エッチ体験談が11,000話を突破しました。

親友の奥さんへの想いがつのって…こっそり巨乳を…

PR

初めて投稿します。 文章下手なので、伝わらなかったらすいません。 これまで3年間誰にも言えずにいたのですが、この気持ちを誰かに分かって頂きたくて…

自分にはずっと学生からの友人がいます。 彼とは所謂くされ縁(笑) ただ、自分も彼も悪い遊び(女遊び、酒)は一切しません。 で、彼はというと、奥手も幸いしたのか、ずっと彼女がいませんでした。 そんな3年前のある日。 彼が、なんか嬉しそうなんですね… なんだろう?と思って。

「おぃ!なんかあったの?まさか、彼女とか?(笑)」
「…ぁぁ…」
「まじで?嘘?」

本気で驚きました。 でも、ようやく春が来た。ってことは連れの自分も嬉しかったです。 かなりいいやつですし、人間的にもある意味尊敬してましたから。 で、お祝いに、彼女含めて、4人(自分は当時彼女いました)で遊ぼうと。 どんな子か興味ありました(笑)

ここから、自分にとって、忘れられない一日が始まります。 待ち合わせ当日。 早めに着いた僕と彼女は、二人をのんびりと待ってました。 自分の彼女も何度もやつとは遊んでおり、彼女さんに興味あったみたいです。 で、二人で想像を膨らませては、笑いあってました。 正直、ここまで理想の女の子だとは思ってませんでしたので…

「悪い。待たせたね。」
「…ああ。…」
彼の後ろをうつ向き気味に歩く子。 か細い声で挨拶された後、やっと顔を上げた時…固まりました。 とにかく、かわいいんです。 表情から、優しさが滲み出てるし、薄い青のワンピースでしたが、 出るところは強調しすぎな位出てて… 足はきゅっと引き締まってて。 (あ、有り得ない…) て、本気で思いました。

色々聞き出すと、どうやら、ボランティアの仕事をしてるみたいでした。 で、たまたま仕事先で出会って、告白。 時間はかかったみたいですが、OKしてくれたのが、つい最近とのこと。 その日は溶け込めず、彼女はずっと俯いてました。 それから、事在るごとに誘っては、4人で遊びました。 自分の彼女には 「ねぇ?彼女タイプなんじゃないの?(笑)」 とか、いつも苛められてました。 でも、本気でタイプでした。

半年後、やっと彼女も慣れてきて、楽しくなったとき、自分の彼女の浮気で僕らは終わりました。 失恋当日、必死に慰めてくれる彼女さんが嬉しくて… 本気で好きになり始めていたんだと思います。 失恋の傷も癒えた2ヵ月後。 やっとというか、初めて彼女さんのガードが緩んだ日です。

いつも、首元がっしり。 スカートも長めで、生足どころか、巨乳も全く拝めませんでした。 その日、初めてってくらい、3人で飲みました。 当時、彼女さんは一人暮らし。 で、そこに上がり込んでかなり飲んだと思います。 忘れられないその日の彼女さんの服装は、白のVネックのTシャツに赤のミニスカートでした。 最近の超ミニではないですが、見たこともないほどの露出。 かなり、最初から焦ってました。

まぁ夏なので、普通なんでしょうが、本当にガード固かったので… で、しこたま飲んだ後、彼(ゆうクンて言います)が、泥酔して、横になって 鼾を凄い勢いで。 ずっと飲みはじめから、台所からオカズを運んでくるたび、皿を置くときは 前かがみになるので、ゆったりとした襟元から豊かな乳房が見え隠れ… デジカメを持ってたのですが、中々出せず、悶々としてました。

目の前で、夢見ていた彼女さんの乳房が揺れていたので… 皿を置きながら、ゆう君に目線を移して、話すときずっと見とれてました。 本当に1m位先でFカップはある乳房も、清楚なブラもモロみえなんです。

「あ〜あ。寝ちゃった。こうなると、起きないよね、ゆう君。」
「ああ、そうだね。はは。鼾ウルサイね」

ようやく、ここで頭が回転しました。 (もしかして…チャンス?)
「こいつ、寝顔可愛いね(笑)あ、写真撮っちゃおうか?」
「え?デジカメ持ってるの?あ、撮って。撮って。」
可愛らしい笑顔振りまいた彼女に、不信感は全くありませんでした。
「じゃぁ、フラッシュ炊いて…と」 皿を片付ける手を止め、見入る彼女さん。
「ぁ。撮れたよ。ど、どうかな」 かなりドモってたと思います。
「あはは。すご〜い。笑えるね」
片手に皿を持ったまま、前かがみでテーブルに手を付いたままの彼女にデジカメを差し出し モニターを見せます。 多分、数秒でしょう。 でも、とても長かったです。

