エッチ体験談 12,000話 突破!!

Hな夢の中にいるような妙な感覚

土曜の夜の明け方ちかく、けど空はまだ暗い時間帯だった。俺はひとりクラブで踊り明かし、ナンパは不発に終って、悶々とした気持ちのまま、バイクで家路に向かっていた。

その時間でもわりと車の往来が多い県道を走っていた。若い女がうつぶせで横たわっている姿が、通過したばかりの俺の視界に飛び込んできた。一瞬迷った末10メートル先くらいでバイクを脇に止めて女に近づいてみる。まさに「そこに女が落ちていた」という感じ。歩道のへりに腰下ろした後横に倒れたのだろう、つっぷすようにうずくまった姿勢で眠りこけている。

ウエーブのかかった長い髪にかくれて顔はよく見えないが、ブルーのノースリーブ細身のジーンズ、ハイヒール、足指先のペディキュア・・・24-5歳くらいだろう。やや派手目な感じにそそられる。脇にはブランドもののバックが無防備に口を開いたまま転がっている。「ねえ、だいじょうぶ?」

親切めかして声をかけながら背中をさすったりゆすぶってみる・・・反応なし。調子にのって、お尻をさすったり、内股をなでたりしてみたが、いっこうに反応を返さない。泥のようにディープな眠りに陥っているのだった。垂れ下がった髪を払ってつっぷした横顔をのぞきこんでみる。

美人ってほどもないが、まあまあかわいいぞ。だんだん興奮してきた。脇を車が何台も通っていくわけだが、歩道には人がいないことを確認すると俺はノースリーブシャツの下から背中に手をすべりこませて、じかに肌をなでてみた。な、なんとブラジャーをしていない! 再度まわりを見回した後期待にうちふるえながら、手のひらを脇の下から前のほうへ滑りこませいく。ぷにゅっ、とした感触の生乳に達した。生乳を手で包み込んでゆっくり揉む。

ああ・・やわらかい・・。それほど大きいおっぱいではなないが、むしろ俺好みの手のひらにちょうどおさまるサイズなので、なおさら興奮。俺はしばらくその感触を楽しんだ。さらに乳首をつまんだり、人差し指先で軽くさすったりした。女は泥酔したままだ。この女を好きなようにできる!この時点ですでに俺のちんぽは固くなっていた。このとき同時に俺の脳裏をかすめていたのはこのスレッドだった。

俺は以前からこのスレッドの愛読者だったわけだが、いつも「そんなうまい話あるかよ」と思っていたし、ほんとどはネタだろうと思っていたし、ましてや自分自身がそういうシーンに遭遇するとは思っていなかった。だからいま目の前にしている現実が、逆に現実とは思えず、むしろ虚構の中にいるような、Hな夢の中にいるような妙な感覚だった。俺はエスカレートすることを決意した。

しかしこれ以上エスカレートするには、その場所はやはり人目につきすぎる(時間帯ゆえ人通りはほとんどないが車の往来が多い)その歩道の端側はちょっと小高い丘みたいになっていて石段がある。ひとまず女を置いて、石段をあがって偵察。背の低い雑草の繁ったちょっとした原っぱになっている。

原っぱのさらに奥には民家が一軒あるので、ひょっとしたらその家の庭なのかもしれないが、どちらかというと手付かずの空き地という感じ。もし民家から人が出てきたらアウトだが少なくとも下の歩道よりかは人目につかない、と判断。再び女ところへ戻ると、いわゆる「お姫さまだっこ」で抱えて石段を登った。わりとスリムだけどぐったり寝ているのでかなり重い。俺はふらふらとした足取りで石段を登りきったが、ちょうど原っぱに達した時には、あまりの重さにズルズルと俺の腕からすべり落ちとっさに彼女のシャツを掴んだが間に合わず、原っぱの上にズドンと落としてしまった。

その時初めて彼女が目を開いて俺を見た。やばいか!?しかし彼女は何事もなかったかのようにまた目を閉じて再び泥酔の眠りへ。結果的に首尾よくちょうどあお向けの態勢で横たえることに成功したのだった。彼女をバックを取りに行くためもういちど歩道に下りた、その時これも若い女性が立っていて俺を見ている。俺が女をかかえて運ぶのを目撃したのだろう、「だいじょうぶですか?」とたずねてきた。

「あ、だいじょうぶ。ひどく酔っているみたいで」とかなんとか、まるで女の連れである風情を装って言ったら、納得して去っていた。こんなにうまく事が運ぶのがますます現実感を希薄にさせる・・・。女のもとに戻る。その頃には序々に空が白み始めていた。

あらためて顔を確認。やっぱりかわいい。ぷっくりとしたくちびるに何度もキスした。舌先で唇の感触を楽しんだ。ノースリーブの上からおっぱいを鷲掴みして揉んだり、襟元を押し広げて、隙間から生おっぱいを目で堪能した後、すそをいっぱいにたくしあげて、おっぱいを露出させた。しばらく揉んだり、乳首をつまんでいじった後、おもわずむしゃぶりついてべろべろ舐めまわし、ちゅうちゅう吸ったのだった。脚はぴったり閉じられていて、無理に股を開かせても彼女は無意識にまたそれを閉じてしまう。

