バイトの女先輩に対して見栄を張ったら…童貞包茎チンポを…

ぴゅあらば

17の時、バイト先の女の先輩(23歳)の家でみんなで遊ぶ事になって他の人より1時間早く行ってしまった俺は、先輩と2人っきりだった。俺はその先輩の事が好きだったので、あがってしまって黙り込んでしまった。

その時、先輩が、「ねぇ、○君ってした事ある?」と急に聞いてきた。実は童貞だったんだが、イキがった俺は「ありますよ」とウソをついた。「ホント〜?」先輩はにやにやと笑いながら色々聞いてきた。

ウソはバレバレだったかもしれないけど、必死で答えた。「じゃあ証拠にチンチン見せて」突然の先輩の言葉に俺はあせった。

「やですよ。恥ずかしい」「ほーら、やっぱりまだなんでしょ。だから恥ずかしくて見せらんないんだ」挑発されて、悔しかった俺は「誰にも見た事言わないって約束してください」

先輩は笑いながら「言わない。絶対言わないよ」俺はドキドキしているのを気取られまいと落ち着いたフリをして言った「じゃあ、いいですよ…」実はちょっとこのまま先輩とHできるかも…なんて期待しつつ俺はズポンを脱いだ。

そしてパンツのよじれを直すフリをして、チ○コの皮を剥いたテーブルを挟んで先輩が見ている前で、パンツを下ろした半勃ちのチ○コ(本当は仮性)が顔を出した「へーえ」30秒位じろじろと先輩はチ○コを眺めた。「立派だぁ」

そう言うと先輩はチ○コをゆっくりと撫でた。「う…」俺は何も言えなくなってしまった。

遊ばれてるのはわかっていたが、もっと触って欲しかった。その時「○君、ホーケーでしょ」!何でバレたんだろうと思いながら、冷静な顔を作り(多分顔は真っ赤だったと思う)「違いますよ…」

と言ったが、先輩は「ウソだ〜」言うと同時にチ○コを握り、皮を先の方にぎゅっと寄せた。先輩が手を離すと、反り返っているのに俺のチ○コはしっかりと皮を被ってしまった。

「ほら、やっぱりっ。私判るんだからね〜」死にたい程恥ずかしかった。だが俺は気をつけの姿勢のまま動く事ができずに先輩にされるがままだった。

「結構ホーケーの人っているから気にしない方がいいよ」被ったチ○コを擦りながら先輩が言った。「ホントはまだした事ないんでしょ?」

頭がぼうっとしてきた俺はもう隠せないと思い正直に答えた。「はい…」「フフッ…そーだよね〜」

先輩は強弱をつけてチ○コをにぎにぎしだした。親指が先を刺激していて、物凄く気持ち良かった。その時インターホンが鳴り、他の奴等が到着した。

「早くズボン穿いて」先輩は玄関に向かった。俺はあわててパンツとズボンを穿いた。

それっきりだった。先輩は何事も無かったかのように普通に接してきて、その後、特に連絡を取ることもなかった。3ヶ月後に俺はバイトを辞めた。…なんだったんだろうなぁ、あれは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 828記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。