タンポンをにゅる〜ると抜き取り…

PR

ちょっと、前のことなんだけど・・・・。いいっすか?終電は大混雑状態で、後ろから、突き倒されるように、中のほうに流されていきました。

どうにか、つり革をキープすると、目の前には、みるからに泥酔状態のOLさんが横のババァもたれるように、眠っています。OLはどんな感じかというと、年齢は、20代後半、化粧は、きっちりしているが、ケバさはない。井川遥なんていうと、誉めすぎだが、マジでキレイ系かな。

白のブラウスの上からでもはっきりとわかる、巨乳の持ち主。黒のスカートは膝上くらいだが、網タイツがちょっとセクシーな、「外資系に勤めるOL」って感じです。こんな上物、めったにいません。

絶対に、隣ゲットするぞーなんて思ってたんだが、ババァの反対側のリーマンは、爆睡中で当分降りそうにない。しかし、ババァは、寄りかかってくるOLに怪訝な顔をしながらイライラしているのがわかります。「ババァ早く降りろよ!俺が変わってやるよ!!」

なんて心の中で思っていたんですが、次の停車駅で、神は俺に味方してくれました。そそくさ、ババァは降りていき、すかさず、OLの横をゲット。「はやく、俺に寄りかかってこないかなぁ」

なんて思ってると、早速、OLさんが、俺に寄りかかってくるじゃないですか。まさに、狙い通り!!さらに、俺の肩の上に頭を乗っけてきて、完全に、スヤスヤ、寝息をたてています。プーンと漂う香水と、かなりの、アルコールの臭い。

最高ですwおれの前に座ってるヤツラも、寝ているか、本を読んでいるかで、こちらを気にしているヤツはいない。OLの横のリーマンは、爆睡中だから問題なし。「この状態なら、ちょっとは、悪戯できるかも」

「ちょっと、おぱーい、グリグリしてみようかな」と、もう一人の自分と相談し、前方の乗客を再度チェックし、問題ないことを確認!!、肘で、おぱーいをグリグリ。あああああ、もう、幸せ!wさらに、俺の息子は、もう、ビンビン。OLは、完全に、俺の肩に顔をのっけて寝てるし、俺もリーマンだから、スーツ姿。

はたから見れば、カップルにしかみえないはず。さらに、腰に手でも回してみようかなぁなんて思っていると、OLさん、ちょっと様子がおかしいのです。OLさんは、熟睡しながらも、なんか、クチャクチャ・・・・・・・・・・

そう、寝ゲロの悪寒・・・・・・・・・((;゜Д゜)ガクガクブルブルもうすぐ、次の駅だし、逃げるか、様子を見るかどーするよ?なんて悩んでる間に駅に到着してしまいました。停車駅では、他の終電車との接続のため、ちょっと停車時間があります。まぁ、ゲロしたらしたで、助けてあげればいいかなと、気持ちを固めていたところに、OLが急にオレの手を握って立ち上がりました。

周りも、突然の出来事に、視線が集中。(;´Д`)痴漢ばれた・・・・?でも、何もしてないよな?警察連れていかれたら、かみさんになんて言う?(;´Д`)と頭の中は急回転。そんな唖然としているオレをOLさんはオレの手をつかんだまま、ドアに向かって走っていきます。呆然としているオレだったが、車外に出た瞬間、ゲロゲロ〜はぁ、やっちゃいました。

しかも、その瞬間、終電車は、行ってしまいました。どーしよ?俺は、そのOLの背中をさすりながら、「大丈夫?・・・・・」と、やさしく、声をかけてあげました。OL「・・・・・・・・・・うぅぅぅぅ」

声が出せないくらい、気持ちが悪いらしく、非常につらそうです。背中をさすってあげ、さらに、二度ほど戻したところで、ちょっと落ち着いてきたようです。俺「 トイレで全部吐いてこうか?」

OL「はい、すみません・・・・・」と、どうにか動けそうになった彼女に、肩を貸しながら、紳士的にトイレに連れていきます。紳士的といいながらも、腰に手をまわしサポートし、お尻の感覚を楽しみながら、トイレでやっちゃう?なんてこと考えながら、女子トイレに向かいました。

