電車でチンコ出す露出狂から広がる変態の輪

ぴゅあらば

電車の4人がけの奥のとこに座ってたんだ。そこにまずJKが斜め前に座った。4駅目でコート着た中年のオッサンが俺の横に座ったんだ。1分ぐらい過ぎたころになんか横の男がもぞもぞしてて、なんか物探してるのかとおもってたら違った。鞄上にかぶせてたから最初よくわからなかったが90%オナニーだとおもった。

こりゃやべえとおもって席を替えようとおもったが、男が足を前のJKに触れるか触れないあたりまで伸ばしてて通れない。焦ったが前のJKは特に反応してない。携帯に夢中で気づいてなかった。どうしようか悩んでたらもう一人女性がきた。そしてその女性(おそらく40はいってるな)は突っ立ったまま動かない。これは気づいたなwよし助かるとおもった。

しかし甘かった本当の変態はこの女だった。女性はいきなり男性の鞄を奪ってコートを脱がしたんだ。そしたら20cmはあろう物がそそり立ってた。そしたら流石のJKも気づいた。でも恐怖のあまりか泣き顔でこっちを見た。俺も恐怖で動けなかった。そして40ババアが一言。ビューティフル三人が「えっ」てなった。俺の興味はカワイイJKでも変態オッサンでもなくババアにいってしまった。しかし女性は冷静にオッサンに向けてシャベリだした

ババア「あなたこれは犯罪ですよ。わかってるんですか」
オッサン「ぐふう」(かなり動揺してた)
ババア「ぐふうじゃありません。とりあえず車掌さんにいいにいきます」
オッサン「なんでだよ。俺なんか悪いことしたか?」
三人「えっ?」
オッサン「だから俺が悪いことしたのか?」
ババア「その汚いの目の前のJKに見せてたでしょ」
オッサン「見せてねーし。なぁJKちゃん」
JK「えっ・・・。(小さい声で)はい」
ババア「でもこの状況からいってあなたかなり犯罪ですよ」
オッサン「こういう状況作ったのあんただろ」
ババア「なにいってんの?」
オッサン「あんたが脱がしたからこうなったんだろ」
俺「でもあなたオナニーしてませんでした?」
オッサン「してねーわ。証拠でもあんのか」
俺「でもたってるじゃないですか」
オッサン「俺は電車乗るとたつんだよ。生理現象だ」
オッサン「とりあえずわかったら向こういけよババア」「それとも俺に相手にしてほしいのか?あっ?」
ババア「はぁ(怒)なにいってんの。セクハラジジイ」「早くその汚いのしまいなさいよ」
俺「ババアさんさっきビューティフルとかいってませんでしたっけwwww」
ババア「なっ、なっなにいってんのアンタ」「そんなこと言うわけないじゃない。アナタもこいつと同類なの?(怒)」
オッサン「おう。兄ちゃんの言うとおりだ。さっき言ってたよな!JKちゃんも聞いてたよな」
JK小さい声で「わかりません」
俺「JKに聞いたらセクハラになるっすよww」
オッサン「いいんだよ。この反応楽しむのがいいんだし」
JK顔真っ赤になる俺はいまどき純情そうな子だなぁとおもってた
ババア「もう話にならない次の駅で三人とも降りて」
俺「嫌ですよめんどくさい。駅員呼べばいいじゃないですか」
オッサン「ちょ、俺を裏切るのか?」
俺「俺別に仲間じゃないですし、あなたがオナニーしてたのはわかってるからババアさんのほうに付きますよ」
ババア「あんた・・・」
オッサン「わかったわ出るとこでたるわ。つき出せや」
俺「呼んでくるんでババアさんいといてもらえます?」といい俺は車掌を探しに行った

ちなみにオッサンまだだしたまま探してもいなかったし面倒だからそのまま戻ってきた
そしたらJKいねえーww
俺「JK何処行ったんすか」
ババア「駅着いたからもう帰った」「で車掌どこ?」
俺「いなかったから戻ってきました」
ババア「いないわけないやん。ほんまにさがしたんか」
俺「探したけどいなかったんです」
オッサン「俺もう駅着くから降りるわ」
ババア「なにいってんの」
俺「もういいじゃないっすか。オッサンも反省してますよね」
オッサン「反省とか意味わからんわ。なんも悪いことしてへんのに」
反省してると嘘でもいっとけよ

俺「とりあえずチンポしまってください」
オッサン「悪い悪い忘れてたわ」
オッサンチンコしまおうとしたとき
ババア「えっ」
オッサン「やっぱり俺に抱かれたいんかwJKのほうがいいけどババア抱いたるで!」
ババア「なにふざけたこといってるの!抱かれるならそっちにいる若い子のほうがいいわ」
俺俺得展開キターとりあえずオッサンを帰すことにした面倒くさいし俺とババアは一緒の駅に降りた
ババア「とんでもないオッサンいるもんねー」
俺「そうすね。でも俺最初ビューティフルっていったときビックリしましたよ」
ババア「あぅ。あれはそういう意味でいったんじゃなくて・・・」
俺「どういう意味っすかww」

駅出るまで雑談してとりあえずババアについてわかったことがある旦那がいてJKの娘もいるらしいそしてビックリ展開が待ち受けていたなんと娘さんは俺の彼女だった名前と年齢と通ってる学校が同じだった俺は彼氏ですと言うか迷ったが言わなかったちょっと煽っちゃたしそういえば彼女お父さんが出張でいないっていってたな

俺「お母さんなんだったら俺送りますよ」「車で来てるんで」
お母さん「そんな悪いわよ」
俺「いいっすよ。ついでだし」「もっとしゃべりたいですし」
お母さん「じゃあ。送ってもらおうかな」

そして彼女家に着いた今誰も家にいないから入ってお茶でもすればといってきた
俺「旦那さんと娘さんはどうしたんすか」
ババア「旦那出張だし娘彼氏の家にいってるからまだ帰らない」
俺「えっ」

俺は冷静を装ったがかなりテンパった
俺「娘さん彼氏いるんですか」
ババア「会ったことないけどバイト先の先輩だそうよ」「君は彼女いるの?」
俺「いないっすよ」
このとき俺はババアを食うことを決めた

家入ってお茶とか飲んでたら風呂入ってくって言われたのでチンチンギンギンになった。ババアは酒を飲みだした
俺「やる気まんまんすかww」
ババア「最近ずーとしてないから溜まってるのかなww」
俺「俺も溜まってるんすよw」
部屋へ向かった部屋は結構広く和風な感じだったでも俺は一つ重大なことに気づいたゴムもってねー・・・
俺「ゴムないんすけど」
ババア「とりあえず口でしてあげるわ」「若いし溜まってるんなら1回抜いといたほうがいいでしょ」
とりあえず抜いてもらうことにしたしかし凄いテクだww娘とは違うww
すぐ出たババア「凄い量ね(笑)」

俺「ババアさんのテクが凄いんすよ」
ババア「とりあえず娘の部屋にあるかもしれないから取ってくるね」
俺「俺もいっていいですか」

ババア渋ったが行くことにした一応行っとくが彼女の家には親が留守中に何度もいってゴムの場所もわかってる机の引き出しの一番下にあるのだが流石に赤の他人と思われてる俺が引き出しあけるのはアレなんでババアがクローゼット探してる間に素早く取り出した

とりあえず登場人物全員のスペックな
俺22歳大学生
オッサン50だろホームレスのたかじん
ババア40歳ぐらい劣化渡辺満里奈
彼女17歳小池里奈ぽい
JK小池唯にソックリ

俺「ありましたよ」
人妻「何処にあった?」
俺「机の下にありました」
人妻「流石ね」
なにが流石なんだまぁどうでもいいや
俺「彼氏さんの写真とか見てみたいなー」
人妻「それはちょっと。そんなことより早くしよ」
というわけで部屋に戻った彼女から電話かかってきてたが無視をした

