乳攻め痴漢さんのテクニックに敏感乳首がイキまくり!!

ぴゅあらば

ちょっと長くなりますが、今日あった痴漢を投下します。 下の方は全然触られていないのに長いので、お嫌いな方はスルーしてください。

今日は雨がすごいので、濡れてもすぐに乾くように薄着で 上はタンク、下はカーゴという薄着ででかけました。 ダイヤも大幅に遅れ、案の定私の服も濡れていました。

電車は超満員状態でしたが、できるだけ早く着きたいので 私は特急の一般車両に乗り込みました。 電車が動き出してしばらくすると、私は斜め後ろの人に押されて ドアの所まで追いやられました。 今考えると、その時にはもう狙われていたのかもしれません。

移動するとすぐに、誰かが服の上から背中を触ってきました。 新手の背中フェチかと思って無抵抗でいると 相手の手が前にまわって来て、私の胸を押し始めました。 よくあることだと思って放っておきました。 すると痴漢の手は私の乳首のあたりを引っ掻き始めました。

胸は全体的にすごく感じてしまうので、私の乳首はすぐに硬くなってしまいました。 すると、着け心地重視で選んだカップが、柔らかめだったせいか下にズレて タンクにはズレたブラの上に乗った乳首が クッキリと浮いてしまいました。 恥ずかしくなって、胸を触る痴漢さんの手を脇でギュっとしめました。

すると今度は、腕を私に締められたままで、指先で私の乳首をこねはじめました。 このあたりからはもう声をガマンするのでイッパイイッパイでした。 敏感な乳首を触られ続けて脇の力が抜けると、痴漢さんは乳首を人差し指と 親指で挟みながら、余った指と掌を使ってさわってきました。

ものすごく気持ち良くて、もっと触って欲しくて、バレないようにしなくては と思い、胸を触られたままで鞄から本を取り出し さりげなく読むふりをしました。 痴漢さんもそれに気付いたらしく、ブラのホックを外してタンクの下から手を入れ 直に胸を触りはじめました。 今度はまるで、乳首を中心に搾乳をするよう感じの触りかたでした。

そして痴漢さんは、私が下乳が特に弱いのだと解ったのか 乳首を刺激しながら下乳をこしょぐるような触りかたんしてきたので 私は本当に感じすぎて、体が小さく震えていました。 その後はもう、どう触られたのか判断がつかないくらい気持ち良かったです。

口を噛み締めて、声ん殺すのが大変でした。 そして痴漢さんの降りる駅に着いた時、 「大丈夫?」と聞いてくれて 器用に服の上からホックをはめ直して出て行きました。 すぐに振り返りましたが、ドアから出ていくたくさんのサラリーマンに混じってしまい、彼を見つけることは できませんでした。 あまり文章が上手くないので解りにくくてごめんなさい。

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1014記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。