彼の視線が怖くて、凝視できなかった彼女さんのおっぱいを目と鼻の先で。 笑うたび、Fカップが揺れます。 完全に体を前かがみにしてたので、お臍まで丸見えで… ブラの全容も、豊かな谷間。とにかく白く透き通った肌。 「ね。何枚か撮ってね。ん?」 固まっていた僕を、彼女が不思議そうに覗き込みます。

目の前に、可愛い笑顔と、たっぷりとした乳房と… 正直、我慢汁で大変でした…ギンギンになっていて。 「あ、うん。じゃ、撮っておくよ。ごめんね。手伝えなくて…」 笑いながら、彼女が台所へと消えていきます。 無い頭を絞った次の手は限界とも思えるものでした。 ばれたら、付き合いが終わることも覚悟してました。ただ、もう止められなくて。

また、かちゃかちゃと片付ける彼女さん(ゆきちゃんと言います) 「あ、そっちこぼれてるね。拭かないと。」 気が付いたゆきちゃんは、フキンで擦ります。 覚悟を決めた自分は、さっとレンズをゆきちゃんに。 ゆさゆさと揺れ動く乳房に向かってもちろんフラッシュは切ってました。 カチ。カチ。 静寂な空間。鼾は凄かったですが(笑) でも、震えてました。

「よし!汚れ取れたよ♪」 はっと我に返り、レンズを元通り彼に。
「あ〜!電池切れてる…ごめん。撮れないや。」
「え〜。仕方ないね。ま、次の機会に(笑)」
「ごめんね。あ、トイレ近いや。借りるね…」
頷くゆきちゃんを見ながら、早足でトイレにこもって即効さっきの画像を。 拭取るため、かなり動いていたのか、少しぶれてますが、初めて手に入れたゆきちゃんの 豊かな乳房とブラ画像。 本当に3こすりかかりませんでした(笑)

最高の気分で、部屋へ戻ると… 鼾をあげていたゆう君が、ぼ〜っと起きてます。 どうやら、ゆきちゃんが、風邪引くから。と起こしたみたいで… その後はあまり覚えてません。悔しくて。 ずっと続くと思っていた幸せを、奪った彼に少し殺意が芽生えたことぐらいしか(笑)

ぼ〜っと見送ってくれた彼。そして、笑顔いっぱいの彼女。 もっと傍で…ゆっくりもっと見たかったです。 ただ、家に着いてから本当に朝まで使いまくりました。 目を閉じると、柔らかい笑顔のゆきちゃんと、目と鼻の先でゆれていた大きな乳房。 そして、手元の画像。 そんな幸せな時も長くは続きませんでした。

まず、二人が結婚をしてしまったこと。 しかも、彼の異動先が本州でなかったこと… そして、自分の宝物も、ウイルスでPCを犯され、データがすべて消え去りました。 本当に苦しい日々でした。 彼との交友も、たまに電話する程度。 まさか、ゆきちゃんと話したい。とは言えませんし… あの柔らかい声も、顔もずっと見れないまま2年が経ち。 僕も、いろんな気持ちを抱えてはいましたが、仕事に追われ、なんとか気持ちを落ち着けようと してました。

でも、どんなときも忘れられませんでした。 あれから3年後、前回の記憶など吹き飛ばすような出来事が、起こります。 去年の夏です。8/1でした。 おそらくずっと忘れられない一日だと思います。 仕事中、不意に携帯が鳴って、着信は彼でした。

「もしもし?どした?」
「いや、お前には伝えないと…って思ってさ。実は、実家に帰るんだよ。来月」
「まじかよ!!本当に!」
ものすごい興奮してたと思います。 しばらく、静かになった後温厚な彼が少し語気荒めてました。

「でかい声出すなよ〜。耳痛いんだけど。」
「ごめん、いや、びっくりしたから」
「ま、うちの可愛い子見てあげてよ。可愛いよ〜」
そう、授かった女の子を見においでってことでした。 本気で動揺しました。ゆきちゃんに会える。その日の仕事なんて、何も覚えてません(笑) それくらい、興奮して、それからの一ヶ月…長かったです。

引越しが決まり、手伝おうと思ったのですが、どうしても外せない大仕事が舞い込んで。 会えたのは、次の日でした。 行くことを伝え、夜眠りにつくとき、ずっと頭にはあの日のゆきちゃんが。 悶々としたまま、浅い眠りを繰り返すばかりでした。

当日。 最新のデジカメをポケットに忍ばせ、彼の家のチャイムを。 心臓が破裂しそうなほどで、鼓動が自分でも分かる位で。 (どんな服?あの当時の可愛いままのゆきちゃんかな?早く会いたい) がちゃりと開いたドアから、顔を覗かせたゆう君。
「うっす。久しぶり。」 隣からぴょこんと顔を出したゆきちゃんを見たとき、多分自分は怒った顔したかもしれません。 期待が大きすぎて、ゆきちゃんが着ていた首下まできっちりとしたサマーセーターみたいなものに 愕然としてしまって… 会えただけでよしとすればよかったのに… そのときの自分は、もうおかしかったんです。 笑顔一杯のゆきちゃんが、霞んで見えるほど、悲しかったです。

その後、色々話したのですが、なぜか、自分は用事を思い出した!と言い残し、 足早に彼の家を後にしました。 家路に着くとき、ずっと後悔してました。 (きっと、悲しかったよな。あいつ。久々の友がこんな早く帰って。) (何やってんだ。俺) 本当に、反省しました。でも、どうやって謝ればいいのか、考えられなかったです。

次の日、仕事が手につかず、外回り中に公園でぼーっとしてました。 (ああ、ごめん。どうしよう…) ぶるぶると携帯がそんな時鳴って。 仕事だったら、居留守使おうと、相手だけを確認しようとしたら。 着信はゆきちゃんでした!

「も、もしもし?」
「あ、よかったぁ。ずっと番号変わってないんだね。昔ゆう君から聞いてたから。」
「ね。今仕事中?大丈夫?」
柔らかいあの当時の声で、心臓がばくばく音立て始めます。 (なんだろう?怒ってる?いや、この声のトーンは…?なんだ?)

「あのね、昨日すぐ帰ったでしょ。仕事だよね?ゆう君も心配してたし、私も気になって」
「あ、ああ。そう。仕事。うん。ごめんね。」
あんなにいいづらかった言葉がさらりと出てきます。
「そっか。よかったぁ♪ね、今度はうちの可愛い子ちゃんと見てね。可愛いんだから」
本当に嬉しそうで。 誤解してないようで、めっちゃ嬉しかったです。
「もちろん。あ、いつでも行くよ。暇だし(笑)」
「え〜。ね、あのさ。他の人だと言わないけど…」
「今日、ゆう君前の仕事先に引き継ぎに行ってて。今一人で寂しいから…でも、無理だよね?」
「!いや、全然。すぐ行くよ。待ってて!」

即効切りました(笑) ダッシュで、会社に戻って、腹痛を訴え、病院行きで早退届を。 子供用のおもちゃをそこらのデパートで購入して。 会える気持ちで、昨日のような期待感はなかったです。 それが、幸いしたのか… 「こんにちわ〜。って昨日会ってるし」 笑い顔で出てきたゆきちゃんは、まさしくあの日の服装。 白い透き通る肌が鎖骨付近まで見えてて。

しかも、だっこする子供が伸ばしたのか、かなり、Vネックがだら〜ん。としてて。 もう、スリッパを出してくれたときには、ぱっくりと谷間がモロに視界に入ってきました。 (す、凄い!ゆきちゃん…)
「どうぞ〜」 昔いた場所とはいえ、今知り合いは数少なく。 しかも、自分はおそらく、心許せる旦那の唯一の親友だったのだと思います。

「いいよ。入って。狭いけど」
笑いながら後ろを向いて、歩くゆきちゃんのスカートがむっちりとしたお尻にくっつくように。 久々の生足。しかも、丈もかなり短くて… 期待は、さらに深くなりました。 (おぃおぃ…今日は電池切れるまで撮るよ!)

居間で他愛も無い会話をしながら、視線はずっとゆきちゃんの胸元、そして、かなり奥深くまで 見える太ももに注がれてました。 昨日の気まずさも消えて、ゆきちゃんはずっと笑ってくれていて。 自分も、色々この2年ほどにあった笑い話などを話し込んでました。

「あ〜。そだ。お披露目しないとね。連れて来るね♪さーちゃん」
だっこをして、戻ってきたゆきちゃん。 目元がゆきちゃんにそっくりで。
「似てるね。ゆきちゃんに。将来美人になるよ。」
「あ、よく言われる。嬉しいな、ありがとぅ。」
シーツに寝かしつけるゆきちゃん。 前回と違い、今回は日の光も強い昼時。 ゆっくり寝かそうとするので、ブラが、当時のままのFカップが、目に飛び込んできました。
「あ、いっぱい撮るね。さーちゃんだっけか?」
「うん。あ、いいな。それ、新しいんでしょ?」

にこやかなゆきちゃんと、さーちゃんを即効で撮りました。 あおむけのさーちゃんの横で、軽くピースをするゆきちゃん。 今回はばっちりでした。
「ねぇねぇ見せて。どんな感じ?」
寄ってきたゆきちゃんを右手で制して、首を振りました。
「後のお楽しみ。全部撮ったら見せるから。後でいいよね?」
「はぁ〜い。楽しみにしてるね。いっぱい撮ってね。」
にこにこと赤ちゃんと遊ぶゆきちゃん。 優しそうなお母さんの顔で、さーちゃんの髪を撫でてました。 (可愛いのはゆきちゃんだよ…ずっと夢見ていたよ。) 適当な会話をしながら、カメラのレンズはゆきちゃんを。 さーちゃんに視線を預けたままのゆきちゃんは、笑ってます。

30センチほどの近距離で、黒子の位置が分かるほど覗き込んでました。 笑うたび、ブラから零れそうなくらい大きい乳房が揺れて。 白いレースのブラ。ゆったりとした谷間が全部見え、ノーガードのゆきちゃんにフラッシュを浴びせました。 「眩しいね。でも、可愛いもんね〜。さーちゃん、良かったね。おにいちゃんが記念にしてくれてるよ。我慢してね♪」 もちろんファインダーにはゆきちゃんしか写ってません。 ちらりと確認すると、谷間どころか、やっぱり黒子も確認できます。

「あ、動画…も、撮らないと。笑顔とか…」
ごまかして、即効動画モードにしました。 揺れ動くFカップをもう、限界まで近づいて、顔と一緒に。乳房だけを。たまにさーちゃんも。 で、撮りまくりました。 ありえないくらい、ゆきちゃんはガードしなくて。 時折ピースをくれたり。 フラッシュもガンガン炊きました。 で、途中から気がついたのは、さーちゃんによっかかってるので、スカートが捲れてて。 この位置からでもかなりえぐいほど生足が、太ももが丸見えでした。

「可愛いね。いいな〜」 もう、何も恐れてませんでした。 ゆきちゃんの耳元に寄り添うように、さーちゃんを眺めながら、そっと腕を伸ばして 角度のついたスカートへとデジカメを差し入れました。 さすがにフラッシュは炊かないですが、隙間から白のPが写ってました。

さーちゃんを見たままのゆきちゃんは全然気がついてません。 腕をそのままに、何度も撮りました。 目線は、目の前のゆきちゃんのVネックから溢れている乳房に。 堪らないほど、ゆきちゃんの白い乳房に興奮しまくりました。 かなりの巨乳なので、肝心の乳首は見えませんが、本当ぎりぎりらしく、薄く乳輪らしき存在は 確認できて。

「ね。だっこする?はぃ」
よっと抱き上げ、さーちゃんを自分に手渡そうとします。 正直怖くて。抱いたことなかったですし。 「ここ持ってね」 むにゅっとゆきちゃんの乳房の感触がもろに伝わってきました。 (や、スゴ!でかい!) 分かってましたが、本当に大きかったです。 分からない振りして、何度も持ち替えてもらいました。 そのたびに、ゆきちゃんと密着しながら、手の甲を押し当てて、感触を味わってました。

「ん。上手〜。ね。大丈夫でしょ?」
「いや、やっぱり怖いよ。またにする。勉強してくるわ(笑)」
なんて、会話して。 そのうち、ゆきちゃんが、何か落ち着かなくなったんですね。 どうしたのかな?と思ってたら。

「えっと、さーちゃんにご飯あげないと…あっち少し行ってもいいかな?」
そう、母乳でした。 本気で目の前が真っ白になりました。
「ああ、もちろん。俺ここで待ってるよ」 ごめんね。って顔をして、ゆきちゃんは横の部屋へと移動して行きました。 その間、ぼーっと待ってたのですが、悪い虫が動き始めて… (もしかしたら、見れる?) そんなことを考えてしまって。 言い訳にトイレを使おうと、覚悟を決めて。 ゆっくり立ち上がって、横部屋へと忍び足で向かいました。 しかし、そこまで神は味方してくれなくて… 戸は閉じられていて、中の様子は見えませんでした。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR