部活の合宿で先輩にリードされて騎乗位で童貞卒業!

高2の時の話です。 その年の夏休み、部活の合宿で1週間ほど合宿所に泊まることになりました。 基本的には男女別に合宿をする学校なのですが、部屋の空きの関係で人数の少ない我が部は男女混合に。 何事も無く、普通に合宿は過ぎて行き最終日前夜、その日の部活動も終わり、汗を流しにお風呂に。 ここでトラブル発生。女子風呂が故障したんです。 

話を進める前に合宿所の部屋の説明をしておきます。 各お風呂へは廊下からの入口があるのですが、それぞれ、男子部屋から男子風呂へ。女子部屋から女子風呂へと廊下に出なくてもいいように、扉があるのです。 

そこで男子風呂を、最初に女子が使い、その後に男子が使うということに。 みんな疲れていたので、部屋で横になっていたのですが、隣から女子の声が聞こえてきます。 横になっていた男子は、いっせいに壁際に行き聞き耳をたてます。 しばらくすると、シャワーや水の流れる音が聞こえてきます。 

誰かが「裸だよなぁ」とつぶやくと、隣にいた敏夫が、「沙織先輩もいるんだよな」と、これでもかっていうスケベ顔で俺に言ってきた。 この沙織先輩が、俺の本命だったんです。たぶん、みんなも好きだったと思う。 で、でてくるのがこの言葉。「覗いちゃうか!?」 そこで、みんなで浴室につながる扉に向かい、少しだけ開けて覗きこんでみると、「キャーッ」って。 あっさりバレました。 

男子全員、夕飯まで廊下に正座。 みんな、思い思いに愚痴を溢していたのですが、弘志が「最後の夜だし、飯が終わったら酒でも買ってきて飲まないか?」と言ってきた。もちろん、誰も反対などしない。 食事も終わり、風呂にも入ったところで、俺と弘志が買い出しに。 消灯の時間にもなり(10時だよ、早いよね?)、静かになったところで宴会開始! しばらくすると、入口からトンットンッとノックの音が。みんなの動きは早かった。酒を隠し、電気を消して寝たふり。

すると、入口が開いて立っているのは、沙織先輩を筆頭に、3年女子。 布団から出て「ビビらせないでくださいよ」と、部屋の明かりをつけた。 沙織先輩は、「ねぇ、お酒飲んでたでしょう?」っとお見通しよって感じで覗きこんできた。 反射的に「はい」と言ってしまった俺。。。あわてて、「先生には言わないでください」と哀願。 すると、「言うわけないじゃん。私たちも混ぜてよ」って。 明美先輩から、「今、先生達はいないよ。出掛けたの見たからね」って報告が。 

みんなテンションアップ!どうぞどうぞと、男女が交互になるように円を作って座り、飲み始めた。 そろそろ日が代わりそうな頃に、トイレに行っていた敏夫が慌てて戻ってきた。「先生が帰ってきたぞ、やばい!」と言ったので、またもや電気を消し、酒を隠して、布団に潜り込んだ。 不幸中の幸いなのか、俺の布団の中には沙織先輩が潜り込んで隠れた。 沙織先輩のいい香りと温もりに、興奮度MAX!!アレも最大パワーに盛り上がってしまった。 

しばらくして、入口に開く音が。案の定、先生が様子を見に来た。 部屋の状況を伺っている感じが、しばらく続いている中で、俺のアレに刺激が!! なんと、沙織先輩が触ってきたのだ。 強く握ったり、柔らかく握ったり、形を確認するかのように先から根本までなぞったり。 おそらく1分程度の時間が、スリルと興奮で凄く長く感じていた。 そして、先生が部屋を出て行ったと同時に、アレも爆発した。 状況の変化を察したか、沙織先輩も手を話して、布団から頭を出して俺の耳元で、「逝っちゃったの?」って聞いてきた。

言葉も出せず、ただ頭を縦に振るだけの俺に、沙織先輩は満面の笑みを見せた。 すると、沙織先輩は布団から出て小声で、「先生も戻ってきたし、日も代わったから、お開きにしましょう。ご馳走様でした。」と言い、女子全員、部屋を出て行った。 俺は、股間のシミがばれないよう後片付けをして、電気を消し、「おやすみ」言い布団にもぐった。 

30分ほど経っただろうか、いくつかの寝息が聞こえてきたので、そろそろ大丈夫かなと思い、布団を出て、トイレに向かった。もちろん、下着を洗うために。 部屋の近くのトイレではばれてしまうので、外のトイレの洗面で下着を洗っていた。 この時の俺、下半身丸出し。 夢中になり洗っていると、いきなり股間を握られた。驚いて振り返ると、沙織先輩がいた。 「ごめんね。私の悪戯で汚しちゃって。でも気持ち良かったでしょ。」って笑顔で言ってきた。 

呆然として立ってる俺に沙織先輩は、「健太君は、経験はあるの?」と聞いてきた。 突然の質問に、「えっ、、、あっ、、、いや、ないです」と答える俺。マジ童貞でした。 しばらくの沈黙。。。。。次に何を言われるのか期待にドキドキしてた。 「パンツは洗い終わったの?」って、ちょっとガッカリな内容に、「あっ、後、絞るだけです」と素直に答える俺。 「さっさとしないと、誰かに見られちゃうわよ」と笑いながら沙織先輩は言ってきた。 慌てて、パンツを絞ったが、ここで、乾いてないパンツじゃ意味が無い事を悟る俺。

 「乾かさないといけないので、これで失礼します」と先輩に告げ、その場を離れようとしたら、「部室にドライヤーあるわよ」と言われた。 沙織先輩の提案にのり部室へ。初めての女子部室。甘酸っぱい香りに、少し元気になるアレ。 それを見逃さない沙織先輩、「なに、興奮してんのよ」って、また触ってきた。 この瞬間、何かが切れた。 沙織先輩に抱きつく俺が、そこにいました。「沙織先輩、好きです!」 「キャッ」と少し驚いた感じの沙織先輩。

 「ちょっと、慌てないの。。。。私と、し・た・い?」と悪戯な目で、俺を覗きこんできた。 ゴクッ生唾を飲む音が聞こえたんじゃないかと思うくらい、興奮はMAX!! 「したいです」って素直に返事をすると、沙織先輩は、「私がリードするから・・・」と唇を重ねてきた。 部室の甘酸っぱい女の子の汗の匂い、沙織先輩から香るシャンプーの匂い、柔らかくて弾力のある唇の感触に、頭の中は真っ白になっていった。 唇が離れると、元気になったアレを優しく触って、「元気だね」って言い、立膝になった。 

しばらく、俺のアレを見つめている。思わず「先輩、そんなに見られると恥ずかしいです」と言ってしまった。沙織先輩は、「かわいい」と言い、また、悪戯な笑顔をした。 そして、アレにキスをすると、口の中に含んでいった。はじめは先の方だけを含み、舌で飴玉を舐めるかのように頭の部分を舐めてくれた。徐々に、口一杯に含んで頭を前後に動かす。温かく絡みつく舌の感触に我慢できずに暴発するアレ。沙織先輩の口の中に出してしまった。 驚いた表情をする沙織先輩。俺は慌てて「ごめんなさい」と言った。 

ティッシュボックスから何枚か出し、そこにカルピスを出しながら、「逝くときは言ってよね」と、少し怒ってる顔をする沙織先輩。(その顔もステキです) そして、「ちょっと待ってて、うがいしてくる」と部室を出ていった。 呆然と立ち尽くす俺。少しずつ今起きていることを考え、ドキドキしながら余韻にひたっていると、沙織先輩が戻ってきた。 「今度は、私を気持ち良くして」と言い、服を脱ぎ始め、下着姿になった沙織先輩。それを見て俺のアレは、またもや元気に。「すごーぃ。逝ったばかりなのに、もう元気だね」とニコッと微笑む沙織先輩。 我慢できずに抱き寄せ、キスをした。 

