クリスマスに積極的になった姉と結ばれました…

ぴゅあらば

姉と関係を持って約1年になる野郎です。きっかけ2003年のクリスマスに姉から告白され初キス2004年の成人の日に初H2004年の4月から同棲スタート それでは書かせてもらいます。何分1年近く前の話なので、詳しい会話の内容は覚えていないので、その辺はご容赦を…、2003年12月中旬…、仕事で地方を走っていた時…、

姉「今度いつこっちに帰って来れる?」
俺『…24日の夕方には…』
姉「本当に!?じゃ、その晩会えない?」
俺『別にいいけど…、○○はその晩用事とか無いの?その日は世間では…』
姉「あの…それは嫌味ですか?」ここ4〜5年、姉ちゃんの男関係の話は聞いた事無かったです。

姉は弟の俺が言うのも変なんですけど、黒髪でロングヘアーが似合う綺麗系で街を歩いていると、声を掛けられるのは当たり前らしく、今でも、家に帰ってくると、夜のお仕事のスカウトマンの名刺を大量に持って帰ってきます…。

俺『…いえ、そういうわけでは…』
姉「じゃ戻ってきたら、連絡入れてね」
俺『…入れてねって、あのー勝手に話が進んでいるますが…』
姉「…○○○は、その日何か用事あるの?」

俺『…ええ、独身男としては色々と…』
姉「…色々とあるの…?」
この時の姉ちゃんの声が電話口からでも分かるくらい寂しそうでした…。こうなると俺は姉ちゃんには逆らえない…。

俺『その日は、空けておくから大丈夫だよ!!』
姉「本当にー、本当にその日、大丈夫?」
俺『…うん。大丈夫だよ!!』

それから数日後の12月24日…、
俺『…帰ってきたよ』
姉「お疲れさま。私の家で夕飯用意してるよ」

ピンポーン

姉「…はーい、」
俺『○○○だけど、』
姉「おかえり」
俺『ただいま』
…ただいまって俺ん家じゃないんだけどな…、
姉「お風呂沸いてるから入っておいでよ…」
俺『ああ…、うん…』
この時点で姉ちゃんの様子が普段に比べると少しおかしかったです。

普段の姉ちゃんなら、姉「汗でくさいから風呂に入ってきな!!」突き放した言い方しそうなのにとても優しい言い方でした。彼女も居ないかわいそうな弟のために優しくしてくれてんのかな…くらいに思っていました。

当時の俺は彼女に振られて2年近く経っていて、地元に帰ってきた時には姉ちゃんの家によく世話になっていました。俺は風呂から上がると、姉ちゃんが用意してくれた部屋着に着替えて部屋に戻ると、そこにはチキンやパスタが並びクリスマスの雰囲気がありました。

姉「…姉ちゃん、がんばっちゃったー」
俺『…うん、頑張ったな…、すげーうまそー』
姉「冷めないうちに食べな!!」
首を少し右に傾けながら、俺の皿に取り分けてくれる。俺は皿を受け取って、姉ちゃんの手料理を堪能していると…
姉「…おいしい?」
また、首を少し右に傾けながら聞いてきます。

俺『すげーおいしいよ。特にこのロールキャベツなんか、すげーうまい!!田舎の母ちゃんが作ったみたいだ!!』
姉「…やっぱ分かる?これね、母ちゃんに作り方聞いたんだよ。○○○好きだったもんね…」
俺『本当にー、わざわざ聞いたの?』姉「そうだよ。この日のためにね…」

俺『…○○、ありがとうな…』
俺は姉ちゃんの優しさに感動しながら、ロールキャベツを口いっぱいに頬張っていると、
姉「あああー、やっぱりダメだ!!」
急に大きな声を出す姉ちゃん。
俺『えっ!?何!?』
姉「…あのね、○○○は姉ちゃんの事どう思う?」
俺『…はっ!?どう思うって?』
姉「姉ちゃんは○○○の事が好きなの…」
俺『…好き?姉ちゃんが?俺の事を…???』
いきなりの姉ちゃんからの告白でした。
姉「…うん。弟としてじゃないよ…、男として好きって事だよ…」

その時ほど人生で動揺した事は無かったです。実は今まで付き合った女性と別れてきた原因は姉ちゃんだったからです。いいなって女性が目の前に現われても、どこかで姉ちゃんと比べてしまい、結局長続きせずに終わってしまう恋愛を続けていました。

姉ちゃんは、綺麗で優しくって、俺にとって姉ちゃんは理想の女性だったのです。でも、姉ちゃんと俺は血が繋がっていて、俺はギリギリの線で一歩踏み止まっていました…。その理想の女性である姉ちゃんが、俺の事を好きと言ってくれてます。

でも、俺の中で何かが今一歩引っ掛かります。多分、今思うと両親に申し訳ないという気持ちがあったんだろうな…。俺達が愛し合えば孫の顔が永遠に見る事が出来なくなるんだから…。

