主人と映画を観に行ったら隣の席の知らないご主人に痴漢されて…

ぴゅあらば

新婚半年の主婦です。先日遭った官能的な体験を告白します。主人と結婚以来久しぶりに映画を観にいった時のことです。

最近は忙しく、なかなかデートができなかったのですが、ようやく休暇が取れウキウキ気分でした。主人のお気に入りの、大胆なピンクのミニスカートをはき、パンストをつけずに出かけました。人気の映画で、結構混み合っていましたが、何とか席を確保して、観ることができほっとしていました。

私は主人の腕に絡みつき、恋人気分でおもいっきり甘えていました。私の左隣には40代位の夫婦が座り、ご主人が私の隣に座っていました。映画は結構おもしろく、私はのめりこんでいましたが、しばらくすると、ご主人の手が膝にしきりに触れるのに気づきました。

座席の間が狭いので仕方ないと思っていたのですが、段々その手が、太腿の方へ伸び撫で始めるのです。突然の出来事で声も出せず、あっけに取られてしまいました。それをいいことに、除々にスカートの中へと入り込み、アソコの周りを愛撫し出したのです。

その時何故か、無抵抗でした。今でもどうして抵抗しなかったのか理解に苦しみます。ご主人の愛撫は巧妙で、優しく、すごく気持ちがいいのです。ビキニのショーツが愛液で濡れ始め、身体が熱く火照ってきました。

主人に気づかれないよう、平静を装っていましたが、喘ぎ声が漏れそうになり、淫らに腰が動いてしまいます。ご主人のいやらしい指がついにショーツの脇から熱く濡れている敏感な部分へ滑り込んできました。今にも声が出そうになるのを、指をかんで耐えていましたが、指が膣の奥深く刺激すると思わず、「ああっ、だめっ」

とついに声を発してしまいました。もう私のアソコは、恥かしいほど濡れていて、クチャクチャと音が聞こえそうなくらいです。ご主人は攻撃の手を緩めず、激しく指を貫き奥を掻き回します。

そして、私の耳元で「奥さん、イッテモいいんだよ」と小声で言われ、息を吹きかけられると、軽いアクメに達してしまいました。そして、ご主人が「場所を移そう、外で待ってるよ」

と声をかけると、席を立ちました。私はしばらく、アクメの余韻に浸っていましたが、火照った身体はまだ満足していません。もっと、いやらしいことをして欲しいと、ご主人の言葉を思い出し、私も席を立ちました。

私はトイレに行こうとしたその時、手首をつかまれ、非常口から階段の踊り場へ連れ込まれました。そしていきなり唇を奪われ、乳房を愛撫されたのです。そうです、さっきのご主人でした。

私も自ら舌を絡ませ、抱きついていました。気の遠くなるような激しいキスの後、ご主人はゆっくりミニスカートをまくり上げ、ショーツの上から手を差し入れてアソコを再び愛撫を始め、そしてショーツを膝までずらすと、一気に貫かれてしまいました。主人より、大きく立派で、今までに無い快感に陶酔し、瞬く間に絶頂へ昇りつめました。

その後は何事もなかったように映画を観ていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    旦那はNTR属性なのか、空気読めない馬鹿なのか?

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。