でておけばこんな後悔をせずにすんだのに・・・
部屋に戻ったらさっそくHをしたババアは音楽をかけてするのが趣味だといいドラゴンアッシュのファンタジスタを聞きながらしたとりあえず全ての体位をしたとおもう。なんかみたこともない道具もあったが俺がビビッテやめた。

時計見たら10時半回ってたからとりあえずフィニッシュかなとおもいバックでやった。そのときドアが開いた。なんと彼女だった。彼女はポカンとしてた。俺はとりあえずコシを振り続けて「おかえり」といった。俺もテンパってたからわけのわからんことをいってしまった

彼女「えっえっえっ」
なにか訳がわからなそうだったババアは気づいてないww
そしてフィニッシュ

ゴムはバックのときに外してた最後外に出せばいいだろうとでも焦ってテンパった俺は中に出してしまった。ババア中に出されたの気づいたらしくババア「ちょっとなにしてんの」と言った瞬間彼女に気づいた。三人とも放心状態30秒くらいたっただろうかいきなりババアが娘突き飛ばして下に降りていったwwなに逃げてんだこのババアとおもったが、まずは彼女に弁明をしなければ。

俺はとりあえず謝りまくった
彼女「浮気するにしても自分の母親とするなんて酷い」「家でやってるってことは完全に私の母親だとわかってたんだよね」
俺「ほんまにゴメン。お前が浮気してるって聞いたからちょっとくやしくて嫌がらせしようとおもって」
彼女「はぁ?私浮気なんかしてないし」
俺「でも今まで彼氏のとこおったって聞いたで。バイトの先輩やねんろ?」
彼女「そんなんいないし!誰から聞いたん?」
俺「ババアから」
彼女「ホントにそんなこといったん?」「私今まで部活やってたし○○に聞けばわかるし」
俺「でもババアが・・・」
彼女「とりあえずババアがいないとわからんから連れてくる」

ババアはどうやらトイレに閉じこもっているようだ出てこないから俺にもくるように彼女が言ってきた
ババア「なんで帰ってきたの。今日友達の家に泊まるっていってたのに」
彼女「なに逆ギレしてるの。私の彼氏寝取ったくせに」「それが親のすること」
俺「まぁまぁとりあえず落ちつこ。ババアは俺がおまえの彼氏だって知らなかったんだし」
彼女「なにいってんの?プリクラで見せたことあるから知ってるはずや」
俺「えっ」
俺「まさかそんなはずは・・・」とおもいつつ彼女の部屋でのことを思い出した

なぜコンドームを見つけたときに流石といったのか。彼氏の写真を見せなかったのか俺は胃がキリキリしていた。とりあえず出てくるように言って10分ぐらいしたらやっとでてきた

彼女「下着はく時間ぐらい上げるからとりあえず穿いてきて」
ババア「ゴメンね。その前にアンタの彼氏の精子がココに入ってるから洗ってきていい」
彼女「早くいけよババア(怒)」

ババアが洗いにいってる間俺は彼女に説教を食らってた。とりあえず俺は彼女が怒ってるのを聞いていた。ちょっと落ち着いてきたらしく

彼女「俺君も私を信じられなくて浮気したの悪いけど一番悪いのはババアだもんね」
俺はチャンスだとおもったこのままババアにほとんど責任を負わせられるかもしれないと。俺はとにかくババアに騙されなかったらこんなことしてないちょっとどうにかしてたんだ。そうじゃなかったらあんなババアの相手なんかするわけないと言い訳しまくった

彼女「あんなんでも母親なんだから言い方気をつけてよ」
やべぇ言い過ぎた
彼女「遅えなババアなにしてんだ」

やっと降りてきたここからババアが弁明しだした。旦那が相手してくれないとかいいだしたけど、彼女はそんなん関係ないしとか流してた。しかしここでババアが爆弾発言をした

ババア「私俺君のこと写真で見たときから好きやった」
彼女「ふざけんな!俺君があんたみたいなババア相手にするわけないやろ」
ババア「でも中田氏までされたしあんたされたことないやろ」

こいつなに言ってんだ・・・でもこれで完全に怒りかババアへとむかったなよしよし
彼女「ふざけんなババア!」
彼女はババアを押し倒したパンツ丸見えwちょっと立った
ババア「なにすんのよ。痛いやろ」

俺は止めるために二人の間に入ったが気持ちよくて完全に立ったとりあえずなだめて今日はとりあえず寝るということにした俺も泊まっていくことになってしまったちなみに彼女の部屋

彼女「今からしよ。ババアに抱かれたままなんて嫌だし」
俺「疲れたから明日でいいやん」
彼女「なんでそんなこというの!」とまた怒り出した女はヒステリックだな

しかしゴムがないゴムないっていったら生でしよとかいってきた
俺「流石にマズイわ」
彼女「なんで!ババアには中田氏までしたやん」
俺「あれは事故みたいなもんだしババアは羊水腐ってるから大丈夫だろ」
彼女「とにかく安全日だからして」
とりあえず安全日ということなのですることにした。もちろん中田氏まで。しかしとんでもないことに気づいてしまった。彼女のしょぼいSEXじゃ物足りなくなってしまったのだ。

彼女が寝た後ババアの部屋へ向かった。そしたらバイブ使ってオナニーしてたwwwwwwww
俺「なにやってるんですかw」
ババア「だってあなたたちのHの声聞いてたらまたうずいちゃって」
俺「なら俺があいてになりますよ」
ババア「でも・・・。じゃあ少しだけ」
そうして朝方までした

そして終わったら彼女の部屋へ行きないごともなく寝た。それから親子の間に亀裂ができたが表面上は上手くやっている。しかし話の本番はこれからだバレないように親子丼をしていたが流石に疲れたなので代わりを探すことにしたんだ。そして俺は脳裏にビューティフルが浮かんだ。とりあえず俺は電車に乗りオッサンを探した。しかし中々出会えない。つーかさっさと旦那帰ってこいや!!

春休みが終わるとあのJKが乗ってきた。俺は彼女を捨ててこのJKと付き合えないかなと前から考えてた。俺は移動してJKが座ってるとこまでいった。斜め前に座ってどうやって話かけようかとおもったらオッサン登場したwww俺はオッサンに話しかけた

俺「お久しぶりです。覚えてますか?」
オッサン変な奴を見るような目で「わからんなぁ」
俺「2月に電車で会ったの覚えてませんか?変なババアもいて」
オッサン「ああ!あんときの兄ちゃんか!覚えてるわ」
俺「今日も立ってるんすか」
オッサン「アホか。なんでなんもしてへんのに立つねん」
俺「でもあのとき電車に乗るだけで立つっていってたじゃないですかw」
オッサン「そういえばそんな時代もあったなー」

しかし一つ誤算が発生したこのことを思い出したであろうJKはいきなり逃げ出したw俺はとりあえず追うためにオッサンに明日もこの車両に乗ってと頼んだ。オッサンは快諾してくれた。JKにとりあえず話しかけた

俺「もしかしてあのとき乗ってたJK?」
これからJKのことを唯とする
唯「はい」
俺「ゴメン気づかなくて。不快な思いさせて」
唯「気にしないでください。あなたのせいじゃないですし」
俺「そう?ところでもしかしてその制服○○高校?」
唯「はいそうですけど」
俺「そこ俺の母校なんだ」
唯「そうなんですか」

駅につくまで雑談して名前だけ聞き出せたそして次の日オッサンは約束通り来てくれた唯はいなかったが・・・
俺はババアのことを話して相手になってやってくれないかといったしかしオッサンはババアはタイプじゃないしなとかいってきたそこで俺は最終手段にでた

俺「なんならババアの娘もつけますよ」
オッサン「何才だ?」
俺「JKっすwww」
オッサン「まじか!!!それやったら頼むわ」
俺「明日ババアと家で会う約束してるんできてください」
しかしババアはこのオッサンのチンポは気に入っててもオッサン自体はどうだろうかと思ったのである