姉「姉ちゃんはね、○○○の事をずーと前から好きだったの…」
俺『…ずーと前から?』
姉「姉ちゃんが大学入るために家を出るって言った事覚えてる?」
俺『…うん。覚えてるよ…』
姉「本当はね、大学なんて家からも通おうと思えば通えた距離だったんだよ…」
俺『…それならどうして?』
姉「…家に居ると、どうしても○○○と顔を合わせるよね?」
俺『そりゃー同じ家に住んでれば合わすよ…』
姉「…それが当時の私には堪えられなかったのよ」
俺『…どうして?』姉「…その頃から、姉ちゃん○○○の事が好きで好きでどうしようもなくて、でも姉弟だからどうにもならなくて…」

俺『・・・・・・』
姉「…これ以上一緒に住んでいたら、自分の気持ちが抑えられなくなると思って、お父さんに無理言って1人住まいを始めたんだよ…」
俺『…そんな前から…』
姉「…うん。それからは忙しく過ごしてたから、○○○の事も忘れかけてたんだよ。でも、○○○が高校を卒業して就職でこっちに出てきた時に顔を見たら、また気持ちが復活してまだ○○○の事が好きって気付いてからは、今までずっと悩んでて…」と言って姉ちゃんが泣きだしました。

姉「…だから…、…だから今日、○○○に会えたらこの気持ちを伝えようと…」
俺『…うん』
姉「…ごめんね○○○。姉ちゃんのこんな気持ち迷惑だよね…」
俺『・・・・・・』
姉「…ごめんね…、ごめんね…」

…謝り続ける姉ちゃん。俺にはどうする事も出来なかった…。暫らくの沈黙のあと…、姉「…せっかくのご飯が冷めちゃうよね!もうこの話はなし!!ご飯食べよ…」

俺『…姉ちゃん、』
姉「・・・・・・」
姉ちゃんは返事もせず、黙って目の前のおかずを口に運んでいました。俺も黙って食事を始めてると…、姉ちゃんが“ガバッ”と立ち上がって、台所に行ってしまいました。

俺はその様子を目で追っていると、部屋の間に仕切られたカーテンの隙間から、流し台に立ち肩を震わせて泣いている姉ちゃんの姿が見えました。その姿を見た俺は、姉ちゃんが俺の事をどれほど苦しかったのか想像ができ、気付いたときには姉ちゃんの体を後ろから抱き締めていました。

姉「…○○○?」
姉ちゃんは前を向いたまま俺の名前を呼び、抱き締めている俺の手に自分の手を重ねてきました。
俺『…○○』
姉「…なに?」
俺『俺も○○の事好きだ!!』
姉「えっ!?…うそっ?」
俺『うそじゃない!!ずっと○○の事が好きだった!!』
姉「…本当に?」
俺『ああ…、でもこんな気持ちを○○に伝えても迷惑だと思うと思ってずっと黙ってた…』
姉「…うっ、……うっ…、うっ……」
俺『でも、○○の気持ちを聞いて俺の気持ちも、はっきりした!!』
姉「…うっぐ、……うっ…、うっぐ……」
俺『…○○、こっち向いて…』

俺は姉ちゃんの肩に手を回して、姉ちゃんの体を俺の正面に向ける。
俺『…俺、○○の事が好きだ!!俺と付き合ってくれ!!』
姉「…い、いいの?」俺『ああ…』
姉「…ほ、本当に私でいいの?○○○…?」

姉ちゃんは流れる泪を手で押さえる事無く、潤んだ瞳で聞いてきます…。
俺『…うん。○○じゃなければイヤだ!!今の俺には、○○以外は考えられない!!」
俺は姉ちゃんの目を真っすぐ見て答えると、姉「○○○〜!!」

俺の背中というか腰の辺りに手を回して抱きつき、俺の胸の中に飛び込んで大声を上げて泣いています。泣いている姉ちゃんの頭を撫でて暫らくすると、ひくひくさせていた肩の動きも収まり、姉ちゃんが落ち着いたように思っていたら急に乳首の辺りに激痛が走ります。俺『うおっ!?』…正直、激痛というよりかは感じたというか…、

俺『…○○?』
姉「えへへへ…、摘んじゃった!?」
と言いながら、目に泪を溜めながら俺の顔を見上げています。
俺『…摘んじゃったって?結構…』
姉「…うん?結構…なに?」そう言いながら、姉ちゃんが俺の顔を覗き込んできます。

その顔は一生忘れられないほどの可愛らしさで、俺は姉ちゃんの両脇に手を入れて体を持ち上げると、自分の身体ごと反転させて姉ちゃんを台所のテーブルの上に腰掛けさせます。
姉「キャ…、…んっ、もう…」
俺『○○は軽いな…』
姉「…そんな事ないもん。最近太ったもん!!」

口を尖らせながら言ってくる姉ちゃん。俺はその尖らせている口に、不意を突いて自分の口を合わせました。姉「あっ…」

突然の出来事に驚いている姉ちゃん…。俺はしてやったりの顔で、俺『…○○、ごちそうさま!!』と言うと、姉ちゃんは俯いたまま顔を上げません。俺は調子に乗ってやり過ぎたかなっと後悔していたら、姉ちゃんが俺の体に目がけて飛び乗ってきました。

