仲良しな男友達に自宅でマッサージしてもらってたらだんだんエッチな気持ちになってきちゃって…

ぴゅあらば

ある冬の初めの、寒い日でした。 バイトの飲み会のあと、ひとつ年下の男友達が私を家まで送ってくれました。 彼は、それまでもちょくちょくうちに遊びに来ていたので、自然な流れでその日も寄っていきました。 

ビデオを見たりしながらまったりしていると、彼がマッサージをしてくれると言い出しました。 ありがたく私はうつぶせになると、彼は私の腰のあたりに座って、両手でマッサージを始めます。 いいツボをついてくるので、私は気持ちのよい声をあげてしまいました。 

いやらしい意味は全くなかったんだけど、彼の何かを刺激したらしく、 「なんか変な気分になってきた」と言って、マッサージの手つきが変わってきたんです。 彼の手が、私の腰や腹の辺りをさわさわと行き来します。 私が抵抗すると、彼は強くくすぐるように触り出しました。 

いやらしい手つきではありませんでしたが、明らかに私を喘がせようとしています。 私は酔っていたので、「私を触るならあんたのイチモツも見せろ」と 訳の分からないことを言うと、彼は 「じゃあ、今から触るから、終わるまで声出さなかったら見せるよ」と言います。 今考えると流れがおかしいんですが、その時は電気も消され、 完全に組みしかれていたので冷静な判断はできませんでした。 

それから5分くらい、彼は強弱をつけて私の腰やわき腹、首筋を触り続けました。 胸もブラの上からですが揉まれました。 私は懸命に声を押し殺し、彼も諦めたのか 「わかった、もういいよ」と言って私の上から降り、仰向けになりました。 私は遠慮なく彼のズボンを下ろしました。 すると、トランクス越しにもわかるくらい、彼のアレは勃起してました。 

さすがにそれ以上は見ちゃいけないんじゃないかと思い、躊躇したのですが 逆に彼は乗り気になっていて、「いいからパンツ下ろせ」と言ってきます。 私は覚悟を決めて、彼のトランクスを脱がしました。 初めての男性器だったので、形などくまなく観察しました。 大きさは、いわゆる標準だったのではないでしょうか。 

彼に「触ってもいい?」と聞くと、「いいよ」と言うので 恐る恐る根本の方を触りました。 すごく熱くて、生々しい感触に興奮しました。 連投規制かかるかもしれません そこからは、手が勝手に上下に動きました。 緩急をつけて扱き、しばらくすると彼が腰をもぞもぞさせ始めたので さらに速くしてみると、前触れなく先端から精液が飛び出しました。 精液は彼の胸元に張り付きました。 今では、口で受け止めりゃよかったと思っています。 

次の日、起きてからもまた耳をなめ回されたり触り合ったりしたのですが、 そこは割愛します。 彼は、その後別のバイト仲間と付き合うことになりました。 思わせぶりなのにたいした話ではなくてすみません。 これで私の中でも整理がつきました。 ありがとうございました。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 825記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。