清い交際の彼女がDQNと二股かけてやがった…

ぴゅあらば

俺が高校2年ん時、つきあってる彼女がいた。 はっきり言って俺はセックスとかはしたくは無かったし、クリーンな関係でいたかった。(のちにそんなのは幻想だったとわかるんだけど) 

夏休みの終わりだったかな、彼女を地元では有名なでかい花火大会に誘った。 俺たちは3年付き合ってて、その花火大会には毎年行ってた。 でも、電話したら、「ごめん!ちょっと抜けられなくてさ!ごめんね!」と断られた。 

なんか変だと思って事情を聞いてみたら、女友達とパーティらしい。 どうやら昔からの友達同士でらしいから来ないでって言われた。 そん時は何も疑わなかったけど、後でよく考えてみたら、彼女の声が上ずってる気がした。 なんか考えたくは無かったけど、嫌な予感がした。 

僕は彼女の家までチャリで走っていった。 彼女の家に着いた。 俺は付き合ってるのを隠してたし、彼女の家は厳しいので、ばれたらまずかった。 外から庭のいっつも彼女の部屋に連絡を取る場所に潜り込んだ。 

電気が消えていた。 「騙された?」「リビングか?」「釣りか?」 いろんな考えが浮かんだが、それらは一気に消え去った。 部屋の電気がついたんだ。 俺はとりあえず彼女の部屋の窓に小石を拾って投げる。いつもそうしてるからだ。 「コンッ」石が当たる。 いつもなら(・∀・)ミタヨーって感じで無邪気に彼女が微笑んでくれるんだが、その日は違った。 

窓が開いた。 「あ?何今の?」…男?しかもDQNっぽ… 
「しらなーい。鳥じゃね?」…彼女の声…でもこんな喋り方じゃ… 

ちょっと待て・・・・裸!? 何やってるんだ? 俺は困惑した。 結論はひとつしかなかった。 「彼女は二股かけてた。しかもDQNと。しかも今セクースしてる。」 俺は怒るも、やっぱりDQNが怖くて、かがんで、彼女がDQNに犯されてるのをただ見ることしかできなかった。 自分の無力さに、無知さに、そしてふがいなさで、自然と涙が出てきた。 

そしてしばらくして、その気持ちは怒りに変わった。正直自分はこれで変わったと思う。 

俺は、数日後に、彼女を家に呼びつけた。 彼女はやさしく「なあに?」と言った。 俺は怒りをこらえつつ、見たことのすべてを喋った。 そして一言。 「君の対応次第では、君の親に言おうと思う。俺は裏切られたんだからね。」 自分でもよく言えたと思う。 

彼女は泣いて俺にすがった。 「お願い!親にだけは言わないで!」 引っかかったな、と思った。 まずは「なんであいつにはさせて俺にはさせてくれないんだ?」 って優しく聞いたらすごい上手なフェラチオしてくれた。 彼女の舌がこれでもかと絡みつく。そんな彼女は軽く震えながら、泣いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 822記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。