え〜と、体勢で言うと姉ちゃんが俺の首に手を回し、足は膝の裏辺りを俺が抱えている格好…、つまり“駅弁スタイル”です。
俺『…○○、なにこれ?』
姉「○○○が私の事を支えてくれないと私、落ちちゃうよ…」
俺『大丈夫だよ!!普段仕事で何10tの荷物扱ってるって思ってんの?それに比べれば、○○は軽い、軽い…』
姉「…それは違うよ。これから10年でも20年でも私を支えていってね!!って意味だからね!!」

姉ちゃんの言葉の意味は重たかった…。そうだよな、姉弟が付き合っていくって事は普通のカップルの恋愛よりも重たいんだよな…、と姉ちゃんに気付かされました。それでも、俺『…やっぱり大丈夫だよ!!こうやって○○を抱き抱えてても俺、○○の事、苦痛に感じないもん。』その時の俺の正直な気持ちでした…。

そして、それは今でも変わっていません。姉「…ありがとう○○○。やっぱり姉ちゃんの思った通りの人だよ…」と言い終わらない内に、首に回した手に力が入ったと思ったら、姉ちゃんの体が起き上がり、俺の唇に姉ちゃんの唇が重なりました。

姉ちゃんは首の角度を変えながら色々な方向から俺の唇を攻め、俺もその攻撃に対抗していると、俺の歯を姉ちゃんの舌がノックしてお伺いを立てています。俺は歯を広げ、姉ちゃんの舌の侵入を迎え入れました。姉ちゃんの舌は、俺の口の中のあらゆる所を探索し、俺は今でも姉ちゃんに探索され続けられています。興奮してきた姉ちゃんは、首に回していた手を俺の髪の毛や頬に当てて、抱き抱えてている体のバランスが悪くなりだしています。

俺は片手で姉ちゃんの体を抱え上げ、もう片方の手で姉ちゃんの背中を支えながらバランスを取り続けています。そして姉ちゃんの探索が終わると、姉ちゃんは再び台所のテーブルの上に座り直し、姉「○○○とキスしちゃった…」と首を右に傾けながら、俺の顔を覗き込んできます。この首を傾ける仕草は、今でもたまにして俺が姉ちゃんの仕草の中で、1番好きな仕草です…。

お互い照れながら、おでこをくっつけながら見つめ合っていると…、姉「…あっ!?忘れてた!!」急に何かを思い出したように大声を張り上げる姉ちゃん。
俺『…な、何?どうした?』
姉「…ごめ〜ん○○○。姉ちゃん、ケーキ買ってくるの忘れてた…」
この甘ったるい雰囲気がぶち壊しです。今、ケーキの事なんてどうでもいいのに…、と考えていると…、
俺『…あっ?そう言えばケーキ…』
姉「…ケーキがどうかしたの?」
俺『ここに来る途中に買ってあったんだ…』
姉「ええ〜、…で、そのケーキは?」
俺『…車の中にある…』
姉「もう〜、取ってらっしゃい!!」
俺『…うん。じゃ、取ってくるよ…』そう言って玄関で靴に履き換えていると、姉「…○○○〜、ん〜」口を尖らせながら姉ちゃんがキスをせがんできます。

俺『…ったく、ほいっ』と言って“チュ”として車の中のケーキを取りに向かいました。ケーキを取りに行ったあとは、姉ちゃんとこれからの先の事。両親には説明するのかという事。等々話し合い、その晩は過ぎました。

それから姉ちゃんと結ばれたのは半月後。一緒に暮らし始めたのが3ヵ月後です。昨夜姉ちゃんに仕事の内容を聞いてみたんだけど、イマイチ理解出来なかった。

パソコンを使う仕事なのは分かったんだけど、仕事によってはウィンドウズよりマックの方が…云々…。俺も仕事の連絡用にノートパソコンを持たされてるけど、今だにキーボードは画面見ながら右手の人差し指だけだし、画面も見ずに両手を駆使している人間には感服致します。では、ノシ… 2004年1月…会社の人間ドックに合わせて自分の所属している地元に戻ります。

人間ドックは家から離れた病院で行なわれ、その病院は実家に近いため、毎回前日の晩から実家にお世話になっていました。実家に着いて、のんびりテレビを見ていると、母「○○○〜、夕飯食べな…」俺『もうちょっと、あとから…』次の日の人間ドックのため、夜9:00から絶食なのでギリギリまで食事を遅らせようと考える幼稚な俺…(W母「そういえば、○○も今晩来るって…」

俺『…えっ!?』母「仕事の打ち合せが終わったら来るって、夕方に電話あったよ…」俺『そ、そう…』姉ちゃんとはクリスマスに告白をして以来、電話で話す事はあっても、お互い仕事や用事で都合が付かず、会うのはそれ以来でした。俺は姉ちゃんが来ると聞いて、ある決意をしました。

それまでも姉ちゃんとは何度か話し合っていたけど、両親にいつ話そうかという事でした。それまでは、なかなか勇気も出せず時間だけが過ぎていき、答えだけが先延ばしになっていた事でした。そして、俺が遅目の夕飯を食べていると…、姉「ただいま〜」

