エッチ体験談 15,000話 突破!!

コタツでツレの妹にHなこと

ツレの妹にHなことをしてしまいました。ツレの家に行ったら『中●美奈子』似のC学生の妹がコタツに入ってうつ伏せに寝て本を読んでいたんだ俺もコタツに入りツレがゲームやるからそれを見ていたんよ

ちょっとしたらあぐらをかいてる俺の足の上にいきなり妹の足が乗ってきたんよ反射的にその足を掴んで正面の妹を見たらペコッて頭下げたんだだけど俺はちょっといたずらしてやろうかと思い足の裏をくすぐってやった。

妹が笑うかと思ったらなんか必死で笑いを耐えていてさ、かわいそうだからやめて手を離したのに足を引っ込めない。それどころか更に足が伸びて来て俺のお腹を足でくすぐりゃがった妹の左足を俺の左足で押さえたら今度は右足を伸ばしきたからそれも捕まえて俺の右足の下に入れてやった。そして今度は足の裏でなく内モモをくすぐってやったんだでも「くすり」とも声がしない。

コタツに深く入って俺から顔は見えないが耐えているんだってのはわかった。だったらと思いモモをくすぐりながらオマンコにも手を当ててやった。だけどやっぱり何も言わない俺は調子に乗ってオマンコやオシリをくすぐってやった。

だけど声も出さず必死で耐えてる妹俺は更に調子に乗ってオマンコとオシリの穴とクリを同時に指で押してグニュグニュしてやった。さすがに妹も耐えられずに「アグッ」って声が出てから「オシッコ」と言ってから俺もヤバいと思い足を離してやった。妹は慌ててトイレに行った。

俺はたぶん戻っては来ないなと思っていたら少しして戻って来やがった。しかも今度わ正面でなく兄の死角の俺の左横にコタツに入らないでうつ伏せに寝てるこれはヤレってことだと思った俺は妹のオシリを触った。何も言わないだったらと思いスカートをまくってやった。

白にピンクのストライプの入ったパンツが見えた。パンツを見て妹の顔の方を見たらコタツ布団に顔を押し付けてる俺は調子に乗りパンツまで下ろしてやった丸く白いオシリが見えた。それでも何も言わない。

俺は妹のオマンコやオシリを直に触ってやった。しばらくもて遊んでいたらツレが「カールの匂いがする」と言いやがった。俺は思わず笑ってしまった。

妹はその言葉に慌ててスカートを直してパンツを持って部屋に引っ込んでしまった良いところだったのにちょっと残念だった。

コメントを残す