寝取られによる胸の苦しさと、興奮がクセになり…

ぴゅあらば

初めて寝取られによる胸の苦しさと、興奮を覚えたのは今の妻、果帆と付き合い始めてからでした。果帆は今32歳で私と知り合って7年目です。

容姿は165cmと背の高い方で、若い頃は今のグラビアの亜里沙に似てました。あそこまで美形では無いと思うのですが、亜里沙をちょいブサにしたら果帆です。色白七難隠すと言いますし、肌が白いのと胸がFカップ有るのでかなり男は狙ってきます。

でも細身で巨乳という訳ではなく、二の腕は結構プルプルしていますし、タイト目なパンツやスカートを履いた時には、ウエストのお肉が若干乗る事を365日気にしているのが微笑ましい感じです。一緒に買い物していて、俺がちょっと電話で中座した時にサラリーマンにナンパされてたり、家の近所で散歩中におじさんに電話番号渡されたりと、俺が把握してるだけで結構有ります。性格は割と古風でのんびりしてるO型タイプビビりなところもあるんですが、一切ビビっていないように見せる演技力も持っていて結構仕事ではしっかりしている面も発揮しているようです。

家では凄いおしゃべりで、愚痴も毒も吐くので、俺は聞き役が大変な毎日です。その果帆が24〜26歳の頃でした、モニターやカットモデルとして月に2〜3度、美容室へ通っていて、その美容院専属モデルみたいになっていました。本人も綺麗にして貰って、更に綺麗に写真を撮って貰って、雑誌などに載ると嬉しそうに見せてくれました。

俺も若い時しか出来ないし楽しんでよって、俺も果帆の色んな髪型楽しませて貰うねって、言ってました。ちょうど俺と果帆が付き合って1年弱でしたか俺は友達と飲みに行き、何軒目かでキャバクラへ行き、そのままアフターで仲良くなってキスだけした嬢がいました。その嬢とのメールのやりとりを果帆に見られてしまったのです。

風呂から上がると、果帆が鬼の形相で、瞬間「あ、見られた」と察しました。散々絞られ、その場でアドレスを消され、「別れないけど、私も浮気し返す」と宣言されました。俺は「へ?もしかして相手いるの?」と聞くと「候補は居るわよ」と候補は美容室のスタイリストで果帆より2歳年下の浜田君という人で、話も結構合うらしい。

果帆の専属は女ディレクターだったので、そんなアシスタントの存在があったとは意外でした、果帆曰く、単館上映モノの映画が好きなところとか、趣味がぴったりで話が盛り上がるし実は機会があれば是非行きましょうみたいな事になってるらしい。俺が「客商売なのに実際客のこと誘えないんじゃない?」と言うと「私客じゃないもん。」「来週トリートメントだから、付きっきりになるな」

つまり都合が合えば行くかもしれないよって匂わせてくる。俺も果帆もお互いに一人暮らしだったけど、なあなあで半同棲みたいになってたし果帆の束縛にもちょっと窮屈さ感じてたから、お互いを見つめ直すいい機会かなと少し距離を置いてみることにした。俺は多分果帆に追いかけられている側で居て、調子に乗っていた部分もあったと思うがあとあまりに果帆が浜田さんをかっこいいかっこいい言うから女々しくも一応その男についてちょっと検索するといきなり写真がすぐ出てきて、かなりの男前というか、美男子。

某SNSサイトではファンが作った、○○浜田コミュニティみたいな出来ててメンバーも300人くらい居るしで果帆もメンバーだし笑果帆には「デートくらい良いんじゃない?」って言ったけど、これ実は果帆ですらデートして貰う側なんじゃね?って汗掻き始めた。更にサイトで調べると身長185cm、指が長いとか、接客が丁寧とか、声が素敵とかちなみに俺自称175cm、果帆には185くらいがお似合いなのか、、ってネガティブなところも顔を出してきた。それに果帆は今までイイなと思った男とは必ず付き合ってきたと言うし恋愛に関してポジティブなメンタルの持ち主だ。

確かに果帆に誘われたら美人局として疑われて敬遠されるくらいしか断る理由は無いとも思う。でもまあ俺もそこそこ果帆に優しく接してた自負も有りましたし、浜田くんは果帆より年下だし、果帆には合わないだろう直ぐ俺のありがたみに気付いて、連絡よこすと思っていた。案の定1週間くらいで果帆から電話が掛かってきた。

「明日カルボナーラ作るけど、ウチ来る?」俺の好物餌に誘ってくるなんて、可愛いとこあるじゃんって思ってテンションも上がり翌日昼から果帆のアパートに向かった。部屋で出迎えてくれた果帆はイメージが変わって見えた。

多分髪のカラーも若干変わったのとトリートメントとかで艶も増してたのと久しぶりに会うということで部屋でも薄くメイクもしていたからか。格好はいつものタンクトップにスウェットだったのだが。1Kの部屋で床に座って待っているとキッチンから出来たての食事を運んでくれた。

付き合って以来、2日会わないことすらなかっただけに1週間位会わなかったことで、ぎこちなさと照れが有ったと思う。相変わらず美味しいと言って、テレビを観ながら世間話して食べ終えて俺が洗い物をしていたら、果帆が後ろから抱きついてきた。もう既に嫌な予感俺「どうした?」

果帆「ねぇ、浮気した時って、私の事思い出した?」俺「だから、どうしたの?」果帆「その時後悔した?」

もうその時点でバクバク胸がはちきれそうになり、息が詰まってきた。あれが酷いと過呼吸になるんだと思う。俺「・・・デートして来たの?」

果帆「ううん、デートはして無いけど次の約束してきちゃった。」それから話を掘り下げて聞いていくと先週仕事終わりに美容室へ行き、最初からシャンプー担当して貰いトリートメントに入る頃には閉店時間過ぎていた事も有り、広い店内でほぼ徐々に2人きりになったそうで割と気兼ねなくプライベートな会話になったとそして、この前の映画の話になって、向こうから、今日この後一緒に行きませんか?ということになり浜田さんの通勤で使用しているバイクで行くことになったとでも、乗る前に貸して貰ったヘルメットが彼女専用のモノだと知って彼女さんに悪いと乗るのを遠慮してると、2人でタクシーで行こうと言ってくれたんだけど果帆が「間に合わないからヘルメット借りる、彼女さんに謝っといて」と結局二人乗りで向かったとここで俺がどんなバイクか気になり聞くと果帆「タイヤがボコボコしたやつ」だと後に確認したのだがモトクロスタイプでした。

俺は内心「うわー、後ろから抱きつかないと乗りにくいヤツだ・・・」果帆はパンツスーツ姿で胸押し付けたのか、と鬱勃起してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。