母「遅かったね…」玄関の方で母娘の会話が聞こえてきます。母「○○○が食べているから、姉ちゃんも一緒に食べなさい…」

姉「はーい…」台所に姉ちゃんが入って来ます。俺『…おかえり、』姉「…ただいま、○○○来てたんだ…」

俺『…って、昨日電話で言ったよね?実家に行くって…』姉「うん。だから来た!!」首を右に傾けながら、俺の正面に座った姉ちゃんは、俺の顔を覗き込みながら嬉しそうな顔をして夕飯を食べています…。(この笑顔で飯が何杯でも食えるぞ!!)俺『○○…、』姉「…ん?なに…?」

俺『今晩、親父と母ちゃんに言おうと思うんだけど…』姉「…えっ!?」俺『せっかく○○も帰ってるわけだし、一緒に言おうよ…』姉「…うん…、」俺『認めてもらえないかもしれないし、怒られて勘当されるかもしれないけど、言うべき人には言っとかないと…』姉「…分かった、○○○の言う通りにする…」

そして夕飯を食べ終わった俺達は…、俺『親父と母ちゃんに話があるんだけど…』居間でテレビを見ていた2人を和室に来てもらい、俺から切り出した…。俺『俺、○○と付き合いたい!!それを認めて欲しい!!』父「・・・・・・」母「○○○本気なの?」

俺『ああ!!俺は、○○以外は考えられない!!』父「・・・・・・」母「それが、どういう事か分かってるの?」俺『…分かってるよ。』母「○○とじゃ、結婚も出来ないし、子供も作れないよ。それに世間の目もあるし…」

姉「全部分かってる!!それでも、私も○○○とやっていきたいの!!」俺『俺達が言っている事は、すごい親不孝な事だと思う。親父や母ちゃんには、孫を抱かせてあげられないし、周りからも変な目で見られると思う。でも俺には○○じゃないとダメなんだ!!』母「…○○も、そうなの?」

姉「…うん。ごめんね、お母さん…」その時には、母ちゃんも姉ちゃんも泪を流しながら話してた…。父「○○○…」

最初から腕組みをして黙っていた親父が、急に話し始めました…、父「○○の事、そんなに好きか?」俺『…うん。』父「…そうか、」と言ったきり、また黙ってしまった…。

その間、10〜15分ほどだったと思う。すごい長く感じた。やがて…、父「お前はもう立派な大人だ。そのお前が決めたんなら、父さんからは何も言う事はない。敢えて言うなら、○○を泣かすなよ…」と言い残して、部屋を出て寝室に籠もってしまった…。

母「…本当はね、お父さんもお母さんもあなた達の事、気付いてたの…」俺『…えっ!?』母「…前にね、姉ちゃんにお見合いの話があったの…」俺『それ、知らないよ…、』母「その時に姉ちゃんは写真も見ずに断って、○○○にはお見合いの事は言うなって言ったの…、姉ちゃん覚えてる…?」

姉「…うん。覚えてる…」母「…お母さん達、思ったの…、○○○に知られたくないって事は…、もしかしてって…」俺『・・・・・・』姉「…ごめんね、お母さん…」

母「それにお母さんは、もっと前から姉ちゃんが○○○の事好きなんじゃないかって、気付いてたから…」俺『…えっ!?いつから…』母「○○○が中学くらいの時からだよ。○○○は、気付かなかったの…?」俺『全然…』母「本当にー?お父さんでさえ、姉ちゃんの様子がおかしいって当時、言ってたのに…」

俺『まったく、気付かなかった…』母「…姉ちゃん。本当にこんな鈍感な男でいいの?」俺『鈍感って…』姉「…だから、私じゃないとダメだと思わない?」母「それもそうだね…、不束な息子ですが面倒見てやってくれます…?」

姉「それは十分承知しています…」俺『…なんか、おかしくねーか?』俺の意気込んだ決意は、予想とは少し違ったけど、実を結んだ結果となりました…。今では、両親も普通に息子夫婦のように俺達に接してくれて、たまに冗談っぽく…、父「お前達の孫が抱けんのなら、金出して若い姉ちゃんでも抱きに行こうかな…」

なんて、DQNな事言って母ちゃんに怒られています。それでも、俺達の関係が親不孝な事には変わりはないので、いつか親父が仕事を引退したらまた4人で暮らそうと、姉ちゃんと話し合っています…。それが俺達、姉弟の親孝行だと思っています。 俺『もしもーし、○○?』姉「どーした?」

俺『俺って芸能人に例えると誰似?』姉「…急にどうしたん?頭でも打ったの?」俺『…いや、ある所でそういう話題になってて…』姉「ふ〜ん…、姉ちゃんが思うに○○○はね…、」俺『ふん・ふん…』姉「ガオシルバー…」(←多分こう書くと思う)俺『がおしるばー?』姉「…そっ!!ガオシルバー」

俺『…あのー、それは、どこの国の人ですか…?』姉「えっ?○○○は、ガオシルバー知らないの?」俺『…はい、知らないです…』姉「○○○はね、ガオシルバーを2回りほど大きくして、10才ほど老けた感じ…」俺『…老けた感じって…、』姉「…それじゃ私は?」

俺『…なにが?』姉「…私に似てると思う芸能人』俺『○○は、あの人だよ、テレビ朝日の丸山アナ…』姉「…は?丸山アナ?似てないよー、それに名前間違ってるよ、丸山じゃなくて丸川だよ、丸山はゴルフだよ…」俺『…そうだっけ?それよりもがおしるばーって誰?』姉「教えなーい、家に帰って来たら、教えてあげるよ…、だから早く帰って来てね!!」ガオシルバーなんて分かんねーよ…、 テレビ朝日の女子アナをググってみたら、勘違いしてた…。

俺が似てると思っていたのは丸川珠代アナではなく、武内絵美アナだった…。あの、眉間にしわ寄せてご飯を食べる武内アナ、あのしわが姉ちゃんがふてくされた時に出るしわや表情がそっくり…。 ここでの姉ちゃんの名前は【絵美】とさせて頂きます。俺の名前ですが、玉山鉄二さんの名前を使用させて貰うと訴えられ、その場合、確実に敗訴は確定ですので【鉄三】とさせて頂きます。

この横棒1本には、色々な意味を込めさせて貰いました。スレ住人のみなさん、これでいかがでしょうか? 2004年1月、成人の日の前日…、昼過ぎに人間ドックを無事に済ませ、再び実家に戻ってきた俺は母ちゃんが用意してくれた食事を食べます…。俺『…母ちゃん』母「…なに?」

俺『親父は?』母「絵美と一緒に、朝から出掛けたよ…」俺『絵美と…?』母「…うん。朝、早く起きたと思ったら絵美を起こして、どっかに連れてったよ…」俺『ふ〜ん…』母「な〜に?彼女奪われて心配なの…?」

俺『…な、何言ってんだ!!アホか…』母「あははは…、ムキになる所が、ますます…」俺『別にそんなんじゃ…』母「…分かった、分かった…、それじゃご飯食べ終わったら、私達も出掛けようか?」俺『…どこに?』母「ダイ○ー…」

俺『買い物かよ…』母「荷物持ち、させてあげるから…」俺『…うん、いいけど…』俺の運転で母ちゃんの買い物に付き合って、大量な食材を持たされて帰って来ると、親父と姉ちゃんが戻っていました…。俺『ただいま…』姉「おかえり、またいっぱい買ってきたね…」

俺「だって母ちゃん、俺が一緒だと思って、いっぱい買いまくってさ…」母「当たり前よ…、何のための丈夫な体だと思ってんの?鉄三の丈夫な体は、母さんの荷物持ちのためなのよ…」俺『はいはい…、それで絵美は、親父と一緒にどこ行ってたの?』姉「あのね、お父さんとね…」

姉ちゃんが言い掛けると、横から親父が…、父「…未熟なお前には、教えれん…」居間でテレビを見ていた親父が口を挟んできました…。俺『何だとー?』父「それは絵美と父さんだけの秘密だからだ…」

俺『…はあ?』今、思い出しても恥ずかしいのですが、この時、ちょっとだけ親父に妬いていました…。姉「…あ、あのね、私達も買い物に行ってただけだよ…」慌ててフォローを入れる姉ちゃん…。

その姿が余計に腹が立つ。父「…何、慌ててんだ?」…この、余裕ぶっこいた親父の態度も腹が立つ。

恥ずかしながら、親父に嫉妬してブチ切れたDQNな俺は…、俺『…俺、用事あるから帰る…』…と実家を飛び出し、車で自宅の方向に走りだしました…。途中、何度か姉ちゃんや母ちゃんから携帯に電話が入ってきましたが、無視し続けて(ここでもかなりアホな俺…w)、仲間を呼び出して、その日は夜遅くまで飲み明かしました…。今、思い出しても恥ずかしい行動の数々…。

夜中の2:00過ぎに仲間を送って自宅に戻ってくると…、姉「…あっ、おかえり…」俺『…何やってんの?こんな所で…』姉ちゃんが俺のマンションの駐車場の前に立っていました。姉「…鉄ちゃん、待ってたんだぞー!!」

俺「…待ってたって、こんな寒い中1人で?』姉「…だって急にいなくって、電話掛けても出ないし、心配で気になって来てみたら、家に戻ってないし…」俺『いつから、ここに居たの…?』姉「…7時くらいから…」(…7時って、5時間以上もこんな寒い中、1人で立っていたのか…)俺は、余計な心配を掛けさせて姉ちゃんに、申し訳ない事をした気持ちが出てきました…。

俺『…絵美…』俺が姉ちゃんの前に手を差し伸べると、俺の手を握り返してくれました。姉ちゃんの手に俺の手が触れると…、(…すごい冷たい、)相当な時間、俺の帰りを待ってくれてたのが、よく分かりました…。俺『ごめんな…、』そう言って、握った手を引き寄せて姉ちゃんの体を抱きしめます…。

