包茎手術レポ…看護婦さんに見守られながら生まれ変わった私のおちんちん

私は真性包茎だったので20歳のときに手術をうけました。その頃、私は長野に住んでいたため近くにちょうどいい施設がなく予約して東京の高○クリニックに行きました。

高○クリニックは美容整形のため、当然待合室には女性がほとんどで数少ない男性の私はいかにも包茎手術を受けに来ましたって感じでした。ちょっと恥ずかしい気もしましたが、どうせ二度と会わないだろうと思うと結構冷静に周りを見渡して楽しんでました。しばらくして中待合(個室)に呼ばれました。。

そこには30代の男性の医者がいて、まずおちんちんを見せてくださいと言われました。私は立ったままズボンを半分下ろして、おちんちんを出しました。先生はちょっと見て、こりゃ手術だなといった感じですぐに手術の準備に入りました。

手術台と言っても普通のベッドだったのですが、看護婦さんが1人いてズボンを脱いで横になってくださいと言われました。横になってしばらくすると時間が近づいてきたのか、パンツは自分で脱いでねと言われ、ベッドの上で下半身裸になりました。やはり毛は剃らなければならないらしく、看護婦さんにやさしくおちんちんを持たれ半勃ちの状態で毛を剃られました。

そうして今度は消毒ということなのか、オキシドールのようなものでおちんちんを入念に拭かれました。その頃童貞だった私は、このときばかりは我慢できず、完全に勃起してしまいました。看護婦さんはしばらくその勃起したおちんちんを握っていましたが、耐えれなかったのか、ティッシュをおちんちんの上にかぶせて勃起がおさまるのを待ちました。

そして手術が始まったのです。

さて勃起がおさまったところで手術が始まりました。医者が1名と看護婦が2名。

さすがにおちんちんの手術だけあって恥ずかしさという意味では健康診断の恥ずかしさとは比較にならないと思います。看護婦2人のうちの1人はまだ新人だったのかかなりぎこちない様子でした。おちんちんの皮をできるだけ剥けた状態にしてレーザーメスで切っていくのですがその新人看護婦がおちんちんの皮をむいた状態を保つ役でしたつまりずっとおちんちんを握りつづけなければならないのです。

しかし要領の分からない看護婦はどうしたらいいのか分からないらしく泣きそうな声でどうすればいいのか分かりませんと先生に訴えていました。おいおい俺のおちんちんは一体どうなるんだと思いながらその看護婦は先生からの指示を受けレーザーメスで切る作業が始まりました。しかし予期せぬ恥ずかしさが待っていました。

今までほとんど剥けたことのないおちんちん。つまり露出したことのない亀頭はすごい状態になっていたのです。

さて包茎手術も終盤、皮を切る作業が始まりました。新人看護婦が懸命におちんちんの皮をひっぱったまま先生が狙いを定めて切っていくのですが20年もの間封印されていた亀頭はカスがたまっていたため大変なことになっておりなにやらそれを流すための液体がかけられていました。

幸いそのときはすでに麻酔が効いていておちんちんの感覚はほとんどなくなっていました。そうして切除が終わり、皮が縫合され手術が終了しました。先生と新人看護婦が退席し、私と看護婦さん一人が残りました。

一旦、ズボンをはいたのですが、もう一度パンツを脱いでくれと言われました。一度はいたものを脱ぐのはなにか違う恥ずかしさがあったのですが最後に今後2〜3週間のおちんちんの扱いについて私のおちんちんを使ってその看護婦さんがレクチャーしてくれたのです。それは麻酔が切れると手術したおちんちんには大変な激痛が走る。

それは手術した部分と、今まで露出していなかった亀頭が空気に触れるためだそうでその時は痛み止めの薬を飲むか、ガーゼを使って亀頭を縛ると痛みが和らぐとのことでした。ということで看護婦さんは生まれ変わった私のおちんちんを手にとりガーゼを使っておちんちんの縛り方をレクチャーしてくれました。しばらくはオナニーをしちゃだめだということでそれをおかずにできないのが残念でしたが、すごくドキドキしたのを覚えています。

家にかえってから看護婦さんの言ったようにのたうちまわるような痛みが走るときがありましたが3週間後、縫合された糸が少しづつ溶けていっておちんちんが完成したのです。私の感想包茎手術をするなら、男性スタッフだけのところより、断然美容整形ですね。恥ずかしさも今ではいい思い出で、男だけのところで手術してたら何か暗い過去だけが残っていたような気がします おわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 771記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。