女子トイレには、女性がいる様子でしたが、「すみませーん」といいながら、堂々とトイレに入っていきます。まぁ、そんなつらそうな彼女の様子をみた女性も「どーぞー」と言ってくれて、なんの問題も無しにトイレの個室に入っていきました。女子トイレなんて、めったにはいることないので、かなーりドキドキ。しかも、泥酔女付き。最高のシュチエーションですね。

とりあえず、便器の前に座らせ、髪の毛を後ろに束ねてあげて、顔をつっこませました。まだ、戻したりないらしく、ゲェーゲェーしてるのですが、なかなか、吐けないみみたいなので、背中をさすってあげながら、ヘルプしてあげていました。そーしているうちに、駅員が、「誰かいますかー?、もうすぐ、駅閉めますよー」

と叫んでいます。俺「もーすぐ、駅閉めるらしいよ。とりあえず、外でようね」と、彼女を起こし、肩を貸しながら、トイレを出ました。

彼女は、まだ、とても一人では、歩ける状態ではありません。俺「定期は?カバンあけるよー」OL「あー・・・・・お願いします・・・・」

と、言われたので、カバンの中の定期入を探し出しました。定期を見ると、なんと、俺の使ってる駅のひとつ先。めちゃめちゃラッキー。俺「○○なんだね。俺、△△だから、タクシーで送ってあげるよ」

OL「すみませーん。えーでも、ここ△△ですよね?大丈夫ですよぉ〜、で、どちら様・・・・・?」と、わけわからんことを言っています。どーやら、△△と間違えて降りたみたいで、さらに、俺を会社の同僚と勘違いしたらしい。しかも、会社の同僚は、たぶん、OLの横で爆睡したリーマンみたい。俺「ここは、XXだよ。XXで、あなたに、急に手つかまれて、外に連れ出されたの。覚えてない?」

OL「えー、まだXXなんですかぁ。はぁ・・・、すみません、ご迷惑かけたみたいで・・・・」と、かなーりすまなそうにしています。俺「しょーがないから、一緒に、タクシーで帰ろう。家まで送ってあげるから」

なんて話ながら、タクシー乗り場に向かいます。タクシー乗り場に行く途中に、ポカリを購入し、「すっきりするから、飲んでおきな」と、飲ませておきます。

酔っ払っているときに、ポカリ飲むと、さらに、泥酔状態になるんですよね。ここの駅からは、自分に家まで1万円コース。はっきり言って、オレもつらい。このまま、いい人でなんて、終われません。w覚醒したままだと、なーんもできないので、とりあえずの保険です。

タクシーに乗せ、俺「横になってな。着いたら起こすから」と、言って、彼女の靴をぬがせ、俺のいひざの上で、横に寝かせました。彼女「すみません・・・・」と、横になりすぐに寝息をスースー立て始めました。

彼女の顔は、俺の股間のすぐ上。しかも、スカートからみえる黒い網タイツは、メチャメチャセクシー。彼女の体を支える腕には巨乳の感触。最高です。

そんな感触を楽しみつつ、たまには、お尻のほうも、サワサワしながら、オレの息子は、ビンビン状態。そんな時間を楽しみながら、タクシーは、家の近くの駐車場に到着です。彼女を起こし、自分の車に乗せ変えました。

そして、シートを倒し、横にさせたところで、とりあえず、彼女の家の方向へ車を出します。彼女は、まだ、意識朦朧だが、問いかけには、答えられるレベルには復活しているみたい。ちょっと、走った、ところで、車を止めちゃいました。

そして、シートを倒し、横にさせたところで、とりあえず、彼女の家の方向へ車を出します。彼女は、まだ、意識朦朧だが、問いかけには、答えられるレベルには復活しているみたい。ちょっと、走った、ところで、車を止めます。

そこで、おもむろに、キス。彼女もちょっと、びっくりしているようだが、何も抵抗はありません。ってか、舌、絡めてきます。ちと、ゲロの臭いwが、お構いなし。ベロチューしながら、おぱーいをもみもみ。

俺「知らない男と、キスしてるし」と、見つめながら、言葉攻めしていくと、彼女の目も、エッチーな目になってきた。ブラウスをはだけさせ、ベージュの品のいい、ブラがあらわになっています。

さらに、ダッシュボードに脚をあげさせ、M字状態にさせ、かなーり、卑猥なポーズをとらせます。彼女「見ず知らずの人と、こんなことしてるなんて、信じられないよ〜」俺「でも、エッチな目してるよ。ドキドキしてるでしょ?」