俺の腕の中で姉ちゃんは小さい体を震わせています。姉ちゃんは俺の胸に顔を埋め、腰に手を回してきます…。姉「…鉄ちゃんの体、暖ったかいよ…」

腰に回している姉ちゃんの手を握り、俺はこの時に誓いました…。“何があっても、この手だけは絶対に離さない!!”って…、俺『…絵美…』姉「…ん?」俺『…家まで、送ろうか?姉「・・・・・・」

俺『…それとも、部屋に来るか?』姉ちゃんは俺の胸から顔を離し、俺の顔を見上げて…、姉「…鉄ちゃんの部屋に行きたい…」と首を少し傾けながら言って、腕に絡み付いてきました。俺『…いいよ、行こ!!』部屋に入ると…、姉「…初めて来たよ、鉄ちゃんの部屋…」

俺『…そんな事ないだろ?ここに引っ越した時、手伝いに来てくれたよな…』姉「…だって、あの時は、まだ家具とか何にも無かったし…、」俺『…で、どう?』姉「…どう?って何が?」俺『…初めて入った、俺の部屋の感想?』姉「う〜ん、男の1人住まいにしては、結構片付いてんね。」

俺『…そっか?あまり家に居ないから、部屋が汚れる暇がないんじゃない…』姉「…ふ〜ん、本当は誰かに掃除させてんじゃないの〜?」俺『…いねーよ、そんなの…』姉「ふふふ…、分かってるよ〜、鉄ちゃんは、そんなに器用じゃないもんね…」俺『…ったく、親子揃って俺をからかって…』姉「…あっ、ごめんごめん…、」

俺『…別にいいけどさ、それより、体、冷えてない?』姉「んー、ちょっと…」俺『…じゃ、待ってな、風呂入れてくるから…』姉「いいの…?」俺『…着てた服は、洗濯機の中に入れといて。洗っといてやるから…』姉「ありがとう…」

姉ちゃんの“ありがとう…”という言葉に浸りながら、洗濯機のスイッチを押します。暫らくして、姉ちゃんが風呂の中から…、姉「鉄ちゃんー!!鉄ちゃんー!!」俺を呼んでる声がします…、俺『…どうした?』…と尋ねると、姉「…私、着替えが無いんだけど…」

俺『…えっ!?』姉「私が着られるような服ある?」姉ちゃんに着させる服がない…、姉「…もう少ししたら、風呂から上がるから用意しておいてね…」俺『…わ、分かった』急いでたんすを開けて服を探しますが、身長で30?、体重で俺の半分の姉ちゃんの体に合うサイズの服が俺の部屋にあるはずもなく、姉ちゃんが着ていた服は洗濯機で水と洗剤にかき回されています…。

仕方が無いので、俺のスウェトで我慢して貰うことにしました…。俺『…絵美、ここに置いとくね。ちょっと大きいけど我慢してな…』風呂の中の姉ちゃんに声を掛けると、姉「ありがとね、鉄ちゃん…」風呂場の前に着替えを置いて、姉ちゃんが出てくるのを待っていると…、姉「…鉄ちゃん、これちょっと…」

と言いながら、姉ちゃんが、恥ずかしそうにモジモジしています。姉「…大きいよ、これ…」上着の裾が姉ちゃんの膝を隠しています…。

俺『あれ?下は…?』上下揃いのスウェトが、姉ちゃんは上着だけしか着ていません…。姉「…ん、ちょっと履いてみたんだけど、大き過ぎて引きずるからやめた…」俺『…やめたって、それじゃ下は…』姉「ん…、何も履いてない…」

俺『えっ!?』姉「…だって洗濯しちゃったんでしょ?じゃ、履く下着ないよ………ねっ?」俺『…ごめん、後先考えずに洗濯しちゃって…』姉「部屋の中は暖房効いてるし、大丈夫だから…」俺『…そう。それじゃ、風呂入ってくるよ…』姉「うん、いってらっしゃい…」

俺『風呂から出てきたら家まで送ってくからさ、それまでテレビでも見ながら待ってて…』姉「分かった………、」風呂から出てくると、姉ちゃんはソファの上で寝ていました…。姉ちゃんを起こさないように抱き上げ、寝室のベットに寝かせ…、(明日の朝に送ってくか…)翌日は、俺も姉ちゃんも仕事が休み(成人の日)だったので、ゆっくり寝ることにしました。

姉ちゃんを寝室で寝かせ、俺はソファの上で寝ることにして毛布に包まって寝始めると…、姉「…鉄ちゃん、起きてる…?」姉ちゃんが俺の様子を見に来ました…。俺『…まだ、起きてるよ。どうした?』姉「…ん、なんか1人で寝てるのが怖くなって…」

俺『大丈夫か?』姉「…ううん、一緒に寝てくれない?」俺『えっ、一緒に?』姉「………いや?」俺『…いや、じゃないけど、ちょっと…』姉「…なに?」

俺『……恥ずかしい、』姉「…実は、私もちょっと恥ずかしい…。でも、鉄ちゃんと一緒に寝たいよ…」上目遣いで言われると、俺は姉ちゃんの手を引いて一緒に寝室に向かいました…。2人で布団の中に潜り込むと、微妙な空気が流れる…。

