内気で陰気クサイ私に優しい男子…思い切って告白して、そのまま体育館裏で初エッチ!!

PR

私、小さい頃から内気な方で、男の子にちょっと話しかけるだけでもすごくドキドキしてた。そんな私が男の子にモテるはずもなかった。

顔も普通だし。私も男の子と接点があまりなかったからか、「好きな人」っていうのもいなくて、別にそれほど話したいとは思ってなかった。ただ、気軽に話してくれる男の子がいるとすごくうれしかった。

中3になったころ、Mくんという男の子となぜか仲良くなった。なぜかMくんは陰気クサイ私にけっこうしゃべりかけてくれた。どうしてか分からなかったけど、Mくんの前では素直な自分がいた。

Mくんの前では素直に大きな声で笑えたり、本音を言えたりした。Mくんはどちらかというとポッチャリ系で、カッコィィ方ではなかったと思う。でも性格の良さがみんなから好かれていて、女子からも男子からもけっこう人気だった。

Mくんと仲良くなるうちに、好きで、好きで、たまらなくなった。だけど私は告白なんて、もちろん初めてだったし、ふられるかもしれない・・・という不安で、なかなかできなかった。私としゃべっているのは単に気が楽なだけなのかも・・・・・・

けどなんだかんだ言ってるうちに卒業が近づいてきて、なんだかんだ言ってるうちにMくんに告白してた。体育館の裏のベランダみたいなところにMくんを呼び出した。そこは告り場として有名な所だったから、Mくんも多少は気づいていたと思う。

私は緊張でおなかがいたくて、手は氷のようにつめたくなって、頭は痛くて、倒れそうになってた。友達が「ついてってあげようか?」と聞いてくれたのに断ったのをちょっと後悔した。そうこうしてるうちにMくんが来た。

分かってるくせにちょっと赤い顔をして「何。」と言ってきた。私は汗びっしょりだったと思う。だけど、ここでやらなきゃダメじゃん!!と自分に渇を入れてイッキに自分の気持ちを伝えた。

たしか「私、Mくんのことが好きです」とかいう古くさい文句だったような気がする。Mくんは少し間をおいてから「ありがとう」と言った。それから「俺もずっと○○(私)のこと好きだった」

と言って、一歩近づいてきた。私の心臓の音は急激に速くなった。そして、少ししかなかった私の口とMくんの口との間がふさがった。

私の背中に腕をまわして抱きしめてきた。舌を入れようとしてきた。私はMくんがこんなことをしてくるなんて思わなかったから、一瞬ビックリして抵抗する力をゆるめてしまった。

するとその瞬間、Mくんの舌が入り込んで、私の舌とからみついてきた。私も濡れてきているのが分かってたし、興奮が後押しして、Mくんの舌にからみついた。ディープは初めてだったから多分下手だったと思う。

でもMくんのまねをしてがんばった。「クチュッ・・・クチュクチュ・・・チュパッ・・・・」と変な音がしてきた。

ビックリして、ゾクゾクして、うれしくて、涙がとまらなかった。その涙をMくんがやさしくぬぐってくれた。そうしたら余計うれしくて、うれしくて、涙があふれた。

その間もたえず私たちは必死になって「クチュチュ・・・チュ・・・クチュ・・・・」と言わせていた。5分ぐらいたったころ、――私にはもっと長く感じたけど――Mくんが押し倒した。

私はふいをつかれ、「んっ・・・」と声にならない声を発した。さすがに私もヤバイと思った。Mくんはやさしく、「・・・ゴメン・・・怖い?」と聞いた。

「ううん」と答えた。本当にコワクはなかった。Mくんにまかせてィィだろう・・・と思った。

「俺、○○が俺のこと好きだってこと知っててん。俺も○○、好きやから。」Mくんはつぶやくように言った。

私は、涙でグショグショの顔をあげて「うん。」と答えた。私の精一杯の返事だったような気がする。

Mくんはにっこり笑って、ブラウスの上から私の胸をもみはじめた。乳首がピクピクするのが自分でも分かった。Mくんはやさしくもみながら、ブラウスのボタンをあけ、ブラウスをぬがした。

ブラは薄ピンクのチェックのヤツだった。もっと大人っぽぃのをつければ良かった・・・と心のどこかで思った。「めっちゃ興奮。」Mくんがちょっと笑って言った。

それから、私と目が合ってまた二人で笑った。Mくんの腕が直接に私の肌にこすれるので、ちょっとこそばかった。そして、Mくんはブラのホックをとり、乳首をツメでちょっと押さえられると、「ぅっ・・・ぅん・・・ぅ」と小さな声が出てしまった。

声を出さないようにガマンしてたのに。声が出てしまったことでとても恥ずかしくなってきた。Mくんはスカートをぬがしてきた。

さすがにちょっと抵抗したけど、Mくんはやさしく笑ったので、Mくんにまかせた。パンツもぬがされると、誰かきたらどうしよう・・・と心配になってきた。Mくんが私のおまんこをなめてきた。

さすがに我慢もできなくなり、「ぁっ・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁん・・・」という声が漏れてしまった。もうおまんこは漏れ漏れだと思う。

Mくんはさらになめ続けた。そしてしばらくすると、クリを触ってきた。ちょんっとつつかれるとビクッとした。

それだけで、逝きそうになった。Mくんがクリを触る速度がだんだん速くなり、私は気持ちよすぎて、恥ずかしさも忘れていったみたいだった。「ぁんっあ・・・あ・・・あああんっあんっあああ!・・・あっあっああっああんっ・・・・もっとぉー・・・!!ぁぁあ!い・・・ぁぁっ!アヒィ!!・・・ィ・・・ィッィイクゥゥー!!!あんあんっ!!イクっイクっ!!・・・ああんっぁぁあああああぁああああ!!!!!!!!!」

私は逝ってしまった。それと同時に大量のお汁を出して、痙攣して、失神してしまった。後でMくんに聞くと、おしっこもちょっと出してしまったらしい。

そして、今ではMくんと結婚しています。子供は二人いて、とても楽しい家庭です。Mくんとは一週間に一回ぐらいでやってますw

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    よかったね。ハッピーだね

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1199記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。