服装やら化粧やら最近色気付いた姉ちゃんの部屋から深夜に聞こえる声の秘密

ぴゅあらば

これは僕が20歳になったばかりの頃だ僕はまだ実家暮らし、そして僕の姉ちゃんも同じ家で暮らしていた。

最近よく姉ちゃんはオシャレに気をつかい化粧も濃ゆくなった。出かける回数も増えきっと彼氏ができたんだろう、

そしてとある夜のこと僕は寝ていた、がトイレがしたくなり起き上がった、
トイレに向かう途中で必ず通る場所がある、姉ちゃんの部屋だ、僕はその時何も考えずいつも通りにトイレに向かった、

そしてトイレに向かう途中の姉ちゃんの部屋の横で何かが聞こえた。

「ん〜あ〜」

僕は姉ちゃんが苦しそうにしてると思った、その時僕は長年一緒にいるせいか姉ちゃんが女だということを忘れていた、

「おいッ大丈夫かよ」

僕は部屋のドアを思い切り開けた!!

時間は深夜2時普通ならば家族皆がぐっすり寝ている時間、僕は目を疑った!!
と言うよりドアを開けた自分を憎んだ、どうどうとパンツを脱ぎはらい大胆にまたを広げている奴がいた、

中心部にはまるで僕の下半身に似たような固く電池で小刻みに震えるあれが刺さっている、

見てはいけないものの目線がそこから離れられない
濡れてる凄く濡れている

ドアの向こうにいた大胆にまたを広げ固いものをさしている奴

姉ちゃんでした…

僕は「うるさいから静かにやれよな」と言ってその場を去ったその夜僕は眠れませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 917記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。