エッチ体験談が11,000話を突破しました。

姉がおっぱいを蚊に刺されたと騒ぐので

PR

ぶぅーーん。バチッ!「ふぅ。やっとやっつけたわ。

この憎たらしい蚊ッ!もうっ!いっぱい刺されちゃった・・・。あ!ヤダッ!!こんなところまで・・・。」居間で、僕と一緒にテレビを見ていた姉。

さっきまで蚊と格闘していましたが、ようやく退治したようです。
「あぁんっ!もう!アタシの大事なオッパイまで刺されちゃった!跡が残っちゃったら、どうしようッ!?」

そんなことを言いながら、姉はタンクトップをずらして胸をチェックしています。

(うわあ。姉ちゃんのオッパイが丸見えだぁ。)「姉ちゃん、早く蚊の毒を吸い出した方がいいぜ。何なら俺が、手伝ってやろうか?」「えっ?○○が手伝うって、どういうコトよ?」

「俺が口で吸い出してやるって、言ってんだよ。」「○○。そんなこと言って、ホントはお姉ちゃんのオッパイに興味があるんじゃない?」「だ、誰がアネキのオッパイなんかにキョーミ持つかよっ!別にいいんだぜ、俺はしなくたって。

だけど、早くしないと染みになっちゃうかもよ・・・。」「むむむ。それもそうね。こうなったら背に腹は変えられないわ。

○○にお願いするわよ。早く蚊の毒を吸い出してっ!」タンクトップをずり下げて、豊満なバストをあらわにする姉ッ!!「じゃ、いくよ、姉ちゃん。んぐっ!んぐっ!」

思い切り、オッパイに付いた蚊の吸い跡にかじりつく俺。(ついでだ。こっちも吸っちゃえっ!)どさくさ混じりに、姉の乳首にまで舌先を伸ばす。「ちゅぱぁっ!んんぐっ!」

「ッッ!!ば、バカッ!!そっちは違うでしょおっ!○○!どこ吸ってんのよっ!」構わず、乳首を吸い続ける俺。「こ、こらぁ・・・。

いい加減にしなさいっ!・・・止めて・・・・。止めて、・・・って・・言ってる・・・でしょ!」姉の体から段々力が抜けてきた。

なんていう妄想をしていたら、カウパーが染み出てきました・・・。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR