家族さえ誘惑する魔性の姉…

(36)は、独身のまま実家に同居していたが、兄(32)の結婚が決まると、勤務先のある隣の町にマンションを購入した。「大輔はどうするの?」

俺も家を出たいと言うと、すぐに姉が自分のマンションの近くにアパートを見つけて連絡してきた。”大輔が近くにいれば安心だし”背中を押されるようにアパートを借りた。引っ越してからは、週末に姉の家の洗濯機を借りにいき、一緒に夕食をとるようになった。

10歳年上の姉というのははほとんど母親に近く、近くにできた温泉の家族風呂に誘われても抵抗も無かった。「大輔、背中洗ってよ」しかし、いざ姉の熟れた裸を見ると陰部が膨らんだ。

「大輔、背中に当たってるよ。興奮したの?前も洗っていいよ」胸に石鹸をつけて揉むと、思った以上のボリュームと柔らかさに恍惚となり、揉み続けると姉が声を出し始めた。スイッチが入り、下に手をやりかき回すと、姉は目をつぶり体をよじり反応しはじめた。

気づくと姉は後ろ向きの中腰状態で、胡坐を組んだ俺の足の上に乗っていた。ぬるっと姉が中に入った。姉の声を聞きながら、熱い、気持ちがいいと思った瞬間、一気に噴出しそうになり慌てて抜いた。

マンションに帰り、気まずい雰囲気でいると、姉がコンドームの箱を投げてよこした。「早漏君。自分の姉ちゃん犯った責任とってよね。自分一人だけ気持ちよくなって」寝室に入ると姉がベッドの上に下着姿で待っていた。

放出させ、すっかり素に戻ってしまい、反省モードで姉と続きをする気分ではなかった。裸になったものの、下半身の物もしょげ返っていた。「まったく、しょうがないな」

姉が咥えて舐めだした。馴れた手つきで刺激を加え、体を反転させ俺の顔の上に跨った。その日2度目の放出で、何とか姉をいかせた。

そして次の土曜日の夜、姉のマンションに呼び出された。下着姿の姉が青い菱形の錠剤と、水の入ったコップを差し出した。「大輔、こないだ2回で終わったでしょう」

姉は、優しく俺を寝室に誘った。その夜、いつまでも萎えない物を2時間以上振り続けた。姉は何度いったか分からない。

先日兄に会い、姉ちゃんから逃げるために結婚したと聞かされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 匿名 より:

    良いなうらやましい

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 768記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。