お姉ちゃんが介抱してくれたついでに射精させてくれた話

PR

最近寒くなってきたじゃん? で、昨夜寒いから風呂入りたくなかったんだよ。 面倒くさいな〜って思いながら、リビングでゴロゴロしてたらさぁ。 姉が風呂どうすんのって聞いてきたんだよ。 「寒いからもう入りたくねぇ」 って言ったら、 「姉ちゃんも寒いから入りたくない」 って言うんだよ。 で、おれもちょっと風邪気味だったし、コタツに入って鬼殺しチビチビ飲んでたのね。 それから、姉が作ってきたうどんすすって、グダグダとテレビ見てたんだよ。 コタツで、姉の隣で並んでグダグダとね。 

姉「うどんおいしい?」 
おれ「うん」 
姉「アンタなんか、顔赤いよ?熱あるんじゃないの?」 
おれ「そうかも…何か肩の辺りとか痛い」 
そう言ったら、姉がいきなり、おれの前に身を乗り出して、向かい合わせで肩を揉み出したのね。 その瞬間に、シャツの襟で首が軽く絞まっちゃって、はずみで勢い良くゲロを吐いてしまった。 目の前の、うどんもコタツも一気にゲロまみれ。 姉も見事にゲロまみれ。 姉一瞬、激怒ですよ。 

姉「お前!!何でイキナリ吐くの!?ちょっとは、考えろ!」 
おれ「うっごふっゴメン…」 
姉「汚いなぁ!お風呂もう冷めてんのに〜!」 
そこら中を布巾で拭きながら、プンプン怒ってた。 
姉「さっさと風呂行け!着替え用意しとくから」 
おれは、何かフラフラするけど、服を脱いでシャワーを浴びようとした。 脱いだ服を、そのまま洗濯機に入れとくと、姉がまた怒った。 

姉「こら!ゲロまみれなんだから、ちゃんとお風呂でゆすいでから洗濯機に入れろ」 って言って、風呂のドアを開けて丸めたおれのゲロつき衣服を投げ込んできた。 寒いからさっさとシャワーを浴びようとしながら、衣服にもお湯をかけてゲロをゆすぐ。 お湯を出して、衣服を足で踏んでゆすいでたら、足が滑ってふらついた。 熱があったのも手伝ってか、そのまま風呂場で勢い良く転んでしまった。 冷め気味の湯船に倒れこんだので音が響いた。 

姉が、急いでやってきて、素っ裸のおれを抱き起こす。 その時に、また猛烈に吐いてしまった。今度こそは、姉の全身がゲロまみれ。 抱き起こされた時に、姉の肩口に頭があったので、肩からズボンまでゲロまみれ。 
姉「大丈夫?本当に具合悪いじゃん!?ちょっと座んなさいよぉ」 
おれは、何故か朦朧としてた。 熱が上がってたみたい。 
姉「ちょっと、もう、おねえちゃんが洗ってあげるから、ちょっと待て」 
おれ「えぇ…うん」 もう熱に浮かされて、わけがわからなかった。 

そうしたら、姉がゲロまみれのトレーナーとジャージのズボンを脱いで下着姿になった。 パンツとブラだ。 こんな時だけど、なんか艶かしいぞ? 
姉「も〜う!こんなに調子悪くなるまで何で言わないのぉ?」 
怒りながらも、脱いだ衣服をおれの衣服と一緒にゆすいで、おれにシャワーをかける。 
姉「熱、大分上がってるんじゃないの?大丈夫?お風呂追い焚きにしてるから、入る?」 
言いながら、健康タオルに石鹸をつけておれの体を泡立てる。椅子に座ったまま、姉に体を洗われていると、姉の胸の谷間や白い太ももに泡が飛ぶ。 それを見ていると、本体は、フラフラなのにチンコが盛り上がってきた。 

姉「ちょっと…あんた何考えてんのぉ…?」 
やばいなと思ったけど仕方が無い。 
おれ「ごめん。何にも考えて無い。バテマラってやつだと思う」 
姉「姉ちゃんを見て…勃ったの…?」
おれ「違うって…反射的なもんだと思う…疲れてるから…」 
そんな、訳のわからない言い訳をしながらも、チンコは治まらない。 

姉の手が、おれの股に伸びる。 
姉「あはっwかわい〜い♪」 おいおい何考えてんだよ…姉? 
姉「○○も、オナニーしたりするよね?こうやって擦るの?」 
軽く手コキされて、思わずビクっとしてしまった。 
姉「ごめんごめんwびっくりした?硬くなってるけど大丈夫?出さなくてもいいの?」 
おれ「大丈夫、多分後でオナニーすると思う」 
姉「そんなに弱ってるのに、もう今日は寝た方がいいよぅ…でも、勃っちゃったもんねぇ」 
姉は、その後もおれの体を洗いながら、何となくチンコを気にしているようだ。 

姉「よし!じゃあ、ここでお姉ちゃんが出させてあげるよ!」 
おれ「え!?何言ってんだよ?恥ずかしいからいいよ」 
姉「後で勝手に動いて、風邪こじらせる位だったら、今出しとこうよ」 
言いながら、有無を言わせず、シャンプーを付けて、おれのチンコを手コキし出した。 
姉「ねっ?きもちいぃ?どう?」 
おれ「いや、恥ずかしい…」 
姉「やっぱり、何かおかずいる?お姉ちゃんの下着姿じゃダメ?」 
そーじゃねぇwwwこんな状況で手コキされてもwww
姉「ちょっと待ってね。お姉ちゃん協力するから」 
そう言って、姉がブラを外した。 チンコが、一層大きくなった。 おれもおっぱいは大好きだ。でも、姉のじゃねぇwwwでも、勃ってしまうおれorz 

姉「恥ずかしいけど、出しちゃってね…イケそう?」 
おれ「うん…出そう…」 
姉「良かった…お姉ちゃんのおっぱいも捨てたもんじゃないねぇ♪」
姉「出る時言ってね。お姉ちゃんよく見たいから」 
おれ「恥ずかしいよぉ…」 
もう、姉は、楽しんでいるようだ。 
おれ「出る!イクよ!」
姉「出して。どれくらい出るの?」 
そう言って、姉が少し覗き込んだところで、一気に大量に出た。 

ここの所、調子悪くて、オナ禁していたのがまずかった。 姉の髪の毛まで、べったりと飛ばしてしまった。 姉「きゃっ!いっぱい出すぎwwwあ〜も〜う、今日は、ゲロかけられるわ、精液かけられるわ」 おれ「ごめんね…あんまり抜いてなかったから…」 姉「いいよ♪お姉ちゃんも、もうお風呂入るしね」 姉の髪や、顔に飛んだおれの精液を見て、自己嫌悪になった。 風呂から上がって、二人ともしばらく気まずかったです。 姉弟でも、余り下半身には、触れない方がいいですね。 その後、結局熱で朦朧とするし悪寒はするしで別途に崩れ落ちるように寝たんだよ。 やっぱ、風邪引いてる時ってうかつに精液出すもんじゃねぇなwww 体力奪われるぜ。 朝まで意識無かったよ。 

ちなみに姉のスペック。 身長は、150センチくらいだね。 茶髪で今時の感じだよ。 年齢は、22才。 顔は、目袋と唇のポテっとしたアイドル顔。 おっぱいDカップ。 彼氏いる。 でも、何か昨夜のおれの衰弱加減は、見るに耐えなかったらしく、眠りについても うなされてたみたい。 寝言で「寒い寒い」の連発だったみたいだね。 夜中にちょっと目を覚ましたら、隣に姉が寝てんのよ。 おれに体ぴったりとくっつけてあったかいようにしようと思ったんだろうな。 何か申し訳ないような、かわいいような・・・。 あったかいんだけど、おっぱいくっついてなんか落ちつかねぇwwwww って言っても、弱ってるのと風邪薬の眠気で、またぐっすり。 眠ってる時になんか夢見たのかなぁ? 朝起きたら、何故か姉と向かい合わせで抱き合ってたんだ。 びっくりして飛び起きたよ。 思いっきり抱き合ってたからね。 

おれ「ちょっごめん。何で!?」 
姉「うぅんっ…○○寒そうだったから、添い寝してあげてたら、お姉ちゃんもそのまま寝ちゃった」 
おれ「びっくりしたよぉ〜」 
姉「でも、○○寝ぼけてたよ?くっついて寝てたらいきなり抱きついてキスしてくるんだもん」 
おれ「え!?」 
そう言えばそんな夢を見たような気がする。 彼女といちゃついてて、ディープキスした夢をちょっとだけ見た。 感触も残ってる。 
おれ「ごめん。昨夜からなんか、おれおかしい…」 
姉「びっくりしたけど、昨夜やっぱりお姉ちゃんがあんな事したからかな?」 
手コキの事か?さらに申し訳なく自己嫌悪になる。 

姉「昨夜あんなに出したのに、朝になったら、また勃ってる♪」 
ベッドの上で、おれは、朝勃ちのジュニアを恨んだ。 
姉「ずっと…それ当たってたから、気になっちゃってwww」 
おれ「ごめん。彼女といちゃついてる夢見てた」 
姉「はぁ?それでかwキスが激しかったからビックリしたよぉ。いっつもあんな事してんの?」 
おれ「……」
姉「勃っちゃったのも、その夢のせい?」 
それもあるけど、姉の寝起きもそそられるものがある。 
姉「今日は、一日暖かくして寝といたら?ご飯は作るし」 
おれ「ごめん。そうする」 
そのまま、ベッドにもぐりこむ事にした。 でも、昨夜よりは格段に具合がよくなっていたので、一日ゴロゴロしようかなって感じだった。 

姉「寒いから、お姉ちゃんも、もうちょっとベッド入らせて」 
おれ「え?いいけど…」 
姉「あ〜暖かいwww朝ごはんもうちょっと後ね」 
何か昨夜より、姉との距離感が近くなってる。 ってか、布団に二人で並んで、何ドキドキしてんだよおれwww ありえねぇしwwwww おれが寝ようとして、仰向けになってたら、姉がまたくっついてきた。 

おれ「くっついたら暖かいね」 
姉「うん…ちょっと○○背中向けてみて」 
横向きになって、姉のほうに背中を向けさせられる。 姉が、おれの背中に抱きついて、来た。 でぃっDカップが心地よしwww 
姉「○○の背中…おっきくなったねぇ…」 
何故か姉は、そのままおれにしがみついてしばらく時間を過ごした。 段々、布団の中が熱くなってきたので、おれは、姉の方に寝返りをうった。 その瞬間、姉と目が合った。 姉の目は、何故か潤んでた。 そのまま、姉は、おれに抱きついてキスしてきた。 おれの口の中に、姉の舌が思いっきり入り込んでくる。 やばい、寝起きで口臭くないかな? なんて事を思うヒマもなく、おれと姉の唾液は混ざり合って薄くなってくる。 

姉「また勃ってるwww○○何かやらしい♪」 
やらしいのは、あなたです。 ホントどうしたんだ姉? いきなりおれのチンコをさわさわしてくる姉。 確かに勃ってるwwwww 
おれ「何かあったの?昨夜からおれより姉ちゃんの方が心配だよ」 
姉「…○○お姉ちゃんの事嫌いになる?」 
おれ「はぁ?何でだよ?昨夜からおれ迷惑ばっかりかけてるから」 
姉「最近、すごくお姉ちゃん…何かおかしいの…○○と一緒にいるとドキドキする」 
おれ「何でよ?昨夜なんか普通に裸まで見たじゃん?」 
姉「平気だと思ってたんだけど…やっぱ、ガマンできなかったんだよぅ」 
姉の瞳は、益々ウルウルしてた。 やべっかわいいかも? おれもちょっとドキドキしてるかも? 姉は、そのまま右手をおれのパンツの中に滑り込ませた。 もうガマン汁は、出てる。 

