ちょっと無理かも・・・」 そう言うと、スースーと寝息をたてた。 う〜ん、こりゃ無理そうだ そうこうしていると、犬がシャワーから出て来た。 バスタオルを身体に巻いて、「何でもしちゃうよ〜っ」 結構、遊んではいるみたいだ。 とりあえずオレもシャワーに・・・ 股間はすでに8割状態だが、寝ている女に対しての勃起か バスタオルを巻いた犬に対しての勃起か・・・ ガチャッっとバスルームの扉が開いた! 犬「アハハ、もう準備出来てるじゃん」 股間をマジマジと見つめ、バスタオルを外し中へ入って来た。 身体が丸いだけに、胸もプクプクしていて悪くない。 残りの2割の血流が股間に集まって来るが、顔は犬だ! 立ち、萎え、8割前後の勃起が続く中、乳首にキスをしながらチンコを触ってきた。 

石鹸ぬるぬるのチンコマッサージに負けてしまい、犬の身体に手を出してしまった。不覚! すでにマソコはヌルヌル状態で、クリを擦るたびに声を出す。 何故か声はかわいい!しかし、顔は犬!orz しかし、あまりの気持ちよさにどうでも良くなり、バックから入れてやろうかと思った。 が、ベッドで寝ている女の事を考え、かすかに期待しバスルームを出る事に。 しかし、まだ寝ていた・・・ 起きる事に期待し、なかなか入れないオレにハードフェラを仕掛けてくる犬! 先にクリでイカせてしまおうとするが、女が寝ている横でフェラされ、さすがにイキそうになる。 やばい、やばい!こっちの女に入れたい、こっちの・・・ 意識が遠のく中で、心で叫ぶ! 「バター犬!バター犬!」 戦いに勝ったっ、クリイキさせたのだ。 

犬は、「早く入れてくれないからぁ〜」っと少しぐったりとしている。 チャンス到来、寝ている女に後ろから抱きついた。 「うぅ〜〜っん」 起きてる!もう我慢できないオレは、後ろからパンツの中に手をすべり込ませた! ぐっちょり♪ おとなしそうな顔の割に、犬との勝負を観戦して興奮したようだ。 そのまま服を引き脱がしてイッキに入れる。 オレのチンポ汁と、ぐっちょりマソコが、ぐちゅぐちゅ音をたてている。 すぐにイキそうになったが、我慢した時間も長かったためグッと我慢だ。 すると、目の前の女とは違うハァハァが聞こえてきた。 ふと横を見ると、何と犬が下半身布団に入ってオナっているではないか! リアルな女のオナヌをセックスしながら見て、興奮はいっきに最高潮へ。 

女の髪の毛まで汁を飛ばした後、すぐ犬にチンポを舐めさせた。 オナりながらチンポ汁を舐めて、「今度はわたしに入れてくれる?」 その一言で、熱い2発目をしてしまいました。 女はやはり、得な生き物だと思いました。

コメントを残す