エッチ体験談が10000話を突破しました。

朝の通勤電車で女子大生の手が亀頭に触れて…

少し前のことです。朝の通勤電車で、こちらに背を向け小柄な女の子が立っていました。

時々横顔がチラリと見え、顔の幼さから高校生?でも平日に私服だから、多分大学生かなって思いながらぼーっとしていたんです。すると、その子が背負っていた小さなリュックに手を伸ばし始めました。そのリュックは濃い茶色のとても小さいもので、彼女の細い腰の辺りにありました。

彼女は、なかなか上手くファスナー?を開けることが出来ないようでした。そのうちに彼女の手が指が、私の股間を少しずつ刺激し始め、ペニスはむくむくと反応。その日は薄手のスリムスーツだったので、感触が直に伝わり、その形がスーツ越しにくっきりと浮かび上がっているのが股間を見ることは出来ませんが、はっきりとわかりました。

彼女はまだファスナー?に手間取っていて、私の股間への刺激は続いています。周りは女の子が多く、女の匂いってやつが更に私の下半身を刺激。もうそろそろ限界だ。と思ったとき、彼女からの刺激に変化がありました。

いつの間にかファスナーとの格闘は終わったようで、リュックの中を彼女の手は這いずり今度はリュック越しの刺激に。それは先ほどまでの柔らかく温かい刺激ではなく、革素材独特の硬く尖った刺激。ペニスの裏筋をツーッと撫で上げる爪のような刺激。私は恥ずかしさと気持ちの良さで、立っているのが精一杯になり始めました。これ以上の刺激は射精の危険があると感じたため、体の方向をなんとか横に出来ないかと思っていたとき、彼女からの刺激が終わりました。探し物が見つかったようです。

私はスーツを汚さずに済んだと、ホッとした瞬間、リュックから出た彼女の小さく細い親指と人指し指がファスナー?と勘違いしたのか、私の限界間近の亀頭を軽く摘みました。しかしパンパンに膨れているため、彼女の指は亀頭を滑っただけ。この瞬間彼女は、『アッ』と声をあげ、顔をこちらに向け自分のしたことに気付いたのか、『す、すみません』私は彼女と目が合い、いいえ。と答えようとした瞬間、ウッ、ンーと小さく声が漏れイッてしまいました。

ドクドクと脈打ちながら、彼女にイく顔を見られながら呆然としていると彼女が『大丈夫ですか?』私は彼女を直視することが出来ず、はい。とだけ答えて俯いてしまいました。なかなか止まらない射精でしたが、ようやく出尽くしたようです。ただ、あやしい臭いがしだしたため、彼女は何が起きたかを察知し、顔を背けてしまいました。

20+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!