姉ちゃんのおっぱいアピール

うちのちゃんって、すごい甘えんぼだ。体つきも華奢でちっちゃいし、として生まれてればよかったのにって思う。

とは言え、姉であることは間違いなくて、それなりに偉ぶったりして、ムカつくこともあるけど。まあ、中高生の頃まではともかく、さすがに最近は喧嘩する事も少なくなった。基本的には仲のいい姉弟だと思う。

一応、スペック。姉、千里。22才。地元の駅弁大学の4年。

来年の4月から幼稚園の先生になる…予定。はじめに書いたとおり、全体に造りが小さい。(貧乳たぶんAカプ)顔とか雰囲気は、三船美佳さん(キレイさのレベルでは、かなり開きがあるが)をグッとジミにしたかんじ。それなりにカワイイ顔だと…俺は思う。

俺、陽介。姉ちゃんと同じ大学(学部はちがう)の入試に落ちて、浪人中…って、どうでもいいか。姉ちゃん、最近、意味もなく俺の部屋に入ってくることが多くなった。このところ毎日だ。

卒業したら、家を出て一人暮らしになるかもしれないって言ってたから、それで少しブルーになってるのかもしれない。夜とか、俺が勉強してると「陽君、勉強?入るよ?」とか言いながら、勝手に入ってくる。

「おぃ、勝手に入ってくんなよ!」と言っても、「あは、ごめんね。でも、ちゃんとノックしてるよ?」と、全然直すつもりはないみたいだ。

俺の部屋に来ても、何をするわけでもない。たいていは俺のベッドに転がって、持参した雑誌を眺めてたり、俺に話しかけたりしてるだけ。しばらく相手してると、そのうち満足して戻っていく。

俺も、基本的に姉ちゃんのことイヤじゃないし(むしろ姉萌え?)適当に相手してるが、時々、ドキッとする事もある。「ねぇ陽くん、いるでしょ?」言いながら、俺の返事を待たずに入ってきた姉ちゃんを見て、びっくりした。

クリーム色の短パン(なんていうんだろ?しらん)に、上は肩紐、袖なしのタンクトップ?キャミ?白地に黄色っぽい花?水玉?の、チマチマ細かい模様。これも名前は知らないが、やたら露出が多い。。。…へ?ノーブラ?!なんか、オッパイのあたりにポチ・ポチと…「姉ちゃん!そのかっこ…」

「おぅ、弟君よ、気がついたかい?嬉しいねぇ。昨日買ってきたやつ。へっへっへ、カワイイだろぅ?」いや、そうじゃなくって…カワイイのはみとめますが…見せびらかすように、キャミ?の裾をつまんでひっぱるもんだから、おヘソが…俺、もうダメ。しかも、なんで俺なの?彼氏とか、いないの?さんざん見せびらかして満足したのか、おとなしくベッドに転がってiPodいじってる。

他に特に用事はなさそう。しかたがない…雑念を振り払って勉強に専念した。勉強が一段落して姉ちゃんの方を見ると、ベッドに腹ばいになってiPod(たぶんミスチルだ)聞きながら雑誌を見てる。

ひざを曲げて、足首で軽くリズム取って…姉ちゃん、けっこう脚もキレイなんだ。俺、さっきの胸ポチを思い出して、ちょっとスイッチ入りかけた。で、視線を移すと…ね、姉ちゃん!そのタンクトップ、ダメ!胸元ゆるすぎっ!ただでさえ、オッパイ小さいんだから!乳首が完全に…思ったとおりだ。

乳首も乳暈も小さく、淡い色だった。かわいい…大きかったり、黒かったりしたら、いやだなと…なんか安心した。俺の視線に気付いた姉ちゃん、人の気も知らないで、こっちを見てニッコリ。

「ね、姉ちゃん、その服、ちょっと気をつけた方がいいと思うよ。」「???」「むっ・・・むねっ!」

姉ちゃん、自分の胸元を見て、一瞬ギクッとしたものの、「ふーん。ヨウくん、姉ちゃんのオッパイ見てたんだ。…ふーん…」って、姉ちゃん、少し頬が赤い。それに、オッパイなんていうなよ。

俺の姉萌え、本物になってしまいそう。姉ちゃん、両手で胸元をそっと押さえて、ゆっくり自分の部屋に戻って行った。そしてその夜、俺は生まれて初めて、姉ちゃんをおかずにしてしまった…ゴメンな、姉ちゃん。

次の日、リビングでテレビを見てると、風呂上がりの姉ちゃんが来た。あのカッコウだ。父さんも姉ちゃんの方をチラッと見て、まんざらでもなさそうな顔をしてる。

おぃおぃ、あんたの娘だぞ。母さんは「千里…その服、ちょっと薄すぎない?」「もぉぉ、いいの!パジャマがわりで家の中しか着ないんだから!」

お気に入りにクレームつけられて、すこしふくれてる。「そぉお?あんたがいいならいいんだけどね…」いいのかよ!ある土曜日、両親は昼前から揃って外出。

なんか、クラシック系のコンサートとかで、帰りも遅くなるらしい。母さん、いつになく念入りにお化粧して、いそいそと出ていった。父さんはいつもと変わりなく…。

昼を少しすぎたころ、「ヨウ、お昼どうする?」「あ〜俺?カップ麺かなんかでいいわ。」「もぉ、ちゃんと食べないと。」

姉ちゃん、キッチンでなんかゴソゴソし始めた。やべ。後ろ姿見てると、たまらなくなってきた。

肩からウエストにかけての華奢なラインとか、小さいおしりとか、スラリとまっすぐな脚とか…20〜30分すると「ヨウ、おまたせ。お昼できたから食べて。」って、テーブルに親子丼がふたつ。「うぁっ、すげぇ。姉ちゃんこんなんできるんだ。」

「ふっふっふっ。見直したかい?弟くん。」ハィ、まったくです。見直しました。「うん、んまい。」

「ほんと?よかったぁ!」素直に喜ぶ姉ちゃん。ホント、やばいよ、俺。

姉ちゃんと並んで親子丼食べながら、やたら汗をかいてた。午後は部屋に籠って勉強(受験生の自覚はある)…してると、やっぱり、姉ちゃんがきた。「ここにいていい?」

俺も心待ちにしてたのは事実。(勉強になんないな)目は机に向けたまま、わざとそっけなく、「またきたの?」「だれもいないし。」

「あーぁ」わざとらしく伸びをしながら振り向いて、びっくりした。例のかっこ。

(へっ?!さっきまで、ジーパンだったじゃん?)俺の顔を見て「ほらぁ、やっぱりよろこんでる。ヨウ君、これスキでしょ?」…ハィ、すきですが…「パソコン貸して。」あっさり話題かえられた。

肩すかしだ。「あ…あぁ、いいけど…」俺のノートパソコン持って、またベッドに腹ばい。

「ねぇねぇ、夕飯どこ行こうか?」そういえば、母さんが出掛けに、夕飯は外食でって言ってたな。姉ちゃん、ネットでいろんな店を調べてるみたいだ。

「ねぇ、こっちおいで。一緒に見てよ。」はいはい、行きますよ。姉ちゃんの隣りに腹ばいになって、画面を覗きこむ。

ベッドの上で、肩とか触れあって、ちょっと嬉しかったりする。姉ちゃんもゴキゲンだし。で、俺はやっぱり気になる姉ちゃんのオッパイ。

もう少しなんだが…見えそうで見えない。ふと気がついた。姉ちゃんが俺の顔をにらんでる…完全にバレてる…「あ…いや、ちがう…あの…ごめん。そうじゃなくって…」

なに言ってんだ、俺。姉ちゃん、あきれてる?おこられる?姉ちゃん、俺のほっぺたを軽くつねった。「やっぱりみたいんだ。」

「…」「あ、うぅん。そうじゃなくって。」姉ちゃん、おこってないみたいだ。

「ごめんね。反応見たくて、わざとコレ着てきたんだょ。」「うん。そうだと思った。わかってたけど乗せられた。」「見たい?」

「…」「だって、このあいだも見てたし。」どうする、俺?素直に見たいって言え!姉ちゃん、きっと優しく見せてくれるぞ!「み、見たい。姉ちゃん優しいし。姉ちゃんきれいだし。俺、姉ちゃんスキだし。」

言ってしまった…よくやった、俺。「あは。やっぱりうれしいね、弟でも。」「弟…か」

「そう。姉弟だからね。」くぎさされたのかな?そうだよな。「ちょっとだけね。」

姉ちゃん、シャツの裾をつかんでたくしあげた。首のところまで。ちっちゃいオッパイと、かわいい乳首。

姉ちゃん、真っ赤になって、それでも、俺の顔をじっと見てる。「こら、ちいせーなぁとか思ってるだろ!」「うん。小さい。けど、きれいだね。」

「ありがと…て言うのかなぁ…」「さぁ…」「もぅ、いいかな?」

「…うん」「ありがとう…て言うのかなぁ?」「ばか。。。」

こんなかんじでした。俺だって、これ以上、姉ちゃんとどうこうなろうなんて気持ちはないから。この後は、姉ちゃんと普通にネットで店探し。

ちょっと洒落たイタリアンに行った。姉ちゃん、「デートみたいだね!今日は母さんたちもデートだし」って、うれしそうにしてた。

同じカテゴリのエッチ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています!貴方が体験したエッチな体験談を投稿しませんか?男性女性どちらも歓迎です!
素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。