口の中に舌を入れてくる先輩。柔らかい舌が俺の舌に絡まってくる。その感触に酔い長い時間キスを続けた。しばらくして沙織先輩の唇が離れ、「キスだけなの?」って言われ、「ごめんなさい」と謝る俺。 笑いながら絨毯に腰を下ろし、横になる沙織先輩。俺は、その上に覆いかぶさるようにしブラジャーの上から胸を揉んだ。柔らかい感触が手のひらに広がる。「先輩、外してもいいですか?」と言うと微笑みながら背中を向けてくれた。 しかし、ブラジャーの外し方など知るわけもなく、無造作に紐を引っ張る俺。見兼ねたのか「少し引っ張って、上下にずらしてみて」と外し方のレクチャーを受けてしまった。やっとの思いで、ブラジャーが外れ、目の前には大きくはないが形のよい2つの膨らみと、その頂上付近には透明感のある薄い赤色の、まだ小さい乳首が見えた。

興奮度MAXの俺は、右手で乳房を揉みながら、もう一方に吸いついた。 「ちょっと待って!そんなに強く触られたら痛いよ」と沙織先輩に、またしても怒られ「ごめんなさい」する俺。 落ち込んでいる俺の手を取り、沙織先輩は自分の胸にあてがい、「こういう感じで、優しく触って」と笑顔をしてくれる。言われたように沙織先輩の胸を優しく愛撫する。 しばらくして沙織先輩が「あっ、はぁ、あっあん」と喘ぎ始めた。この可愛い声に、またもや頭が真っ白になっていく。 俺の興味は沙織先輩の下半身に移っていった。まだ見たことのない女性の神秘。 徐々に体を下半身に位置に動かし、パンティの上から人差し指で触れてみる。

 「あんっ」と喘ぐ沙織先輩。指にはパンティ越しの柔らかい弾力感と、少し湿った感じがした。 俺は、沙織先輩の喘ぎ声を聞きながら、しばらくパンティの上からなぞり続けた。 指に感じる湿り感が強くなったのを感じ、なぞるのを止め、覗きこむとパンティのその部分は、濡れていた。 覗いていると沙織先輩の両手が、その部分を隠した。 「もう、見ないでよ。恥ずかしい」 そこには頬を赤らめた沙織先輩が。その表情の愛おしさは今でも忘れません。 また、先輩の上半身に覆いかぶさり、抱き締め、キスをした。 「先輩、パンティ脱がすよ」と声をかけると、 「ちょっと、待って」と立ち上がり、入口の方へ。部屋の明かりを消した。 

部屋の中は、窓から入り込む月明かりだけとなった。(たぶん街灯の明かりかも) (沙織先輩は、さらにロッカーからポーチのようなものを一緒に持って来た。) 俺の前に立つ沙織先輩。「脱がして、いいょ」と小声で言ってきた。ゆっくりとパンティに手をかける俺。少し震えていたように思う。 パンティを脱がせ終わると、沙織先輩が抱きついてきて「優しくね」と耳元でつぶやいた。俺は、声には出さず頭だけ縦に振ると、下半身へ顔を近づけた。残念ながら薄明かりの中なので、神秘の色までは確認できなかった。 

かすかに匂う女性特有の香り。その匂いで興奮度は増していく。欲求のまま、神秘の泉へ舌を這わせる。少ししょっぱい味がした。 俺は夢中で舌を這わせ続けた。沙織先輩の泉はあふれ出していた。泉を指でなぞってみる。ヌルッという感触の蜜が指に絡みつき、糸を引いている。 蜜の溢れる泉へ、指を優しくおき上下に動かした。泉の暖かさと蜜によってヌルッと感じる肌触り。沙織先輩の発する喘ぎ声。全てが新鮮で不思議な感覚に落ちていた。 何度か指でなぞっていると、指は泉の奥へと潜ってしまった。