作戦を考えた作戦名:入れ替わり目隠しSEXそのままだが目隠ししてオッサンと入れ替わるというものだ。そして俺はババアと気分転換にと目隠しを頼んだら喜んでた。そしてバックの展開になって突っ込んでるとオッサン入ってきた。そしてオッサンが突っ込んだ瞬間バレタwババア目隠し取って顔確認していきなりわめきだした

ババア「あんたあのときの変態!どういう(あん)こと(あん)」「俺君どうしてー(あっ)」
オッサン「こらヤベエwwこいつババアのくせに良いマンコじゃねーか」
ババア「(あん)俺君助けて!!」
そしてオッサンは逝ったババア泣いてるww

俺は説明した俺はもう限界なのだとそしてババアを満足させてあげたいと
ババア「だからってこんなホームレスみたいなのに」「しかも中に出してるし」
俺「でも気持ちよかったでしょ」
ババア「チンポ大きいだけやんか」「俺君のこと好きやったのに」
俺「俺は別にそうでもないんで二人で楽しんでください」

オッサン再び犯す俺もムラムラしてきたので口でしたw流石にオッサンの精液入ってるとこにするの嫌だしな。ババアもだんだん慣れてきたのか楽しみだしたwwそこで玄関が開いた。そういえば彼女は今日学校昼までだったww俺は急いでババアの口に出して彼女の部屋へ向かった。なんとか上がってくる前に部屋に辿りついた。俺は階段から上がってくる二人の足音を聞いた。友達でも連れてきたのかななんと彼女と父親だったwwwwwこれはマズイ

彼女「なんで俺君いるの?まさか・・・」
父「彼氏か?」
俺「初めまして!俺というものです」「勝手にお邪魔してすみません」
彼女「なんでいるの?」睨む
俺「会いたかったからさ」「会いにくるにの理由なんているの?」
焦った俺は訳のわからんことを言ってしまった
父「おもろい彼氏やないかw」
親父受けは良かったようだ

父親が下で喋らないかと言い出してここよりは安全だろうとダイニングへ向かった。その間になんとかしなければ
彼女「でも下に友達きてるけどそれでもいい?」
俺「うんいいよ」「かわいい子なの」
彼女「うん。ゴーカイピンクに似てる子だよ」
俺はババアとたかじんの存在を忘れたそしていたら唯ちゃんがいた
彼女「紹介するね。彼氏の俺」
俺「ども」
唯「あっ」
彼女「知ってるの?」
俺「電車で何回か同じになったことあんだよ」
彼女「そーなの。世間狭いね」

そのとき二階から怒鳴り声が聞こえたあれ?そういえば父さんいないな急いで3人で2階へ向かった。そして部屋を除くと怒ってる父親と腰を振り続けるたかじんにアヘアヘ言ってるババア。事の重大さをわかってないようだ。俺はマズイとかなり焦った。なんでこんな日に親父は帰ってくるんだと腹がたってきた。そしてこのことがバラされたらおれは唯ちゃんに軽蔑される。

必死に言い訳を考えた。5秒ほど考えたがなにも思いつかなかった。ようやく腰振りが終わってたかじんがチンポ抜いたら白いものが垂れ流れていた。これは終わったなと。親父はたかじんに殴りかかろうとしたが俺が止めた

俺「とにかく話し合いましょう」
父親「わかった。とにかくなんか穿け」「俺君と唯さんは帰りなさい」
俺「でも・・・」
父親「君たちにはなにも関係ないことだから帰りなさい」

唯ちゃんと二人で帰ることにした俺当事者なのにw
俺「なんか凄いとこにでくわしたねw」
唯「はい。でも彼女が心配だからそばにいてあげればよかったかも」
俺「部外者がいると余計複雑になるからやめたほうがいいよ」
唯「でもあんなとこ初めてみました」
俺「そうなんだ。俺も初めてだけど」
唯「えっ。俺さん彼女と付き合ってるんだからああいうことするんじゃないんですか」
俺「そっちのほうかよwww」処女確定だなww

