いじめられっこだった俺が大学の処女な先輩とセックスしたら人生急降下

ぴゅあらば

最初に言っとくわ、俺がカスなのが悪い。俺は処女厨だったんだ…高校生のとき、俺はいじめられてた。

男子全員に無視されるという組織的なもの。まぁ元々いじめられるタイプでもないのでスルースキルを目一杯発動して女の子とだけ話してたんだがそれが余計に神経逆撫でしたのか風当たりが強くて高2くらいのときにさすがにきつくなってだな環境を変えたくて俺は生徒会役員に立候補した。そしたら人生変わった。

中高一貫クラスだった俺は高入生と殆ど関わりがなくてそういう友達がたくさんできた。男友達もできたし、親友と呼べるやつもできた。主に文化祭だな、一番楽しかったのは。

そこでとある女の子と出会うことになる。どこかで文化祭の実行委員の集まりがあった時だったと思う。もうだいぶ前なんで詳しくは忘れたけど…で、そこに向かって歩いてる時にうちの高校の制服来た女が歩いてるのを見つけたなんか、気になった。

気になったっていうか歩き方が変wwwwwww超だるそうに歩いてたんだなんだこの女、と思って印象最悪だった顔見たら、結構かわいくてだな最近だと吉高由里子みたいな感じ。喋り方も吉高を声高くした感じ。以降その子を吉高と呼ぶことにする。

生徒会室によく出入りしてた同じクラスの男子にその子のことを聞いてみた(別に恋愛的な意味では気になってなかった)そしたら、そいつ「ああwwwwwwwwwww俺あいつ大嫌いっすwwwwwwwww女子のボスみたいなやつっすよwwwwwwwwwwwwwwww」え、意味わからんどういう意味?って言っても詳しくは教えてもらえんかったどうやら男子と女子は非常に対立してたクラスらしい。まぁそこらへんどうでもいいわ、端折るで、しばらくしたら何がきっかけか覚えてないけど吉高が生徒会室によく出入りするようになってた話したら普通に可愛くていい子だった身長は152cmだった。残念ながらちっぱいだがなんだかよくなつかれたメールもなんだかんだよくしてたくだらねーことばっかりだけどんで、高3の夏休みまあそこそこ進学校だったし俺も受験生だし、勉強しなきゃなーとか思って夏休みは予備校に通ってたそしたら吉高からメールが来て「先輩と会えなくてさみしいでも勉強がんばってくださいね」

みたいな感じだった。スルーしてもよかったけど文化祭の準備もあるので翌日登校する旨をメールに認めさせていただきました。とりあえず夏休みも予備校の後学校に行く、みたいな感じになったうちの高校は割と田舎にあるんで都心の予備校から戻るのは結構だるかった。

でも友達と会いたいから通った。吉高にまだ恋愛感情はなかった。が、この頃からよく一緒に帰ってたきがするまあなんやかんやあって文化祭終了。

笑いあり涙あり、非常に青春しますた。俺の暗黒時代からしたら考えられないほど夢のように楽しかった日々。だが終わった後にちょっとした事件が起こる。

打ち上げとかはちょいちょいしてたんだが俺と同級生の男の家でなんかしらんが少人数で打ち上げすることになった。3年の男数人と2年の女子数人、この中に吉高もいた。俺は呼ばれてなかったが、なぜか吉高から「先輩もきて(ハートの絵文字いっぱい)」

みたいなメールがきたというわけで俺は行くことにしたが、道中、その男連中の一人からメールが来た「俺、お前はくるな」と・・・は?まあ呼ばれてないのに行くとかね、ほんとごめん調子のっててごめんやっぱり俺なんかが行ったらいけないよね!とかテンパった表面上は涼しい顔をしていたが実は結構クラス男子に無視されてたのは堪えていた死にてぇ・・・と思っていたことも数回吉高から「先輩ごめんね、ごめんね」と何度もメールがきた事情がわからないのに謝られても俺は欝になりながら帰宅したごめん死にたいと思ったのは数回じゃないこの時ももれなく死にたくなった家に一人帰って欝な気分になった親友にメールで相談したけど親友も事情がわからない様子(親友は文化祭実行委員の中心人物)吉高からメールが来てたが無視したあとで聞いた話ではどうやら男グループの一人が吉高グループの中の一人の女が好きだったらしいで、そいつに告白するためにその会をしたと。で、なぜか俺はその子のことが好きってことになってたらしい、男グループの中で。だからお前は来るな、と。