姉「鉄ちゃん、ちょっといい?」そう言うと、姉ちゃんは俺の左腕を自分の頭の下に置いて、腕枕の状態にしました。姉「えへへへ…、鉄ちゃんにこうして貰うの夢だったんだ…」

そう言うと、姉ちゃんの頭が俺の腕の上で、ゴロゴロ回っています。無邪気にはしゃぐ姉ちゃんの姿が凄く愛しく見え、姉ちゃんの気が済むまでさせていると、暫らくして腕というか、俺の肩辺りで姉ちゃんの頭が止まりました。首を少し回すと、すぐ目の前に姉ちゃんの顔があります。

止まった姉ちゃんの頭を撫でていると、潤んだ瞳で俺を見つめてきます。俺は、肩に乗っている頭を抱え込み、姉ちゃんの唇にそっと自分の唇を重ねました…。姉「んっ、んっ……」

唇の隙間から漏れてくる姉ちゃんの声が俺の気持ちを一層高ぶらせます。俺は姉ちゃんの上に乗り掛かり、舌を口の中に進み掛けた、その時…、姉「おっ、おえ〜〜、」吐き気を感じた時に出る嗚咽を姉ちゃんが始めました。

俺『…えっ!?』呆然としていると、姉「…ごめんね、鉄ちゃん…、」俺『どうしたの?』姉ちゃんは、俺とのキスに吐き気を感じたのかと一瞬、思いました。しかし、姉「…ちょっと酔ったみたい…?」

と予想外の答えが返ってきました。俺『…は?酔った?何で?』姉「鉄ちゃんの腕のなかで、頭をくるくる回し過ぎたみたい…」姉ちゃんは、はしゃぎ過ぎて気持ちが悪くなるほど回ってしまったそうです。

俺『あははは…、姉ちゃん、いい年して何やってんの?』姉「そんな事、言ったって、途中までは良かったのにな…」俺『何だそれ?』姉「私のなかでは、途中までは計算通りだったの!!」俺『計算通り?』姉「鉄ちゃんと一緒に布団に入るまではね…」

俺『そんな計算してたの?』姉「…うん、それなのに、頭振り過ぎて気持ち悪くなっちゃうなんて、失敗したな…」俺『失敗って』姉「せっかく鉄ちゃんからキスしてくれたのに…」姉ちゃんは俺に背を向けてベットに腰掛け、肩を落としています。

後ろから見ていても、相当落ち込んでいる様子でした。俺『絵美…』姉「・・・・・・」俺は、姉ちゃんの体を後ろから、そっと抱き締めます。

姉「鉄ちゃん…」俺『大丈夫?気持ち悪くない?』姉「…うん、大丈夫」俺『それなら、続きしよっか?』姉「…えっ!?」

姉ちゃんは、こちらに振り向いて俺と視線が合います。俺『いや?』姉「…ううん、続き………して」俺は姉ちゃんの肩を抱き、ゆっくりベットに寝かせます。すると…、姉「鉄ちゃん…」

俺『どうした?』姉「やさしくしてね…」俺『分かってる、任せてな』姉「…うん。」姉ちゃんの言葉が言い終わる前に、姉ちゃんの唇に自分の唇を重ねます。

姉「ん…、」今度は最初から舌を入れ、姉ちゃんの口の中を俺の舌が荒々しく舐め回します。姉「ぅん…、ぅん…、ぅん…」

左手で姉ちゃんの体を支えながら、右手を胸の上に置き、ゆっくりと円を描くように撫でていると、姉「…はぁ…、はぁ…、はぁ…」息が荒くなった姉ちゃんの口からは声が漏れ、恥ずかしそうに手で顔を隠しています。頭をやさしく撫でながら、緊張を解きつつ上着のファスナーを胸の辺りまでゆっくり下ろします。

そこから姉ちゃんの白い肌と形が崩れていない胸の盛り上がりが、はっきりと見えています。その上着の隙間から右手を差し込み、手の平が胸に触れると、姉「あぁぁぁ………」姉ちゃんの吐息が俺の耳に掛かりました。

右手は姉ちゃんの胸に到達し、人差し指と中指の間に乳首を挟みながら強弱をつけて揉み続けます。姉「あぁぁ…、て、鉄ちゃん…、ぃぃ……」胸を揉みながら、残りのファスナーを一気に下まで下ろします。

姉「あっ……」急に上着を脱がされた姉ちゃんは一瞬声を上げ、自分の体を隠す物が無くなって、慌てて布団を自分の体に被せ、姉「ぃやっ…、恥ずかしいよ、鉄ちゃん…」体を隠している布団から顔だけを出して、俺に訴え掛けてきます。

俺『…絵美、布団の中にいたら続き出来ないよ』そう言って、布団に手を掛けると、姉「私だけ恥ずかしい…、鉄ちゃんも脱いで…」俺『分かった』俺は、姉ちゃんの見つめている前で服を脱ぎ捨て全裸になり、俺『これでいい?』と聞くと、姉「鉄ちゃん!!」布団から出てきた全裸の姉ちゃんが飛び付いてきました。

俺は姉ちゃんの体を受け止め抱き合っていると、姉「当たってる…」姉ちゃんが小声で囁いてきます。俺『…ごめん』俺のモノは、はち切れんばかりにギンギンに反り立って、姉ちゃんのお腹の辺りに当たっていました。

姉「ううん、謝らないで。鉄ちゃんが私の体で大きくなってくれるなんて、すごく嬉しいよ…」今度は姉ちゃんからゆっくりキスをされ、ベットに押し倒されます。俺の体の上に乗った姉ちゃんは、体の隅々を舐めてくれます。

耳や首筋から脇の下、腕から指を1本ずつ丁寧に舐め回し、再び俺の体の正面に戻ると、姉「鉄ちゃんの腹筋、割れてるね」そう言うと、俺の浮き出ている腹筋の筋をなぞるように姉ちゃんは舌を這わせます。俺『くっ……、はっ…、くっ……、』声にならない音が口から出てしまいます。

そして、右手で俺のモノを掴み、上下にゆっくりと動かし始めました。その動きに腰が浮いてしまい、その動作に気付いた姉ちゃんの舌は、俺の腹筋から下半身の方に攻撃対象を変え、ゆっくりと顔を俺のモノに近付けていきました。姉ちゃんの手コキによって、今まで見たことが無いほどに反り立っている俺のモノは、もう発射寸前です。

発射をなんとか堪えて我慢していると、姉ちゃんがいきなり俺のモノを口に含みました。俺『あっ……』姉ちゃんは口に含んだ俺のモノを舌で舐め回し、手は上下運動を繰り返します。今、考えると決して上手ではないのですが、姉ちゃんの一生懸命な想いが伝わってきて、次第に射精感が高まってきて、俺『絵美…、イキそうだよ…』姉「…うん、口の中に出していいからね…」

そこから姉ちゃんの手の動きが早くなって、俺『あっ……、』俺は姉ちゃんの口の中に出してしまいました。姉ちゃんは眉間にしわを寄せながら、俺のモノから出ている精子を1滴も残らず吸い出し口を離しました。俺は急いでティシュを手に取り、俺『これ…』と手渡すと、姉「ありがとう」

受け取ったティシュで額の汗を拭いています。俺『…絵美?』姉「うん?」俺『口の中に出たものは?』姉「…飲んじゃったよ」

俺『えええー、飲んだの?』俺は口の中に出した精子を出して貰おうと、ティシュを渡したつもりだったのに、姉「だって雑誌に書いてあったよ」俺『雑誌?…なんて?」姉「男性は喜ぶから飲みなさいって、あと飲むとお肌にも良いから、一石二鳥だって書いてあったよ」姉ちゃんは、その雑誌の記事を疑う事無く信じていました。

姉「嬉しくなかった?」俺『嬉しく無くはないけど、お肌に良いってのはちょっと…』※本当の所どうなのか?今だに分からない。俺『今度からは、飲んじゃダメ!!分かった?』姉「…分かった」

姉ちゃんは首を少し傾け、にっこり微笑みました。その表情に弱い俺は姉ちゃんの体を抱き締め、ゆっくりとベットに寝かせます。姉ちゃんを寝かせると、手を取り頭の上に押さえ付けます。

両手を頭上に押さえ付けられた姉ちゃんは目を閉じました。姉ちゃんの体の上に乗った俺は、ゆっくりと首筋から舌を這わせ、耳を舐め回し、その舌を脇の下まで下ろします。姉「くふっ…、ぅっ……、」

姉ちゃんの胸の上を何度も俺の顔が往復して、両方の脇の下を舐め回します。押さえ付けていた手を離し、脇の下に手を入れ背中に手を回し、もう片方の手で胸を包み込むように撫で回します。俺の舌は、脇の舌から胸に場所を換え、胸の先端を避けるように周りから徐々に舐め上げます。

乳輪まで舐め上げたら下に戻り、再び舐め上げたら下に戻りを繰り返し、最後に乳輪の淵を1周舐め回したら反対の胸に移り、それを何度も繰り返し、胸の先端に舌を這わすことを焦らし続けます。姉ちゃんは焦らされるのが苦痛のようで、俺の体の下で“くねくね”と体を捩らせながら、姉ちゃんが悶えています。それでも、何度も焦らし続けていると、焦れた姉ちゃんは俺の頭を掴んで、自分の胸の先端に誘導しようとします。

しかし、首に力を入れている俺の頭は、姉ちゃんの力では動かす事が出来ず、とうとう姉ちゃんは、姉「…お、お願い、鉄ちゃん…、いじめないで…」顔をあげると、訴えるような目で俺を見つめてきます。その時は、いじめているつもりは全く無かったけど(焦らす事=いじめている事←姉談)、姉ちゃんの訴えかける表情に負けて、俺は一気に胸の膨らみの先端を口に含みました。

姉「ああああ……」姉ちゃんの予想以上の大きな声に驚きつつ、口に含んだ先端を舌で転がすと舌の動きに合わせて、姉「…ぅん、…ぅん、…ぅん」と声を出します。

背中を回した手を反対の胸に添え、指で摘んだり弾いたりしていると、体を震わせながら上体を反らします。

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. 読んだ感想 より:

    中途半端に終わってますけど

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1003記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。