しかしあの家どうなるんだろう。俺のことバラされたら唯ちゃん手に入らないし殺されるかもしれん。そしたら後ろから彼女が泣きながら走ってきた。なんか大喧嘩になっておやじがたかじんに殺されそうとか言ってきた。とりあえず二人は残して家へ向かった。そこでは驚く展開が待っていた。なんと親父がたかじんに掘られていたのだwwwそしてババアはなんかムチ持ってるww俺は安心して二人の場所に戻った。二人にはケンカは収まって話し合いするから今は戻るなということを伝えにいった

唯ちゃんは今日彼女の家に泊まろうとしてたらしく家には誰もいないそうだ。そして俺は閃いた
俺「二人とも今日は家に泊まりなよ」
唯「なにいってるんですか!男性の家に泊まれるわけないじゃないですか」
彼女「もしかして唯ちゃんまでする気なの!」
俺「違うってww二人きりならともかく彼女と3人なら大丈夫だろ」「彼女の家は戦争だし唯ちゃんの家は誰もいなくて女二人だと危険だし」
彼女「どうする唯ちゃん?」
唯「彼女いるから大丈夫かな」
GET気分転換にゲーセンとかによって俺は二人が楽しんでる間に薬局にいった。そしていよいよ就寝の時間だ。俺は二人に睡眠薬を入れた。彼女のほうは疲れもあってかぐっすり寝ている。そして唯ちゃんも寝た。

ここからが楽しみの時間だなとりあえずキスをしたwそして口を開けてチンポねじこんだったwwそしたら目覚ましてしまったw唯フーフー言ってるw俺はとにかくもう終わりだとおもって腰振りまくって飲ませたったw痛かったけど憧れの唯ちゃんにフェラと考えるとイケタw唯ゴホゴホ言ってるw唯は彼女に助けをよぼうとしたがさえぎってガムテープで口をふさいだった時間をかけれないから挿入でも入らないうーんと迷ってると彼女目覚ましてしまったww

彼女「やっぱり手だしたねww」
唯「うーー」
俺「ゴメン魔がさしたんだ」
彼女「魔がさした人が睡眠薬なんて用意するの?」
彼女唯のテープ外す
彼女「優しくするとおもったのにこんなレイプみたいなことして」「ごめんね唯」
唯「やっぱりHって怖い」「彼女がいればそれでいい」
俺「んっ?」
なんだこのやりとり彼女と唯がいきなりやり始めたw

俺はわけのわからんまま放置になってたそう二人はレズ関係だったのだ。俺は二人を見て勃起した。そして俺は土下座をして俺も混ぜてくださいと頼んだ

彼女「なにいってんの!あんなことしといて」
俺「おまえらの親の見てるのみたらあっちのほうに目覚めてしまって」

必死に言い訳した
彼女「てかあれあんたの責任でしょ!たかじん呼んだのだってあんたじゃん」
俺「えっ、嫌あれはババアのために」
彼女「どうでもいいけど唯ちゃんは私のだからダメ」

俺は唯ちゃんのほうに変えた
俺「唯ちゃんさっきはマジでゴメン」「俺君に対して本気なんだ」「唯ちゃんさえいればなにもいらない」
唯「そんなこと言われても私には彼女いるし」
彼女「私は?」
俺「ゴメン別れてくれ」
彼女「別にいいけど」「でも唯はわたさない」
俺「じゃあ3Pしよ」「それで気持ちよかったほうをとるということで」

そして俺は負けた処女なんだから痛くて当たり前じゃんwそして彼女の家は離婚となってたかじんは刑務所に入った。ちなみに彼女の母食ったのは本当です。本当のとこは彼女が小池里奈似なのとその母食ったとこ。あとは駅のホームでシコシコしてたのがたかじんに似てたのでモデルにさしてもらいました。バイトのパートきてるババアを酔わせて家まで連れ込んで1回やっただけ。だしちなみに親子でパートアルバイトきてる子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。