エッチ体験談 13,000話 突破!!

花火の帰りに痴漢レイプにあった彼女

もう10年以上前の話。 当時高一だった私は、付き合って間もない同級生の彼女と花火大会に行きました。 付き合っているとはいえ、まだ高校一年生の夏の私たちは手をつなぐのがやっとの状態。

そこそこの進学校の私たちにはそれが精一杯で当然移動は電車でした。 彼女は小柄で身体も細くまだ中学生の面影も残るようなショートカットのいかにも真面目そうなタイプで笑うとかわいい清楚なタイプのコでした。 水色の浴衣を着ていた彼女はとてもかわいくて夏の暑さでうっすら汗をかいていても近くに寄るとシャンプーのような香りがしていたのを覚えてます。 花火が終わると人の流れは一斉に駅に向かいホームは人で溢れました。 メガホンで花火の客を誘導する駅員、電車がホームに来ると私達は後ろから人の波に押し込まれるように否応なしに電車に乗り込まされました。彼女とは手をつないでいたのですが乗り込むと同時に車内ではぐれてしまい姿が見えなくなりました。 電車が発車し異様な混雑で窮屈な車内で姿勢彼女を探すと人の隙間に彼女の浴衣が見え安心しました。

でも顔の一部分しか見えないのです。どうも苦しそうな表情なのはわかるのですが私はそれは混雑から来る苦しさだとばかり思ったのです。 花火客はほとんど降りることなく10分、15分と経過しようやく乗り換え駅に到着すると一気に降り、私と彼女はようやくホームで再会し彼女は笑顔で「すごい混んでた〜ビックリした」などと言いながら再び手をつないだのですがどうも様子が変でした。 つないだ手が震えていたのです。 しきりに彼女は「お手洗いに行きたい」と作った笑顔で言うので、私は「体調悪いの?大丈夫?」と聞くと彼女はいきなり私の手を引っ張って走りだし、学校帰りによく行く駅ビルの非常階段に連れていかれました。 

彼女はそこにつくと突然見たこともないような厳しい真剣な目で私を見ながらこう言ったのです、「ごめんね、今から言うこと聞いても絶対に嫌いにならない?話さないといけないと思って言うけど絶対に嫌いにならないで!」 何のことかさっぱりわからない私はどうしたの?と聞くと彼女は涙を流しながら「悔しいよ、さっき電車でめちゃくちゃ痴漢されたよ」と私に言いました。 ようやく状況が理解できた私でしたが、こんなときどんな言葉を言ってあげればいいか全くわからずただ黙って聞いてました。 

言われてはじめて彼女の浴衣が乱れているのがそのときわかりました。駅ビルのお店は、もうほとんど閉店していて、人影もまばらでした。 彼女は「とにかくトイレに行かせて、怖いから離れないで」と言い、私はさらに人気の無い奥の障害者用の広いトイレにと連れていかれ彼女の浴衣を直すことになりました。しかし彼女は浴衣を着るのを母親に手伝ってもらったらしく帯は外せないとのことでした。 先ずは浴衣の上半身の合わせ部分を直しはじめたのですが私はそのときはじめて彼女のブラを見ました。黄色いブラでしたが驚いたのは浴衣の中でブラが外れていておっぱいが見えていたのです。

この時はじめて彼女がひどい目にあわされたことを実感しました。 彼女の胸は少し膨らんでいる程度の小さな胸で乳首はきれいなピンクでした。 そんな状況でもはじめて生で見る女性の胸に興奮している自分が情けなかったのを覚えてます。 彼女は私に対して胸を隠すこともなかったのですが、痴漢されたショックでやけになってたのかもしれません。 しかし、彼女が泣くまでになっていたのは、この後にもっとすごい事実を目の当たりにしてはじめてわかったのです。 彼女は上半身を直すと浴衣の裾をまくりトイレットペーパーで股間を拭きはじめました、裾をまくった時点で既にパンツは太ももまで降りて…降ろされていました。歩き方がおかしかったのはそのせいだったのです。白いパンツの上には淡い陰毛が見えました。 私に隠すことも忘れて必死にトイレットペーパーで拭いていたのですが、はじめて見る陰りや、はみ出して見える薄いビラビラに私は半勃起してただ見ている状態でした。 彼女がトイレットペーパーで股間を拭いていた意味はそのとき考えられませんでした。 拭き終わると彼女は更に泣いてしまい「ごめんね、ごめんね、少し多分私やられちゃったよ」と言いしゃがみこんでしまいました。 やっと私は意味がわかりました。 彼女の断片的な話では、異常な混みかたの電車で見知らぬ男達に囲まれ、腕を取られて胸に手を突っ込まれブラを外され胸を弄られ、尻を揉みしだかれ、無理矢理キスをされ、浴衣の裾をまくられ、パンツを下ろされて、お尻の穴や、性器を弄られ、乗換駅に着く頃には周りの男たちのペ○スを握らされ、擦り付けられて、替わるがわる射精させられたのでした。 下半身中に掛けられた精液をとにかく拭き取りたいと焦る彼女は、私にもう一度良く見て残ってないか確認してと俯いてお願いしてきました。 私はまだ抱き合ってすらしてない彼女の体を拭いてあげました。確かに男の精液の匂いとはじめて見る彼女のマ〇コからも汗のようなチーズのような匂いがするのを感じました。

下半身を拭いていると、男たちに激しく弄られた彼女のマ〇コが濡れていることに気がつかされました。私が拭いている間にも、さらに濡れているようで、衝撃を受けました。そんな私の様子に彼女は、悲しそうな表情で「ごめんね…汚いよね」と言い、また俯いてしまいました。 私はその表情にはっとしました。自分の気持ちばかり考えていて、酷いことをされ、見知らぬ男たちの陵辱に反応してしまった自らの身体に嫌悪を感じ、衝撃を受けてるのに、それでもなお私に嫌われまいと必死になっている彼女の心情に想いが至っていませんでした。

彼女を愛しく感じ、衝動的に彼女を壁へ押し付けると、乱暴に抱きしめてキスしながら浴衣の上から彼女の尻を弄りました。浴衣の尻は掛けられた精液で所々ぐっしょり濡れていましたが、かまわず揉みしだきました。彼女は男たちと同じような事をはじめた私を虚ろな目でボーっと見つめていました。

「汚くなんかないよ」「えっ…」初めて触れる女体にもう限界でした。ガチガチに勃起した自分のペ○スを取り出し、彼女の下腹部に擦りつけるとあっという間に射精しました。

「●●は汚くなんか無い。今日●●を汚したのは僕だ」「ぁ…」痴漢達のやったことを全てするつもりでした。自らの行為で彼女の記憶を上書きしたいと思いました。

彼女にとってセカンドレイプになるのではなどとは想いが至らず、ただ痴漢に先を越されたことが悔しく体を貪りたいだけだったかもしれません。どうせこの事件で彼女とは終わりだと思っていましたし、彼女を守れなかった自分は終わりだと思いました。自らの精液に塗れた彼女のマ〇コを触ると、すごく濡れてました。

彼女はされるがままで、耳まで赤くなって私の胸に顔を埋めていました。彼女の中から出てきた液と自らの精液でグショグショになった股間を触りまくり、小さな突起を触ったり指で広げたりお尻の穴を弄ったり、ブラをずらして乳首を弄んだりしました。彼女も触りまくられるうち何度か体を硬直させてたぶんイッてしまい、喘ぎ声が出ていました。 異様な雰囲気の中最後には彼女の手を導きペ○スを扱かせて最後の射精をしました。

事が終わって冷静になると彼女の浴衣は私と彼女の体液で拭いてどうにかなるものではありませんでした。トイレを出た後、彼女は家に連絡していましたが、帰りが遅いと怒られていたようで、とにかく身繕いをして帰らないとならず、近くのスーパーで着替えと下着を買い、匂いを落とさねばとても電車になんか乗れず、二人の残りの持ち合わせではじめてのホテルに入りました。「フフッ…なんか凄いことになっちゃったね。」

劣情に暴走してベッドで凹んでいた私とは裏腹に、彼女は開き直っていました。「お風呂入ろうよ。」彼女は浴衣の帯を外して脱いでしまうと、下着姿で私を引っ張って立たせ、一緒にお風呂に入りました。彼女を泡まみれにして、体じゅうをゴシゴシ洗いました。

髪をタオルで拭く手を止めて、彼女がそっと「今日はありがとう」って言い、それをきっかけに今度は私が泣いてしまいました。「ちょっと泣かないでよ。泣きたいのは私のほうなんだから」でも彼女はなぜか笑っていて、そして笑いを止めると、真剣な顔で「泊まっていこうよ」と言い掛けたのですが、彼女のピッチが鳴り、やはり帰ることになりました。駅へ行く途中でコインランドリーを見つけると、腕を引っ張られました。

「浴衣。洗いたいよ」「持って帰るの?」「…うん。」

二人で並んで座って待っている間、そっと手を繋ぐと、しっかり繋ぎ返してきて私に寄りかかって…グーっとおなかを鳴らしました。「おなかすいた」おかしくなって二人で顔を見合わせて笑い出してしまいました。

午後11時近くになっていました。今度は各停に乗り今度は彼女の手をしっかり握って離しませんでした。彼女は「痛いって」と苦笑いしてました。彼女の降りる駅が先で一旦降りて、遅いから送っていくと言いましたが、パパが迎えに来てるからここでと言われました。 次の電車が来てしまい、彼女は「また遊ぼうね。ゼッタイ!」と言いながら私に手を振り、ドアが閉まってしまいました。その後、夏休み中は連絡が取れなくなり、ピッチも繋がらなくなってしまいました。

登校日も部活の都合で別々で、振られちゃったのかなと凹んだまま、新学期の初日を迎えました。教室に入ると視線は感じるものの会話すらできず、そのまま逃げるように帰ろうとしたら、彼女がダーッと寄ってきてガシッと腕を捕まれました。クラスメイトからの痛い視線を感じつつなんかキャラ変わったかなと思いながら気圧されてると、「ピッチ没収されちゃったよ。」とりあえず学校出てマックで話を聞くと、浴衣を着ずに帰ってきて母親に咎められ、さらにパパに石鹸とシャンプーの匂いをかがれて、どこ行ってたんだと大騒ぎに(なんでラブホのだって分かるのお父さん…)。ピッチ没収され夏休み中外出禁止。「君と『交際禁止』だって。悪役になってもらっちゃった。でも、あれ、ばれなかったよ…。ありがとう。」

交際禁止なんだけど、やっぱり電車が怖いって言われて、行き帰りやお出かけのときは一緒でした。彼女その年のクリスマスも外出禁止にされたりして、結局高校時代はあの異常な一夜以外それ以上何もせず。その後も「あの時のお前か〜そこになおれ〜」とか、どんな時代劇だよ。何かと大変でした。

先日洗濯機が壊れて、コインランドリーに行って並んで座ってたとき、ふと昔のことを思い出し書いてみました。今でも外に出るときスカート穿かないし、本当はトラウマなんじゃないかと思います。でも女の子って強いね…。

1 COMMENT

コメントを残す