じゃあそう言ってくれよ・・・その後も吉高からメールが来続けた「怒ってる?」とか「もうメールしてくれないんですか?」とかいやいや吉高ちゃんには怒ってないけどヘタレな俺のATフィールド全開あらゆる精神汚染のリスクからシャットアウトすることで自分の心を守ろうとした。結局その告白は失敗に終わったらしいざまあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww数日後、親友と生徒会室で麻雀してたら吉高が降臨された。

相変わらずかわいい。でもなんかひきつった笑顔だった。で、吉高は泣きそうな声で「俺先輩ぃ…一緒に帰りませんか…?」

と。親友は「あ、わりー俺。今日彼女と一緒に帰る約束してたわ。

だから吉高ちゃんと帰ってあげなよ!」と言って超笑顔で小躍りして出てったなんぞ…親友はイケメンではないが面白くて人気者だった。雰囲気イケメンだな。実際もててたとおもう。

で、残された俺と吉高。気まずい沈黙。吉高のほうを見る。

ひきつってるくせに笑って見せる。…かわええと思って俺が笑ったら吉高号泣ええええええ…なんぞ…吉高いわく、もう笑ってくれないと思ったってことで泣いてたらしい俺それ見てなぜか爆笑吉高「ふぇぇ…なんで笑うのぉ…しぇんぱいのばかぁ…みたいな感じで泣きながら笑ってたその日一緒に帰って仲直りというか、仲良しになったそれから毎日一緒に帰ってたくだらないことばっかり話してた俺は最寄り駅から自転車で通ってたが吉高のためにバス通学にしたある日、変な噂をきいた吉高が俺のこと好きだって言いふらしてるらしい、と俺「…っていう噂を聞いたんだけどwwwwwwwwwww」吉高「…」

俺「ただの噂だよねwwwwwwwなんかごめんwwwwwwwwwwww」吉高「……」グスッ俺「えっ…えっ?」吉高「…ごめんなさい」

俺「えwwwwwwwww何がっすかwwwwwwwwwwwwwwwww」吉高「えっと…嘘じゃないです」俺「えっ」

吉高「好きです」俺「」実は俺も結構好きだった。

でもまあちょっと女性不信なところがあって付き合うとか考えてなかったのよね。告白はスルーしてきてた今まで俺「好きって…先輩としてだよね?」吉高「なんでですかぁ…グスッ好きってわざわざ先輩としてとか言わないでしょ…」

俺「ですよねー…」吉高「はい…」俺「…」

吉高「…」俺「うん…俺も吉高のこと好き」吉高「ですよね…あたしなんて女として見れn…えっ?」

俺「えっ」吉高「えっ」俺「いやいやwwwwwwwwwww…好きです、大好きです」

吉高「…ほんと?」俺「嘘とかつけないでしょwwwwwwwww泣いてる女の子の前でwwwwwwwwwwwていうか吉高こそ釣りでしょwwwwwwwwwwwwwwwww」吉高「…好きでもない人と毎日一緒に帰りたいとか言わないよ」

俺吉高「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」というわけで吉高と付き合うことになった。俺177cmなんだけど、152cmの吉高まじかわええ。

いちいちナチュラルに上目づかいだし。喋り方も吉高っぽくて、ちょっと子供っぽいのね。実は結構前からキュン死に()しそうでした、はい。

付き合い始めが俺高3の10月くらい。センター試験まで後3ヶ月実際あんまり勉強してなかったと思うwwwwwwwwwwwwwwwwwwもう完全に大学なんてどこでもいいそんなことより吉高と毎日一緒にいたいそんな感じでした手つなぐだけで勃起したなーキスするのに2週間かかったwwwwwwwwwwwwww毎日幸せだった吉高があたしのせいで大学行けなかったら泣くとか言うのでそれなりに勉強をし始めた11月俺は童貞を卒業した。吉高は処女だった。

ちっぱいだと思って脱がしてみたらCあった。でも生でおっぱい見たのが初めてなのでめっちゃ感動しますた吉高もはじめてだからわからないと言ってたが乳首を吸ったりしてると「ん……あっ…」とか言ってたAVで見るより女の子ってかわいいんだなって思った吐息大事ですねで、いよいよパンツの上からさわってみたりしたそしたらパンツの上からでもわかるほど濡れとるやないかい…なんか俺も童貞だったしテンションあがりすぎてやばかったとりあえず吉高のパンツ脱がしてたら「明るいのやだ…恥ずかしい…」と言われて萌えたとりあえず童貞なりにクンニしてみたまんこは臭いと聞いていたが吉高のまんこは無味無臭だったすごく濡れてくれててすごく嬉しかった

