彼女の姉に押し倒されて騎乗位で…もう人妻しか愛せない!

21歳の時、僕には19歳の彼女がいた。彼女は三の末っ子で、27歳の長女、24歳の次女と二人の姉がいた。

僕が彼女の実家にご飯を招待された日の出来事だった。僕、彼女、彼女の母、父、次女、長女とその子供の7人でごく普通に食卓を囲んで食事を済ませた。その後、みんなでお酒を飲み始め、車で来ていた僕は彼女の家に泊まる事になった。

緊張していた僕もお酒が入り緊張も解けて来てみんなで仲良く話せるようになった。母、父、と順に1人ずつ床に就いていき、最終的に4人になり2階で飲み直す事にした。段々お酒も入ってきて、下ネタなんかも飛び出してきたりして、最後は1番上のお姉ちゃんの結婚までの馴れ初めなんかも聞いたりしていた。

ただ…僕には1つだけどうしても気になる事があった。それは長女の旦那さんの存在だ。僕は聞いてみた「今日旦那さんは?」

すると「出張に行ってる」と普通の返答で僕は逆にビックリした。なぜなら僕は×1のシングルマザーだと思い込んでいたからだ。まさか子供はいたが人妻だとは思っていなかった。

僕は頭の中で自分に言った「失礼だな俺はと…」そんなコトを思いながらも内心僕はドキドキしていた。急に人妻だと聞いて凄く魅力的に感じたからだ。

最後の最後は過去の恋バナをしながら夜は更けていった…最後の恋バナはほとんど覚えていない…お酒のせいでは無い、長女のせいだ。そうしながら僕も彼女もお姉ちゃん達も寝る事にした。僕は床に就くなり彼女に背を向けた。

僕は彼女を抱く気になれなかった…酔った、疲れたと嘘を吐きながら寝たフリを続けた。なかなか寝付けずにいた…彼女はスヤスヤ眠っている。僕はトイレにたった。

用を済ませて部屋に戻ろうとすると…部屋の前に長女が立っていた。どうしたんだろう?と思いながら近寄って行くと、何も言わずに僕の手を引いてお姉ちゃんの部屋に連れて行かれた。僕も抵抗しなかった。

この後起こる事が予想出来たから。部屋に入るや否や何も言わないまま徐に洋服を脱いでいく…。少し唖然としている僕を見て、笑いながらベットに倒されて洋服を脱がされた。

終始リードされてドンドン進んでいく息が荒くなっていき、声を殺しながらも微かに漏れる声に感じながら。僕の全身を舐めていく、負けずに僕も舐めていくともう乱れていく、凄く感度が良く喘いでいく。下半身に手を伸ばすと凄く濡れていた、するといきなり上に乗っかって来て自ら動いて来る。

イクと言っても動き続けて僕は耐え切れず中で何度もイってしまった。本当の人妻の魅力というものをこの時教えられた気がする。その後も長女との関係は何度か続いたが、彼女と別れてから会う事はなくなった。

この彼女と別れてからというもの…俺は人妻が大好きになった。ここ数年人妻以外の女性と付き合った事がない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 770記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。