年上の大学院のお姉さんといきなりホテルでセックス

ぴゅあらば

俺が大学4年の頃の話。この頃が人生で唯一エロい体験が出来た時期だった。

工学部の建築学科だったので、女はほとんどいないのだが、たまたま俺が入った研究室には大学院生の女(23)が2人もいた。一人はいつも笑顔で小さくてかわいい感じのA子、もう一人は大人びた感じで美人系なのだがちょっと恐い感じのB子だった。この研究室は結構仲良く出来る雰囲気で、月2回ぐらいはみんなで飲みに行っていた。アイドル的存在のA子は酔うと人懐っこくボディタッチをし、益々かわいくなっていた。

B子のほうは冷静なのだが酔うと下ネタ満載で A子と一緒に当時の彼氏(A子もB子も彼氏持ち)とのSEX話で盛り上がっていた。みんなは笑って聞いていたが、俺は童貞だったのでかなり興奮もしていた。いつも飲み会の時はえっちな会話をするし、特にA子はボディタッチもしてくるし、可愛かったので、たまらず帰宅後はA子をおかずにオナニーにあけくれていた。

転機がおとずれたのは、半年ぐらいたった9月頃。その日は雨だったこともあり、学校が終わったあと、B子に帰り車で送ってくれと頼まれた。俺はA子のほうが好きだったとはいえ、女の子とふたりで帰るなんて初めてだったので、かなり緊張した。

B子「ごめんね〜」
俺「いいっすよ」
B子「Cくん(俺のこと)ってさぁ、彼女いないの?」

なんとなく、彼女がずっといないなんて恥ずかしかったので、俺「去年別れちゃって、今はいないんですよ」と嘘をついた。

B子「そうなんだ、じゃあ今はフリーなんだね。ふーん。」
俺「…」
かなり緊張してたし、B子って飲んでないときはちょっと恐い感じなので会話はあまり続かなかった。その日は、何事もなく帰宅した。

次の日、雨は降ってなかったが、また帰り送ってよって言われたので、また車で二人で帰ることになった。

B子「今日もごめんね。」
俺「大丈夫っすよ!」
B子「…ちょっとドライブ行こうよ」
俺「えっ、…はい、いいっすよ……どこ行きます?」
B子「うーん………、ホテル行く?」
俺「えっ?…はい?………ホテルって何ですか??」
俺はかなり動揺して、わけのわからないことを言っていた。
B子「いや…、落ち着いて話したいから…」

童貞の俺は、どうしたらよいかわからくなって、俺「B子さんって彼氏いるんじゃないんでしたっけ?」
B子「……」空気が固まってしまった。

俺は気が動転してるし、ひょっとして童貞卒業?っなんて色々考えて適当に車を走らせていた。B子は彼氏のこと、俺のことを色々考えてたのだと思うが、童貞の俺はSEXのことで頭がいっぱいだった。一時間ぐらい無言で、車を走らせるとB子「…ホテル行く?」俺「…行きますか。」

俺たちはラブホに行くことになった。幸い?なことに、B子からあそこのラブホに行こうとか、コンビニ寄っていこうとか、言ってくれたので、実は何も知らない童貞の俺でも無事ラブホに行くことが出来た。部屋に入るとすぐに、電話がなった。どうやらフロントからのようだ。B子がすかさず電話に出て、B子「はい、宿泊でお願いします。…でいいよね?」俺「…はい」

俺「(宿泊かよっ!?これはマジで童貞卒業??どうしよう?どうやってSEXすりゃいいんだっけ??やべぇ、俺、彼女いたことになってたんだった。。)」
B子「こっちに来て」
俺「…はい」
B子「キスしよっか?」
B子は俺の返事を聞く前にキスしてきた。俺はこれがファーストキス。。

B子は舌も入れてきた。俺もわけもわからず舌をペロペロしてみた。そしておっぱいを触ってみた。
B子「あっ…、っん……。……お風呂入ろっか?」
俺「…はい」
B子「どうする?先に入る?」
俺「…一緒に入ります?」
B子「ははっ(笑)いいよ。一緒に入ろっか。じゃあちょっと先に入るから。あとで呼ぶから待ってて。」
俺「…はい」

B子は先にお風呂に行った。
俺「(ふー。落ち着け落ち着け。そうだ、ちんちんの皮はむいておこう。やべぇ、コンドームつけたことないや、どうしよう…、童貞ってバレるかな、どうしよう…)」なんて考えてると

B子「入ってきていいよ」
俺「…はい、行きます」
全裸のB子が待ってると思うと、もう完全に勃起状態になっていた。
俺も全裸になり、フル勃起状態のちんぽを手で隠しながら風呂に入った。
俺「入りますよ」
B子「うん」

風呂に入るとB子は湯槽につかっていた。
B子「体洗いなよ、ふふっ…Cくんがそんなに恥ずかしがると、こっちも照れるよ。」
俺「…いや、恥ずかしいっすよ…」
B子は笑いながら俺が体を洗うのを見ていた。体を洗い終わると、B子「入る?」
俺「えっ…はい…」俺がちんぽを隠しつつ湯槽に入ろうとすると、B子「ちょっとここに座って」
俺「えっ?…ここ?」湯槽の中じゃなくて、湯槽の側面のところに座った。

未だ手で隠していたとはいえ、フル勃起状態のちんぽが B子の顔の目の前にくる態勢になった。
B子「そんなに恥ずかしがらずに…、ねっ!」と言い、俺の手を半ば強引にどかした。
B子「でかっ!すごいさきっぽがおおきいね。入るかな…」
その言葉を聞いた俺はもうどうしようもないくらい勃起してちんぽはピクピクしてしまった。

B子「ははっ、なんかピクピクしてるし(笑)すごいねー」
俺「B子さんの裸を目の前にして、たたないほうがおかしいですよ!」
B子「そう?……なめてあげよっか?」
俺「えっ………お願いします。」
そう言うと、B子は俺のフル勃起したちんぽをくわえた。

俺「うっ…」
B子「(フェラしながら)どうしたの?」
俺「いや…、気持ち良くて…。」
B子はちょっと笑いながら、フェラを続けた。

俺は初めてのフェラに感動してした。B子は優しく包み込むようにちんぽをくわえ、右手は竿をゆっくりしこしこしながら気持ち良くしてくれた。俺は必死に逝きそうになるのをこらえてた。

B子「気持ちいい?」
俺「…気持ちいいです。…やばいです、逝っちゃいそうです…」
B子「いいよ、出しても」
B子は動きを早めて激しいフェラになった。

俺「うっ、やばいです…」
その時、ふと、このまますぐ逝ってしまうと童貞と思われるとわけわからないことを考えてしまい腰をのけぞらした。
B子「どうしたの?」
俺「…いや、やばかったので…。すみません…」
B子「うふっ、まっいっか。じゃあ、あとでね」
俺たちは一緒に湯槽につかって、少しだけ話をして、その後は何事もなく先にB子が風呂からあがった。

湯槽からB子があがるとき、あそこをちらっと見ようとも考えたが、なんとなく出来なかった。俺はB子のおっぱい(Cカップぐらい?)だけでも十分興奮出来てちんぽは常に勃起状態だった。風呂からあがると、服をきていいものか悩んだあげくパンツだけはいてみた。

B子はバスタオルを体にまいていた。
B子「おっ、あがってきたね。お茶飲む?」
俺「あっ、飲みます。」
俺とB子はソファに座って飲みものを飲んだ。俺とは違って B子はやけに落ち着いている。俺は女ってすげぇーなって変に感心していた。ここまでは完全にB子にリードされて俺はただ受け身状態だったので、なんとかしなければと考えていた。

だが、B子「ベット行こっか?」やっぱりB子のペースのままだった。
俺「…そうですね。」
ふたりは、ベットに寝転びふとんに入った。
B子「ごめんね、こんなことになって。」
俺「えっ…、いやっ、全然大丈夫ですよ」
B子「ありがと」
俺「そんな、全然ですよ。…さっきは気持ち良くしてくれましたし…って冗談です、すみません…」
B子「なんだそりゃ(笑)…私も気持ち良くしてもらいたいな〜っなんて(笑)」

この言葉にドキっとした。これはSEX開始の合図か?と勝手に解釈した。童貞と思われないためには、先制攻撃すべし!と思って俺はB子にキスをした。B子は俺のキスに抵抗することもなく、キスを続けた。B子は舌をからませてきたので俺も負けないように舌をからませた。俺はキスをしながら、B子に覆いかぶさるように抱きしめた。

B子「…Cくんの心臓の音が聞こえるよ、ドキドキしてるね(笑)」
そりゃ、童貞の俺がこれから初体験をしようとしてるのだから、ドキドキしないほうがおかしい。
B子「…私もドキドキしてるんだよ」と言い俺の手を自分の胸にあてた。確かにB子もドキドキしていた。あんなに落ち着いていたのに、B子もドキドキしてたんだと思うと、急にB子のことが可愛くみえてきた。

俺は夢中になり、B子をキスしたあと、首筋からおっぱいにかけてなめまわした。
B子「あっ…、っん〜ん」
俺は必死でおっぱいを揉んだりなめたりした。
徐々に下へ向かってなめていき、ついにアソコにたどり着いた。俺は初めて生身の女のマンコをみた。クリトリスがどれかもよくわからず、とにかくマンコ周辺をなめまわした。

B子「あっ…、いやっ…、あっ…」
ひたすらマンコ周辺をなめましてると、ようやくクリトリスがどれかわかった。B子はうっすらとしか毛が生えていなく、びらびら部分はノーカットのAVで見たものと違ってすごく小さい感じだった。なので、ちょっと足を広げるとモロにマンコの中まで見えた。全然グロい感じはせず、ピンク色ですごく綺麗だった。