彼女「うん(笑)」俺「俺もドキドキしてる(笑)」なんて話ながらも、片乳だけブラを下にずらし、乳首をもて遊びながら、そのままの状態で、車を発進させました。

ちょっと、国道を走らせると、工事渋滞。左側には、一所懸命がんばってる工事のおっちゃん達がいます。そこで、ちょっと、悪戯。俺「工事してる人に、見られてるかもよ」

彼女「もー・・・(笑)」俺「あ、こっちみてるよ。両方みせてあげな。ほら!」と、両方のおっぱいを露出させ、彼女「いやーん、ちょっと、はずかしいかも。」俺「ストッキング、膝までおろしな」

彼女「えー、こうかな」俺「すげーエッチだよ・・・。見られてるよニヤリ」彼女「あーん(笑)、あ、大きくなってる」と、俺のをまさぐってきます。

俺も、工事渋滞のなか、彼女のおっぱいをまさぐり、さらに、彼女のパンティを上から、ゆっくりと、刺激していきます。しかし、なんか、感触がちがう。パンティの上部から、指を滑り込ませ、栗のあたりをこすると、その下には、なんと、ひもがある。俺「生理中?」

彼女「うん、でも、もう、大丈夫だと思うよ」俺「なら、抜いちゃおうか?」彼女「え?ここで?」

俺「うん、抜いちゃうね」と、パンティを膝まであげさせ、そのまま、タンポンをにゅる〜ると抜き取り、それを、車外にポーイと投げすてちゃいました。そして、工事のおっちゃんや、交通整理のおにいちゃん達に露出させながら、工事現場を抜け、ちょっと、横道にそれ、その後は、おきまりの通りなので、Hシーンは、省略します。

別れ際はこんな会話でした。彼女「今日は、信じられないことしたけど、また会えない?、名刺渡すし、番号教えるから駄目?」俺「こんな、シュチエーションだから、普通じゃないことできたんだから、次はないんだよ。もし、偶然会えたらな。」

彼女「同じ電車だしねー。探すね。ありがとー。」と、彼女の家の前で別れました。しかし、自分の手には彼女のエッチな臭いが染みついている。

このままだと、かみさんにバレる可能性があるので、コンビニのトイレでしっかりと手を洗って帰りました。

他に読まれているエッチ体験談

  • エロい女 サンさんから投稿頂いた「エロい女」。 友人とバーで飲み、4軒目を探していると目の前からそちらも2人組の女性がお店を探しているようだ。 酔いも相まって、「一緒に飲みませんかー?」 ナンパみたいになってしまっ […]
  • 山小屋で まつこさんから投稿頂いた「山小屋で」。 40代半ばの主婦です。子供はいません。50代の夫は会社人間で会話もなく、夜も数年来没交渉です。同じ境遇の友人と山登りを始めました。 登山といっても里山程度ですがときには山 […]
  • ふいに サンさんから投稿頂いた「ふいに」。 お互い完全に酔ってRちゃんの部屋で倒れ込む。この日はワインを中心にひたすら飲み進めた。 タクシーで送り届けたはいいものの、帰る気力が残っていない。あいにくRちゃんも意識なく潰 […]
  • 男友達にベッドに手足を拘束されて激ピストンされた話 可奈さんから投稿頂いた「男友達にベッドに手足を拘束されて激ピストンされた話」。 私が社会人になった時の事です。 社会人なりたてで、初めてのお給料で大学時代のサークルの友人とお酒を飲みに行きました。 私と美 […]
  • 55歳の人妻を居酒屋でいたぶる エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「55歳の人妻を居酒屋でいたぶる」。 豊美と知り合ったのはFacebookで同じ趣味の集まりのグループに入り年齢や容姿を確認して、友達になった。 彼女56歳に僕は58歳 […]
  • いたずらな笑顔 サンさんから投稿頂いた「いたずらな笑顔」。 酔いも相まって、カラオケに入るやいなやお互いの舌を絡ませる。 意外と知られていないが、最近のカラオケはプライバシーに配慮して、防犯カメラを撤去しているところが多くなっ […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ポチ君 より:

    いや、車の中の髪の毛一本も残さないように掃除機とコロコロ使わないと危ない。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2285記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。