とりあえず脚を開かせるのはあきらめて、ジーンズのボタンを外しジーンズの下から、というよりパンティの下から手をもぐらせて内股に指を差し入れてみた。おまんこに指先が触れる。人差し指と中指の先で掻きすくうようにヒダヒダをなでさする。すると意外にそこは湿っていて、むしろかすかに濡れているのだった。

しかし泥睡しているのはまちがいなく、ひょっとして「女は意識がなくても常にここは濡れているものなのか?」と思ったくらいだ。脚が閉じているのでやりにくがクリトリスをくちゅくちゅといじったり、中指をぐにゅっと穴に挿し込んだり。おっぱいを舐めながら、指ではせわしなく中の感触を楽しんだりした。ここ時点までは、まだ強姦だという意識はそれほどなかった。単なるいたずらのような気がしていた。

しかし、女のジーンズとパンティををひざくらいまでひきずりおろし白みはじめた夜明けの光に、そのなまめかしい白いふとももが浮かび上がるのを目にした時、俺は強姦のラインに踏み込もうとしているのを自覚したのだった。生脚を広げようとしたり、持ち上げようとしたり必死こいているうちに、彼女がまた目を開いた。今度こそやばいか!?しかし依然として状況に気づいておらず、またしても眠りこけてしまったが、同時に女の防御反応が無意識かつオートマティックのように作動したのか、うつぶせに反転したかと思うと、さらに両脚を折り曲げてしまいちょうど、ひざまずきの姿勢のまま前のめりにうつぶす姿勢になってしまった。

白く丸いぷりっとした裸のお尻だけを突き出した状態。それはそれでまた淫靡きわまりない絵なのだった。俺はお尻にかがみ込み手で押し広げて肛門やおまんこを目近に観察した。ちょっと姿勢としては無理があるものの俺も原っぱに横たわり、肛門やおまんこをぺろぺろ舐めた。

そしておまんこの穴に再び指を挿し込んで挿入角度を測定するのだった。肛門ならともかくおまんこに挿入するには、下のほうに隠れすぎているため、かなりむずかしいではある・・。しかしこのとき俺は、すでに十分固くなってがまん汁にじんでいるマイちんぽを挿入すること、それしか考えてなかった。

朝日が射し始めた雑草茂る原っぱには朝の虫や蝶が飛び回っている。不思議と静かで、そこに本物の生きている若い女の尻が突き出されているこの光景がなんともシュールこのうえない。まわりに人影ないことを再確認すると俺は自身のジーンズおよびパンツをすばやく下ろしちんぽをむき出した。よしんばここで人が現れようとハタから見たら年が近い俺らはカップルにも見えなくもないし泥酔したカノジョを介抱しているうちにムラムラしてやってしまった、と言い訳しようと思っていた。

俺は女の背中から覆いかぶさり、左手はおっぱいをつかみ右手でちんぽをにぎりしめ、ちんぽの先でおまんこを、穴を、必死でさぐり回すのだった。女の背中からは温かい体温となんとも言えない甘い香り。ちんぽの先は肛門をなんどか滑りまわるものの、なかなかおまんこには入らない・・。おまんこにずぶっと射し込んで、おそらく窮屈にマイちんぽを締めつけるであろう甘美な感触を期待しつつ、何度も何度も女の尻の隙間にちんぽをねじこむのだった。

俺は汗がにじんできた。虫を払いのける。そうこうするにうちに・・・みなさん、まさに現実とはこういうものです。あろうことか俺はこの状況そのものに興奮達してしまい情けないことに、おまんこ挿入するに至ることなく、彼女の尻の割れ目に精液をほとばしらせてせてしまったのだった。

「うっ・・」どぴゅどぴゅと俺の白い白濁が白い尻に、そして彼女のジーンズにふりかかった。しばらく彼女の背中を抱いたまま放心。おもむろに起き上がると、草の葉で俺の精液を丹念に彼女からふき取った。

下半身をむき出したこの姿のまま放置すれば、もろにアフターレイプを物語るだろうから、引きずり下ろす時よりも苦労してパンティおよびジーンズを元に戻した。そこで退散することもできたわけだがなぜか罪の意識というか後味の悪さを覚えてしまい、寒がる彼女に俺のジャンパをかけてやり、しばらく抱いて温めてやったりした。数十分後に彼女は目覚めたが、俺の悪行にはまったく気づいてなくむしろ親切に介抱してくれたと誤解したのか、混濁した意識のまましきりに「ありがとう、ありがとう」と繰り返していた。「朝まで近くのホテルで休もうか」という提案にもすんなり同意しその後ラブホテルで昼まで2回メイクラブしたのだった(こちらは和姦)

コメントを残す