とりあえず処女膜わかったよ!童貞の俺でもわかったよ!破れる瞬間吉高が「あ」って言ってたwwwwwwwwwww喘ぎ声ではないやつwwwwwwwwwwwwwwwwちょっと笑ったwwwwwwwwwなんかもう大好きだったしかわいくてテンション上がってたけどまあオナニーしすぎてた僕はもれなく遅漏でして…でもすごく…よかったです…吉高を吉高家最寄り駅まで送って帰った興奮しすぎて眠れなかったwwwwwwwwwwwwwまぁなんやかんやセクロスしまくりましたで、時は流れて1月、センター試験前日。

俺はやっぱり吉高とセクロスしていたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwもちろんセンター試験死亡wwwwwwwwwwwwwww8割しか取れなかったwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww国語に至っては120点wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww模試予想では本番190点台のはずではwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwオワタ…吉高になんて言えば…ああどうしよう…吉高とセクロスしまくったあげく第一志望諦めかけてる俺関係ないからーwwwwwwwwwwwww関係ないからーwwwwwwwwwwwwwwwwwとりあえず学校ない俺は吉高を学校さぼらせて家にこさせてセクロスしてた

国語は全国模試でも上位にいたのよwwwwwwwwwwwwwなのにセンターでまさかの6割wwwwwwwwwwwwwwww今高校2年生の君は同じ過ちを繰り返してはならないよというわけで僕は志望校をチェンジ某国立大学に進学します吉高にはドヤ顔で受かるって言っただろ?と言ってやりましたどこの大学とは言ってないちなみに3月くらいになると吉高がセクロスに対して拒否反応を示し始める俺はつくづく嫌な奴だったんだと思うwwwwwwwwwwwwwwwwwwマーチクラスの大学を小馬鹿にしていたくらいにはwwwwwwwwwwwwwwだって第一志望東大()なんだもんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwというわけでものすごい挫折感拭えないまま大学入学。とりあえず入学式終了後、学科の歓迎会みたいのがあった。ひとつ上の先輩たちがなんやかんやしてくれるのね。

この先輩の中にタイトルの処女の先輩がいた。まあ化粧薄くてなんか幸薄そうな顔してた。麻生久美子をすっぴんにした感じ。

この学科の先輩(処女)を麻生と呼ぶ。こいつが歓迎会のときに「処女でーす!彼氏くださーいwwwwwwwwwwwwwwww」とか言っててドン引きだった俺まあ俺には愛しの吉高ちゃんがいたので麻生には目もくれず颯爽と帰宅…するはずがこの頃吉高ちゃんは入院していた。

なので俺は学校終わると病院に通う日々。吉高ちゃんは肌が弱い子でなんか病気持ちだったのよねで、それがひどくなって入院ラブホで一緒にお風呂入るときもお湯に触れると痛いって言ってたからなで、この頃から吉高ちゃんに避けられるようになったたぶん会ってもセクロスばっかりしてたからセクロスしたいだけだと思われてたかもしれないそんなこと言われた気がするラブホに行くのも嫌がられたセクロスも拒否されることが多くなったまあ盛りのついてる時期ですからね吉高ちゃんのことも大好きだったけどセクロスしたい気持ちも抑えられなかったここで麻生のログインである麻生とは同じ学科の先輩後輩で同じサークルの先輩後輩でもあった。顔を合わせる機会もまあまああったんだよねで、夏に合宿みたいのがあってまあただのキャンプなんだけどそこにも当然一緒に行ったよくわからんけどナンバーガールとかバックホーンとかそんなバンドの話をよくしてた周りに好きな人があんまりいなかったのよねだから嬉しかった当時俺はアルコールアレルギーで酒が飲めなかった。

飲むと気管支が腫れて喘息みたいな症状でてたのねwwだから早々に潰れて、ほかの3年の先輩女子の膝枕で寝てた未成年飲酒だけどもう時効だからいいよなwwwwその間にセクロスしてる奴らがいたらしいけどな言ってくれたら飲まなかったのにとりあえず夏くらいに俺は吉高ちゃんに振られましたセクロスを拒まれ続けて俺は心が折れて俺のこと好きじゃないんだろ、とか女々しい喧嘩をしてしまったのが原因まあ俺が悪いんだけどなまあ4月くらいからずっとそんな感じだった突き放されたように感じてるのに朝早く電話してきたりとかすきだよーとか会いたいねーとか言われてどっちだよ…って感じだった

試されてたのかもわからんね振られても吉高ちゃんが好きで仕方なかった母校の文化祭の手伝いにも時折行ったその間にひそかに麻生からアプローチを受けていてだんだんまんざらでもなくなってしまったそしてとりあえず同じサークルの同級生の家で麻生の処女をいただきましたこれが11月くらいだったと思うというわけでなしくずし的に麻生と付き合うことになったでも最低なことに吉高ちゃんにもメールしていたその後吉高ちゃんにうっかり彼女がいると言ってしまい先輩なんか死んじゃえというメールが来て、それっきりです。番号もアドレスも変えられてしまった。俺は入学した学科が合わなくて試験を受けて2年から別の学科に移ったやりたいことがあったからだがそれでも俺は知り合いが誰もいない学科で頼る人もなくぼっちだったそりゃそうだ、2年だけど1年の授業受けるんだもん俺2年とも絡めず、新入生とも絡めない俺そしてほぼ同時期に麻生と一緒にサークルをやめる麻生と付き合い出してから出席率が悪くなりいづらくなったのだでも麻生のこともちゃんと好きだったと思う楽しいこともあった気がする麻生にも指輪を買ってあげたんだ麻生は中高女子校の典型的図書館系女子だった根暗だけどよく笑った麻生は158cmでBくらいガリだった嘘をつけるようなタイプでもなかったはずだった麻生には親友がいる大学入学当初からずっと一緒の女。

こいつをめんどくさいから麻生友と呼ぶ。麻生友の彼氏も同じサークルだった。こいつは俺と同学年。

ある時期から、麻生がこの麻生友の彼氏がやってるバンドのライブに頻繁に行くようになった。でも疑うことをしらないただセクロスが好きなだけの純粋な俺。麻生を快く送り出していた。

時は流れて7月。麻生が俺とのペアリングをなくした。俺は別に気にすることないと思ってた。

なくしたものは仕方ない。買えば済むこと。ただ麻生がやたら謝るので気になったごめんね、ごめんね、俺愛してるよ、と麻生は自分で買い直す、と言ったでも元々は俺があげたもの自分で買ったら俺の気持ちがどうなるんだよwwwと、言ってまた買ってあげる約束をしたが、約束は果たせなかった麻生は、ごめんね、本当に俺愛してるよ、本当だよ、と言った俺は麻生の言葉を信じた。

ていうか信じる一択だった。だって好きだ、愛してるって言うんだもん。そういうふうに言ってくれる人を疑えるわけない。

と、本気で思ってた青二才の俺。俺大学2年の8月俺の家系は運動神経がそこそこ高くうちの弟も例外なく、というか奴の場合は運動神経はんぱなかった。ただ身長が低かった。

弟がある球技でインターハイにでることになった。高校最後のインターハイとなれば応援しに行くしかあるまい。というわけで家族でインターハイ会場のある県へ家族旅行ついでに応援しに行ったんだ。

結果は残念ながら初戦敗退。高校最後の夏があっけなく終了。ロッカールームで泣いたであろう弟はチームの仲間とともに保護者に挨拶に来た。

全員笑顔だが、目が真っ赤だ。まぁ、負けちゃったものは仕方ないよね、と翌日以降は観光することにした。何泊かする予定だったから。

夕方頃、麻生からメールが来た。「別れよう、ていうか、別れます」俺は意味がわからなかった。

麻生は愛してるって言った。1週間も経ってないぞ、それから。俺はメールを打った。

え、どういうこと?麻生から返信はなかった俺は電話をかけた電話に出た麻生はいきなりキレレンションだったカンニング竹山もびっくりのキレ芸だった麻生「なんなの!!!!!!別れるって言ってるでしょ!!!!!!!!」俺「ちょwwwwwwwwwっwまあまあもちけつwwwwwwwwwwwwwwww」麻生「別れるから、切るよ!!!!!!!!!!!!!」

俺「いや、待てって、意味がわからない」麻生「別にわからなくていいよ!!!!!!!!!!」俺「お前は愛してるって言った。説明する義務があると思う」

理屈っぽいこと言ってるな昔っから俺ってやつはwwwwwwwwwwwwwwwwwwww俺「浮気とかしてるんすかwwwwwwwwwwwwwww」麻生「はあ!!!?????浮気じゃないし!!!!!!!!!!!!!!!」俺「じゃなかったらなんだよ」

麻生「本気だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」俺「」はい、皆さんお察しの通り、俺は麻生を寝取られてましたwwwwwwwww俺ざまあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwざまあ…相手は麻生友の彼氏がやってるバンドのボーカルだったははーん、道理で足繁く通い過ぎだと思った(ヽ´ω`)俺「やったんすかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

麻生「好きなんだから当たり前でしょ!!!!!!!!!」俺「いやお前、物事には順序というものがあってだな…」麻生「どうでもいいわ!!!!!!!!!!!」

いや、麻生一理あるけど…とりあえず麻生は別れる一択。端折るがこの後麻生にキレまくる。ちなみに家族旅行中だ。母親と同部屋だった。

電話の内容バッチリ聞かれてるwwwwwwwwwwwwwwww母親の前で「やったんだろうが!!!!!!!!!!死ねよ!!!!!!!!!!!!!!」と絶叫することになるとはね。母上、その節はご心配おかけしました。

とりあえず、麻生は話にならんので、その例の間男、名前は太郎にしよう。太郎から電話をもらうことにして電話を切った。俺「太郎さんすかwwwwwwwwwwwwwww」

太郎「あ、はい。俺さんですか?」俺「太郎さんちーっすwwwwwwwwwwwwwwwwww」太郎「…」

俺「麻生のこと好きなんですってwwwwwwwwwwwwwwww」太郎「あ、はい。大好きです」キリッ俺「一応彼氏いるって知ってました?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」太郎「はい…話には聞いてました」

俺「じゃあ確信犯ってわけっすねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」太郎「…」俺「いや、別に君を煽るために電話させたんじゃないんだ」

太郎「えっ」俺「ていうか俺も浮気するような女無理だし」太郎「まぁ…ですよねwwwwwwwwwwwwwwwwww」

俺「笑ってんじゃねぇよks」太郎「」俺「実は太郎くんにお願いがあってねー」

太郎「なんですか?」俺「麻生さー、秋から教育実習なんだわ。知ってる?」麻生は教員免許を取るため教育実習予定だった。

ビッチが教職とかワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwで、麻生は実家暮らしなんだが、親と色々あるらしくストレスやなんやかんやで家では教育実習に集中できるか不安、みたいなことを俺に相談してた。ので、俺はウィークリーマンションみたいなとこをすでに麻生のために契約してた。9月に2人で住む予定だった。

俺「…というわけなんだわ。で、できれば太郎くんにね、一緒に住んであげてほしいんだ」俺「別に君のこと責めるつもりないんだよね。どうせあることないこと言われてたんでしょwwwwwwwwwwww」その間太郎無言。

俺「俺じゃだめみたいだから、太郎くんが幸せにしてあげてよ。好きなんでしょ?」太郎「はい…」俺「おいおいwwwwwwww頼むよwwwwwwwwwwもっと元気出してwwwwwwwwwwwwwwwww」

太郎「はい!」俺「ていうか太郎くん年上だよねwwwwwwwwwwwww敬語っておかしくねwwwwwwwwwwwwwww」太郎「だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

俺「笑ってんじゃねぇよks」太郎「」俺「まあそういうわけだ。麻生が浮気してたって事実は認めるよね」

太郎「はい、間違いないです」俺「浮気する女ってまた浮気するっていうよねwwwww俺浮気されたの初めてだから知らないけどwwwwwwww」俺「それでも、好きなんだよね。大事にしてくれるんだよね」

太郎「はい、大事にします」俺「…よかった。じゃあ頼むわ!」太郎「ありがとうございます。…なんか麻生から聞いてたより俺さんって良い人なんですね…なんか複雑です」

俺「知らんがなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」って感じで電話終了。って感じで、麻生には太郎くんに全部言っといたので、もう君に話すことは何も無いです。

ただお金は半分返してねwwwwwwwwwwwwとメールしときました。この後、俺号泣この夜は眠れなかった母の前で号泣したのはこれが最初で最後じゃないかな多分次、母の前で号泣するとしたら母が亡くなった時。マザコンではないけど、母は尊敬しとります。

電話切った後「私でもそう言うよwwwwwwwww」って言われたwwwwwwwwママン…頼むからあなたの男性経験を臭わせないでいただけますかwwwwwwwwwwwwwてなわけで翌朝、観光に出かけた車中で俺は母上に「ちょっと気分悪いので、近くの駅で降ろしてくれませんか」と言った。じいさんばあさんがなんで?みたいな空気になりかけたが母上が気の利く雑談をしてくれて流してくれた。

マジイケメンだわ、ママン…俺、列車一人旅。ボックス席の一角でうずくまって泣きながらいつの間にか眠っていましたで、帰ったら僕は軽い鬱になりました。心療内科で薬もらってきたったwwwwwwwwwwwww俺メンヘラワロエナイwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwワロエナイ…バイト先の店長にさーせんwwwwwwwwwwwwwwwwwwww鬱になったったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwって言ったら普通に全部休みにしてくれた。

店長テラ良い奴…そのバイト先はうちから徒歩5分くらいだったんだ。俺は夏休みだし、バイトもないし家でgdgdになって泣いてばかりいたピンポーン…はて?おや、誰か来たようだログインしたのはバイト仲間だった。「俺!!!花火行かない?」

…花火…だと!?コポォwwwwwwwwwwwwwwwwwなんですとwwwwwwwwwwwwwwwwwwあんなリア充のすくつ(なぜかへんかんできない)に赴けとwwwwwwwwwwwwwバイト仲間殿wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww俺の気持ち考えたことあるでおじゃるかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwまさに鬼畜の所業wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwバイト仲間A(雰囲気イケメン)「いや、みんなで行こうよwwwwww俺らも非リアだしwwwwwwwwwwwwwww」男2人、女3人で来やがったこのイケメン。これは…フラグ…?そう、夏と言えば花火大会なわけです、ええ。

それにこの合コンめいた布陣で旅立ちました。仲間紹介男A雰囲気イケメン身長175くらい男Bフツメンだが修造っぽい身長190くらい女Cちょっとかわいい身長160くらい体型ふつうちっぱい女D愛嬌のある顔()身長150くらいぽっちゃり推定Dカップ女E愛嬌n身長155くらいぽっちゃりというか筋肉質っぽい多分ちっぱいまあゆかいな仲間たちと楽しく過ごせまして友達っていいなーと思ったんですちょっと人間不信が解けました後にDちゃんとEちゃんにファミレスに呼び出されますが端折りますその後大学には頑張って行きましたでも麻生に会いたくなかった学科変わってぼっちサークルもやめてぼっちな俺は身を隠すようにひっそりとしかし確実に単位を取得する日々でした麻生だけが俺の居場所になってしまっていた今思えばちゃんと友達を作っておけば詰むこともなかったと思う恋愛に依存した自分が悪い

麻生事件からしばらくして夏休みが終わったわけですが俺は若干コミュ障になりました他人と関わるのが怖くってねあと麻生とかその知り合いに陰口叩かれてんのかなーと思うと死にたくなったまあある時ピークが来てな、もう耐えられなくなった卒論の中間発表の前日俺は休学届を出し姿をくらました教授から何度も電話来てて留守電も入ってた「何か悩みがあるなら研究室に来なさい」優しい恩師の言葉に俺は泣いた。

だが無視した退学届を出しに行った時その教授に謝りたかったけど残念ながら海外出張中でした。書生の浅はかな考えを満面の笑みで聞いてくれるいい先生だった。休学中はバイトに明け暮れ手取り30万もらいながらバンドをやってた麻生を太郎に寝取られたのが悔しかったからだ寄ってくる女とはとりあえずセクロスしたでも何も満たされない俺はセクロスしなくなったその後退学届を提出元エリート()が今はただの高卒派遣社員ですよwwwwwwwwwwwwwwwまあ詰んだってのは大げさかもしれないけど大まかにこんな感じでした。

復習します。仲間紹介男A雰囲気イケメン身長175くらい男Bフツメンだが修造っぽい身長190くらい女Cちょっとかわいい身長160くらい体型ふつうちっぱい女D愛嬌のある顔()身長150くらいぽっちゃり推定Dカップ女E愛嬌n身長155くらいぽっちゃりというか筋肉質っぽい多分ちっぱいからの、俺ドヤァwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwうちがバイト先から徒歩5分なのは前述の通り。というわけでうちはバイト仲間の溜まり場になっていた。

バイトの前とか、後とか誰かしらいた気がする俺のプライバシーなんてかけらもなかったwwwwwwwバイト仲間BくんはCちゃんのことが好きだった。なのでCちゃんは眼中になかった。そもそもうちにあんまりこなかった。

よくいたのはBとDとEで、たまにA。その他のバイトの奴もいたかな。花火大会の後、リハビリのため俺はバイトに復帰させてもらってた。

というか俺がいないと店がまわらないと件の店長から泣きが入った。店長がいないときは俺が店を回してたからだ他に指示出せる人が誰もいないいないわけでもないが指示系統がおかしいとバイトたちの不満が出るそこで俺の登場であるバイトをしてると案外楽だった集中してる分嫌な事を思い出さずに済むそうこうしてるうちに家にDちゃんがよく来るようになったちなみに彼氏持ち。当時の俺は彼氏がいればそういうことにはならないはずだと信じきっていたので安心して家に入れていたここで、違和感彼氏がいればそういうことにならない?そう、答えは否である。

麻生を思い出せ。リメンバー麻生だ。奴は俺という彼氏がいながらやることやってたじゃないか。俺は好奇心でDちゃんを誘うことにした。

基本的にセクロス好きだったが好きな人以外とはしたくない派だった。というか、考えられなかった。好きな人以外とやったったwwwwwwwwwwwみたいな人の話を聞くとそれっておかしくね?だってここ日本じゃ云々とマジレスしてしまうような純情少年だったのであるとりあえず休みがたまたまかぶってやることがなかったのでDちゃんを家に呼んだ。

ふたりで映画を見ながら雑談開始。俺「Dちゃんさー、最近彼氏とどうよwwwwwwwwwwwwwwww」D「どうって何wwwwwwwwwwwwww会ってないけどwwwwwwwwwwwww」

俺「会ってないんだwwwwwwwww寂しくねwwwwwwwww彼氏何やってる人なのwwwwwwwwwwww」D「音楽だよwwwwwwベーシストやってるwwwwwwwwwwwwwwwww」俺の中の何かが、音を立てて崩れた瞬間である。

おいおいなんだよまたミュージシャン()かよ。バンドマンがそんなにいいかね…などとなどと俺は誰に向ければいいのかもわからない怒りを抑えつつ俺「Dちゃん最近いつしたのwwwwwwwwwwwwwwwww」と聞いてみた。Dちゃん爆笑。

D「ちょwwwwwww俺wwwwwwwwwwww何たまってんのwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」否、たまってはいない。なぜなら昨夜俺は賢者になっていたからだ。

俺「いいからはよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」D「電話越しに彼氏にオナ○ニーなら聞かせたったwwwwwwwww言わせんな恥ずかしい」俺とD「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

当時の俺はどうしたら付き合わずにセクロスできるのかとそんなイメージまったくもって皆無である。無論フラグが立とうが見事にスルーしてしまうに違いないwwwwwwwwwwww俺はとりあえずDを褒めることにした。俺「Dちゃんさ、最近縮毛かけたでしょwwwwwwwwwwwww髪まっすぐのほうがかわいいねwwwwwwwww」

D「ありがとwwwwwwwwwwwwwwwww俺の服装とかも好きだよwwwwwwwwwwwwwww」なぜか褒め合いになった。しばらくして疲れて映画を流し見するような感じになった。

俺がベッドに寝転んで、Dちゃん床に座ってベッドに寄りかかる感じ。Dちゃんが突然ぼそっとD「俺の顔も結構好きだけど」俺「!」

これってフラグですか!教えてエロい人!と今なら言えるが、当時はインターネットすら導入していなかった我が家。ググれない時、人はどうするか。体に聞いてみたらいいんじゃね?とはいえ体に聞くのはまだ早い。

Dちゃんに聞いてみることにした。俺「なになにwwwwwwwwwwwそれってどういう意味wwwwwwwwwwwwwwwwww」D「いやwwwwwwwwwww実は私結構俺好きなんだけどwwwwwwwwwwww」

俺「なんでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」D「服装とかwwwwwwwwwwwwwwwwww」俺「服かよwwwwwwwwwwwwww」

だんだん草が短くなってくる。つまりマジレスモードということですね、先生。ここで諦めたら試合終了だと思った俺は俺「お前俺とセクロスできんのかよwwwwwww」

と聞いてしまいますた。後はわかるな?Dちゃんイージーモードだった。こんなに簡単でいいものかと思った。どっちかっていうと奥手だった俺の恋愛観がかわってしまった。

恋愛観っていうか女性観?わかってると思うが、これは悪い変化だった。ああ、簡単ですよね。俺と麻生が過ごした1年弱の期間もこうして簡単に終わったわけでで、後日、今度はEちゃんから夜中に電話がくる。

俺「…ふぁい、もひもひ…?」?「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」俺「えっ…誰っすか…」

?「完全に寝てたでしょwwwwwwwwwwwEですwwwwwwwwwwwww」俺「あー…うん寝てた。どしたー?」E「ちょっと今から家行っていい?」

時間は12時回ってたくらいだったと思う。Eちゃん俺の部屋にログイン。なんか親と喧嘩したらしく泣いたのか知らんけど目が赤かったなぜかトトロみながら話を聞いたった俺ベッドに横になり、Eちゃん床に座ってベッドにもたれる。

えっデジャヴ…?まあ当然フラグなわけもなくEちゃんが泣くので頭をなでてやったり話を聞いてやったら落ち着いたみたいでソファで寝てた俺も適当に寝た後日、俺はある場所に呼び出された。そう、ファミレスである。書いてなかったが俺とDちゃんは付き合ってたDちゃんビッチかと思いきや彼氏とすぐ別れてきた。

が、そのことはバイト仲間には言ってなかったなんとなく言いづらかったのでDちゃんに呼び出されて行ったがそこにはEちゃんの姿もこれは悪いフラグだ…俺は逃亡したがすぐにまわりこまれてしまった!件のファミレスに移動。ドラマやマンガの中でしか起こりえないと思っていたことがまさに目の前で繰り広げられようとしている。家族連れで賑わうファミレスの中でその一角だけ異様な緊張感で包まれていた。

殺伐と言ってもいい。D「…どっちにするの?」俺「えっ」

そうです。痛いんですよ俺。ほんと重々自覚しています。一瞬意味がわからなかった。

俺「どっちとおっしゃられらりましても…?」見事に噛んだ。D「Eちゃんに聞いたよ」

俺「へ?」なぜか鳴き始めるEうん、泣き始めるというか鳴き始める感じだった。なんだろうこの茶番は、と一気に醒めた。

多分察するにEちゃんはうちに泊まったってDちゃんに言ったんだと思う。そりゃDちゃんからしたら泊まる=セクロスしたということになり得るだろう。だが俺は何もしていない。

どうやらEちゃんは俺のことが好きなようだった。それを相談した相手がDちゃんで、最大の誤算だった。何もしていないと言っても信じてくれない。

俺の下した決断はこうだった俺「どっちにもしない!!」ブチギレて店を後にする俺そしてバイト先をバックれた俺であった…吉高ちゃんは俺の親友に相談していた。もう一度やりなおしたい彼女がいるのはわかってるけどもう一度俺の彼女になりたい吉高ちゃんは俺の地元の駅まで来て一日中俺を待っていたこともあったらしいなぜわかったかというと、このファミレス事件の直後俺の弱さが吉高ちゃんへと向いてしまっていたまあよくあることだよね別れて元カノに連絡するとかでも携帯番号もアドレスもわからないそこで共通の知り合いである親友に聞いて見ることにした。

親友の答えはNOだった知っているけど、俺には教えられないずっとお前のことを気にして病んでたけど今は落ち着いている、だからもう関わらないほうがいいと思うそう親友殿はおっしゃられました。彼の判断を俺はなぜかすんなり受け入れられました。きっとそれが最善だし、正しいと思ったからです。

結局悪いのは全部俺の弱さだ、と。親友殿にはっきりと断罪されました。泣いたけど、受け入れました。

なのであれっきり吉高ちゃんの近況を知る術がないまま何年も吉高ちゃんを想う日々が続くのでしたほら、自業自得でしょ。メシウマでしょ。だから贖罪のつもりで自分の悪行を書きました。謝っても許されないだろうし謝ることすらできないんだけどそれでも人を傷付けたことを忘れずに頑張って生きて行こうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    話がだらだらと長すぎる

  2. 読んだ感想 より:

    設定的には親友が吉高を狙って復縁を阻止したと言うことね

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。