エッチ体験談が11,000話を突破しました。

痴漢…したのかな?

PR

厨房のとき電車で通学していた。俺が通学に使用しているのはT線、その日はダイアが乱れ、いつもより混んでいた。ドアが閉まる直前に飛び込んできた奴がいた。無理するな!と思った。しかし、顔を見ると俺好みの女子だった。

年は俺と同じか少し上のC3かK1くらいのだ。顔と顔が向き合う、さらに胸と胸も向かい合う位置になった。女子の胸と言うより、オッパイは十分存在感を感じる大きさだった。ブラのカップの硬さとその下のオッパイの柔らかさを感じた。初めてのオッパイに俺は感動した。

電車が走り出したら、足元がおかしいと感じた(オッパイに感動していて気がつかなかった)。その女子の脚が、俺の脚の間に入っていた。俺のチ●ポと女子の脚が重なっていた。柔らかくて、気持ちいいなーと思ったら、正直に硬くなりだした。やばいと思って、女子から離れようと動いたが、超混みでぜんぜん動かないと言うより、単に太ももにチ●ポをすり合わせる行為になった。

半立ちだったのが、ギンギンになってしまった。当然、女子も顔を真っ赤にして気がついたようだ。動いても外れないので静かにしていればチ●ポが治まるだろうと思ったが、電車の揺れだけでも気持ちよくて、チ●ポはますます硬くなった。俺史上最大の硬さだ。次の駅まで10分ほどあった。ずっと、女子の太ももと胸の柔らかさを感じていた。駅に到着する直前、電車が大きく揺れた。

俺は女子の方へ倒れた。女子の脚が深く俺の間に入ってきた。その刺激で我慢できなくなって俺は射精してしまった。そのとき、俺の理性は完全に飛んで女子にキスした。電車のドアから押し出されるまでキスを続けた。

気がついたら、一人ホームの椅子に座っていた。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR