17,000話以上掲載!!毎日更新!!

略奪によって得た物は、略奪によって失うのよ

[AD]

[AD]

その女性を見た瞬間、いい年齢して(35歳妻子アリ)ときめいた事を告白しよう。4月に新任で入って来た、息子の保育園の保母さん。

色白で背が低く黒髪、スレンダーでちょいロリ系。私のストライクゾーン、ど真中だった。だがその一年は、私も保育園を訪れる事がなく、言葉を交わす事もないまま過ぎ去った。

翌年、その先生が息子の副担任となり、私のトキメキは再燃した。それまでまったく保育園に行かなかったのに、時々顔を出すようになった。それでもテレ屋の私・・・

頭を下げる程度で、何も喋れない。ただ時々、目で追うだけだった。「○○先生って、可愛いよね。」

突然息子が、私にそう言った。「そうだね」私はそう返した。それだけで会話は終わり、何も起こらないはずだったのに・・・

「せんせ〜い、お父さんがね〜せんせいの事、かわいいってよ〜」息子を迎えに行った時、事もあろうか息子がそう大声で言った。「ばかっ!何を言うんだ!」

慌てて止めたが、それが益々真実味を増す結果となった。帰宅し、まだ3歳の息子に言い聞かす。「そういう事はね、大きな声で言ったらいかんよ。」

「なんで?」「先生も、どう相手していいか分からないでしょ。」そんな事言ったって、分かるわけがないのだが・・・

翌日は仕事で遅くなり、帰宅すると妻が開口一番。「あんた、○○先生の事、好きらしいね」とニヤニヤ。「はぁ?」

「保育園でさ、子供が言って回ってたよ。」「なんて?」「『お父さんの好きな、○○せんせ〜い』って」

「はぁ・・・」その翌日から、○○先生と顔を合わすのが恥ずかしくなった。息子の発言は、以後、益々エスカレートした。

「せんせ〜い、お父さんが好きらしいよ〜」「せんせ〜い、お母さんがいなくなったら、お父さん、先生と結婚したいってさ〜」そんな事、俺は一言も言ってないって!しかし、私の代り?に大声で告白するもんだから、それは保育園中に知れ渡る事になった。

明けて翌年。○○先生は、息子の受け持ちから離れた。しかし我家はクラス役員となり、益々保育園に行く事が増えたし、先生方と話す機会も増えた。

まずは7月の夏祭り。先生方と買出し&設営&販売を行う。飲み物の販売を担当したのが、私と○○先生。

買出しや設営まではジャージ姿だったのに、販売時には浴衣に着替えておられた。その姿に萌え〜っ!そして10月の運動会。クラス対抗に出場した私。

その競技で、司会進行をしたのが○○先生。「○○ちゃんのお父さん、頑張ってくださ〜い」なんて言われ、張り切った事は言うまでもない。

加えて先生方の競技で、「思い出」をテーマに作った出し物。○○先生が演じたのは、女子高生。そのセーラー服姿に、改めて萌え〜っ!浴衣姿にしてもセーラー服にしても、写真に収めた事は言うまでもない。

運動会の翌日、「昨日はお疲れ様でした〜」思いがけず○○先生から話し掛けられ、すっかり鼻の下を伸ばしてしまった。「先生こそ、セーラー服可愛かったですよ。思わず写真、撮っちゃいましたから。」「え〜っ・・・恥ずかしいですぅ」

書いてて、何でもない会話だなと、自分でも思う。だけど私にしてみたら、もの凄い進歩だったりするわけで・・・年が明けて2月。

子供達の学芸会が行われる。会場設営に赴いた私。無事に学芸会が終わり、後片付けも手伝う。

それが済んで、園長の計らいにより園内にて、軽い打ち上げが行われた。息子によって、公にされてる私の恋心を汲んでか、横に○○先生が・・・緊張して、まるで酔えなかったよ。

「○○ちゃんのお父さん、全然酔わないんですね〜」少し酔い気味の○○先生。「いや・・・まぁ・・・ある程度は飲めますから」

「いいですね〜あたし、あまり飲めなくって・・・」「いやいやいや・・・酔える方が羨ましいですよ。」なんて会話も、周囲の視線を気にして行う。

「○○ちゃんのお父さん、確かITでしたよね?」違う先生から聞かれ、「あ、はい・・・」と答える。「じゃ今度、合コンしましょー♪若い人、いっぱい連れて来て下さいよ」

「いいですよ、しましょうか」なんて話した所で、園長からストップがかかって、この話題は終了した。はずだったんだが・・・通勤中、同じく保育園に向う○○先生と、これまで何度かすれ違った事がある。

お互い頭を下げる程度だったが、あの打ち上げを境に、2、3言交わすようになった。そのうち、お互いに手を振り合ったり、足を止めて5分程話したり。そして○○先生の方から、「合コンの話はどうなりました?」と聞かれたから驚いた。

「えっ?あれ、本気だったんですね?」「ナカナカ企画を言って来ないと、他の先生達、やきもきしてますよ」「分かりました。それなら企画します。連絡先は、○○先生でいいですか?」

「あっ、いいですよ。では・・・」メアド、ゲッチュ!先生達は6人。会社のイケメン独身も6人、なんとか集めた。

「ロクな人いなかったよ〜」と、言われたくなかったから。会もそこそこ盛り上がり、2次会に行こうとなったが、「後は若い者同士で」みたいな・・・妻帯者が、いつまでもいても仕方なかろうと思い、店だけ確保して帰る事にした。

「あの〜・・・帰るんですか?」酔った○○先生は名残惜しいが、帰る事にする。「後は若い人同士で、ゆっくり楽しんで下さい。」

そう言い残し、一人駅に向った。そのホームで・・・携帯が震え、メールの着信を知らせた。

見ると○○先生から。今、どこですか?駅で電車を待ってます。私も帰ります。

そうですか・・・つまらなかったですか?はい。申し訳ありませんでした。○○ちゃんのお父さんが、帰るからです!えっ?すみません。電車があるうちにと思って・・・

私もそちらに向いますから、待っててくれたら許します。ウソです。待ってて下さい。一人で帰るのは寂しいですから。分かりました。5分後、先生と肩を並べて電車に乗った。

○○先生は終始ニコヤカで、ずっと楽しげに喋っていた。電車を降り、改札を出る。私の家に行くには左で、先生の家は右。

だが不思議と別れる事が出来ず、コンコースで長々と話す。やがて終電がなくなり、駅員から早く出るように言われた。「では・・・この辺で・・・」

タクシーはあるし、そこで別れても問題なかろうと思ったのだが・・・「お父さん・・・」先生が小声で、そう私に呟いた。

「もう少し・・・お話しできませんか?」深夜営業のファミレスに、二人向かい合って座った。頼んだのはコーヒーだけ。

30分ほどでコーヒーはなくなり、あとは水だけで、2時間以上も話す。時間はもうすぐ3時。「そろそろ帰さなきゃ」と、真剣に思いだした。

が、先生の方は、ナカナカ話しを止めようとはしない。でもそのウチ、先生がアクビをするのを見て、「そろそろ帰りましょうか?」と切り出した。「そうですね・・・もうこんな時間ですね・・・」

腕時計を見ながら先生が言う。会計を済まし、タクシーのいる駅に向って歩き始めると・・・突然先生が腕を組んできた。

驚いて先生の顔を見るが、先生は目を伏せたままで・・・ゆっくり歩き、時間をかけてタクシー乗り場に着いた時、「あの・・・あたし、嬉しかったんです・・・」「えっ?なにがですか?」

「○○ちゃんが、お父さんが好きって言ってるって・・・」「・・・」「あたしが先生になってはじめて、『先生』と呼んでくれたのが○○ちゃんで・・・」

「・・・」「○○ちゃん、保育園でいっつも、お父さんの話しを楽しそうにしてくれて・・・」「・・・」

「いい人なんだろうなって・・・気になってて・・・」「・・・」「最近、よく喋る事が出来るし・・・それに今日だって・・・」

「・・・」「嬉しかったです・・・ありがとうございました・・・」夜もふけ、未明と呼ぶにふさわしい時間。

人通りはまばらだが、それでも数名が、私達の横を通り過ぎた。私達は抱き合い、長いキスを交わした。「このまま、時間よ止まれ」と念じながら・・・

「妻子ある人を好きになっちゃって・・・あたしってバカですよね・・・」「・・・」「先生って呼ばれる立場なのに・・・」

「・・・」「でも、誰かも言ってましたけど、好きになった人が、たまたま妻子ある人だったんですよ。ただそれだけなんです。」「・・・」

「すみません、遅くまで・・・ご迷惑おかけしました。」涙を流しながら、そう言う彼女。私はもう一度抱きしめ、長いキスをした。

涙を流す彼女の肩を抱き、私達は同じタクシーの車内にいた。まるで子供のように、泣きじゃくる彼女が愛しかった。「失う事が多く、得る事があってはいけない恋」

失う覚悟の出来ぬまま、足を踏み入れてしまった二人。誰も、今持ってる幸せを失いたくはない。失いたくはないにも関わらず、ほんの一瞬の気の迷いが、そこに足を踏み入れさせてしまう。

翌年・・・○○先生は、職を失った。私は息子と妻を失い、親からも勘当され、仕事も失ってしまった。

大阪へと夜行高速バス。なんとか見つけた就職先は、これまで勤めた職場とは、給料がまるで違う。住むのは1Kの、フロなし、トイレ共同の安アパート。

慰謝料や養育費を考えたら、それ位にしか住めない。隣には○○先生こと、彩音が寝ている。もしもこのまま、二人添い遂げる事が出来れば、それはそれで良かったのかもしれない。

でも・・・離婚届にハンを押す私に、妻が言った言葉が耳を離れぬ。「略奪によって得た物は、略奪によって失うのよ」

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次