姉「触っていい?」 
もう触ってるよwwwおれのチンコを優しく撫でる、姉の右手。 昔から、お絵描きや字の練習を一緒にした右手。 
おれ「姉ちゃん…ダメだよ…また出るよ…」 
姉「出してくれたら…嬉しいかも…」 
おれ「困るよ…ここじゃシャワーで流せないよ…」 
姉「○○のおちんちん、もっと見ていい?」 
何考えてんだ姉!? さすがに痛いぞ? 姉は、一気に半身立ち上がって、おれのズボンに手をかけた。 
おれ「ちょwww堪忍してwww」 
姉「ダメー☆お姉ちゃんにゲロひっかけた罰ですよぉ♪」 
惨めにも、下半身裸にされたおれ。 風邪引きで、寝起きで、しかも下半身裸www 恥ずかしいwwwwww 
姉「何でこんなにずっと勃っちゃってんの?やっぱお姉ちゃんが出してあげたい」 
おれ「もういいよ…何か罪の意識有るし…」 
姉「じゃあ、誰にも言わないし。言えないんだけど…」 
おれ「じゃあ、やめようよ」 
姉「うるさい!黙れ」 
おれ「黙れって…」 
姉「ごめん。お願い。お姉ちゃんの思い通りになってよぉ…」 
そう言いながら、おれのチンコを見つめて、色々といじくってる。 

おれ「姉ちゃん…何か…困るよ…姉ちゃんとしたくなったらどうすんだよ?」 
姉「何言ってんの?そんな訳無いじゃん…○○」 
おれ「もうムリだよ…おれ、姉ちゃん…ガマン出来ない」 
姉「口でしていい?」 
おれ「ダメ…どうせするなら、姉ちゃんに挿れたい…」 
姉「それは、ダメだよぉ…何でそうなんの?」 
何口走ってんだろおれ? 頭の中を、グルグルと色んなイメージが駆け巡る。 
姉「○○としちゃうのは、何か困るなぁ…お姉ちゃんが気持ちよくなっちゃうのは困るよ。うん」 
おれ「ごめん。つい言っちゃった」 
姉「でも、あたしは、○○とする想像した事あるよ♪」 
おれ「おれも姉ちゃんとする想像でオナニーした事あるよ」 
二人で顔を見合わせて、大笑いした。 おれ「とりあえず寒いから、ズボンはかせてよぉ」 
姉「だめー☆じゃあ、二人でお布団に潜って裸になって暖め合おうよ」 
言いながら、姉は、おれと並んで布団を被った。 

おれ「本当に脱ぐの?」 
姉「こう言うのもいいじゃん?たまにはね」 
二人で布団に入って首だけ出した状態になる。 姉は、ゴソゴソしているから脱いでいるのかな? 
おれ「ちょwww本当に脱いでんの!?」 
姉「はぁ?あんたも早く脱げ」 
おれは、しぶしぶ付き合う事にした。 姉は、時々わけがわからない。 布団の中から、ブラジャーとパンツをまとめて姉が放り出した。 
おれ「ちょwww何でパンツまで脱ぐんだよ?」 
姉「うるさい!お前も早く脱げ!」 
もうやけくそです。 全裸になって、二人で抱き合った。 スベスベしてるし、おっぱい柔らけぇwwwww 姉ちゃんちっちゃくて、おれの腕の中にすっぽりと収まる。

姉「○○暖かい?姉ちゃん暖かくて嬉しい」 
おれ「暖かいけど、複雑…姉ちゃん彼氏となんかあったの?」 
姉「何にも無いよ?何で?」 
おれ「だって…おれだって男だぜ?何か悪いじゃん」 
姉「ははは…姉弟なんだから、大丈夫よぉ…セックスする訳じゃ無いんだしぃ」 
おれ「そうだけど…おれこの状況じゃガマンする自信無い」 
姉「○○お姉ちゃんとしたいの?」 
おれ「全力でしたい。姉ちゃんの中に思いっきりぶちまけたい」 
姉「あたしも○○としてみたいけど…それは、ちょっとまずいし…でも、お姉ちゃん頑張るし」 
布団の中で抱き合って、ディープキスしながら、おっぱい揉んでみた。 姉の鼻息ちょっと荒くなった。 

姉「勃ってるから、また擦ってみるね」 
おれ「うん…でもここで出たら困るし」 
姉「だから口でしようとしたのにぃ…」 
おれ「そんな事されたら、おれ間違いなく姉ちゃん押し倒しちゃうよ?」 
姉「も〜う…じゃあ、仰向けになってよ。そうしたらこぼれないから」 
仰向けになったおれの上に、姉が乗る。 布団を被っていても、もう姉の裸は、丸見え。 上に乗った姉は、騎乗位の体勢で、手コキを始める。 滑りが無くて、ちょっと痛い。 

姉「○○さぁ〜お姉ちゃんと、どんな事する想像してオナニーしてたの?」 
おれ「え!?言えないよそんな事…」 
姉「言ってよぉ…お姉ちゃんもその想像したいし…」 
おれ「姉ちゃんに…生でチンコ突き挿して…思いっきり腰振って、中で出す…」 
姉「妊娠したらどうすんのよ?まあ、想像だからいいけど…」 
おれ「想像の中では、おれが、『中で出していい?』って聞くと、姉ちゃんは『お姉ちゃんの中に いっぱい出して、妊娠させてぇ!!』って言うんだよ。ごめん…変な想像してて」 
姉「なるほど…イメージは、つかめた!」 
いつの間にか、姉ちゃんもオナニーし始めてた。 クリトリスいじりながら切ない顔をしている。 おれが、体を起こして姉ちゃんのマンコに触ろうとしたら、とっさに手首をつかまれた。 
姉「ここ触って…」 
姉は、おれの手をクリトリスに導いた。 

姉「んぁ…んんぁぁ…はっはっんっ」 
マンコは、もうぐしょぐしょだった。なんでこんなに濡れてんだ? 
姉「○○汁いっぱい出てきたよぅ…おちんちんの先から汁出てるよぉ」 
おれ「姉ちゃんも、すっごいぐしょぐしょだよ…」 
ガマン汁で、滑りがよくなるほどになるなんて初めてだ。 段々手コキが痛くなくなったきた。 
姉「ねぇ…○○きもちいい?お姉ちゃんすごくきもちいいぃ…」 
おれ「ガマン汁で滑るようになったから痛くなくなって、きもちいいよぉ」 
姉「ごめん…痛かったんだよね。滑る方がきもちいいよね。ごめん。気付かなかった」 
そう言いながら、姉は、おれの手をどけて騎乗位素股を始めた。 どこで、こんな技術覚えたんだ?でもチャンスだから、おれは隙を見て挿入しようとする。 

姉「んっうんっちょっ入っちゃうぅダメぇ…あっ入った。ダメダメぇ」 
おれは、無言で下から腰を突き上げた。 
姉「ダメぇあっあっあっいい…でもダメぇ」 
突然姉は、おれの上から飛びのいた。 おれ「ごめん…つい…」 
姉「びっくりしたよぉ…これでバッチリ濡れたから、手でガマンしてね♪お姉ちゃん頑張るし」 
でも、もう何かガマンできない。 姉を押し倒して、正常位で挿入しようとした。 
おれ「姉ちゃんもうガマンできない!」 
姉「ちょっ…ダメぇ…手でガマンして…」 
正常位の体勢でも、姉は、おれのチンコを握ったまましごき出す。 さっきのちょっと挿入の感触と、姉ちゃんのマン汁でぐちょぐちょの手コキで、もうやってる錯角になる。 
姉「ねぇ…さっきの感じで聞いてみてよぉ『中で出していい?』って聞いて…」 
おれ「中に入って無いもん」 姉「そう言う風に想像してよぉ…お姉ちゃんも想像するからさぁ…」 
おれ「姉ちゃん中に出していい?」 
姉「お姉ちゃんの中に○○のいっぱい出して、妊娠させてぇ!!」 
おれのエロに関する想像力は、かなりの物だと思ってたけど、さすがに生挿入の後の 手コキじゃ、何だかイケない。 

おれ「姉ちゃんの中で出したいよぉ…」 
姉「うん、○○!一番奥で出してお姉ちゃんをメチャクチャにしてぇ!!」 
もうガマンできない。姉の手を無理矢理引き剥がして、股を開かせて、無理矢理クンニした。 
姉「ひぃんん嫌だぁ…恥ずかしいよぉ…あんっああんっ」 
おれ「じゅるっるるっ姉ちゃんきもちいい?指も挿れるよ」 
姉「ダメダメダメぇ!!はぁんんダメぇやめてぇ…そこだめぇ…いい…はあぁんん」 
指で姉の中を刺激すると、大体、姉の反応する所がわかった。
おれ「姉ちゃん挿れていい?」 
姉「ダメぇ…欲しいけど…ダメぇ…」 
でも、もう止まりそうに無い。クンニを止めて正常位に持ち込もうとする。 すかさず姉は、おれのチンコを握ろうとしてくる。 その手首をつかまえて、顔の両横に押さえつける。姉は、足を閉じようとするが非力。 

姉「やめてぇ…お願い…手でするだけにしてぇ…」 
首を横に振ってお願いする姉は、かわいい。 でも、チンコは、止まらず姉のマンコにずっぷりと入った。 
姉「ああぁ…ダメぇ…はぁんん…きもちいい…ダメぇ」 
おれ「おれもきもちいい…すごく…締まるよ…姉ちゃん…」 
姉「ダメぇぇ抜いてぇお願いぃお姉ちゃんもう、泣く…」 
姉の目に涙が浮かんだのでさすがにそれ以上出来なかった。 チンコを抜いたら、すかさず姉に仰向けにされて、また騎乗位になった。
姉「も〜う☆ダメって言ってるじゃん?手でだけだからね?」 
おれ「ごめん。姉ちゃんホントごめん」 
姉「早くイっちゃって、お姉ちゃんも気持ちよくなっちゃったし、手が疲れてきたよぉ」 
おれ「ごめん。もう出そう」 
体を起こして、体面座位になって、姉とキスしてたら、いよいよイキそうになってきた。 
おれ「そろそろイキそう…」 
姉「ねぇ咥えさせてよぉ」 
おれ「え!?何で?」 
姉「姉ちゃんの中だったら、口の中もあるじゃん♪」 
一気に姉は、おれのチンコを咥えた。 その瞬間に発射。 

姉「んっんっぴちゃっおおっお〜んぐっゴクリっお〜いっぱい出たねぇ♪」 
おれ「え!?飲んでくれたの?」 
姉「だってこぼしたら、洗濯めんどいじゃん?それにタンパク質だからお肌にいいんだよ?」 
おれ「そうなの?何かごめんね」 
姉「何で謝る?お姉ちゃんも気持ちよかったよ…」 
おれ「でも…やっちゃったね…」 
姉「はぁ?何で?何を?」 
おれ「何って…セックス…」 
姉「はあぁ!?やってないし!手で出してあげただけだし!」 
おれ「そっそうなのか?」 
姉「当たり前だよw姉弟でセックスしたら変じゃん?オナニー手伝っただけだしぃ」 
おれ「……」 
姉「でも、○○の事好きかも?お姉ちゃんも○○でオナニーしてたけど…想像力で負けた」 
おれ「おれも姉ちゃんの事…やっぱただの姉だわwwwww」 
姉「やっぱねwww近親相姦は、無いわwwwww」 
おれ「腹減った」 
姉「お粥にする?もう吐きそうにない?」 
おれ「もう大丈夫、風邪治ったみたい。熱が上がったからだろうね」 
姉「良かった…じゃあ、用意するね。でも、一応暖かくして待っといて」 

これは、セックスじゃないですよね? 違いますよね? 手コキしてもらっただけですよね? 長くなっちゃいましたがこう言う事があったんですよ。 これはセックスしたって事になるんですかね? 手コキは、セックスじゃないですよねぇ・・・?

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。