エッチ体験談 13,000話 突破!!

相乗りタクシーからの獣交尾

成田空港についてお金がからっけつの俺。

荷物もあるし電車はイヤという我侭言ってたら係員が「ワゴンタイプの乗り合いタクシー」なら自宅近くまでOKと言うのを教えてくれたので探して乗る事に。

予約制みたいだけど、後から来る飛行機が遅れてるという事でなんとか乗れるらしい。一番後ろの席に案内され、後から続々と乗ってくる。俺の隣に座ったのは、ちょっとボーイッシュな感じのショートカットの女の子。

席順は──────────
│●   │△││◎ │○ │○ │││■ │○ │○ │▲│
──────────アバウトでゴメン、コレくらいしかかけなくて…
●=俺◎=彼女■=なんかでかい荷物○=他の乗客▲=運転手△=誰かの荷物。

ハイエースロング?かなにかの車で成田から帰る。すぐに渋滞。事故らしい。車内は最初ワイワイしていたが段々とトーンダウンして行き仕舞いにはいびきすら聞こえてきた。

渋滞で外も外灯がつき始めて暗くなるとカーテンを閉めて眠りにつこうとガウンを枕に寝ようとすると、そのボーイッシュの女性が言う。「あの〜何処から来たんですか?」いきなり話しかけられると結構びびる、ヘタレな俺。

「あっ、えっ、っと、東京です」クスッっと笑われた。それより、よく見るとボーイッシュなんだが背が小さい。

顔はあややなんかには程遠いいがそんな雰囲気。「だってさぁ、このタクシーなら皆東京方面じゃない?」でまたクスッ。けっこう笑顔はかわいい。だいぶ年上のようだ。

「お茶飲みます?」なんなんだろう?と思った。イキナリ親しげに話しかけてくるし、お茶とかくれるし。自分で飲んだやつ渡すし…「えっっと、○○区ですけど」

「私は、△△区、隣だねぇ〜」お茶をグビグビ飲むとすぐに「飲む?」と聞いてくる。冷たそうなお茶だったので少し貰ったんだが唇がついたペットボトルを飲むときは結構緊張する。

「大丈夫だって!病気持ってないから」といい笑いながら話してる。「あっ、私は真子、よろしく」「あぁ、マコさんよろしく、俺は泰二」と一応お互い自己紹介。

しばらく何処行って来たとか、海外はココがいいとかいろいろ話しながら過ごしてたけど、ネムネムの俺はウトウトし始めた。「ん?泰二君眠いの?ついたら起して上げるね〜」といわれ眠りについた。マコさんはしばらくはDSかPSPか何かのゲームをしていたけど飽きたみたいで俺に寄りかかってくる。

正直なんなんだコイツ!って思い始めてた。寄りかかられた俺は目が醒めてしまうがマコさんはスースー寝てる。セーターの隙間から見える胸の谷間がブラと一緒に観察できるほど見える。

こうなると他の部分、腰とか脚とか尻とか寝てるのをいい事に視姦する。だけど、こっちも長旅で疲れまくりだ、次第に興味を失って再びスヤスヤ。寝ながら股間に温かい感覚。

なんだろう?と思って薄目をあけて深めにかぶった帽子の間から見るとマコさんがわざとらしく寝ぼけた振りして小刻みに揺らしてる。こうなるとヤバイ。見なければ「荷物でも当たってるのかな?」とかしか思わないけど、モロにマコさんの手が触ってると感じてしまうとあとは勃起街道まっしぐら。次第にムクムク大きくなるけど、俺も寝た振り、マコさんも寝た振りギンギンになってんのにわざとらしく2人寝たふり。

ジ…ジィィィ…ジ・・・ジィ…ゆっくりとチャックが開けられる。内心「まじかよ!」。下までジッパーがおりきるとトランクスの割れ目から人差し指がソロリソロリ、ある意味すげーもどかしい!どうせなら一気に触ってくれよ!と思う俺が居るが逆に「なんで?」「いいの?」「やらせ?」「どっきり大賞?」とかグルグルうずまく。

人差し指が竿の真ん中あたりをツンツン突付く。続いて中指。薬指、小指、四本入ったところでトランクスの割れ目はきつきつでこれ以上は指が入りそうも無い。薄目でマコさんの顔を見ようとするが、ここで見たらばれる。

だけど、マコさんの耳が赤くなってるのは解る。パンツの中でいきなりVサインを作るとつまんで引き出そうとしてる。内心「なにやってんだよこいつ!」と思うが期待と不安でどうにも動けない。

なかなかでないのか何回かチャレンジしてる。俺も出しやすいようにアシストしなきゃいけないおかな?と思い「う〜ん」とか寝返りうつ振りしてちょっとトランクスに余裕を持たせる。するとあっけなくギンギンの一物が引っ張り出されてしまった。

いいのかわるいのか?ここで「は〜いドッキリカメラで〜す!」とか言われた日にゃ、担当ディレクターぬっころすね。ギンギンのをモロに握られる。寄り添ってるマコさんの鼓動も早い。なんか、グーバーグーパー繰り返して「遊んでんのかな?」と思ったらゆっくりだけど根元までぐいぐい来る手コキ。

こりゃダメだ、海外で金髪見てボイン見てそれでも遊びに行けなかった。やりたくてもやる相手居ないし、居ても怖いギャングとか拉致られそうだしへたれなんで海外のナイスバディを眺めてるだけだったからすごい溜まってる。声出せないから「う〜ん」とかなんか寝ぼけてそうな声しか発せないこれはかなりキツイ。手コキのスピードが上がる。

はちきれんばかりの亀頭。充血度も高まってる。逝きそうなのにいつ逝くかすげー迷う。いきなりびゅっびゅっ出したらまずいしなぁ。やっぱり起きた事にするしかないのかな。ちっさい声でマコさんが耳元で言う「逝きそうなら手をぎゅって握って」

知らん振りしてたけど、手を握って、発射に備える。でもお互いおきてんのに寝た振りっていうのはなんか笑える。それにいつ誰がこっちにくるかわからないという怖さと興奮。

もうお互い目が醒めてハァハァいい始める。でも寝た振り。もう発射寸前。マコさん何処に出すつもりなんだろう?まぁいいや…手をぎゅっと握る。さらに強くぎゅっと。手を亀頭にくるりと巻きつけるとマコさんはビクビクと跳ねる竿と精子を上手くコントロールする。「ウグッ」って声が漏れてしまった。

手についたドロドロの精子が床に垂れる。マコさんは自分のバッグからティッシュとウェットティッシュを取り出しウェットで俺のを、ティッシュで自分の手を綺麗に拭いてる。拭かれたときにビクッってしてしまうと「クスッ」っと例のかわいい笑い。

夜も日が落ちて車内は暗いので、あんまり大きな声出せないしましてや渋滞中で運転手から何時見られるかとかヒヤヒヤだった。「あのぉー」俺が困っていると「へへへ、気持ちよかった?」「ですけど、いきなりなにかな〜とか思っちゃって」

「ごめんごめん、泰二君年下でしょ?ちょっと虐めたかったのよ」なに笑ってんだ?それも嬉しそうに。「それに、私のモロタイプだし、これから家来ない?」

強引すぎやしねぇか?タイプと言われてイヤな気はしないけど初対面でタイプ+手コキで家なんかいっちまった日にはもう交尾確定!1回断ったんだけど、手コキされて気持ちよくしてくれたお礼みたいな感情が出てきちゃって、とりあえず行きますってことに。でもまだまだ渋滞。今度もよっかかってきて「海外って一人だと寂しいよね」と言う。

なんか悲しそうだ。胸のところにての甲が当たる。ふにゃふにゃしてて温かくでいい気持ち。こっちもお返ししなきゃいけないのか?と思い。何気なく触ってみる。「こ〜ら、泰二君!後でだぞ」すげーかわいい!「ご、ごめんなさい」照れくさくて謝ると、「な〜んて、もしかして泰二君でちょいエッチ?」「えっ?男ですからねぇ〜そりゃ少しは」

「ふ〜ん、ちょっとだけだよ、ばれたら降ろされちゃうぞ」いいんか?触っていいのんか?だって名前しか知らないこんな女の人の胸を揉むなんていいのか?神様ありがとう!次の飛行機落ちても文句言わないね!そっと撫でるように触ってゆくと、いきなりマコさんの身体がビクビク顔が必死で堪えてる。調子に乗ってセーターの中にソロソロ手を入れる「もぉ〜やらしいんだからぁ〜」とは言いながら結構よさげ。やっと乳首到達。おぉ、二つともしっかり起床してる。

指先でこねるように、摘んだり弾いたり。「んっ」とは言うけどそれ以上は声を出せない。ジーパンのボタンを外して目的地へ。

入れた瞬間で解った、べっちょり湿ってる。それもかなり。クリをなでつけると、「うっぁぁ」。小さい声で「これすぐ逝っちゃうよ、もうだめ」

「マコさん、いく時手握ってね」「うん」、コクンと頷く、このかわいさやばい。しばらくクリクリ。震える脚を必死で抑えてる。

「あっ」っと言うと手がぎゅっっと握られてブルブル。ぐたーっとなってたけど、大丈夫かなと聞くと「もぉ〜やらしい手なんだからぁ〜」とぷんぷんって感じ。激萌え。2人でお茶飲んで、渋滞空くのを待ちながらいろいろ雑談。

2時間近くしてやっと解消して家方面へ。「ここで降ります〜」とマコさんが言うと何故か俺にも「はやく、はやく」とか言ってる。マジで?「今日でも明日でも車で送ってってあげるから、降りなよ」もう素直に従うしかなく「はい」。

料金払っていざ出ようというそのとき。運転手「お客さん、今度乗ったら変なことしちゃダメだよw」と言う。えっ?バレバレなのか!2人とも顔を赤くして「すいませ〜ん」

もうのれねぇじゃん!小奇麗なアパートで旅の土産を交換したりあーだこーだ言いながら海外話で花が咲き気がついたらもう夜中。ふとマコさんが「出会ったのもなんかの縁かもねぇ〜」「もちろん失礼なのはわかってるけど、泊まってかない?」だって。

あとはもう獣同士の交尾で次の日の朝近くまで頑張りました。

コメントを残す