「あんっ」今までよりも大きな喘ぎ声が部室に響いた。その中は、凄く暑く、柔らかく締め付けられ心地よかった。 これが沙織先輩の・・・ 俺は、ゆっくりと指を出し入れさせた。動かすたびに「はぅっ、あっ、あぁ」と息が荒くなる沙織先輩に「先輩、もう、がまんできません。入れるよ」と声をかけた。 「あっ、待って。。。」 上半身を起こし、ポーチから何かを取り出した。 「はい、これ着けてね」 と、渡されたのはコンドームだった。(準備が良すぎるよね?とは当時は思わなかった) 友人と脹らまして遊んだことはあるものの、自分が装着するのは始めての経験だった。袋を破り、コンドームを取り出し、アレにあてがい被せてみるが、うまく入らない。 様子を窺っていた沙織先輩が、「仕方ないわね。。」と、コンドームを装着してくれた。

付け終わると、「健太君、横になって。私が上になってあげる」と言われた。言われたとおり横になる。 横になっている俺の腹の辺りに沙織先輩が跨いで腰を下ろした。お腹に感じる熱い体温。今、沙織先輩の泉がお腹に触れている。その感触に集中する俺。 そして、「入れるね」と沙織先輩は言うと、少し腰を上げ、俺のアレを握り泉にあてがい、ゆっくりと腰を下ろしていった。 すごく熱い!最初に感じた正直な感想だ。やがて、これが沙織先輩の体温なんだと思うと、今、一つになってるという喜びに包まれた。 沙織先輩が、前かがみになり俺の耳元で、「健太君のすごく熱いよ。奥まで入ってるのがわかる」と囁いてきた。 やがて、ゆっくりと腰を動かし始める沙織先輩。泉の中で何かに包まれる感触が気持ちよい。じょじょに腰の動きが早くなる。そして喘ぎ始める沙織先輩。 

意識せずに行動していた。 沙織先輩の上半身を抱きしめ、俺の上に覆いかぶさるように引き寄せていた。 全身の温もりを感じる。すべすべな肌の感触。耳元で聞こえる息づかい。自然に俺は腰を動かし始めていた。 下から突き上げる動きを、ゆっくりから、じょじょに加速していく。突き上げるたびに、「あんっ、あんっ」と喘ぐ沙織先輩。そのまま、一気に果てるまで腰を動かし続けた。 もっと、もっと、、、できる限り長く、、、永遠に、、、この感触を味わっていたかった。でも、その思いはかなわず、アレは爆発した。 

抱き合ったまま、しばらく余韻にしたっていた。 沙織先輩が顔を上げ、「気持ちよかった?」と聞いてきたので、「はい」と答えた。 「よかった」と言い、軽くキスをしてくれた。そして上半身を起こし、ゆっくりと腰をあげ一つだったものは二つに別れてしまった。 「ちょっと、待ってね」と言い、ティッシュを取り、コンドームを外してくれた。 沙織先輩は外したコンドームを窓明かりにかざし、「たくさん出たね」って笑った。そして、「さぁ、部屋に戻って寝よう。」って続けた。 

起き上がり服を着始める沙織先輩。俺も起き上がりパンツを穿いた。「冷たっ!」まだ、パンツは乾いていなかった。 「アハハ、乾かすの忘れていたね」 無邪気な笑顔の沙織先輩がいた。 その後、俺が高校を卒業するまで付き合ったが、大学進学で地元を離れたため、会える機会が減るとともに、自然と別れた。

同じカテゴリのエッチ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています!貴方が体験したエッチな体験談を投稿しませんか?男性女性どちらも歓迎です!
素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。