今度はクリトリスを思いっきりなめまわした。
B子「あっ…、いやっ…、ダメっ、あっ…、…気持ちいい」
B子のアソコはかなり濡れていた。

しかもB子のクリトリスは、鬼頭のようにちょっと大きくなってるように見えた。俺がB子を気持ち良くさせてると思うとかなり興奮して、当然ちんぽはフル勃起状態だった。俺はひたすらクリトリス、マンコをなめまわしていたが、ふとあることに気付いた。

俺「(やべぇ、コンドームつけるタイミングがわかんねー、っというかつけたことないし…)」俺は童貞じゃないフリをしてたので、そんなこと聞くわけにもいかないし。とりあえずAVの知識を思い出し、俺「(俺がなめたあとは、B子になめてもらって、ちょっとしたら挿入…その前にゴムをつける、よし!それでいこう!)」

とシミュレーションしてみた。そこで、俺はクンニしながらいつフェラしてもらおうかとタイミングを図っていたら、B子「あっ…、んっ…、…気持ちいい…、Cくんのちんちんも気持ち良くさせたい…」と言ってくれた。

結局B子のペースにはまっていた。今度は俺が攻められる状態になりフェラが始まった。風呂でのフェラと同じく右手で竿をしこしこしながら、亀部分を舌でなめくれた。

B子「Cくんのちんちんってさぁ、すごくこのカリのところが大きいよね。段差があるというか…。前の彼女に言われなかった?」
俺「あっ、いやっ、特に何も…」
彼女なんていたことないし、言われたことなんてあるはずもなかった。

自分では意識がなかったのだが、皮剥いてもカリのおかげで自分で戻さないかぎり、勝手に戻ることはないし、ほんとにカリでかだったのかもしれない。B子はずっとフェラを続けてくれたが、俺は我慢出来なくなり
俺「ちょっと、やばくなってきました…」
B子「ほんと?気持ちいい?……じゃあ入れる?」
俺「…はい。」
B子「あっ…、ゴムつけなきゃね。…つけてあげよっか?」
俺「ぜひ!」
B子「ふふっ(笑)、ちょっと待ってね。」
そう言ってB子はゴムを取り出し、俺のちんぽにつけようとした。

B子「あれっ?入んないよ、あれれ、どうしよう?Cくんのちんちん大きいんだよ!」
俺「うそ〜、何で??」
ほんとに何でって思った。
B子「う〜ん、じゃあそのまま入れよっか?中に出しちゃダメだよ。」
俺「…あっ、はい。」
俺は初体験で、生挿入、外だしに挑戦することになってしまった。もうやるしかないと思い、正常位の体勢で、俺「…入れるよ」

B子「うん、あっ…、んっ…大きい…」B子のマンコはすごく温かかった。生で入れたのでものすごく感触が伝わってきて、本当に死ぬほど気持ち良かった。俺は必死で腰をふった。

B子「あっ…、いやっ…、あっ…、…気持ちいい」
B子はすごくあえぎ声をだして、そのことにもすごく感動した。一分も経たないうちに、俺は猛烈に逝きそうな感触がきた
俺「やばいです、気持ちいいです、もう出そうです」
B子「あっ…、うん…、出していいよ、あっ…、気持ちいい…」
もうB子を見てると、ほんとに我慢できなくなってB子のマンコから、ちんぽを抜いて思いっきり発射した…
俺「すみません…(ドピュッ!ドピュ…ドピュッ!)」
B子「おわぁ!すごい飛んだね!ははっ(笑)」

オナニーでは見たこともないような飛距離で、自分でもびっくりした。B子「きれいにしてあげるよ」B子は逝ったあとのちんぽを綺麗になめてくれた。
俺「くすぐったいです…。」
B子「はい、綺麗になったよ」
俺は、完全にB子に圧倒されてしまった。ただ童貞の俺としてはすごく助かった。

B子「気持ち良かったぁ!、なんというかちんちんを入れてそのあと引くでしょ、引いたときにCくんのこの段差(カリ)が私のあそこをこする感じで。なんかすごく体の相性も良さそうだし、これからも大丈夫かな」

俺「…俺たちってどんな関係なんですかね?」
B子「うーん、さぁね?」

なんか、からかったような言い方だ。B子は何も言わなかったが彼氏とはうまくいってないのだろう。俺はA子が好きだったが、完全にB子に虜にされてしまった。ここは思い切って

俺「俺と付き合ってください」
B子「…うん、いいよ!でもお互い全裸で言うことじゃないよね。やることやって!順番が逆だったね。まっいっか。」
こうして、俺とB子は付き合うことになった。ひとまず、これで最初のエロ体験は終了です。

もう今はB子とは別れてしまったんだけど、今でもオナネタにしてます。

俺は奇跡的?にB子と付き合うことになって、エロに積極的なB子と色んな体験が出来たんだけど、俺が本当に好きだったA子とのエロ体験がこれまた奇跡的に一回だけあったので、また今度カキコしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 863記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。